オールドデリーさん-優しい北インド/the 121th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、121日目です。本日は登場回数の多いような気がするインドカレーです。“オールドデリー-OLD DELHI”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目中央通り沿い、メルサGinza-2の4階です。
old1
看板の通り、北インド料理のお店です。ランチは980円からあるようです。

本日のオーダーはコチラです。

“オールドデリーランチ” ¥1,860
old3
好きなカレー2種類、ナン、サラダ、ライタ(ヨーグルト)のセットです。美味しそうです。

“チキンカレー(左)、エビカレー(右)”
old4
辛さは5段階から選べます。チキンカレーは辛さ1の普通、エビカレーは辛さ3の辛口にしてみました。辛さ普通は、予想通り全然辛くありません。辛口はほどよい辛さ。辛いカレーが好きな場合は5で問題無しだと思われます。ガツンとくる感じは少ないですが、しっとりと濃厚なクセのないお味。日本人でも沢山食べられる優しいカレーです。

“タンドリーチキン” +¥200
old5
こちらも、カレーと同じく、かなりあっさりとしたお味。ガツガツ食べられます。本当、優しい北インド料理。ごちそうさまでした。

店内は広々。カウンター席が沢山あります。
old2
奥では料理人さんがナンを作るのが見られます。ちなみに当店の近くにあるインドカレー店の“デリー”さんとは関係ないようです。

“オールドデリー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。

柿安さん-お得なすき焼きランチです/the 120th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、120日目です。本日は三重県桑名市で1871年創業の老舗すき焼き、しゃぶしゃぶ店“柿安”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、GINZA gCUBEの7階です。中央通りのH&Mが入っているビルです。
kaki1
飲食店の入り口は建物の裏側にございますので、お気をつけ下さいませ。

エレベーターを出ると、そこには雅な高級感のあるエントランス。
kaki10

ランチは“黒毛和牛すき焼定食”1,575円からございますが、本日は“柿安御膳”¥3,675をオーダーいたしました。

“柿安御膳”
kaki2
すき焼きとしゃぶしゃぶと選べます。今回はすき焼きをセレクト。三段重の豪華なセットでございます。

“一の重”
kaki6
マグロ、鯛、イカの刺身、茶碗蒸し、牛肉の佃煮、冷や奴。

“二の重”
kaki5
焼き魚、牛肉ごぼう巻き、もずく酢、卵焼き、ホタルイカの煮物など。春だからか桜の花びらが所々にございます。どれもしっかりと作られており、美味しい物を少しずつ頂けます。流石に牛肉を使った料理は特に美味しく感じます。

“すき焼き”
kaki3
素敵な霜降り肉は北海道産の黒毛和牛です。煮込みます。

kaki7
舞茸、ごぼう、タマネギ、ニンジン、糸こんにゃく、豆腐など野菜もたっぷり。とき卵に付けていただきます。お肉はもちろん柔らかで、あっさりめの割下も丁度良く、あっという間に完食です。

“三の重”
kaki4
品のよい炊き込み御飯に、これまた品のよいちりめん山椒。とても和やかな味付けで、すき焼きの〆には最適。東京ではなかなか味わえない濃いめの赤出しも美味です。

デザート “抹茶ようかん、イチゴ”
kaki8
煎茶と一緒に。こちらもあっさりと上品なようかんでございました。ごちそうさまでした。

14時頃お伺いしましたが、個室しか空いておりませんでした。
kaki9
相席になるかもと言われましたが、なりませんでした。個室で相席は少し気まずいと思われます。接客も親切丁寧で接待にもよさそうです。

“柿安”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。

黒猫夜さん-驚きのある中華料理です/the 119th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、119日目です。六本木、赤坂にもある人気中華料理店が2013年11月に銀座にもオープンいたしました。本日は、“黒猫夜-くろねこよる”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、第2新橋会館の8階です。中央通りの1本西側の道沿いでございます。
kuro1 
丸い窓が目印です。

ランチは890円で2種類、週代わりです。本日は“紅焼肉砂鍋飯(豚の角煮土鍋ご飯)”をオーダーいたしました。

“豚の角煮土鍋ご飯”
kuro3kuro4
レンコンのサラダと卵スープ付き。鍋はジュージューしており熱々で提供されます。鍋の底に、おこげができているのを、お玉でかき混ぜていただきます。

角煮は柔らかく、優しい香辛料の香りで食が進みます。ご飯はタイ米を使用いるのがよく、さっぱりと食べられます。野菜のバランスもよく美味しいです。これは他の料理も食べていたい。

ということで後日、夜お伺いしてみました。

“前菜盛り合わせ” ¥2,000
kuro10
酔っぱらい蝦、あん肝五番煮、子持ちコブ腐乳天ぷら、ナマコ酸辣、サバのチャイナスモーク、春菊と豆腐の和え物、紅芯大根の甘酢漬け、枝豆。どれも手間がかかっていそうな料理たち。これはお得な気がします。どれも個性があり好感触です。揚げたての子持ち昆布の天ぷらがプリッとして美味です。

“清炒水蓮菜-水蓮菜の塩炒め” ¥980
kuro9
初めて出会うお野菜です。ものすごいシャキシャキ感で、美味しいです。そのものの味はあまり無さそうですが、塩加減も丁度で良い味付けです。ちなみに別名は、台湾金銀蓮花(ガガブタ)というそうです。

“潮州山羊火鍋-ヤギ鍋” ¥2,100
kuro13
香辛料で上手にヤギ特有の臭いを消してあります。骨付きのヤギ肉が沢山入っております。部分によって固かったり柔らかかったりしますが、それはそれでよい。ヤギの旨味が溶けこんだスパイシーな味噌ベースのタレがまた美味しいです。

“陳村煎腸粉-陳さん村の中国クレープ餃子” ¥980
kuro14
クレープということで可愛いものを想像しておりましたが、予想外の外見に驚きです。もっさりしております。さらにこうなります。

ヘラで、こてんぱんに撹拌いたします。すでに餃子の面影は全くございません。
kuro15
もんじゃ焼きのように、小さいヘラでいただきます。皮には米粉が使われており、もちもちでございます。トマト、ネギ、ひき肉などが入っております。お酒が進んでしまう味付けで、とても美味しいのです。どの料理も香辛料の塩梅が絶妙。

“薬膳茶”
kuro12
サービスの薬膳茶がとても嬉しいです。具も食べた方が体によいとのこと。体も温まってくる気がします。

カウンターとテーブル席、個室もいくつかございます。
kuro16
驚きのあるメニューが多く、スタッフの方は知識豊富でサービスも良いです。紹興酒が豊富で、飲み比べができるのも素敵です。初めていただく食材も多く、驚きを味わえるお店です。ごちそうさまでした。

“黒猫夜-クロネコヨル”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
kuro2

閉店)ビストロ K|ビーフの彩り/the 118th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、118日目です。当店の近くにお肉料理がメインの新店ができたようです。本日は“ビストロ ケイ-BISTRO K”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、西銀座ビルの2階です。飲食店が軒を連ねる高架下のコリドー街の近くです。なお、同ビル3階にはカレー屋の名店“デリー”さんがございます。
k8 
水晶板でお肉を焼くのがこだわりなのですが、残念ながらランチメニューでは使用しないようです。

ハンバーグステーキランチ1,200円からございますが、本日の限定5食の“ローストビーフ重”¥2,500をオーダーいたしました。

“オニオンスープ”
k2
コーンとタマネギが、とてもたっぷり、具沢山のスープです。

“サラダ”
k4
サラダとローストビーフの二段重ね。ベビーコーンやパプリカなども入ったグリーンサラダにポテトサラダです。野菜がたっぷりとれてヘルシーです。かかっているのはイタリアンドレッシングでしょうか。

“ローストビーフ重”
k3
自家製でスモークしているオリジナルのローストビーフ。12枚も乗っております!定番のグレイビーソースとカイワレ、ワサビでいただきます。ワサビが意外によく合います。程よく赤身が残っており、しっとり。お肉もソースもさっぱりめで最後まで美味しくいただけました。

最後はコーヒーで。ごちそうさまでした!
k5

こちらが、水晶板です。
k6
遠赤外線効果でふっくら焼き上がり、また煙が少ないため服に臭いが付きにくいそうです。ランチにも水晶板を使ったメニューが加わるとよいですね。

内観、外観ともにオレンジを基調としております。半個室もいくつかあるようです。
k1

“ビストロ ケイ-BISTRO K”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
k7