銀座ハプスブルグ ファイルヒェン|優雅なオーストリア料理/the 37th day

2017年12月記載)印象がすごく良かったレストラン、5年ぶりのお伺いです。本日はメインが2品選べる・フルコース ¥7,700(サ別10%)をお願いしました。

・キッチンからのご挨拶 スコティッシュサーモンの燻製、セロリのサラダ

ピリッとしたホースラディッシュのサワークリームが美味しい。

・カイザーゼンメル

オーストリアの伝統パン、凄い好き。外はカリッと中は真っ白でしっとり。 すっきりしたお味で料理ソースとの相性も抜群です。お代わり無料!

・オーストリアの伝統的なオードブル盛合せ スズキのフリット、菜彩鶏の胸肉、佐助豚オーブン焼き、スペック(生ハム)と黒ゴボウのサラダ

最上質な洋食という感じの、親しみやすい前菜たち。生ハムの下の黒パン、スズキのタルタルソースが良い感じ。「オードブル」という響きがグッド!

・ウィーンのコンソメスープ、キノコのショーベルを浮かべて

クラシックな見た目も素敵。コンソメをたっぷり吸ったマッシュルーム味のショーベルが絶品。

・軽く燻製したサバのソテー、レンズ豆のラグーとパプリカソース

メインはこちらの魚料理、鶏、豚の3品から選べました。やはりお肉料理が美味しいので、肉2品のチョイスでも良かったかもしれません。

お口直し・ザクロのシャーベット

・佐助豚頬肉のグーラッシュ、ノッケルンと共に

とても柔らかく煮込まれた頬肉はとろける幸せなお味。もちもちニョッキのノッケルンはソースと絡めて美味!

・ケーゼトルテ、リンツァトルテ

オーストリアの伝統ケーキ。まったり酸味が心地よいチーズケーキ、スパイスとラズベリーの重厚なリンツァトルテも好みでした。

最後は・クッキーと美味しい・コーヒーで。

天井の高い店内はテーブルの配置もゆったり、クリムトの絵が飾られていたりと高級感たっぷりですが、フレンドリーなサービス、ちょっと素朴で親しみやすいクラシックな優しい料理のバランスが素晴らしく、コストパフォーマンスも良好。

最初の好印象は2回目で、さらにアップです。 今度は4年も開けずにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年10月記載

こんにちは、トリプルです。銀座の美味しい飲食店を巡るグルメグログ「銀座6丁目美食日記」、37日目です。

本日は初のオーストリア料理です!オーストリアの伝統的な宮廷料理を提供する「銀座ハプスブルグ・ファイルヒェン」さんにお伺いいたしました。

場所は銀座7丁目、「H&M」の正面、その名の通り緑色のビル「銀座グリーン」の7階です。

ランチは¥5,250のコースのみ。まずはこちらから。

Amuse ・カキフライ タマゴのソース、キャベツのサラダを添えて

カキフライというかカキフリット。小麦粉で揚げてあります。 プリプリの兵庫県産のカキ。美味しい。期待が持てます。

コース料理以外にお勧めされたコチラもオーダーしました。

・梅山豚の骨付き熟成ハム ウィーナーバインシンケン ¥945

幻の豚と呼ばれる茨城県産の梅山豚-メイシャントン。 その場で切り分けて頂きます。

メープルの甘味を仄かに感じるマスタードソースで頂きます。

驚くべきほどの香り。そして自然な甘味、深い味わい。 歯ごたえも十二分。こんなパワフルなハムは初めてです!

・オーストリア伝統的なオードブル盛合せ

真ん中から時計回りに「イワナのムース、鶏胸肉にパセリとパプリカソースを添えて、 目玉焼きを乗せたハンバーグ、サーモンのマスタードソース添え、サツマイモのスープ」 どれも洗練されており、美味。奥のサツマイモのスープがツボでした。 小さい目玉焼きが可愛いです。

・南瓜のクリームスープ シュタイヤーマルク風 パンプキンシードオイルの香り

表面に薄く乗っているのがオーストリア名産のカボチャの種子のオイル。 焙煎したナッツのような香りとでもいいましょうか、最高に食欲をそそる香ばしさ。 そして濃厚ながらも舌触りの良いスープ。 カボチャの歯ごたえさえも感じさせる「食べるスープ」です。

・カイザーゼンメル

オーストリアの伝統的なパン。 外はカリカリ、中はフワフワ。奥のクリームチーズがまた美味しいんです。

続いてメイン。+¥945でマンガリッツァ豚を使ったお料理に変更。 マンガリッツァ豚はハンガリーの固有種で、一時は絶滅を危惧され、2004年には国宝に指定されています。 毛むくじゃらなこんな豚です。
マンガリッツァ豚
しかし、このファンキーな外見に似合わぬ、素晴しいお味です。

Main ・ハンガリー国宝マンガリッツァ豚のグーラッシュ(=シチュー)、アイヤーノッケルンを添えて

豚肉とは思えないほどの繊細でまろやか、そして上品なお味。 フォークで優しく触れる崩れるほど柔らかく、ホントとろけます。 先ほどの梅山豚とは真逆のテイスト。非常に「雅」です。 ソースと絡めて食すアイヤーノッケルンというツルツルしたショートパスタも美味。

Dessert ・リンゴとケシの実のクーヘン シナモンの香り

マンガリッツァに伸されて、写真を取り忘れるという失態をおかしたため2回食べました! ケシの実のプチッとした食感と、リンゴの甘酸っぱさが絶妙。シナモンたっぷりのアイスも美味しかったです。

エスプレッソで幸せの一息。

そして最後に嬉しい Petit four ・レールケン

鹿の背中を模したケーキで、本来は丸いのだそうです。 中はスパイスケーキ。気が利いてます。 どれも素晴しく手が込んでおり瀟洒なお料理でした。ごちそうさまでした!

美しいクラシックが流れる荘厳な店内です。

テーブルもゆったりと配置された耽美な空間。 非常に丁寧で序品でありながら、親しみのあるサービスも完璧です。

「銀座ハプスブルグ・ファイルヒェン」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


ヴィラモウラ|ポルトガル小旅行/the 7th day

2016年6月追記)外の”イワシ祭り”のポスターに惹かれて日曜日にランチ訪問。16時まで営業しており助かります。

本日は”ポルトガルランチ ポルトガルチキン” ¥1,340、”イワシのオーブン焼き” ¥500をお願いしました。

まずは”グリーンピースの冷製スープ”から。
vila1
グリーンピースあまり好きではないのですが、これはクセがなく美味しい。

“サラダ”
vila2
オリーブ、ゆで卵、トマトなどが入っていますが、カニカマが入っているのが何だかとても嬉しくなりました。 量も多めでありがたいです。

“イワシのオーブン焼き”
vila3
鉄皿にのってピチピチと元気に跳ねています。ちなみにピチピチはイワシではなくてオイルの音です。上にはパクチーが振りかけられており、ニンニクが仄かに香るオリーブオイルでこんがりと。 レモンを軽く絞って、オイルもたっぷり掛けていただきます。 小骨まで柔らかく問題なく食べられ、思いきりのよいイワシ味で美味しい!

サイズも大きく、これで¥500はお得。 スタッフの方から「残ったオイルを”バゲット”に付けて食べると美味しいですよ」とアドバイスがあったのでそのように。 イワシ出汁がしっかり染み渡っており、少しオイリーさは気になりますが、奥行きのあるお味。美味。

“ポルトガルチキン”
vila4
ココナッツやパプリカを使ったカレー味の煮込み。 ボリュームたっぷり!鶏肉は大きいですが、とてもしっとりと柔らかく煮込まれており美味。付け合せはポテト、ズッキーニ、パプリカの焼き野菜。お腹はいっぱいなのですが、メニューを見て惹かれたデザートを追加。別腹枠です。

“ポルトガルプリン” ¥300
vila7
普通のプリンより芯のあるソフトさ。 しっかりとした味で、苦みの強いカラメルとのバランスも素敵。これは美味しいプリンです!質感の秘密は練乳が入っているからだそうです。これはマストなデザートですね。

最後は美味しい”コーヒー”で。前から美味しいお店だとは思っていたのですが、久々に来てみたら予想以上に美味しく、野菜も沢山食べられて大満足でした!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年4月記載

銀座6丁目の美味しい食べ物屋さんを紹介する”銀座6丁目美食日記”、7日目です。 本日は、みゆき通り沿い、泰明小学校の向かい側にある”ヴィラモウラ”さんにお伺いしました。 こちらのビルの地下1階です。お隣のイッタラのお店も目印になります。
ヴィラモウラ
入り口からは想像できないほど広い店内に驚きます。

白い空間に、
vilamoura4

赤い空間。
vilamoura5 
その他、個室もいくつかあり、約100席の寛ぎ空間です。

料理は、3種類のメインメニューから選べるポルトガルランチをオーダーしました。

“具だくさんのポルトガルサラダ”
vilamoura1 
周囲が海に囲まれているポルトガル料理には魚介類がふんだんに使われています。 オリーブオイルを沢山使用するのも特徴みたいですね。 さっぱりとして美味しいサラダでした。

続いてこちらのお店の名物、メインの”カタプラーナ”はカタプラーナという可愛らしい円盤形のお鍋↓を使った蒸し料理です。
ヴィラモウラ

“魚介のカタプラーナ”
vilamoura2 
エビ、ワタリガニ、イカ、タコ、ムール貝、アサリなど、海の幸いっぱいで、 見ているだけでも賑やかで楽しい気分になります。 素材の旨味が詰まった蒸し料理、好きです。何にも付けなくても食べられますね。 ニンニクの香りが、ほのかに感じられるトマト風味のソースも、優しいお味で美味しいのですよ。 素敵な料理です。 大勢でカタプラーナ鍋を囲んで食べるといいなぁ、と想像してしまいます。

そして、カタプラーナのスープを利用したリゾット。

これ大好きです。 アサリのエキスや、魚介類のダシがたっぷり入ったスープと、少し芯の残るご飯。 これだけで十分。美味しいです!

最後にデザート、 “アローシュドゥースとバナナのケーキ”
vilamoura6 
アローシュドゥースとはお米入りのミルクプリンで、伝統的なポルトガルスイーツみたいです。 米は主食という日本人的にはとても斬新な発想です。コロコロしたお米がいっぱい入っています。言われないとお米とわからないかもしれませんね。 これ、意外と病みつきになるかもしれません。 と、気持ち的にもお腹的にも大満足なポルトガルランチでした。ごちそうさまでした!!

料理する方の動きがよく見えるオープンキッチンも、活気が出て良いですね。
vilamoura7

ポルトガルワインや調味料なども販売していおり、お土産にもよさそうです。 vilamoura8 
“VILA MOURA-ヴィラモウラ”さんのウェブサイトはコチラです。 ちなみに店名の”VILA MOURA”はポルトガル南部の地中海に面したリゾート地です。 確かに、家庭的で、温かくて、居心地良好。素敵な店名です。 ポルトガル気分を味わえるお店で楽しく美しいポルトガル料理、美味しいですよ。