キッチン大正軒さん-全て許容の老舗洋食店/the 174th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、174日目、本日は洋食です。“キッチン大正軒”さんにお伺いしました。巣鴨の老舗の精肉店の直営みたいです。

場所は有楽町駅の目の前の“東京交通会館”の地下1階でございます。
tai4
交通会館は完全に風景の一部と化しておりますが、昭和な雰囲気いっぱいの、なかなか侮れない建物でございます。 地下1階は趣のある飲食店街です。

目指す場所は、いつも行列が絶えない人気ラーメン店の“麺屋 ひょっとこ”さんのお隣でございます。
tai3
使い込まれたお世辞にも綺麗とは言えない店内はカウンターとテーブル席が1つ。激狭です。お会計は先ですので、外に貼ってあるメニューで予め選んでおくとスムーズです。

17時15分頃入店したとき先客はいませんでしたが、続々とお客様が。狭い店内あっという間に満席でした。ちなみに、お水もセルフでございます。メニューが多く迷いましたが、本日はコチラをお願いしました。

“チキンカツカレー” ¥950
tai1
5分ほどで到着。この愛想の無い盛り付けが、このお店には合っております。大きいチキンカツが2つ。やはり無造作にカレーとご飯の間に配されております。

一口食べて驚き。美味しい!サックサクの衣に、厚みがあり程よいカツの弾力。素晴らしいです。 使用しているというキャノーラ油(店内に体に良い理由の書いた紙が貼ってあります)については、体に良い悪いと賛否両論あるようですが、何といっても美味しいのだから仕様がないのです。

カレーは甘くて辛い、古き良き雰囲気。豚肉がたっぷり入っております。後味も悪くないですね。キャベツは太めの千切りで、バリバリ食べます。満腹中枢が刺激されて丁度良いのかもしれませんね。 ごちそうさまでした。

チキンカツが印象的でしたので、次の日もお伺いしました。

昨日より遅い17時30分過ぎに到着したのですが、何とまだ営業されていない!聞いてみると「なるべく17時30分前には開けるようにしているが、特に決まっていません。済みませんね。」と、全然済まなさそうにおっしゃいます。それでも全然嫌な気分にならないのは、昭和38年創業の貫禄でしょうか。店内で少し(30秒くらい)待たせていただいた後すぐ開店。こちらをオーダー。

“ミックスA定食 メンチカツ、アジフライ、エビフライ” ¥1,000
tai5
味噌汁、ご飯(少なめで注文)付きです。 何と、唐揚げが1個付いているのがテンション上がります。 大きいアジフライとメンチカツがインパクト有り。

tai6
メンチは最大限にサクサク感を楽しめようにか、厚みは薄くて面積は広いです。 玉ねぎたっぷりでさっぱりとしており、美味。しかしこのサクサク感は病み付きですね。ごちそうさまでした。

本日もその後、続々とお客様が。 食べて早々に退散しましたが、店を出る時の2人の女性店員さんの「ありがとうございました〜」はとても愛想が良い。 ツンデレの見本ですね。再訪したくなる原因の1つではないでしょうか。 またサクサクしに伺います。素敵なお店でした。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


デイビット マイヤーズ カフェさん-紳士服フロアの美しいハンバーガー/the 173th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、173日目です。本日は前回に引き続き「肉」ということで、銀座三越のレストランフロアではなく、何故か6階の紳士服フロアにある“デイビット マイヤーズ カフェ-DAVID MYERS CAFE”さんにお伺いしました。

dav9

照明暗めなシックな店内。完全に分煙された喫煙席もございます。入口近くの席に付くと、売場から丸見えなのが気になる所ではありますね。

本日はお目当てのコチラをオーダーいたしました。

“フェイマス デイビッドバーガーとフレンチフライ ガーリクマヨネーズ” ¥1,944
dav1
10分ほどで到着。 均整のとれた、なかなか理想的な美しい見た目でございます。テンション上がります!

上に乗っている光沢のあるバンズを外すと、綺麗に盛りつけられた盛り盛りのキャベツ。
dav4

ナイフでカットして、全体を一度に口に入れると何とも幸せ〜な感じ。
dav5
100%牛肉使用のミディアムレアに焼かれたパティの旨味を、ソースと玉ねぎが引き立てます。キャベツとの食感のコントラストも良いですね。ほんのりとチーズも入っており、非常に美味しいバランスとなっております。さっぱりとした上品な味付けも好みで、ほんのり甘くてカリカリなバンズも美味。それだけで食べても、そして冷めても美味しいです。

フレンチフライもしっかりとした歯ごたえで美味。 塩味が付いておりますので、マヨネーズ無しでもいけます。 こちらも冷めても美味しいですね。

続いてデザートもお願いしました。

“ラズベリーと黒糖のパフェ” ¥1,080
dav6
ラズベリーアイス、ラズベリーソースの中には抹茶の白玉、クリームの下には黒糖のジュレ。 和洋折衷な雰囲気です。甘酸っぱさが際立つ大人なパフェです。一見ミスマッチな抹茶と黒糖が不思議な調和を見せております。また食べたくなってしまいそうな怪しいお味でございました。サイズも大きくなく、ハンバーガー後にも丁度良いですね。

最後は“ドリンクセット” +540の美味しいコーヒーで。
dav8
ごちそうさまでした。非常に美味しいハンバーガーでございました。またお伺いいたします。ハンバーガーという概念では、高価格ですが、味、場所などを考えると妥当では。紳士服フロアにあるのも隠れ家っぽい感じで良いのかもしれませんが、20時までの営業は残念です。レストランフロアにあって遅くまで営業していたら、月一で通いたくなる魅力的なお味でございました。

“デイビット マイヤーズ カフェ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


IDEA 銀座さん-絶品 神戸牛ステーキ/the 172th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、172日目です。本日は久しぶりのステーキでございます。美味しい神戸牛がいただけるというステーキ店“IDEA イデア銀座”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、中央通りから1本西側の通り沿い“第二新橋会館”の7階、無数の丸い窓が特徴的な建物でございます。
ide16
それほど広くなく適度に高級感のあるシンプルな店内。
ide15
個室も2つございます。気分はお肉ですので、どうしても煉瓦作りの釜に目を惹かれますね。

オーダーする前に、牛肉の塊を3つお披露目していただけました。
ide1
写真の右から短角牛サーロイン、神戸牛フィレ、神戸牛サーロインです。

迷いながらもフィレを選択。

さらにフィレが3種類。1)フィレの中でも脂身が多い頭側のサーロインに近い部分。 2)脂身が少ない尻尾側のランプに近い部位。 3)脂身と赤身が最高のバランスで入るフィレ中央の最高級部位シャトーブリアン。

別の部位を100gずつ頼むより同じ部位を200g頼んだ方が醍醐味を味わえるということで、さっぱり感が期待できる2)の赤身の多い尻尾側の“神戸牛フィレ200g”をお願いしました。

ディナーコースもございますが、本日はアラカルトでオーダーいたしました。  

“北海道産ボタン海老、無添加ウニ、ロシア産キャビア、青のりのわさび和え四層のカクテル” ¥3,200
ide5
プリプリ、ねっとり、プチプチ、甘味、辛味、塩気 etc 様々な食感、味覚が複雑に絡み合いながらも素晴らしいハーモニー。 贅沢!そして美味!

“特選黒毛和牛タンの厚切り炭火焼ステーキ50g” ¥2,500
ide6ide7
これは凄い!3cmはありそうです。 こんな厚みのあるタンは見たことも食べたこともございませんでした。 50gにしては大きいと思ったら、少し多めに切り分けていただいたそうです。ありがとうございます。外はカリッと、中はふっくらという炉釜炭焼の真骨頂。断面が美しい!この厚みながら柔らかく、歯ごたえも絶妙です。 付け合わせの百合根も良い。

“コンソメスープ” ¥1,500
ide8
これも凄い。コンソメスープの常識を覆す圧倒的な力強さと存在感。絶品!神戸牛、骨とすね肉、地鶏のダブルコンソメ仕立てで、2013年10月の開店時に作ったものをベースとした“継ぎ足しのコンソメスープ”だそうです。どんどん味が変わる牛の神が宿った秘伝のスープですね。素晴らしい。

続いてメイン。その前に炉釜を見せていただきました。
ide9
釜の中央に炭を置いて、お肉は釜の端でじっくり時間をかけて焼いていくのですね。 炭が非常に重要で、“強火の遠火”が可能な紀州の備長炭から、さらに選りすぐったものを仕様しているそうです。

“神戸牛フィレ200g” ¥18,000
ide11ide12
焼き方はお勧めのミディアムレアです。 赤いシルクのように滑らかな肉質が美しく、しっとりとした蠱惑的な舌触りでございます。 味付けは塩、胡椒のみ。そのままでも十分美味しいのですが、静岡県御殿場産のワサビを付けるとまた違った美味しさ。 素手で持てないほど熱々なお皿で提供されますので(手袋で運ばれてきます)、お肉が冷めないというのも嬉しいところです。

“コーヒー” ¥1,000
ide13
お口直しにも最適な、薄めですが酸味の強い美味しいコーヒーでした。ごちそうさまでした!

パン、ミネラルウォーター代として ¥500、消費税、サービス料10%が追加されます。牛肉本来の美味しさ、シェフの哲学を存分に感じることができました。 これだけ肉を食べても後味がすこぶる爽快なのが良い。スープなど肉以外の料理も素晴らしいのも素敵です! 肉が好きでない人にも是非食べていただきたいステーキでございます。世界観が広がりそうですよ。

“IDEA 銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
ide10


アメリカン&NOA CAFEさん-銀座でモーニング/the 171th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、171日目です。本日は銀座でモーニングがいただけるお店を2店ご紹介いたします。

まずはボリューム感溢れるサンドイッチで有名な喫茶店“アメリカン”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、昭和通りの歌舞伎座を挟んで1本西側の通り沿いでございます。
ame1
陽気な緑色のオーニングテントには大きく“SANDWICH”の文字が。朝7時30分から営業しているそうです。

店内はアメリカンや佐賀のポスターや佐賀のサッカーチーム?のユニフォーム、注意書き付きのご主人の似顔絵などが壁、天井を埋め尽くすほどで、BGMとともに賑やかな雰囲気です。

モーニングはサンドイッチは無く、各種ドリンク¥400、食パン¥100、サラダ¥100から好きなものを選択いたします。 初めてですので、フルセットで注文いたしました!
ame2

ドドンと3cmも厚さがあろうかという食パンが2枚(ジャム、バター付き)。
ame3
ついつい見間違いかと目をこすってしまいそうでした。 思わず後ずさりしてしまいそうな、ボリュームでございます!茶碗に入った山盛りの卵サラダの下にはポテトサラダ。 量だけで考えると¥100とは激安です。

大きなカップに入ったアメリカンコーヒーは朝にもぴったりで美味。バターを塗ったり、玉子サンドにしてみたり。。。頑張って完食いたしました!昼ご飯抜きでも全然OK。銀座にあっては希代なお店であることは間違いございません。

場所はコチラです。

続いては美味しいワッフルが名物という“NOA CAFA-ノア カフェ”さんにお伺いしました。
noa7
場所は銀座5丁目、中央通りから1本東側の通り沿い“ニュー銀座ビル10号館”の地下1階です。AM8:00から営業しております。

階段を下りて右側が喫煙、左側が禁煙席です。長い廊下を挟みますので完全なる分煙となっております。 本や新聞を読むのにも暗過ぎず明る過ぎず最適な明るさの店内。
noa1
メロンの皮のような網目状の意匠が特徴的です。 お洒落過ぎず、野暮過ぎず、綺麗過ぎず、狭過ぎず、親切過ぎず、冷淡過ぎず、時間を潰すのには色々と丁度良過ぎる雰囲気でございます。

“モーニング&ランチサービスセット” ¥496に “日替わりのスープ” ¥162を追加でオーダーしました。メインはワッフルとトーストから選べます。本日はワッフルを選択しました。
noa4
サラダは大根、人参、レタス、水菜。意外としっかりとしております。

noa3
四角いワッフル2つに、バター(アイスと思って食べてしまい驚きました!)とメープルシロップ付き。 サックリ感が何とも嬉しい感じです。 小麦粉と牛乳だけで作っているそうで、とても優しく柔らかいお味。 それだけにメープルの甘さとバターの塩気が良く合い、コーヒーとの相性も抜群です。

“泡立ちコーヒー”
noa5
普通のブレンドより苦味のあるコーヒーです。美味しいですね。 選ぶドリンクによっては追加料金が発生いたしますのでお気をつけ下さい。

こちらのセットは平日は13:00までオーダー可能。 お昼の食事には少ないかもしれませんが、朝には十分過ぎるボリュームです。 朝はお客様も少なく、ゆっくり読書も出来ます。時間潰しに最適な非常に良い空間ですね。 スタッフの方の笑顔と距離感もナイスでしたよ。ごちそうさまでした!

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


ソ カフェさん-鈴木その子さんのノンオイルカレー/the 170th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、170日目です。本日はカレーでございます。

美容研究家“鈴木その子”さんの哲学の発信拠点という“SO CAFA-ソ カフェ”さんにお伺いしました。
so5
場所は銀座5丁目、晴美通り沿い“銀座幸ビル”の1階です。三越の晴通りを挟んで向かい側、銀座駅A5出口すぐでございます。

大通り沿いで一面がガラス張りですので、とても明るい店内。木をたくさん使用しており、温かみがあります。 2人掛けのテーブルが4卓、6人掛けの大きいテーブルが1つと、座席数は少なめです。 飲食と物販スペースが一緒になっているため、ざわざわ感がございます。 それでも、ほとんどのお客様がしとやかそうな女性ですので、落ち着いた雰囲気はございます。

こちらの料理は保存料、化学調味料、油脂不使用で、体に良さそうです。 本日はランチメニューの“カレープレート” ¥1,080をオーダーしました。
so1
サラダ、あおさのスープ、昆布水、コーヒー付きです。“昆布水” は血糖値を下げる効果があるので、食前に飲んで下さいとのこと。保水効果などもあるそう。 美味しい出汁の味でございます。自宅でも作れそうですね。

“黄色いカレー”
so2
名前の通り黄色く、とろみのあるカレー。レンコン、人参、トマト、絹さやが乗っております。 ノンオイルということで、さっぱりしているのかと思いきや、コクがありスパイシー。 中には脂身をとった牛肉が入っているのも贅沢感有り。

ヘルシーでも、しっかりと食べた感があるのは良いですね。 一緒に添えられたサラダ、ピクルスも新鮮で、彩りも綺麗です。 透明感のあるスープも美味しいです。 別でこちらもオーダー。

“栗まん、黒蜜風味ようかんセット” ¥432
so3
こちらはシンプルな和菓子でございました。 カレーセットのコーヒーが飲みやすく、量が多いのが嬉しいところ。ごちそうさまでした。

テイクアウトでこちらもお願いしました。

“カレーパン” ¥432
so6
こちらノンオイルで、イーストフードや合成添加物も不使用。 白っぽいカレーパンらしくない風貌、そしてビッグサイズです。

so7
牛肉と豚肉のダブル仕様が素敵。ややスパイシーで先ほど食べたカレーと雰囲気は似ておりますね。 お店のオーブントースターでカリカリに焼いていただきましたので、皮まで美味しくいただきました。 ごちそうさまでした。

特筆すべきは、後味のさっぱり感! 普通カレー、カレーパンと続けて食べると変な感じになりそうなものですが、 そんなこともございませんでした(もしや昆布水効果?)。 調子が悪いときにも行けそうなカレーですね。 場所も良いですし、基本的に通しで営業されているのも便利です。

“ソ カフェ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。