パークサイドダイナーさん-帝国ホテル伝統のカレー/the 175th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、175日目、前回に引き続き本日も洋食でございます。帝国ホテル本館1階の“パークサイドダイナー”さんにお伺いしました。

帝国ホテル本館は、銀座5丁目と6丁目の間のみゆき通りからJRと高速道路の高架下を通ってすぐでございます。
par11
みゆき通り側の入口から入ってすぐのところに“パークサイドダイナー”さんはございます。ランチは16:00までで、通しで営業しておりますので便利ですね。

アクセントの赤色がモダンな広々とした店内。15:30頃お伺いしましたが、お茶をされているお客様が沢山いらっしゃいますね。賑やかです。本日はランチメニューではなく、定番料理をお願いしました。記載価格は税込でサービス料10%が別途かかります。

まずは、コチラ。

“スープセット” ¥1,350
par1
スープとドリンクのセットです。 スープは2種類から選べましたので、本日は“ホワイトアスパラのクリームスープ”を選択。シンプルな優しいお味でございます。

“帝国ホテル特製ビーフカレー” ¥2,500
par2par5
あえて裏ごしをしていないという粘り気のある濃い色のルーに、牛肉がゴロゴロと入っております。帝国ホテルの雰囲気漂う重厚な見た目でございます。人参や玉ねぎなどの具はほとんど溶けてなくなっているだけに、牛肉の存在感がなかなか。

全然辛くはありませんが、しっかり地に足の付いたクラシックなカレーですね。 お肉をたくさん咀嚼しますので、満足感もございますね。付け合せのオニオンフライでカリカリをプラスすると、これまた美味しいのです。

続いてデザートもお願いしました。

“1ドル銀貨パンケーキ” ¥1,250
par8par9
小さなパンケーキが10枚。メープルシロップとホイップバター付き。 こちらも昔ながらの上質なお味でございます。小さいと食べやすいですね。

最後は美味しいコーヒーで。ごちそうさまでした。 
par7
無くなるとすぐお代わりをついでいただけます。サービスの良さは流石です。帝国ホテルでいただく贅沢感は何事にも代え難いものがありますね。 お水が美味しいのも良いところです。 機会があれば野菜たっぷりの野菜カレーをいただいてみたいともいます。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。

ブルドッグさん-トッピングで楽しめるパブのカレー/the 168th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、168日目です。本日はカレーが美味しいパプがあるとのことで“ブルドッグ-BULLDOG”さんにお伺いしました。

場所は銀座3丁目、外堀通り沿いの商業施設“銀座インズ1”の2階でございます。
bull6bull5
インズは1、2、3とあり何番が何処かわかりずらいのですが、1は丁度、映画館やプランタンの前くらい、1階にケンタッキーが入っている建物でございます。

木を沢山使用した店内で、ガヤガヤした雰囲気が夜の楽しさを想像させます。
bull7
スタッフの方も明るい感じです。 夜は各国の色々な種類のビールが飲めるそうです。

本日は一番人気という“ブラックチキンカレー” ¥870(w/o tax)をオーダーしました。

コロッケ、チーズ、唐揚げ、海老フライなどトッピングが豊富なのも特徴です。 本日は温泉玉子 +¥60をトッピングいたしました。 さらに平日ランチはキャベツ、福神漬け、らっきょうがセルフで食べ放題。
bull3
ドリンクも1杯無料と嬉しいサービス。

bull1
やってきたカレーは黒とはいかないまでも濃い色のルーに、鶏肉が3つ。 辛口の和風カレーで、人気も頷けるバランスの良いお味でございます。 そしてカレーライスと卵のコンビはやはり最強です。

最後はサービスのコーヒーで。
bull4
ごちそうさまでした。 お会計は、1円単位は切り捨てで1,000円丁度。再びごちそうさまでした!

別のカレーも食べてみたく数日後、再びお伺いしました。

本日は店長お勧めの“サクサクとんかつカレー” ¥970(w/o tax)をオーダー。
bull8
トッピングは、特製辛口ソース ¥30を別で頼んでみました。 具はトンカツだけのシンプルカレー。カツが柔らかく、あっさり仕上げられておりカレーと良く合います。 ルーはあまり辛くないのですが、辛口ソースを少し入れると表情が一変! 一気に辛くなり驚きました。入れ過ぎ注意でございます。

個人的には刺激的なブラックチキンカレーが好みでございました。 チキンカレーにトンカツのトッピングも有り得ます!ごちそうさまでした。

カレーのバリエーションもトッピングも多く、色々楽しめるお店でございます。 銀座っぽくない心から気楽な雰囲気も良いですね。 また、夜もお伺いしてみたいと思います。ビールとカレー、堪りません。

“ブルドッグ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。

カーン ケバブ ビリヤニさん-盛りが良すぎるインド料理店/the 158th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、158日目です。本日は今年の7月にオープンしたというカレー、インド料理店“カーン ケバブ ビリヤニ-Khan Kebab Biryani”さんにおうかがいしました。

場所は銀座8丁目中央通り沿い、銀座最大のおもちゃ屋さん“博品館”さんの6階でございます。ほぼ新橋でございます。
kh17

店内はとても広いです!L時型になっているのですが、奥側の席が景色がよくてお勧めです。東京高速道路が良い角度で見えるので、夜景が奇麗なことでしょう。

kh13kh14

本日はお腹が空いていたため、“ビリヤニセット” ¥1,235と“サヒファセット” ¥1,855をオーダーいたしました。

“ビリヤニセット”のビリヤニは3種類から選べますが、本日は柔らかラムのビリヤニをセレクト。他サラダ、ライタ(ヨーグルト)、ドリンク付き。

“サヒファセット”は7種類のカレーの中から3種類を選べます。本日は薫るチキンカレー(レモンバター風味)、こだわり野菜のクリーミーカレー、日替わり豆カレーをセレクト。他サフランバスマティライス or ナン、サラダ、タンドリープレート、ドリンク付き。

“ラッシー”
kh2
マンゴー入りで美味しいです。けっこうお腹にたまるんですよね。

“タンドリープレート”
kh4 
タンドリーチキン、シッカバブ、フィッシュティカのセットです。すっきりとしたお味で食べやすい。ミントソースがよいアクセントになります。

“ラッサム”
kh3 
サービスでいただきました。辛くはありませんが、辛くはありませんが、パクチーの香りが強いラッサムでございました。すでにお腹がいっぱいになってまりました。

“カレー3種、バスマティライス”
 kh9 
左から豆カレー、野菜カレー、チキンカレー。ご飯が想像以上に盛りがよい!グリーンピースがのっております。辛さは全て普通にしたのですが、野菜はもちろん他の2つもあまり辛くありません。香辛料の香りもきつくなく、日本人でも食べやすいカレーですね。

追い打ちをかけるように登場。

“柔らかラムのビリヤニ”
 kh10
先ほどのライスの倍ほどの量!中には大きめのラム肉がゴロゴロ潜んでおります。こちらもそれほど辛くありません。ライタ(ヨーグルト)を掛けながら食べると味がまろやかになります。ご飯にヨーグルトというのは最初は抵抗がありますが、慣れると癖になるお味です。バスマティライスはやはり美味しいです。

カレー&バスマティライスは完食いたしましたが、こちらはお腹がいっぱいすぎて、ほとんど食べられませんでしたのでお持ち帰りにしてもらい美味しくいただきました。

“サンバル”
 kh12
こちらもサービス。激辛でした。お腹いっぱいの身にはやや辛いようです。

“アイス”
 kh151
サービス!こちらが止めでした。ピスタチオ、マンゴー、ココナッツです。ピスタチオのアイスがとても美味しいです。別腹で何とか。

最後はコーヒーで。
 kh16
サービスが凄かった美味しいインド料理、久々に動けなくなるほど食べました。インド料理のコストパフォーマンスの良さをすっかり忘れておりました。欲張りは駄目ですね。ごちそうさまでした。

“カーン ケバブ ビリヤニ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。

はるかなるカレー 野菜たっぷりヘルシーカレー/the 129th day

2016年3月追記)銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、129日目です。路地裏のビル地下1階から泰明通りのウエストビル2階に移転した「はるかなるカレー」にお伺いしました。
haru7
お酒を飲みすぎた翌朝など、体しんどい時によく頭に思い浮かぶユニークなカレーを食べさせてくれます。

haru6
ビルに入ったところにエンジ色のエレベータがあるのですが、なんと2階はスルー!止まりません。お気をつけください。 薄暗い階段を上がると、また小さな看板。長い廊下を渡った先にお店の光を発見。スナックの居抜きで、カウンター6〜7席のみのタイトな店内。女性お一人で切り盛りされています。

ドリンクはペットボトルの烏龍茶をセルフで飲み放題。 狭い空間だけに知らないお客様同士でメニューやペット茶を回したりなどして、お喋りが弾むのもよい雰囲気なのです。 基本的にメニューは「はるかなるカレー」の1種類のみ。トッピングを追加することができます。

本日は・はるかなるカレー ¥1,000 ・野菜倍量 +¥500 をお願いしました。 野菜を焼いたりしますので、少々お時間がかかります。

こちらのカレーは見た目も特徴的。
haru1
大山どり、輪切りの大根とレンコンとサツマイモ、タラの芽、ほうれん草ソテー、新潟名物の打ち豆(青大豆を潰して乾燥させてもの)、レタス、水菜、オリーブがたっぷり乗っており野菜が主役のカレーです。

倍量の野菜に埋もれてカレーはあまり見えませんがスープカレー風で、玉ねぎのみじん切りがたっぷり入っているのがわかります。
haru2
15種の香辛料が入っておりスパイシーですが、野菜の甘みが引き立つ繊細な軽味でやっぱり美味!小麦粉、バターは不使用の本当に体に負担をかけない栄養満点の優しいお味で、お酒をしこたま飲みすぎた次の日のランチにも最適! 女性のお客様が多いのも納得です。

お米も新潟県長岡産のコシヒカリ玄米(大盛り、お代わり無料)を使用しているため、腹持ちもよく、通常サイズでも十分満足できるボリュームかと思いますよ。

デザートは・レッドグローブ
haru3
食後に美味しい・コーヒー ¥300をいただきました。 飲みなれたネスプレッソですが、場所やカップでお味も変わるものです。

移転前は間借りしたいたため、昼のみでしたが、現在は夜も営業しております。 カレーを出す店が数多くある銀座の中でもオリジナリティを感じ、元気が出るはるかなるカレーです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

営業時間が不規則ですので、行かれる際はFACEBOOKページでチェックがお勧めです。

以下2014年5月記載

稲庭うどんの「佐藤養助」の向かいの路地を入ってすぐ左手です。営業している場合は、立て看板が置いてあります。ちなみに右側の行列はつけ麺の「朧月」です。
haru7

場所は銀座6丁目、泰明ビル本館の地下1階です。やは入りづらいですが、思い切って前に進みましょう。
haru6 

まずは玄米茶で。水ではないのが嬉しいです。
haru1

メニューは1種類のみ。こちらです。

・はるかなるカレー ¥1,000
haru3haru4
具沢山です。大山どりを中心に、ふき、ごぼう、パプリカ、オリーブ、ジャガイモなどなど。お米は新潟産のコシヒカリ玄米です。スパイシーですが、透明感のあるカレーでございます。小麦粉、バターも使用していないということで、本当に体に負担をかけない優しいカレーです。

・パイナップル
haru5
お口直しにさっぱりと。ごちそうさまでした。

ユリの良い香りが漂よう店内。夜はバーになるようです。奥にピアノも見えます。
haru2
お一人でも安心です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。