ル・ブラン 銀座店|三越隣のスイーツも美味しい洋食店/the 363th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」363日目、本日は不思議と懐かしい語感の洋食です。

銀座三越の隣にある洋食店「ル・ブラン 銀座店」にお伺いしました。

ずっと気になってはいたのですが、何故かお伺いする機会がなかったお店です。 店内のテーブルには綺麗な白のテーブルクロス、壁に掛けられた絵画など昔ながらの洋食店らしい落ち着いた雰囲気で、2階席もあります。

本日はメインが選べる・ランチAセット ¥1,400をお願いしました。

まずは・サラダ、コーンスープ


滑らかなスープは素朴なお味で落ち着きます。

メイン料理は一番人気の・魚介のドリアをオーダー。

乳製品のまったりとしたコクと玉ねぎの甘味が美味しいベシャメルソース。魚介はエビ、イカ、アサリが入っており美味しい出汁効果と共にプリッとした食感がアクセントとなっています。昔ながらのドリア、お皿に周りに付いた美味しい焦げ部分をスプーンで頑張って食べるのが大好きなのです。

料理も美味しいですが、デザートも美味しいです!

人気No.1の・モンブラン ¥510

モンブランの要のうねうね部分はフランス産のマロンクリームにほんのりラム酒で大人味。 中はコクのある生&カスタードのブレンドクリーム、個人的に気に入ったのは下のさっくりタルト生地にアーモンドクリームとマロングラッセが入っていたこと。栗好きには嬉しい隠し栗でした!

こちらはまた別の日にカフェ利用でいただいたデザート。

・スイートポテト ¥820

ウェーブが美しいサツマイモのスイートポテト、甘さは非常にうっすらなので、付け合せの生クリーム、バニラアイス、キャラメルソースが大活躍。 人工的な感じがあまりしない分、優しさと大らかさの感じられるデザートでした。 

最後はセットの・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

ちょっとツンツンしている感じなのに、何故か感じの良いサービスも好み。三越の隣ということもあり客層も上品で落ち着いています。日曜日はの早い時間の食事は以外と狙い目、午後のカフェ利用で賑わいそうな感じですね。

夜は飲み放題付きのコースなどもあるようですので、知っておくと以外と便利かもしれません。 グラタン、ハンバーグ、カボチャプリン、グレープフルーツゼリーなども気になりますので、またお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

「ル・ブラン 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ティム・ホー・ワン|世界一安いミシュランレストラン!?/the 362th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」362日目、本日は4月8日にオープンした話題の香港点心専門店「ティム・ホー・ワン 添好運」にお伺いしました。

場所は新ランドマーク「ミッドタウン日比谷」の向かい側「日比谷シャンテ 別館」の1階。キャッチコピーが「世界一安いミシュランレストラン」ということもあり、連日行列が凄いです!

2時間、3時間待ちも当たり前。お店は11時オープン、私は10時30分から並び、入店できたのは12時過ぎでした。

店内は84席と席数多め、ぎゅっとテーブルが詰められて並べられておりカジュアルで賑やかな雰囲気です。料理はテーブルに置かれたメニュー紙にチェックしてオーダーするすしざんまい方式。色々お願いしてみました。

・7種野菜の蒸し餃子 ¥480

透け感がユニークですが、お味はさっぱりオーソドックス。

・鶏足の香港式煮込 アワビソース ¥580

鶏足そのまんまのインパクトのある見た目!あまりに鶏足なので、少し驚きました。 ゼラチン質たっぷりで滑らか、美肌効果が期待できそうです!こっくりとしたソースとピーナッツも美味しいです。

・チャーシューの腸粉 ¥680

ツルツルモチモチ食感のチョンファンにさっぱりとしたチャーシュー、さらっと食べられあっという間に完食です。

1品はだいたい500円〜700円ほどですが、TAX8%, 席料(お茶代込み)10%がプラスされます。3〜4名で少しずつ色々食べるというのが正解ではないでしょうか。ごちそうさまでした!

そしてティム・ホー・ワンの名物の1つが「ベイクドチャーシューパオ」という点心なのですが、こちらのみテイクアウトが可能です。後日お伺いしてみました。お店の行列は相変わらずですが、早い時間のためか、なんとテイクアウトコーナーは全くのフリー!

・ベイクドチャーシューパオ ¥600(w/o tax)を1セット購入いたしました。

1日300セット限定のため、大体15時頃には完売してしまうそうです。

早速、日比谷シャンテのベンチに腰掛け温かいうちにいただきます。1個4口ほどで完食できるサイズ感のメロンパン様の点心3個入り。

外側はサクサクでほんのり甘い。


中はトロッとしたチャーシュー餡が入っています。抜群のサクサクと中の餡のコントラストが良い感じ。甘みが強いのでデザート代わりにも最適。味はメロンパンと似ていなくて安心いたしました。

パッケージには2時間以内にお召し上がり下さいと記載がありますが、話題のお店なだけにギフトでも喜ばれそうです。ごちそうさまでした!

「ティム・ホー・ワン 添好運」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


GINZA JOTAKI|感動を呼ぶ至高の情熱中華/the 360th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」360日目、本日は中華です。数年前から岐阜県から「フルタ」「チウネ」、滋賀県から「銀座しのはら」、兵庫県から「銀座 盡」など地方の人気店が銀座に移転されるケースが増えており、どのお店も予約が取りにくい人気店となっていますが、今回は佐賀から!

2018年2月15日オープン、福岡・佐賀版ミシュランで1つ星を獲得した上瀧シェフの中華料理店「GINZA JOTAKI ギンザジョウタキ」さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、外堀通り沿い美術館ビルの3階。

2階は以前ブログにてご紹介いただいた中華料理店「新広東菜 嘉禅」です。

昼夜共に同じメニューで¥30,000から。本日は一番リーズナブルなコース・寿宴 ¥30,000(サ別10%)を事前に予約してランチにお伺いいたしました。

落ち着いた照明のシックな店内は直線のカウンター10席のみ。

調理器具もほとんど置かれておらず、鮨店のように美しく洗練された印象です。奥に長方形の鏡が見えますが、面白い仕掛けになっていました。上瀧シェフの挨拶がありこちらからスタート。

・フランス産キャビアの冷静チャイナパスタ クリーム仕立て

いきなり意表をつかれる洋風ビジュアルですが、いただいてみるとしっかり中華料理。 生クリームとミックスされた上湯が力強く素晴らしい味わい。湧き上がるワクワク。

・気仙沼産勝鮫の頂湯蒸しスープ もやし、金華ハム添え

こちらも絶品。気仙沼のフカヒレは以前にもいただいたことがあるのですが、これ、本当美味しい。

・気仙沼産吉切鮫の最上級フカヒレ姿煮込み 干し鮑と共に

フカヒレ連発!先ほどとは種類の違うもので、激烈に美味しい! シルキーな食感に加え、旨味も凄い。感動の一皿でした。

・78℃で4時間真空調理した天然黒鮑 風味豊かな肝バター

シェフが考案したという絶妙な黄金温度で調理された鮑は、柔らかさと旨味のバランスが素敵。

・天然伊勢海老の蒸し物 香港スタイル

先ほどまで生きていた伊勢海老。新鮮でプリップリです。 これはネギとニンジンのソースだったか、素材も美味しいのですが、先ほどからソースが絶品!

・天然アコウアラの中国式お造りと四川スパイス揚げ

オレンジの水玉模様が可愛い高級魚のキジハタ(サイズも大きい!)も目の前で調理。 刺身は2日間熟成で旨みたっぷり。

先ほど捌いたものは自家製ラー油を使った揚げ物に。

四川風のシャープな辛味の中で魚の甘味が際立ちます。スペシャリテというだけあり絶品!

・中国料理の技法を使って再構築した松坂牛のロッシーニ

メインはフレンチと組み合わせたユニークな一皿。 さっぱりとした柔らかいイチボを使い、時代が証明する完璧なコンビネーション。付け合わせの黄身、マッシュポテトも効いています。


豆板醤などを使った寛容なコク深ソースの包容力も素晴らく、しっかり中華料理として仕上げています。

・天然伊勢海老と鹿児島産朝掘りタケノコの中国伝統おこげ 野山椒の旨味餡

これがまた凄かった! 今まで食べてきた「おこげ」はいったい何だったんでしょうか。。。 本来は大変な手間のかかる料理だそうです。とにかく美味し過ぎ。

・本場四川式 陳麻婆豆腐、スープ付き

ベーシックに仕上げて麻婆豆腐は豆豉、行者ニンニクなどの季節の香味野菜を使い、食感良く、そして香り良く仕上げています。

ご飯は佐賀県産さがびより。

ご飯も美味しく、お米が美味しい日本ならではの美味。ご飯はお代わりできるのも嬉しいですね。

・紅白燕の巣のシロップ煮、杏仁豆腐、ジャスミン茶のクレームブリュレ

見た目シンプルな杏仁豆腐にしても味は最高レベル。

燕の巣はココナツスープを掛けて仕上げ。

超絶的に希少な赤燕の巣を加えて。昇天。

・小菓子

カシューナッツのシュー、チョコ、メレンゲ、紹興酒のトリュフチョコ。 最後は美味しい・鉄観音茶をいただきゆっくりとさせていただきました。

まさに怒涛の旨みが押し寄せる料理の数々に幸せいっぱい。素材とクオリティーを考えるとコスパが良く思えるほど。モダンな皿もありますが、ベースは一貫した伝統的な中華料理の確かな技術。使用する素材は日本の天然物、ほぼ自家製の調味料、それに各地方の中華料理の素晴らしい技術がプラスされた旨みの力強さ、奥深さが感動を生みだします。

この料理はきっと中国人シェフには作れない。日本人シェフが作り出す最高レベルの中華料理という印象です。そして素晴らしいのが後味、食後感の良さ。沢山食べましたが、体への負担は全くないのが驚愕。お茶をいただくころには口に残る辛さも完全に消えていました。凄過ぎる。

ちなみにオーナーの上瀧シェフはぱっと見全然シェフっぽくなく(失礼!)、非常に柔和で落ち着いた雰囲気、まだ30代というから驚きです。

しかし一旦中華鍋を持つと不動明王のよう気迫溢れる表情に一変。

背中には焔が見えるようで、思わずギャップ萌え。銀座に来ていただいて本当にありがとうございます!

サービスもサポートのシェフも佐賀からいらっしゃったそうで、コンビネーションも抜群でした。 またお伺いたします。ごちそうさまでした!

「GINZA JOTAKI」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


サローネ東京|ミッドタウン日比谷の優雅なイタリアン/the 358th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」358日目、本日はイタリアンです。3月29日にオープンした日比谷の新ランドマーク「東京ミッドタウン日比谷」。

その3階にあるイタリアンレンストラン「サローネ東京」さんにお伺いいたしました。サローネは横浜を拠点とするイタリアンの超有名店。スタッフの方曰く、満を持しての日比谷(銀座)出店だそうです。

エントランスもそうですが、イメージカラーはゴールド。

エレガントなムード溢れる店内は天井も高く、席間もゆったりとしています。大きくとられた窓から入る日光とゴールドとの相性も抜群です。

ランチコースは2種類ありますが、本日は一番リーズナブルな・4皿のメニュー デグスタッツィオーネ ¥6,000(w/o tax)をお願いしました。内容はプリフィクスではなく、全てお任せです。まずはこちらから。

・真蛸のアスピック シチリア風

上の綺麗なアスピックはアサリ出汁にサフランで色付けしたもの。下はウイキョウ、赤タマネギ、レンズ豆、ナッツ、ウニなど。見た目も美しく、フレッシュ感と食感が素敵です。

・全粒粉のパン

グリッシーニをイメージした外はカリカリのパン。中はふんわり仕上げられており冷めても美味しいです。食器はローゼンタールのものなど、やはりゴールドが多く使われています。

・イタリア産仔豚のタリアテッレ

本日一番印象的な料理。パスタが美味しいのは良いです。 仔豚の肉が非常に柔らかで、パスタの小麦感、モチモチ食感も素晴らしい。燻製したリコッタチーズ、ミントで香り付けしたグリーンピースが香りと味に深みを加えているようです。 トマトと仔豚の出汁のソースが全体を綺麗に包括。美味です。

・岩手県産短角牛のサーロインのアッロスト 根セロリのバリエーションと共に

歯ごたえ良く旨味たっぷりの短角牛、とろりとしたコクのあるマルサラ酒の甘いソースを合わせています。ポーション少なめで、もっと食べたい!さっぱり爽やか3パタンで調理されたセロリラヴが美味しい。

・白いティラミス

デザートはシェフが目の前で仕上げていただけます。 キャラメルアイス、ポレンタ、ラムレーズン、松の実、雪をイメージした白いサクサクはオリーブとコーヒーで仕上げたもの。こちらも様々な素材の味と食感のコンビネーション良く美味です。

最後は美味しい・小菓子、コーヒーで。

コロンを長く伸ばしたようなお菓子はシチリア島のカンノーロ。中にはブロックチョコが入った素朴なほっこり味。

テーブルに飾られた象徴的なゴールドのバラがこのお店の全てを表現しているようです。

料理が出てくるのはゆっくりで1時間40分ほど。スピード感、ボリュームがもう少し多いと嬉しいですが、料理のビジュアル、サービス、空間も素敵で、デートなどには最適。 パスタがとても美味しかったので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

東京ミッドタウン日比谷、連日かなりの賑わいのようです。

6階には皇居外苑、日比谷公園を望む「パークビューガーデン」があり、お散歩にも最適。カフェも併設していますので、テラスで飲食することも可能。寒くも暑くもない今は最高の季節です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。