イル・ポネンティーノさん-南イタリアの風を感じる/the 63th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、63日目です。

本日は久々のイタリアン。

銀座7丁目にある”IL PONENTINO-イル・ポネンティーノ”さんにお伺いしました。

イタリアの写真が飾られた階段を下ると、何だか気分も高まります。

ランチコース”il sole” ¥2,500をオーダーしました。

まずは、バゲット。

Appeitzer “前菜3種 盛り合わせ”

チェリートマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ、サーモンのカルパッチョ、プロシュート。

プロシュートがとても美味しい。

全て爽やかな感じで、好感が持てます。

Pasta “山本シェフお勧めの生ウニのスパゲティーニ” +¥300

ウニが苦手ですが、食わず嫌い克服のため、あえて注文してみました。

しかし、大正解でした!

全く臭みもなく、適度に濃厚。麺の固さも量も丁度良い。美味しいです。

Main Dish “スズキのサルタート バジリコのソース”

スズキの淡白さは、良いです。

ちょっとクセのあるバジリコソースと良く合います。温野菜も美味しい。

Dolce “ティラミス”

ティラミスは久々に食べると美味しい。濃厚です。

ティラミス”Tirami su!”はイタリア語で”私を引っ張り上げて” or “私を元気付けて”の意味らしいです。

なるほど。より好きになれる気がします。

最後はコーヒーで。

コーヒーも美味しい。

素敵な南イタリア料理でした。ごちそうさまでした。

店内の広さに驚きます。

温かい雰囲気の素敵な空間です。

ランチは16時まで(ラストオーダー15時)なのも嬉しいところ。

ランチは¥1,000からございます。コストパフォーマンスも良いです!

“IL PONENTINO-イル・ポネンティーノ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラ


お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


前沢牛の鉄板焼きをリーズナブルに “銀熊茶寮”さん/the 62th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、62日目です。

本日は皆様、大好きな鉄板焼きです。

前沢牛のお肉を食べさせてくれるお店”銀熊茶寮-ぎんくまさりょう”さんにお伺いしました。

当店のすぐ近く、西銀座ビルの7階です。

インド料理のデリーさんが入っているビルです。

1日限定10食のメンズ御膳(レディースでも頼めます)をオーダーいたしました。

“前沢牛の切り落としを使用のハンバーグ120g”

焼いて蒸して美味しいそうです!

さらに、”切り落としステーキ80g”

完成です。

“メンズ御膳” ¥1,600

ハンバーグ120g、ステーキ80g、サラダ、小鉢、香の物、ご飯、味噌汁、デザート。

ご飯、味噌汁はお代わり無料です。

コストパフォーマンスが、とても良い!

ハンバーグは柔らかく、わりとアッサリ。ステーキもそれほど脂控えめで食べやすいです。

この価格で、このクオリティなら大満足です。

デザートはメロンでした。

お口さっぱり。ごちそうさまでした。

高級感のある店内は、鉄板前のカウンターと個室のみ。

靴を脱がなければいけませんので、ご注意下さい。

“銀熊茶寮-ぎんくまさりょう”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びにいらしゃって下さい。


これが噂のムルギーランチ “ナイルレストラン”さん/the 58th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、58日目です。

本日はインド料理です。

1949年創業、東銀座の顔ともいえるお店”ナイルレストラン”さんにお伺いしました。
ナイルレストラン

入店した瞬間、「ムルギーランチね?」となかば強制的に名物の”ムルギーランチ”をオーダーさせられます。

“ムルギーランチ” ¥1,500

カレーに骨付きの鶏肉、キャベツ、マッシュポテト。昼でも夜でも頼めます。

二代目ナイル氏、直々に骨を除去、切り分けてくれました。

全部混ぜて食べます。

キャベツの甘味と7時間煮込んでいるというスパイシーなカレーの調和が良い。

そこそこ辛いです。そして、ボリュームあります。

鶏肉もとてもトロトロ柔らかくて美味しいんですよ。

“チャンナマサラ” ¥1,250

メニュー見せてもらって、お勧めをお伺いしたところ、

「ムルギが鶏だから、豆でバランス良いでしょ~」と半強制オーダー。

ヒヨコ豆をココナッツで炒めています。

こちらは辛さ控えめ。美味しいけれど、これもカレーの仲間。満腹です。

確かに病み付きになるかもしれない美味しいカレーでした。ごちそうさまでした。

サーモンピンクが可愛い1階。2階もあるようです。

ナイル氏の書籍、ピクルスなども販売しています。

“ナイルレストラン”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

新歌舞伎座の影響で土日は長い行列ができるようです。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

ナイルレストラン


グリルスイスさん-カツカレー発祥はココ!/the 54th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、54日目です。

本日はお客様に教えて頂いたお店にお伺いしました。

今年で創業66年、”グリルスイス”さんです。

こちらは何と”カツカレー”発祥のお店。

読売巨人軍の千葉茂さんに、”腹が減っているのでカレーライスにトンカツをのせてくれ”と

頼まれて作ったのが、始まりだそうです。

そんな訳で、”千葉さんのカツレツカレー(通称チバカツ)”を注文しました。

店員の方はカツも略して”チバ”と呼んでいました。

“チバ2お願いしま~す”みたいな感じ。面白いです。

“コーンスープ”

割とお塩がしっかり効いています。カツカレーの前に目が冴えます。

“千葉さんのカツレツカレー” ¥1,365

大きい小判型のドカンと。

千葉茂氏の胃袋も満たされそうなボリューム感です。


長時間煮込んでいつため、具はほとんど無し。ご馳走カレーです。

こんもりした部分の下にご飯が隠れています。

ロースカツですが、質の良いロースを使用しているため、脂っぽさが少なく食べやすいです。

カレーもピリッと程よい日本的な辛さです(一般的なカレールーの辛口程度でしょうか)。

あんなに沢山あったのに、気付いたら完食。

インドカレーも良いですが、やっぱり日本のカレーも美味しいです。ごちそうさまでした。

“ドリップコーヒー” ¥300

最後はコーヒーで一息。洋食屋さんで出てくるコーヒーは大体、熱々。

レトロなテーブルクロスも良い雰囲気です。

場所は、銀座3丁目”松屋”さんの近く、以前ご紹介した煉瓦亭(こちらも老舗!)のお隣です。

その時のブログ記事はコチラをご覧下さい。

詳しくは”グリルスイス”さんのウェブサイトをご覧下さい。

地図はコチラ。


お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


辛子明太子、食べ放題 “博多もつ鍋 やまや”さん/the 53th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、53日目です。

本日は銀座コリドー街にある”博多もつ鍋 やまや”さんにお伺いしました。

大きな赤い旗が目印です。

ランチメニューは4種類。入店直後にお支払いします。

そして、オーダーしたのはコチラ。

“博多郷土料理がめ煮定食”¥980

博多の方言”がめくり込む(寄せ集める)”が、がめ煮の由来だそうです。

美味しそう。

“がめ煮”

いわゆる、おばあちゃんの味、田舎の味の定番、筑前煮ですね。

鶏肉、大根、レンコン、ごぼう、人参、じゃがいも、ホタテ、椎茸など具沢山。

あっさりしたお味でとってもヘルシー。

おしゃべりしながら食べていたら、いつの間にやら完食って感じです。

“明太子と辛子高菜”

そして、魅力の1つがこちら。

店名でもお気づきかもしれませんが、辛子明太子で有名な”博多やまや”さんの直営店。

168時間、秘伝のたれに漬け込んだ、ゆず風味の辛子明太子。食べ放題!

素晴しい。ご飯もおかわり無料なので、おかずが無くなっても明太子だけで全然いけます。

リーズナブルなお値段で、お腹いっぱい嬉しいです。ごちそうさまでした。

店内で物販も行っています。

木の温もりのある、落ち着いた店内。ランチは込み合います(写真は11時開店直後に撮影)。

お一人でも気楽なカウンター席もございます。

元気で楽しいスタッフの方々。ありがとうございます。

もつ鍋も是非食べて見たいです。

お土産に頂きました。”徳用 辛子明太子” ¥1.050

こちらで¥1,050ということは、やはり明太子食べ放題は、かなりお得!

“博多もつ鍋 やまや”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

やまや 銀座コリドー店もつ鍋 / 内幸町駅銀座駅日比谷駅