ラ ターブル プリヴェ イシダさん-銀座にまた1つ、素敵なフレンチレストラン/the 178th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、178日目でございます。本日はフレンチでございます。銀座5丁目のカジュアルフレンチ“ISHIDA”さんの新店がオープンしたということで早速お伺いしました。店名は“La Table Privee ISHIDA-ラ ターブル プリヴェ イシダ”さんです。

場所は銀座4丁目、3丁目との間の松屋通り沿いの“HOLON-GINZA”の4階です。
i13
昭和通りからすぐの白い新しい建物です。 白と青を基調としてさっぱりとした清涼感のある店内です。奥のシャンデリアと鏡が適度に華やかさを添えております。“プライベートテーブル”という店名の通り、店内は10席ほど(4〜5人席×1、4人席×1、2人席×1)。調理場から全ての席が見渡せる作りになっております。

ランチコースは¥3,000、¥5,000、¥10,000(w/o tax)の3種類。夜は¥7,000〜だったと記憶しております。本日は真ん中の“Bコース” ¥5,000をオーダーいたしました。

前菜 “魚介出汁のコンソメのジュレ”
i1
目でも美味しく上品です。 周りを綺麗なニンジンやダイコンなどの有機野菜が彩ります。美しいジュレの中にはマグロ、ホタルイカ、金目鯛、タコ、海老など魚介類がたっぷり。何が出てくるかワクワクいたしますね。素敵な一皿でございました。

パン ”セージのフランスパン(写真)、バターロール、ローズマリーのフォカッチャ”
i2
無くなると次のパンを持ってきてくれます。ISHIDAさんの自家製パンは美味しいのです。まったりとした自家製バターも美味。パンは出来立てでホクホクです。

“フランス産鴨のフォアグラ ペリグーソース”
i4
こちらは絶品。 フォアグラの上にはトリュフ、下には甘酸っぱい杏のコンポート。 定番のお料理ですが、杏が非常に効いております。

“カブのポタージュ”
i5
こちらも美味。優しく澄んだ上品なスープです。 上にはパプリカパウダーとセルフィーユ。

魚料理 “銚子産ホウボウと甘鯛のポワレ トマトのリゾット”
i7
2種類の魚を楽しめるとは何とも贅沢です。 全くアクのないタケノコ、さわやかにリゾットも良い感じ。 ソース(名前失念)と絡めると美味しさ倍増です。

肉料理 “熊本産A5和牛サーロインステーキ”
i10
お肉の下にはジャガイモのピューレ。ソースはジュード ヴィアンド。ブロッコリー、ヤングコーンなどの野菜にトリュフが散らせてあります。見た目のわりに、さっぱりとしており、コクもしっかりあるソースが良いです。サーロインはそれほど好みではありませんが、とても美味しくいただきました。

デザートも凄いのです。

“デザート盛り合わせ”
i11
バナナタルト、チーズケーキ、ガトーショコラ、クリームブリュレ、バニラアイス、ヨーグルトシャーベット、マンゴームース。 さらにフルーツも沢山。こんな賑やかなデザートはなかなかございません! 1つ1つ手抜かりなしですね。

最後は美味しいコーヒーで。
i12
ごちそうさまでした! 感覚的には1時間ちょっとかと思っておりましたが、実は2時間もたっておりました。美味しいものを食べていると時間の経過が早いですね。フレンチの醍醐味であるソースがどれも印象的。味、ボリュームともに大満足。コストパフォーマンスも最高ですね。

席数が少ないですので予約必須かと思われます。 調理は石田さんお一人ですので、満席ですと多少時間がかかるると思われますが、焦らず待つのがベター。 時間に余裕を持ってお伺いしたいお店です。 良いフレンチレストランが銀座にまた登場。嬉しい限りでございます!

“ラ ターブル プリヴェ イシダ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


クロディーノさん-予想外にシック、予想以上に大満足!/the 177th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、177日目でございます。掲載のお店はカレーとパンが多いですね、というご指摘を受けまして、本日は久しぶりのイタリアンでございます。“リストランテ クロディーノ-Restorante KURODINO”さんにお伺いしました。

場所は銀座3丁目、中央通りから2本西側の通り沿い“銀座オプティカ”の6階です。
kuro8
下にメニュー看板などはなく、わかりにくいです。1階のパン屋“アンティーク”さんを目印に。

エレベーターを降りると、すぐに店内。予想外にシックで格調の高そうな雰囲気で驚き。 スタッフの方もビシッとフォーマルなスタイル。私は、こっそりとシャツのボタンを上まで留めるので精一杯です。

ランチは¥1,950からございますが、気を取り直して本日は“Pranzo B” ¥3,600をオーダーいたしました。 この雰囲気にしては非常にリーズナブルな設定です。 前菜、パスタ、メインのコースですが、それぞれ3種類から選択できます。

まずは、こちらから。

前菜 “あん肝のフリテッレ 葉玉ねぎのカルトッチョ バルサミコヴィネガー”
kuro1
西洋タンポポ、松の実、干しぶどうが散らせてあります。赤いのはピーマンのピュレ。 野菜が美味。あん肝は、軽い食感は良いが、ややクセが強し。

パンは2種類で“グリッシーニ、カフォーネ”。
kuro2
美味。

パスタ “宮崎県新門農園産 フルーツトマトのタリオリーニ”
kuro3
トマトが沢山乗って楽しそうです。極細麺のタリオリーニは、かなり柔らかめ。基本アルデンテが好みですが、この柔らかさが意外にはまりました。程よく酸味のある、あっさりソースがよく絡みます。

メイン “アイスランド産 仔羊鞍下肉のロースト 香ばしく焼いたジャガイモ エジプト豆のピュレ” +¥760
kuro4
付け合せは満願寺唐辛子、インカのめざめ(じゃがいも)、にんにく、オリーブ、レンズ豆のピュレ。鞍下肉は腰の当たりのお肉。こちら絶品。柔らかく臭みもなく、脂も少なく、まろやかなお味。確かに羊なのですが、羊っぽくありません。付け合せの食材も上質で、食べ応えも満点ですね。

最後は美味しいコーヒーで。
kuro5
ごちそうさまでした。このお店の雰囲気で、サービス料も無し(夜も無いそうです)。かなりのコストパフォーマンスの良さですね。夜もコースは¥5,850からと嬉しい価格設定です。また訪れたいと思えるイタリアンレストランでございました。

“リストランテ クロディーノ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


伊勢廣 銀座五丁目店さん-美味しい焼き鳥に舌鼓/the 176th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、176日目は焼鳥でございます。“伊勢廣 銀座5丁目店”さんにお伺いしました。京橋、帝劇、銀座8丁目などにある“京橋 伊勢廣”さんとはご兄弟だそうですよ。

場所は銀座5丁目、中央通りから1本東側のあづま通り沿いの“あづまビル”の地下1階でございます。
ise6
老舗の鮨店“新富寿し”さんが1階に入っている建物で、お隣は老舗の喫茶店“トリコロール”さんですね。

入って左側がカウンター、右側がテーブル席で、座敷もございます。 開店して30年以上というだけあり、風情のある落ち着いた雰囲気です。

主なランチメニューは3種類。 “焼き鳥どんぶり” ¥1,620、“そぼろお重” ¥1,620、“焼き鳥定食” ¥2,700 やや強気な価格でございます。本日は“焼き鳥定食”をお願いしました。

まずは、香の物と大根サラダが運ばれます。
ise1
冷たくてシャキシャキの大根サラダは口直しに最適で、焼き鳥の合間に食べるとやたら美味しく感じます。

10分ほどしてメインの串と、ご飯と鶏スープ。串は5本です。
ise3

“ささみ 塩”
乗っているワサビが良いです。上品で美味

“だんご 塩”
麻の実が入っているそうです。 なかなかの食べ応え、鳥味もしっかりしており美味しいです。

ise2

“皮身 塩”
皮をクビのお肉で挟んでいます。

“葱巻 タレ”
ネギに巻いてあるのは、もも肉の薄切り。間にはシシトウとシイタケ。 甘めなタレが美味。

“もも肉 タレ”
もも肉のぶつ切りの間にはネギ、シシトウ。 ザ・焼き鳥感があり香ばしくて美味。

ご飯には焼き鳥を乗せて、タレのしみ込んで、少し油で光った美味しいご飯も御馳走なのです。最後は美味しい鶏スープで。ごちそうさまでした。

量が少ないかと思いきや、お腹いっぱいで満足感がございますね。 流石に鶏の肉質も良く、それぞれ手が込んでおります。紀州備長炭を使用した焼き加減も素敵で、美味しい焼き鳥でした。ちなみに夜はフルコース1種類のみのようです。今度銀座8丁目の“京橋 伊勢廣”さんにも行ってみたいと思います。

“伊勢廣 銀座五丁目店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


パークサイドダイナーさん-帝国ホテル伝統のカレー/the 175th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、175日目、前回に引き続き本日も洋食でございます。帝国ホテル本館1階の“パークサイドダイナー”さんにお伺いしました。

帝国ホテル本館は、銀座5丁目と6丁目の間のみゆき通りからJRと高速道路の高架下を通ってすぐでございます。
par11
みゆき通り側の入口から入ってすぐのところに“パークサイドダイナー”さんはございます。ランチは16:00までで、通しで営業しておりますので便利ですね。

アクセントの赤色がモダンな広々とした店内。15:30頃お伺いしましたが、お茶をされているお客様が沢山いらっしゃいますね。賑やかです。本日はランチメニューではなく、定番料理をお願いしました。記載価格は税込でサービス料10%が別途かかります。

まずは、コチラ。

“スープセット” ¥1,350
par1
スープとドリンクのセットです。 スープは2種類から選べましたので、本日は“ホワイトアスパラのクリームスープ”を選択。シンプルな優しいお味でございます。

“帝国ホテル特製ビーフカレー” ¥2,500
par2par5
あえて裏ごしをしていないという粘り気のある濃い色のルーに、牛肉がゴロゴロと入っております。帝国ホテルの雰囲気漂う重厚な見た目でございます。人参や玉ねぎなどの具はほとんど溶けてなくなっているだけに、牛肉の存在感がなかなか。

全然辛くはありませんが、しっかり地に足の付いたクラシックなカレーですね。 お肉をたくさん咀嚼しますので、満足感もございますね。付け合せのオニオンフライでカリカリをプラスすると、これまた美味しいのです。

続いてデザートもお願いしました。

“1ドル銀貨パンケーキ” ¥1,250
par8par9
小さなパンケーキが10枚。メープルシロップとホイップバター付き。 こちらも昔ながらの上質なお味でございます。小さいと食べやすいですね。

最後は美味しいコーヒーで。ごちそうさまでした。 
par7
無くなるとすぐお代わりをついでいただけます。サービスの良さは流石です。帝国ホテルでいただく贅沢感は何事にも代え難いものがありますね。 お水が美味しいのも良いところです。 機会があれば野菜たっぷりの野菜カレーをいただいてみたいともいます。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。