資生堂パーラー, キットカット ショコラトリー, ル ショコラ ドゥ アッシュ, リール銀座|銀座 初夏のパフェ事情/the 365th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」365日目、本日はパフェです。イチゴの季節も終わり、フルーツパフェが色々と登場しています。春夏パフェを提供しているお店4店(どのお店も以前当ブログ掲載)をご紹介いたします。

まずは毎月変わるパフェが楽しみな「資生堂パーラー サロン ド カフェ」、5月限定の・長崎県大瀬戸地区産 枇杷パフェ ¥2,380

樹齢50年以上の樹で育った瑞々しい琵琶が山盛り。枇杷好きにはたまらないビジュアルです。


枇杷山の背後には生クリームとライチシャーベット、下にはミルクアイスクリーム、一番下のダージリンゼリーの中には枇杷、ブルーベリー、ラズベリー。 非常に控えめで奥ゆかしい甘みを備えた美味しい枇杷に、ローズソース、ライチが華を添えますが、あくまで枇杷が主役。 今年も優しい枇杷をいただいて優しい気持ちになれました。ごちそうさまでした!

続いては松屋通り沿いの「キットカット・ショコラトリー 銀座本店」、3月〜5月は新茶の時期でもあり抹茶パフェを提供しているお店も多いのです。いただいたのは新作パフェ・サブリム抹茶パフェ ¥1,700(w/o tax)

上に刺さるのはクーベルチュール使用の高級キットカットのサブリムビター(なんと1本300円!)

上には和を感じる黒豆、フランボワーズ、生クリーム。

下には抹茶アイス、バニラアイス、チョコクランチ、カットしたサブリム抹茶、抹茶ガトーショコラの構成です。気本的に組み合わせはシンプル。濃厚なビター&抹茶のキットカットがとても美味しいです。こちらのパフェは特別なキットカットの美味しい特別感とボリューム感が良く、意外に気に入っております。ごちそうさまでした!

3店目はスターパティシエ辻口博啓氏のチョコレート店「ル ショコラ ドゥ アッシュ 銀座本店」、以前はカウンター席だけでしたが、テーブル席も新たに設置され、イートインにも力を入れているようで、パフェも新登場。

・パフェロワイヤル ¥1,500

背があまり高くないパフェはチョコソフトクリーム、ホイップクリーム、フイヤンティーヌシンプル三層構造。 ソフトクリームはスペイン産の3種類のダーククーベルチュールをミックスした濃厚で深みのある味わい。逆に下のクリームは軽く仕上げられ、フイヤンティーヌの食感も軽やかでバランス良い仕上がり。


トッピングはラム酒が効いたウィークエンドショコラと砂糖不使用のアマンドショコラで、しっとりしたチョコケーキがお気に入り。やはりチョコレートパフェはショコラティエのものが美味しいです。ごちそうさまでした!

最後の4店目は銀座で最もお気に入りのカフェ「リール銀座」の美しい新作パフェ・ソレイユ ¥2,000

名前の通りイエローが眩しい南国風。 一番上はサクサク食感のココナッツパインのパートフィロ、グルグルのモンブランはホワイトチョコベースのトロピカルクリーム、中は生クリームが入った二重構造。久々のリール銀座のパフェということもあり、ここまでだけでも、かなりの口福感!


その下はフレッシュマンゴー、パイナップルの果肉にパインシャーベット。 クリアなモヒートジュレの中にはマンゴームースとラズベリー。ラムベースのピニャコラーダソースが全体を綺麗にまとめているようです。 お酒を使っていますが、アルコール感はあまりなく、ピリッとした爽やかテイスト。後味も爽快です。あまり経験したことがないタイプの陽気なラテン系パフェ、絶品でした! 

カフェ、喫茶店、ショコラティエが多い銀座。色んなお店のパフェを食べ比べてみるのも楽しいです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

こちらは「資生堂パーラー サロン ド カフェ」のもう1つの5月限定パフェ・東をどりパフェ ¥1,980。 「東をどり」は新橋芸者の踊りと料亭の食を楽しむ初夏の風物詩。番傘を添えることで粋な芸者衆のように見立てた小粋なパフェです。今年の「東をどり」開催期間は新橋演舞場で本日5月24日(木)〜27日(日)まで。チケットにはまだ余裕があるようですので、気になる方は是非!

「東をどり」について詳しくはウェブサイトをご覧ください。


ル・ブラン 銀座店|三越隣のスイーツも美味しい洋食店/the 363th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」363日目、本日は不思議と懐かしい語感の洋食です。

銀座三越の隣にある洋食店「ル・ブラン 銀座店」にお伺いしました。

ずっと気になってはいたのですが、何故かお伺いする機会がなかったお店です。 店内のテーブルには綺麗な白のテーブルクロス、壁に掛けられた絵画など昔ながらの洋食店らしい落ち着いた雰囲気で、2階席もあります。

本日はメインが選べる・ランチAセット ¥1,400をお願いしました。

まずは・サラダ、コーンスープ


滑らかなスープは素朴なお味で落ち着きます。

メイン料理は一番人気の・魚介のドリアをオーダー。

乳製品のまったりとしたコクと玉ねぎの甘味が美味しいベシャメルソース。魚介はエビ、イカ、アサリが入っており美味しい出汁効果と共にプリッとした食感がアクセントとなっています。昔ながらのドリア、お皿に周りに付いた美味しい焦げ部分をスプーンで頑張って食べるのが大好きなのです。

料理も美味しいですが、デザートも美味しいです!

人気No.1の・モンブラン ¥510

モンブランの要のうねうね部分はフランス産のマロンクリームにほんのりラム酒で大人味。 中はコクのある生&カスタードのブレンドクリーム、個人的に気に入ったのは下のさっくりタルト生地にアーモンドクリームとマロングラッセが入っていたこと。栗好きには嬉しい隠し栗でした!

こちらはまた別の日にカフェ利用でいただいたデザート。

・スイートポテト ¥820

ウェーブが美しいサツマイモのスイートポテト、甘さは非常にうっすらなので、付け合せの生クリーム、バニラアイス、キャラメルソースが大活躍。 人工的な感じがあまりしない分、優しさと大らかさの感じられるデザートでした。 

最後はセットの・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

ちょっとツンツンしている感じなのに、何故か感じの良いサービスも好み。三越の隣ということもあり客層も上品で落ち着いています。日曜日はの早い時間の食事は以外と狙い目、午後のカフェ利用で賑わいそうな感じですね。

夜は飲み放題付きのコースなどもあるようですので、知っておくと以外と便利かもしれません。 グラタン、ハンバーグ、カボチャプリン、グレープフルーツゼリーなども気になりますので、またお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

「ル・ブラン 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


カフェコムサ 銀座店|フルーツタルトが美味しいモダンカフェ/the 352th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」352日目です。本日は銀座の意外な穴場カフェ「カフェコムサ銀座店」にお伺いいたしました。

場所は銀座4丁目、並木通り沿い、コムサステージの地下1階。

コムサというと私が中高生の時に流行りましたが、15年以上も経つと随分変わっております!

コンクリート打ちっ放しの無機質で広々とした店内。

ピンク、オレンジ、イエロー、ブルーのテーブルクロスが目を惹きます。スクリーンのようきキッチンが見える長方形の大きなガラス窓などスタイリッシュな雰囲気、ビートルズなどのロックが大きな音量で流れており、パーティスペースとしても活躍しそうな印象です。

タルトが名物。店内が暗いだけに、フルーツの鮮やかさが目を引きます。
イチゴが美味しい季節、様々な種類のイチゴを楽しめるイチゴコレクションを開催中でした。

本日はお得な千円パスタランチをオーダー。

まずはシンプルな・サラダ

千円ランチとしては納得のサイズ感。

3種類のパスタから・湯葉とベーコンのカルボナーラを選択。

ボリュームは少なく見えますが、お皿が深いため意外と多め。こってりとしながらも柔らかい味付けのカルボナーラは湯葉のしっとり感が素敵で、湯葉とチーズの相性がかなり良い感じ。

タルトを頼もうと思ったのですが、期間限定のパフェを発見したので、そちらをお願いしました。

・埼玉県ただかね農園 あまりんのパフェ ¥2,500

イチゴパフェはあまり得意ではないのですが、これは大正解!あまりんは2017年に登場した新品種、現在農園に行かないと食べられないものを特別に提供しているそうです。イチゴパフェとしてはかなり高級ですが、食べてみて納得。


イチゴがとにかく絶品! 酸っぱいのが苦手なのですが、名前の通りあまりに甘くて、酸味はほとんど感じられません。 中はシンプルにカットしたあまりん、バニラアイスにサクサクのココアクラムがアクセント。 イチゴの美味しさが際立つパフェでした。

イチゴパフェの提供は本日3月21日まで。5月頃にはマンゴーパフェが登場予定ということです。 最後はセットの・コーヒーでゆっくりと。ドリンクまで付く千円ランチもなかなか優秀です。

こちらは別の日に頼んだ・フルーツサンド

一つのピースごとに一つのフルーツが入っています。 ブルーベリー、グレープフルーツ、マンゴー、イチゴの4種類で、マスカルポーネがたっぷり。 食パンは、わりとしっかりとしたタイプ。

ランチタイムはフルーツがミックスされたフルーツサンドを提供しているそうですので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした! 

「カフェコムサ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

秋にいただいた限定の・やまえ栗と祇園辻利の抹茶タルト ¥1,400、やまえ栗は粒が大きく、自然な甘み、熊本県山江村産で、皇室に献上したこともあるそうです。 上品な抹茶クリーム、中のムースも美味しく、中に黒豆が入っているのが憎いですね。 見た目も鮮やか、種類豊富なタルトはギフトにも最適です。


中村藤吉本店 銀座店|抹茶に始まり抹茶に終わる、別製まるとパフェ/the 350th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」350日目、本日はお茶カフェです。

銀座6丁目のランドマーク「ギンザシックス」4階。

京都発のお茶カフェ「中村藤吉本店」さんにお伺いいたしました。

◯十の暖簾をくぐって中へ。

中央にコの字型カウンター、その周りにテーブルが配置された明るい店内です。

サービスのお茶は日替わりのようですが、今日は・中村茶

煎茶や玉露など7種類がブレンドされた秘伝のお茶だそうです。思ったより渋くて甘味との相性は抜群。

本日は・茶蕎麦セット ¥1,500(単品¥1,000)、温冷選べましたので、冷たいお蕎麦をお願いいたしました。 15分ほどで到着。

ちりめん山椒ご飯付きが嬉しいです。 綺麗な緑色の蕎麦、抹茶が練りこんであるのでしょうが、香りは控えめ。目で香りましょう。 甘味の強い麺つゆにはネギではなく、甜茶を投入、お好みでスダチを搾っていただきます。


喉ごしの良いおそば、オーソドックスなお味ですが、ボリュームもあるのでお腹も満たされ、美味しくいただきました。

最後セットの・生茶ゼリー。

見た目も涼し気、甘さ控えめ後味さっぱり、プルップルの美味しい甘味でした。

そして別の日、周囲の方がいただいていて美味しそうだったパフェをいただきにお伺いしました。

・別製まるとパフェ ¥2,200

グリーンベースの美しいパフェ。「中」と「ト」を合わせたような一番上の文字は抹茶「鮮雲の白」、薄いグリーンは「成光の昔」の抹茶生クリーム。


その下は抹茶シフォンケーキ、手摘み抹茶アイス、渋皮栗、ラズベリー、白玉、あわぽんで一旦区切られ、さらに生茶ゼリー、小豆、ミルククリーム、一番下の濃茶「成光の昔」がパフェを下支え。 抹茶自体も美味しいですが、シフォンケーキ、アイスが上質で非常に美味!

主張が強いラズベリーは必要ないかなと思ったのですが、栗が入っているのは雰囲気良し。もちもちの白玉、さくさくの「あわぽん」が食感のアクセントとなり、大量に入った生茶ゼリーはかなりの満足感。抹茶で始まり抹茶で終わる、自然で滑らか素晴らしき起承転結でした。

お茶も普段あまり飲まず、お茶パフェも今まであまり馴染みがありませんでしたが、大変美味しくいただきました! また別のパフェをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。