銀座 水野|和食の名店で夏の食材を満喫/the 551th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」551日目、本日は日本料理です。銀座3丁目で10年営業された後、銀座1丁目、昭和通り沿いに移転した和食店「銀座 水野」にランチにお伺いしました。
銀座 水野
「広徳ビル」の1階。外に看板はありませんが、木の扉の奥に店名の書かれた木札が見えます。

以前の店は暗めの洋風とも思える感じでしたが、雰囲気はがらりと変わり、純粋な日本料理店の佇まい。
銀座 水野
カウンター4席に個室3部屋、大通り沿いですが、とても静かで落ち着く店内です。本日は一番お手頃な・ランチコース ¥5,500 をいただきました。

・トウモロコシのすり流し、ゴマ豆腐、生ウニ、キャビア
トウモロコシのすり流し、ゴマ豆腐、生ウニ、キャビア
定番の前菜から、初夏らしい涼やかなお味。

・八寸
八寸
クルマエビと自家製カラスミ、毛ガニともずく酢、マスの南蛮漬け、粟麩とブルーチーズの田楽、アナゴの手まり寿司 どれもしっかり作られていますが、特にアナゴが美味、田楽に軽く使用されたブルーチーズが程よいアクセントになっています。

・淡路産ハモ、エビ真薯の椀
淡路産ハモ、エビ真薯の椀
滑らかに仕上げられたハモは素材の味わい強め、カツオ節と昆布のシンプルなお出汁も、明確で美味しいです。

・トウガンとナスの湯葉あんかけ
トウガンとナスの湯葉あんかけ
こちらも旬の冬瓜、シャキシャキした食感からして清涼感があります。

・ジュンサイの素麺
ジュンサイの素麺

・鮎の塩焼き
鮎の塩焼き
長野県産、骨も気にならず頭から美味しくいただけます。実山椒の入った大根おろしの薬味も良い感じ。美味。

・鯛茶漬け
鯛茶漬け
白ゴマと梅のタレがかかった鯛茶漬け、まずはそのままで。続いてお出汁を掛けて。それだけ飲むとあまり美味しくない緑茶入りの出汁は、タレやご飯と混ざると非常に美味しい。下手をするとチープな印象になるアラレもお店、というか親方のムードに合っており好感触、銀座は鯛茶を出すお店が多いですが、オリジナリティも感じられ素敵。

・レンコン餅
レンコン餅
和久傳ものが有名という京都の和菓子。初めて食べるかもですが、わらび餅とは違ったもちもち感、重量感を感じらます。

リーズナブルなコースですが、しっかりと旬の素材を満喫できて満足感有り。6年ぶりのお伺いでしたが、優しい水野親方の作る料理は、しっかり芯も感じられて美味、良い時間を過ごさせていただきました。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

キュイジーヌ ヤマグチ|銀座でボニュ河島シェフコラボディナー/the 425th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」425日目、本日は炭火焼きと酒ワインレストラン「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目ソニー通り沿いの絵に描いたような雑居ビル「ニューギンザビル8号館」の3階です。

通常はシェフ兼ソムリエの山口氏の作る炭火焼き料理と日本酒ワインのペアリングのお店として営業されているのですが、本日は代々木の名店「ボニュ」の河島シェフとのコラボレーション特別ディナーです。

雑居ビル3階にある隠れ家レストラン、落ち着いた店内はカウンター8席のみ。集まった皆で乾杯してから不思議な料理がスタート。まずはこちらから。

・レタスサラダ

銀座三越で購入ということ以外、普通のレタスです。ただ葉の間にユリの蜂蜜とワインビネガーのジュレを浸透させているという凄技。写真では単にレタスですが、これが大変に美味しい。こちらのレタスに象徴されるように、続く料理も全く写真映えはしませんが、、、超絶料理が続きます。

続いての食材は目の前で軽く炭火焼き。調理過程は映えるのです。

香りもたまりません。

・土佐あか牛イチボのタルタル

牛の脂でコーティングされておりお肉の甘みがたっぷり。メインは同じあか牛のイチボの塊を焼いたものが登場するということで期待が高まります。

そして目の前では特大の鮎が炭火で焼かれていきます。

・フォアグラ ポテトフライ

じゃがバターです。ポテトフライも手間と時間をかけて仕上げられておりサクサクホクホクで絶品です。そして上に乗ったものは絶品の白トリュフバター。最高です。

・パスタ

蕎麦のような、ゴマソースを纏っているように見えるシンプルなパスタですが、なんと色の正体はキャビア。大胆にも全て潰してペーストにしてしまうという衝撃的な光景に歓声(悲鳴?)が上がりました。脳の奥まで響くキャビアの濃厚かつラグジュアリーなお味、絶品です。

そして良い感じに焼きあがった鮎。

このまま食べても美味しいと思うのですが、またしても今まで見たことのない衝撃的な光景が。。。今回は完全に悲鳴です!

こうなって、

大胆な行動に及ぶ前の楽しそうなボニュ河島シェフ。

こうなりました。。。

ゴボウのポタージュにしか見えませんが・鮎のビスクです。食べてみると肝の苦味もしっかり感じられ、形こそありませんが、鮎の凝縮した本質を食べているようです。凄い。

続いての食材は低温でじっくりと揚げられていたこちらは、本日一番感動した料理。

・ホワイトアスパラ

干からびたようにしか見えませんが、実際その通り。揚げ物は外サク、中はジューシーで瑞々しく水分を素材に残すように揚げるのがベストなので、全く逆の発想。水分を抜き、旨味だけを残した状態です。今まで体験したことのない、ものすごい甘み、そして心地よい苦味、こんなアスパラガスは今まで初めていただきました。絶品。

続いてはメインの肉料理。

真っ黒々で心配になりますが、もちろん大丈夫です。

・土佐あか牛のイチボ

通称「ボニュ焼き」という6時間かけて焼き上げるステーキは、外は黒いですが美しい断面。下には極シンプルなソースが敷かれています。ナイフを入れても肉汁は全く出ませんが、不思議なことに噛むほどに美味しいエキスが口の中に広がります。

・お米のリゾット

リゾットなのでお米は当たり前なのですが、材料は米、米油、塩、水のみ。アルデンテ食感で味もしっかり。何故こんなに美味しいものができるのか驚愕。

最後のデザートは・ミルクセーキ

甘露。何気にこちらもの凄く美味しいのです。基本はイタリアンだそうですが、河島シェフの料理としか言いようのない絶品料理の数々、ここにも天才シェフがまた1人。オリジナリティ溢れる素晴らしい料理に参加者全員、大満足でした。

ちなみに「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」の山口シェフ兼ソムリエは脱サラして飲食業界に飛び込み、2017年にこちらのお店をオープン。勇気凛々、気のいい男前な性格で誰もが応援したくなる方。隣の知らない方ともすぐに友達になれるような和気藹々とした楽しいレストランです。

ちなみに通常の山口シェフの料理はこんな感じです。

「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」について詳しくは一休をご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 奥田|日本の美味しい恵に心より乾杯!/the 369th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」369日目、本日は和食です。和食の名店「銀座 小十(ミシュラン二つ星)」のオーナー奥田氏の名前を冠した和食店「銀座 奥田(ミシュラン一つ星)」にランチ訪問いたしました。

場所は銀座5丁目、並木通り沿い、カリオカビルの地下1階です。

お店は地下1階、しっとりと静謐な雰囲気の店内、また扉を開けると一直線のカウンター席。

ランチは¥13,000、16,000の2コース、本日は・昼餐 メニュー奥田 ¥16,000(サ別12%, w/o tax)をお願いしました。サービスの方が積極的に声をかけてくれることもあり、和やかな気分でスタートです。雰囲気大事です。

・ムラサキウニ、とうもろこし

夏はウニが美味しい季節。下には焼いた赤茄子、甘みと苦みのグッドバランス。美味。

・ワタリガニ、ダツ、トマトのジュレ

トマトが爽やか。暑い時期に嬉しい冷たい前菜2品でした。

・ハモとジュンサイの煮麺

今年初めてのハモ。落ち着く出汁。滋味趣深い。

・ホシガレイ、アオリイカ、カツオのたたき、アジ棒鮨

お造り4連発。まずはこちらも今年初めてのホシガレイは幽玄な旨味、スダチと塩で甘み爆。ねっとりアオリイカは塩とクチコで。決して良い香りでもないクチコの磯香が酒飲みには良い感じ。初めていただくアジの棒鮨も美味しい。

・長野県天竜川 若鮎の炭焼き

50分かけてじりじり焼き仕上げる「銀座 奥田」初夏のスペシャリテ。15cmほどで揃えられた鮎は、骨まで美味しくいただけるベストサイズなんだとか。鮎の声が聞こえてきそうな恍惚の鮎。苦みもばっちり、頭からバリバリいただきました。 面白かったのはペアリングでエビス黒ビールが付いていること。鮎をめでたい、確かに美味しい!

・アワビの天ぷら

プリプリのアワビも夏が美味しいです。

・北海道産和牛ロース、賀茂茄子

「こぶ黒」という昆布を餌に育った牛だそうです。火入れ加減も素敵。

・琵琶湖天然ウナギ丼

天然の大ウナギならではの野趣味たっぷりの強い歯ごたえで甘みが染み出します。絶品。お味噌汁も具沢山です。

・ココナッツアイス、天使音(あまね)メロン

最後は・抹茶、和三盆の干菓子をいただいてゆっくりお話しもさせていただきました。好物連発、体が元気になる素敵な内容でした。荻野大将はまだ30歳過ぎたばかりとお若いですが、確かな料理の技術、感性、お人柄共に素晴らしいですね。今後が楽しみです。サービスも非常に手厚く丁寧ながらもフレンドリーで、納得の12%でございました。 素敵なランチタイムをありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

イヴォワール|温かみも心地よい仔羊系ビストロ/the 326th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」326日目です。本日は昨年11月にオープンしたビストロ「イヴォワール」さんにお伺いしました。「十勝産の仔羊を一頭買い」というキャッチコピー、羊好きには非常に気になるお店です。 

場所は銀座6丁目、数寄屋通り沿い、トニービルの3階です。

1階に「加藤牛肉店」、2階の日本酒バー「庫裏」が入っています。一体どんなお店なのかとドキドキしながら細い階段を上がる可愛い青いドアが現れホッといたします。

店内はさらにホッとする温かみのある空間。

右側が4人掛けのテーブル席3卓、左側がオープンキッチンと4席のカウンター。壁は店名と同じアイボリー、アンティークの家具、オリジナルの照明、小物にいたるまで統一感があり、とても落ち着く雰囲気。シェフとサービス担当の方、フレッシュで爽やかなお二人で切り盛りされています。

カルトでも頼めるのですが、本日は・おまかせコース ¥5,500(w/o tax)を予約時にお願いいたしました。まずはコチラから。

・日向灘産 カンパチの軽い燻製カルパッチョ 柚子胡椒のヴィネグレットソース

軽くというネーミング通り、燻製香はあまり無し。さっぱりした白身魚にはこれくらいがベスト。ほんのり甘みが良いですね。

・豚の頬、舌、首のジュレ寄せ グリビッシュソース

美味しいです。特にクセもなく、綺麗な仕上がり。 食感も素敵で、ワインが進むお味です。

・アユのコンフィ 焦がしバターソース

卵がたっぷり入った子持ちアユ〜。卵をご飯に乗せて食べたくなります。 この時期になると流石にアユの醍醐味はありませんが、淡麗で美味しい魚、顔から尻尾まで全ていただけます。付け合わせのキュウリの叩き、ニンニクも良し。

・十勝産仔羊 鞍下肉のロティ 香草風味 グリーンペッパーソース

こちらはビジュアルからして間違いなし! 食べる前から美味しいです。 鞍の下の背中のお肉は、しっとり柔らかな素敵なお肉。火の入れ方も抜群です。クセのない上質なお肉にはシンプルな調理法がぴったり。

厚みもあって食べ応えも十分です。
付け合わせの食感の良いコーン、マッシュルーム、ニンニクも家庭的で良いムード。 羊好きも大満足の美味しさでした!

最後はこんがり滑らか・クレームブリュレ

ハンドドリップでいれていただく美味しい・コーヒーで。

ドリンクは以下をいただきました。
・白)ヴァンサン リカール/ル プチオ 2015 ¥850
・赤)エステザルグ/コトー デュ ポン デュ ガール キュヴェ デ ガレ 2016 ¥750

家庭的で温かみがありながらも、優しい味付け技術の高さを感じられるコースで、特に肉料理の2皿が印象的でした。お値段も良心的で、雰囲気も良好、銀座で普段使いできる優良ビストロ。 他の羊料理もいただきに、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「イヴォワール」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。ウェブサイトもお洒落です!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。