体がよろこぶインド料理 “ナタラジ”さん/the 35th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、35日目です。

本日は、久々にカレーが食べたくなりました。よってインド料理です。

自然派インド料理のお店”ナタラジ”さんにお伺いしました。

場所は松坂屋の正面、指輪店”アイプリモ”さんが1階のビルの7階~9階です。
自然派インド料理ナタラジ
自然派インド料理って何なんでしょうか。

とりあえず、一番体にやさしそうなメニューを選択。

“シャンティ・セット”¥3,850をオーダーしました。 

マクロビオティックメニューです。マクロ~とは「穀物、海藻、野菜を

季節や体調に合わせた選び方と調理方法で、毎日の食事に取り入れること。

身体にストレスがかかる食品(肉、精製された砂糖、乳製品、食品添加物など)は食べない」そうです。

勉強になります。

“グルテンミートのソテー”

グルテンミートとは大豆から作られるノンコレステロールの植物性素材。

マクロ~はお肉を食べないので、その変わりとして食されるようです。

お肉にしては、ちょっとフニフニしてますが、とても美味しいんですよ。

“シャンティ・サラダ”

発芽豆、海藻、きのこ、沢山の野菜が入ったサラダです。

ほどよくスパイスが利いていて食欲増進。非常にヘルシーです。

“豆カレー”

その名の通り、豆がたくさん入ったカレーです。熱々ですが、全く辛くありません。

とってもアッサリとしていてカレーにあるまじき食べやすさです。

“根菜豆腐カレー”

ごぼう、レンコン、人参、カボチャなどの野菜に、シメジ、豆腐の入ったカレー。

野菜と豆腐の不思議なマッチングが素晴しいです。豆カレーよりややスパイシーですが、こちらも辛くありません。

本当に、体にやさしいカレーなんですね。

“小松菜ビーガンナン”

ビーガンとは絶対菜食主義者のこと。卵や乳製品も食べない人のこと。

よって、こちらのナンも卵、牛乳不使用です。

小松菜入りですが、ほんの、ほんのわずかに小松菜が香る程度で、全くエグさはありません。

ヘルシー!

個人的に緑は好きな色なので、カラーリングも良いですね。

“豆乳タピオカ キール”

キールとはライスプディングのこと。

タピオカとライスの異なる丸み、滑らかさ、とろみのバランスが絶妙。

甘さ控えめで、とても美味。

何だか、健康になった気がします。ごちそうさまでした!

店内(7階)はインドの工芸品が、展示されており、とても綺麗です。

また、平日はランチビュッフェ¥1,100もおこなっており、かなりのお得感のようです。

お肉のカレーはございませんので、お気をつけ下さい。

“ナタラジ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非、トリプルにも遊びに寄って下さいませ。
自然派インド料理ナタラジ


佐賀の恵を堪能する “佐賀牛レストラン 季楽”さん/the 34th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、34日目です。

本日はお客様に「美味しいとこないの?」よく聞かれる”鉄板焼き”です。

銀座5丁目の、明らかに豪華な見た目と名前の建物”ROYAL CRYSTAL GINZA”の5階にある

“佐賀牛レストラン 季楽(きら)”さんにお伺いしました。

メゾンエルメスの裏側です。

ランチメニューより”竜胆(りんどう)”¥8,000をオーダーいたしました。

“前菜の4種、盛り合わせ~佐賀の彩り”

左から、佐賀牛のたたき、奥豊大豆の豆腐、桜ポークのテリーヌ。

前菜から流石の完成度の高さでした。

お豆腐に乗っているイクラ、北海道産ですが、新鮮で弾けるプチプチ感でした。

“サーモンのマリネ”

サーモンの、口当たりが、とても爽やかで滑らかです。

“海の幸の鉄板焼き-玄界灘の甘鯛”

新鮮なので、ほんのちょっと焼くだけで充分。

玄界灘で鍛えられただけに、身が柔軟、非常に充実した甘鯛。甘鯛って本当に甘いんですね。

赤いのは、福神漬けと玉ねぎのソース。これも不思議と美味しいんです。

続いて目の前の鉄板にて、お肉や野菜を焼いて頂くのですが、その前に驚いたのがコチラ。

“ジャンボにんにく”

握り拳くらい大きさです。いやぁ、大きい。

こちらが焼く前の素材。モヤシ以外は佐賀県産です。

佐賀和牛の肌理細かいサシは、見るからに美味しいそうです。

目の前で焼いてくれるので、ライブ感も堪りません。

燃えています!

“季節の焼き野菜-椎茸、里芋、小松菜”

お肉だけでなく、野菜も新鮮で美味。

“季節の焼き野菜-ジャンボにんにく、玉ねぎ”

玉ねぎは普通の大きさです。ジャンボニンニクのジャンボさが分かります。

そして、この玉ねぎが、甘くて、とても美味しい。こんな美味しい玉ねぎは初めて。

“季節の焼き野菜-モヤシ”

モヤシ炒めも”季楽”さんの手にかかると、絶品料理に。

何にも付けなくてもイケてしまいます。

“佐賀産和牛、フィレ120g(写真は半分です)”

焼き方はミディアムレア。

歯が無くても何も問題無く食べられるくらいの柔らかさ。

ジューシーで軽く噛めば旨味がギュワっと吹き出します。あぁ美味しい。

“炊立て佐賀の白米”

お釜で炊いて頂く佐賀米。新米のため、水分多めで、しっとり艶やか。

このご飯に、先ほどのお肉やお野菜を乗っけて食べると、また美味しいんです。

普段は、ご飯あまり食べないのですが、美味しいのでお釜一杯完食です。

“ふるさとの漬物”
o0800053412260755674
   
左下の蜂蜜漬けの梅干しが、なかなか。

“洋梨のコンポートとフロマージュブランのアイス”
o0800053412260757038

山梨県産の洋梨を使ったコンポート。

素材をしっかり生かして、甘さ控えめ。梅酢のジュレが良く合います。

フロマージュブランはヨーグルトみたいですが、実はチーズです。

でも味はヨーグルトに似ています。ほどよい酸味で美味しいですよ。

食後は、コーヒーで。
o0800053412260757039

どのお料理も完成度が高く素晴しかったです。佐賀の恵を堪能いたしました。

ごちそうさまでした!

11席しかないカウンターは予約がお勧めみたいです。
o0534080012260757040

テーブル席や個室もございます。

場所はコチラです。

“佐賀牛レストラン 季楽”さんについては詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びよって下さいませ。


銀座でシチューと言えばココ “銀之塔”さん/the 33th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、33日目です。

本日から銀座6丁目以外、解禁しました!

解禁日の本日は東銀座、現在工事中の歌舞伎座の近くにある

シチュー専門店”銀之塔”さんにお伺いいたしました。

蔵を改造したそう。家に蔵などありませんでしたが、懐かしさを感じる佇まいです。

2羽のアヒル?の暖簾が、ちょっと可愛いです。

メニューはシチューとグラタンのみ。

本日は”ミックス(ビーフ&野菜)シチュー” ¥2,500をオーダーいたしました。

コチラです!

熱々の土鍋と提供されます。ちなみにテーブルに置かれて20秒ほど経過した時の写真ですが、

煮えたぎるブクブクは留まるところを知りません。美味しそう。

牛タン、牛肩ロース、野菜は人参、じゃがいも、玉ねぎ、さやえんどう。

3日掛けて作られたデミグラスソースは、クセがないがコクがあり滑らか。

高齢の方でも無理無く食べれそうです。

長時間掛けて煮込んだお肉とお野菜は、フカフカ。幸せなお味です。

“小鉢3品、漬物”

侮るなかれ。これが舌が焼けるほど熱々のシチューの箸休めとして最適。

冷たい惣菜が舌を癒します。

和風シチューはご飯との相性抜群。ちなみにご飯お代り無料です。

昔から何シチューであれ、ご飯に掛ける家だったので、違和感無し。

昔はカレーとシチューの区別が付いてなかったくらいです。

タンも牛肩ロースも噛まずに切れるくらいホロホロ。非情に好みのシチューでした。

昭和30年創業の味、流石でした。冬になると、さらに美味しくなりそうです。

ごちそうさまでした!

3階までの店内はかなり広々、畳の部屋やカーペットの部屋、テーブル席もございます。

また、真裏には別館もあるみたいですよ。

地図はコチラ。

“銀之塔”さんに付いて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は、ちょっと足を延ばして是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


誠実感のある中華料理”銀座 麒麟”さん/the 32th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、32日目です。

チャーハン好きのため、2週間に一度はチャーハンが食べたくなります。

本日は中華です。

バーニーズニューヨークの正面にある”China Garden 銀座 麒麟”さんにお伺いしました。

2時頃お伺いしたにもかかわらず、満席状態。

1階のティールームに案内されました。5階までフロアがありまして、上階はかなり豪華な内装のようでした。

次回は是非、上に上がってみたいです。

10種類の麺、ご飯から選べる”麺飯セット” ¥1,500をオーダーしました。

“前菜”

左の棒棒鶏-バンバンジー、甘辛いタレも素晴しく、美味しいかったです。

セット内容はこんな感じです(焼売は別オーダーしました)。

“上海風肉しゅうまい”¥200

しっかりとした食感、蒸したての焼売でした。

密度が濃いため、満腹感有り。

“具沢山の揚州チャーハン”

いわゆる五目チャーハンです。

タケノコ、えび、シイタケ、ネギなどなど確かに具沢山。

きちんとパラリとしており、誠実に作られたチャーハンという感じ。

美味しかったです。

“ミルクプリン”

小さい時を思い出すミルクプリン。

甘さ控えめです。

真面目な中華料理という印象を受けました。美味しかったです。ごちそうさまでした!

ランチは1000円からあるみたいです。

場所はコチラです。


“銀座 麒麟”さんについてはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


こだわりの自家焙煎珈琲、銀座の避忙地 “然林庵”さん/the 31th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、31日目です。

本日はコーヒーショップ。

ちょっと時間が開いてしまった時に助かる、雰囲気の良いお店”全林庵”さんにお伺いしました。

場所が若干わかりにくいです。

こちらの銀座細野ビルの6階です。小さい看板が出ています。

1階が以前ご紹介させて頂いたトンカツの”平田牧場”さんです。

その時の模様はコチラをご覧下さい。

“DOVER STREET MARKET GINZA-ドーバーストリートマーケット”の真向かいです。

現在は、STAR WARSのストーム・トルーパーのディスプレイです。

オーダーです。

まずは、

“ホットサンド  ハム・トマト・チーズ・キャベツ” ¥700

このホットサンドはかなり好みでした。

すごくカリカリな焼き具合が最高でした。新鮮な野菜とクリーミーなチーズとの相性も良いです。

“然林庵コーヒー” ¥600

天日乾燥の豆を使用したコチラお勧めのブレンドコーヒー。

美味しい、です!

香ばしい香りと奥深いコク、そして新鮮感が感じられます。小さな贅沢。ありがとうございます。

さらに、

“ガトーショコラ” ¥580

しっとりとした、甘さ控えめです自家製ガトーショコラです。

密度が濃くないので、非常に食べやすいです。どうもごちそうさまでした!

コーヒーの種類が豊富なので、色々飲み比べしたくなりますね。

店内も雰囲気良し。コーヒー豆も販売しているみたいです。そして意外と広いです。

奥にテラス席もありますよ。

さすが、軽井沢のコーヒーショップの銀座店。

落ち着ける素敵な雰囲気を作り出しています。6階というのも良いですね。

場所はコチラです。


“然林庵”さんについて詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。