最新作 factory900 fa-1100全色入荷しました!

こんにちは、トリプルです。

小文字 factory900、2012Spring/Summerモデルがついに入荷いたしました!!

1型だけですが。。。

今までのfactory900とはガラッと印象が違います。クールです。

factory900 fa-1100 col*001

大文字 FACTORY900のようなボリューム感はないのですが、立体感はスゴいです。

実際手に取ってご覧頂くとわかるのですが、どうやって製作してるのか!?ミステリーです。

お椀のような薄い構造になっているため、かなり軽いですよ。

実際掛けて頂きました。モデルはS様です。

Mr.S met “factory900 fa-1100 col*001”.
今までにないスマート感です。

他のメガネにはない、立体構造なので、光の反射の仕方が面白い。不思議なメガネです。

テンプル(ツル)は細みで、フロントの立体感が際立ちます。

サラッと掛けれて、実はとんでもなく個性的な、今までにないジャンルのメガネではないでしょうか。

お似合いです!ご協力頂きましてありがとうございました。

またお気軽に遊びに寄って下さいね。

全5色、入荷いたしました。

factory900 fa-1100 col*028

立体感を一番感じるカラー。

デザイナーの青山氏が、先日トリプルにいらっしゃった時に、掛けていたのがコチラ。

流石に似合いますね。

factory900 fa-1100 col*154

定番のブラウン。

factory900 fa-1100 col*253

目立つなら赤。

factory900 fa-1100 col*344

掛けると意外と抑えめな、このパープルはお勧め。

このモデルは、手にとって色んな角度から見て頂きたいですね。写真では伝わりません!

FACTORY900の最新作のサングラスも入荷してます。コチラは後日ご紹介いたします。

FACTORY900,factory900-ファクトリー900のメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。


お客様からの嬉しいお話 vol.9 & “ROBERT MARC 221” PS vol.69

こんにちは、トリプルです。

本日も素敵なお客様をご紹介いたします。

さらに、嬉しいお話もお伺いいたしました。いつもありがとうございます!

メガネはこちら。

ROBERT MARC 221 col*101 Tortoise/Pine

べっ甲柄×グリーンの、オリジナルカラーを採用したエレガントなレディースメガネです。

それでは、どうぞ。

Ms.Namiko Nakayama met “ROBERT MARC 221 col*101”.

素敵ですね。

つり目のフォックススタイルは女性の魅力が引き立ちます。

きつい印象にならないのが、ロバートマークのセンスの良さです。

実は、Nakayama様はピアニストでいらっしゃいます。

当店にご来店されるまで、目の検査のことにはあまり関心がなかったということでしたが、

高機能検眼で、メガネを製作させて頂いたところ「人生が変わりそう!」という嬉しいお言葉を頂きました。

今までは、楽譜が部分的にしか見えなかったのですが、

譜面全体が一目で見渡せるようになったそうです。
楽譜
「この見え方なら、練習がやりたくなります。」とも。素晴しい。

度数は、前のメガネと比べると、右の度数はほぼ同じ、左の度数をかなり調整させて頂きました。

「演奏中に、うっかり左手が外れそうになることがあるんですが、それも無くなりそう。」

今までは左右のバランスが悪く、両目で見えていなかったのが、しっかり両目で見えるようになりました。

それが、これらの効果なんですね。驚きです。

Nakayama様のお言葉をかりれば、

「今まで平面的に見えていたのが、このメガネは、すごく立体的に見えます。

空気まで違って見える気がします。」

「このメガネを掛けると顔の左側が活性化するみたいです。

左の耳までよく聞こえる気がします。」

ということです。ありがとうございます。

両目で見ることができて始めて、本当の意味での立体感を感じることができるんですね。

それ以外にも色々な、良い効果があるようです。

特に、ピアノの演奏のようなシビアな世界では、すごく違いが出るようです。勉強になりました。

では、全身。

シンプルですが、ドレープの使い方が、美しいですね。

フォーマルなお洋服でも、調和するプラスチックフレームってなかなか無いんです。

プラスチック素材なのに、エレガントさとスマートさを感じる。

流石、ロバートマークです。お似合いです!

ご協力頂きまして、誠にありがとうございます。いつも応援してます!

またお気軽に遊びに寄って下さいね。

ROBERT MARC-ロバートマークのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

トリプルの高機能検眼についてはコチラをご覧下さい。

ピアノ


トラッドなファッションに “American Optical 307” PS vol.68

こんにちは、トリプルです。

本日も素敵なお客様をご紹介いたします。いつもありがとうございます。

ご紹介するメガネはコチラ。

American Optical 307 col*gold

アメリカンオプチカルは1833年に創設された現存する世界最古のメガネメーカー。

SHURON-シュロン、Bausch & Lomb-ボシュロムとともにアメリカ3大メガネメーカーと言われます。

こういうレンズに穴を開けてネジで固定するメガネを発明したのもアメリカンオプチカルらしいです。

それでは、どうぞ。

Mr.Yamamuro met “American Optical 307 col*gold”.

お似合い!ゴールドが良いです。

似合いすぎて、何も言うことはありません!

縁なしのスッキリしたデザインなのに、確かな個性。きっちり役割は果たしてますね。

全身。

American Opticalはトラディショナルなファッションに、最適ですね。

大人な、そしてクレバーな雰囲気です。

ガチガチにトラッドではなく、ご自身でアレンジされているのが素敵。

オシャレです。

その他のカラーは、

American Optical 307 col*silver

定番のシルバー。少し爽やかな雰囲気が出ますね。

レンズが小さいので近視の度数が強い方にもお勧めのメガネです。

Yamamuro様、ご協力 & ご購入頂きありがとうございました!

またいつでも遊びに寄って下さいね。

American Optical-アメリカンオプチカルのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

笑顔でさようなら!


エレガントなアイウェア、VOLTE FACEをご紹介して頂きました。

こんにちは、トリプルです。

本日は、VOLTE FACE PARISの竹内さんにメガネをご紹介して頂きました。

ありがとうございます。

ボルトファースはフランス パリのアイウェアブランド。

女性デザイナーのファビエンヌ・クレドーによりデザインされる、おおらさと繊細さを合わせ持つ

愛らしいフレームは、まるでジュエリーのようにお顔を彩ります。

綺麗です。

遠くからでは、わかりませんが、1つ1つ細かい装飾が施されています。

色味は明るくても、派手な感じはなく、エレガントな印象になります。

デザイナーの腕の見せ所ですね。

サイドに特徴があるメガネが多いのも特徴です。この色、すごく可愛いですね。

VOLTE FACE、現在2点しか在庫がございませんが、今月中に何点か入荷いたします。

お楽しみに。

VOLTE FACE-ボルトファースのメガネをお探しの方は東京銀座のトリプルまでどうぞ。


すき焼き万歳! “人形町 今半”さん/the 16th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目グルメ日記、16日目です。

本日は、ちょっとお肉が食べたいな、ということで、

すき焼きの名店、”人形町 今半”さんへ行ってきました。

1階が”BARNEYS NEWYORK”、交詢ビルの5階です。

ちなみに”今半”という名前のすき焼き店は色々ありますが、浅草にある”今半本店”を元に、

“浅草 今半”、”人形町 今半”、”今半 別館”、”代々木 今半”と今では独立して5つに分かれているようです。

本日は”人形町 今半”さんです。

お昼のコースより、団 DAN コースをオーダーしました。

まずは、前菜2品。

“しいたけ、おくら、枝豆豆腐、下に敷いてあるのはエビソーメン”

見た目にも色鮮やか。盛りつけが繊細で、目で見てもすごく楽しめるのが和食の良いところですね。

“牛肉のつくだ煮の白瓜巻き”

7月が旬という白瓜。シャキッとした食感が良い。

夏にぴったりな爽やかで、目にも美味しい前菜でした。

続いてメインのすき焼き!!

“春菊、しいたけ、ネギ、ナス、オクラ、人参、豆腐、麩、しらたき”

夏なのでナスとオクラが入ります。季節によって変わるみたいです。

すき焼きの具で、ナス、オクラって珍しい。

“鳥取県産 黒毛和牛”

産地は日によって変わるそうです。

しかし、この霜降り加減、そして細かいサシ(脂肪)。絶対美味しいでしょう。

作り方が普通のすき焼きと違うためため、調理は全て仲居さんにお任せです。

ちなみに、清楚でお淑やかな雰囲気の素敵な女性でした。

ありがとうございます。

すき焼き調理中。あぁ美味しそう。

慣れ親しんだすき焼きと違い、かなり少なめの割り下で煮るというか、照り焼く?感じ。

お肉は、ちょっと赤い部分が残るくらいがお勧めのようです。火加減が難しそう。

出来上がり(一部)です。

ちょっと、これは、美味しいです。

ベタ過ぎですが、お肉は、溶けるほど柔らかい!割り下も卵も、優秀!

美味しい、しか、言葉無し。

デザート。

“桃のシャーベット、杏と佐藤錦(さくらんぼ)”

杏、佐藤錦、素材のまま。美味しいです。

満足です。ごちそうさまでした!

お部屋はこのような雰囲気です。

3つのテーブルがある大部屋があり、

あとは、個室がいくつかあるみたいです。

大切な人との一時や、接待に、非常に良いですね。

家庭のすき焼きも美味しいですが、また次元の違うすき焼きです。すき焼き万歳!

名店の味、かなり美味しいです。

“人形町 今半”さんのウェブサイトはコチラをご覧下さいませ。

“人形町 今半”さんにお立ちよりの際は、ぜひトリプルにも遊びに寄って下さいませ。