菊川さん-路地裏の素敵な割烹/the 99th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、98日目です。本日は会席(懐石)料理の“菊川”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、当店の裏の路地の一軒家。何とも素敵な店構えでございます。
kiku1   

こちらを注文しました。

“いくら丼(期間限定)” ¥1.365
kiku2
kiku3
イクラの上の青紫蘇と、下の香ばしい白ゴマ、そしてご飯が凄く良いです。特にゴマの頑張りには驚きました。イクラは岩手県産。イクラだけ主張するのではなく、全体としてバランスがとれており、とても美味しいです。

kiku4
卯の花、お新香、お味噌汁、果物付きです。イクラの量もこれくらいが丁度良いです。ごちそうさまでした。

回りを見回すと多くの方が、召し上がっている献立がございました。気になったため後日お伺いいたしました。

“おまかせ御膳” ¥1,575
kiku5
鯛、ブリのお刺身、焼き鮭、豆富、里芋に煮付け、卵焼き、茶碗蒸し、羊羹などなど。10品目以上で、彩りも豊か。体にも良いです。

kiku6
どのお料理も安心の優しい味付けです。ブリのお刺身が美味しいです。この内容で、この価格は確かにお得。人気も頷けます。しかし、イクラ丼が今一度食べてたいですが、来秋を待つことになりそうです。ごちそうさまでした。

kiku7
カウンターがありますので、お一人様も安心。2階に個室もございます。夜はフグやスッポンもいただけます。

“菊川”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。


おいしいカレー工房 ひつじやさん-驚きの価格です/the 98th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、98日目です。本日はお馴染み、カレーです。“おいしいカレー工房 ひつじや”さんにお伺いしました。

場所は有楽町、ショッピングモール”日比谷シャンテ”の地下2階です。エスカレーターを下りてすぐの所です。
hi6

15時前にお伺いしたのですが、8割の席が埋まっております。人気ですね。カレーセットが650円〜と価格も魅力の1つのよう。ワインとビールも原価+¥100と驚きの価格です。

こちらを注文しました。

“ラムチョップ シシカバブ カレーセット” ¥1,164
hi1     
チキンカレー、野菜カレー、サフランライス、ハーフナン、シシカバブ、サラダ。半分ですがナンも大きく、サフランライスも香りが良いです。

野菜カレーは大根、ナスなどが入っており全く辛くありません。チキンカレーは少し辛め。とても食べやすいカレーです。
hi2

“ラムチョップ”
hi3
大きいです!食べるのには少し頑張りが必要。お味もしっかりめですが美味しくいただけます。

最後にチャイとヨーグルトも付きます。
hi5

やはりコストパフォーマンスはとても素晴しいものがありますね。カウンター席は料理人さんが目の前でナンなどの料理を作るのが見られます。素敵です。

hi4

色々な効用のある薬膳カレーも揃えているようで、女性に優しいお店のようですね。“おいしいカレー工房 ひつじや”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。


銀座 矢部さん-カウンターでいただく蕎麦割烹/the 97th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、97日目です。本日は体に優しいお蕎麦です。“銀座 矢部”さんにお伺いしました。

場所は銀座8丁目、中央通沿いの銀座888ビル地下1階。銀座らしいラグジュアリーな建物です。
ya5

店内はカウンターとテーブルが2卓、高級感があります。料理人の手際が間近で見られるカウンターは迫力十分です。
ya6

こちらを注文しました。

“あわゆきそば(温)” ¥1.365
ya1
ふわふわ。卵を泡立てたものが蓋をしており、ほんのり柚子が香ります。

お蕎麦は自家製粉手打ちの十割(じゅうわり)そばです。
ya3
歯切れが良く、とても優しい上品なお味です。心も体もふわふわです。十割そばは延びやすいので、特に温かい場合は、素早くいただきましょう。

“そば湯”
ya4
ちゃんと蕎麦ツユと一緒に持ってきてくれるのがとても嬉しいです。一般的なものより白っぽい気がするのは十割そばだからでしょうか。そして飲んだ瞬間びっくり。とても濃く美味しいのです!素晴しいです。

これはちょっと冷たいお蕎麦もいただいてみなければ、ということで後日再訪しました。温かいつけ汁で冷たいお蕎麦の“鴨せいろそば” ¥2,100を注文しました。

ya8
蕎麦のみでも美味しく頂けます。主張がなく感じられる澄んだお味。見た目も綺麗です。

こちらのつけ汁でいただきます。
ya7
鴨の切り身、つくね、葱などが泳ぎます。お味は脂控えめで、とてもあっさり。鴨の出汁がよく出ています。寒い季節に本当に温まるお料理です。

七味山椒と柚子胡椒が一緒に提供されますので、そちらを追加しても美味しいです。そして鴨の出汁を加えたそば湯がまた美味しい。お代わりしたくなるそば湯はなかなかございません。良いお蕎麦屋です。

量は控えめですのでお気をつけ下さい。“銀座 矢部”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
ya10


呂者堂-ろばたさん-絶品、天然海鰻/the 96th day

2016年11月追記)久しぶりのお伺い!当店お隣の和食店”ろばた”さん、いつも素敵な時間をありがとうございます!

お通し “蒸しウニ、銀杏”
robata1
生もいいけど、蒸しもいい。日本酒にぴったりのアテですね。

“淡路産タイのお造り”
robata3
歯ごたえと甘みを楽しめる、独特の切り方。美味。

“松茸とハモの土瓶蒸し”
robata4
松茸はもう今年最後になるのだそうです。

robata5
出汁が最高に美味しくて口福感たっぷり。

“柳かれい干物”は囲炉裏で。このビジュアルだけで美味しさは3割増し。
robata6

robata7
食べた後の頭と尻尾、骨はさらに網で焼いて煎餅風に。これもまた乙なお味です。

“天然鰻の蒲焼”
robata8
今年は鰻の入荷があまりないそうです。少しだけ残りがあってラッキーでした。 目の前で焼いていただけるのは最高の贅沢。

robata9
三切れずつでしたが、絶品ですね。もっと食べたい〜。

“がんも、タコ、里芋、ほうれん草の炊き合わせ”
robata10
最後は優しい煮物で〆。シンプルな料理が美味しいって素晴らしい。

お酒は以下を燗で一合ずついただきました。 “八海山 純米吟醸”、”菊正宗 本醸造” これで一人8,000円ほど。最高ですね。 お一人でされているので、ペースはゆっくりですが、これがまた良いいんです。

万人受けするお店ではないかもしれませんが、私にとっては、とっても大事な最高のお店です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2013年11月記載(現在ランチ営業はしていません)

トリプルのお隣、1階に玉泉堂さんが入っている土屋ビルの裏です。ふと裏口の横を見るととても気になる張り紙を発見しました。
roba1

御昼食、天然うなぎ、すっぽん雑炊。惹かれます!
roba2
すぐ近くにこんな魅力的なお店があったなんて!早速お伺いしました。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、96日目、本日は和食、うなぎです。“呂者堂-ろばた”さんにお伺いしました。場所は土屋ビルの2階です。ここにお店が存在すると思わせない雑居的階段を上るとそこには思っても見なかった空間が。

囲炉裏を中央に据えたテーブル席。奥にはカウンター。素敵です。
roba3
お昼のメニューはスッポンとウナギの2種類のみ。天然ウナギを注文しました。まずは、こちらから。

前菜 “湯葉、タコと野菜の煮物”
roba5 roba4  
柚子の香る優しく上品な煮物。その中でもタコが良かったです。柔らかく深いお味。好物の湯葉もとても滑らかで嬉しいです。

ウナギは囲炉裏に炭をおこして、その場で焼いていただけます。素晴しい。
roba6

天然ウナギは広島県福山市の鞆の浦産。川ではなくて海で取れた珍しいウナギです。
roba8
見るからに厚みがあって美味しそうです。それもそのはず海鰻は800g〜1kg程の大きさで、生きたままお店に届きます。さばくのがとても大変とのこと。お疲れさまです!ちなみに、少し分かりにくいですが、身の上に乗っている薄いピンクのものは卵。鞆の浦で取れるウナギは全てメスだそう。不思議ですね。

タレを薄く付けて、再び焼きます。
roba11

油の爆ぜるプチプチという音、香しく甘い匂い、炭の温かさ。何と愉快な時間でしょうか。
roba10

焼くこと20分で出来上がり。蒸さずに焼く関西風で仕上げていただきました。roba12
しっとりと柔らかくも引き締まった身、パリッと軽く仕上がった皮のバランスが絶妙。自然な油の乗り具合とクセのない高貴な味。素材を引き立てる、淑やかなタレも良い。秀逸です。

他、ご飯、肝吸い、お新香が付きます。ご飯に乗せれば豪華な天然海うな丼。
roba14
厚みがありますので、少なく見えても満足感ございます。視覚、聴覚、触(舌)覚、味覚、嗅覚、五感全てで味わえる大満足の鰻でした。ごちそうさまでした!

甘味 “栗きんとん”
roba15
お口直しに。こちらも優しいお味で、とても美味しいです。

こちらで仕入れる天然鰻は今の時期しか入手できないということ。また、手に入らない場合もあるので、タイミングが良ければ食べられます。お気をつけ下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
roba16


梅丘寿司の美登利 総本店さん-ボリューム感と巧みな贅沢感/the 95th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、95日目です。本日は行列のできるお寿司屋さん“梅丘寿司の美登利 総本店”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、最近特に賑わいを感じるコリドー街にございます。
 mi1
瓦を使用した和風な外観。平日14時30分で待っていらっしゃる方が。土日は1時間待ちが当たり前です。       

本日は超特選ランチ¥2,100をオーダーいたしました。

“カニ味噌サラダ、茶碗蒸し”
mi2
シンプルな茶碗蒸しに、少し贅沢感の味わえるサラダです。

“中トロ”
mi3
サイズの大きさにびっくりです。一般的なものの倍はありそうです。

“アナゴ1本握り”
mi5
コチラもボリュームが!名物のようです。香ばしい香りにと甘いタレが美味しいです。

“大赤エビ、イワシ、ズワイガニ、ホタテ、ブリ”
mi7
エビの上のキャビアが、また贅沢感を演出。そして飛び出るズワイガニ。鮮度もなかなかに良いです。

“アナチー” ¥420
mi8mi9
アナゴの巨大さを知らずに別オーダーしてしまいました。バーナーでチーズを焼いてくれます。一気に洋風に。おやつ感覚で食べられます。

“ネギトロ巻き”
mi10

最後は軍艦で〆。

“イクラ、ウニ”
mi11
他、卵があって全12種、さらに味噌汁が付きます。満足です。ごちそうさまでした。

ボリューム感や、ゴージャス感をしっかり味わえる素敵なお寿司でした。土日祝日にご来店の際は行列必至です。お気をつけ下さい。“梅丘寿司の美登利 総本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。