鮨 鈴木|青木流から鈴木流へ、日々進化中/the 319th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」319日目です。本日は久々のお鮨です。トリプル銀座の正面、能楽堂ビル5階の「鮨 鈴木」さんにランチにお伺いしました。

エレベーターを下りると右手に別世界への入り口、濃紺の暖簾がお目見え。

大将の鈴木さんは銀座の名店「鮨 青木」のご出身。暖簾の「鮨」の字は青木さんからいただいたものだそうです。

心が研ぎ澄まされる清涼感のある美しいカウンター。銀座の鮨店としてはかなりのゆったり感です。

オープンは2015年6月、当初から何度かお伺いしていますが、2年経ち、ぐんぐん味に磨きがかかっているのに驚かされます。ランチコースは¥8,000、¥10,000(w/o tax)の2種類、本日は後者をお願いしました(現在ランチコースは¥15,000のみ)。

・ガリ

生姜を大きめにカットした変わった形ですが、これが非常に美味。いつも数杯お代わりしてしまいます。

・ホシガレイ

シャリは赤酢と米酢のブレンド。鮨職人なのに酸っぱいのが苦手という大将(しかも下戸!)、自分好みの円やか仕上げです。やや硬めの握りが素晴らしく調和しています。

・アラ

・キンメダイ 昆布〆

・赤身漬け

・中トロ

・大トロ

・シンコ

2枚付。今年はこれが最初で最後でしょう。これくらい大きいとしっかり味わいもあって美味。

・サバ棒寿司

この棒寿司がまた絶品。酢〆のサバ、白板昆布の旨みと甘みと食感、シャリの調和が素敵です。

・シンイカ

季節を感じるタネも良いです。ツマミの下足付きでした。

・イシガキガイ

・平貝

・シラエビ 昆布〆

・バフンウニ

・アナゴ

とろとろふわふわ。美味。

・タマゴ

・コハダ(追加)

さらに最後に鯖寿司も追加して終了。お腹いっぱい大満足です。

大将の鈴木さんは見た目はちょっと強面ですが、明るい方で、圧迫感は無し。奥様と2人で切り盛りされており、非常に温かみのあるお店です。値段だけ見れば高額に感じますが、味を考えれば非常に良心的価格だと思います。カウンターのお寿司に慣れていない方でも寛げるお店で、銀座の鮨デビューにもお勧めです。日曜日も営業しているのも良いですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

サンミ高松4F 香川|夏にぴったり海老出汁香るシーフードカレー/the 313th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」313日目です。

本日は当店近く、泰明通り沿いの総合レストランビル「サンミ高松」さんの4Fの和食店が期間限定のカレーメニューを提供されているのを見つけ、早速お伺いしました。

1階エントランスで受付の方に行き先を告げて、エレベーターで上に向かいますので各階での案内もスムーズです。 1人でしたが、4人がけのテーブル席に案内していただけました。ランチメニューは讃岐うどん御膳、海鮮丼、松花堂弁当、すき焼き、しゃぶしゃぶなど幅広い。

お目当てのカレーは+¥1,400でオマール海老 or アワビを乗せることができましたが、本日はプレーンな・海の雅カレー ¥2,400(w/o tax) をお願いしました。

15分ほどで到着。

・鯛と海老しんじょの椀、漬物付き。具沢山で美味しそうなカレーです。 ルーをいただいてみるとオマール海老のお出汁が効いており、まったり濃厚スパイシー。 ベースは真鯛骨出汁、黒毛和牛のコンソメなども入っているようです。

具材はエビ、ホタテ、タコ、イカのフリット、マッシュルームなどがたっぷり入っており贅沢感有り。 カレーのボリュームも多く、お腹もいっぱい十分な満足感がございました。

和食店ですので椀物のレベルも高くて良いです。

和洋のデザートメニューが10種類ほどと充実しています。あんみつと迷いましたが、以下を追加オーダー。

・デコポンのババロア アールグレイのスープ仕立て オレンジのグラス添え ¥500

こちらもお椀同様、ちゃんと手をかけられて作られております。紅茶のスープも美味です。 サービスは穏やかで丁寧、お店の雰囲気も落ち着いています。 安定感のある心安い料理、年をとるほど居心地が良くなりそうなサンミ高松(三笠会館も)です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「サンミ高松4F 香川」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

くろぎ茶々、絆|夏にもぴったり鯛茶漬け/the 310th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、310日目です。本日は夏場、食欲がない時でも美味しく食べられるお茶漬けです。

ギンザシックスB2の鯛茶漬け屋「くろぎ茶々」さんにお伺いしました。

大門にある(今年3月に湯島から移転)和食の名店「くろぎ」と京都の製茶会社「福寿園」のコラボショップです。

開店直後の10時半にお伺いしたのですぐに入れましたが、中に入ってみてびっくり!5席しかないんですね。。。すぐに満席になりました。 茶室をイメージした和モダンな店内、カウンターが畳敷きです。喧騒から隔離された感じで落ち着けます。

メニューは・くろぎ茶々の鯛茶漬 ¥2,700 の1種類。自動的に始まります。

・食前茶 京都宇治 福寿園の玉露 水出し

・鯛茶漬け

南蛮漬け、にしんなす、お新香、味噌汁付きです。

お茶は玄米茶、和紅茶から1つを選ぶのですが、両方試させていただけました。

優しい!

まずは白胡麻だれに染まった鯛をそのまま。

濃厚です。

続いてお茶漬け、まずは珍しい和紅茶から。

香りや色は完全に紅茶ですが。胡麻だれと混じると不思議なさっぱり感。ほうじ茶にも似た味わいです。

そして玄米茶。

こちらはお馴染み安定感のあるお味です。 こちら、嬉しいことに鯛とご飯は何度でもお代わり可能!あと1杯はどちらにしようかと迷いましたが、和紅茶を選択。以外とはまってしまいました。美味です。

デザートは・常葉(ときば)

吉野クズの抹茶クズ羹とクリームチーズの二層構造。こちら絶品ですね。 ウグイスきな粉と黒蜜でいただくのですが、きな粉が気に入りました。 美味しい贈答品の1つとして、覚えておきたい甘味です。

最後は熱い・ほうじ茶をいただいて落ち着きます。カウンターを仕切る料理人さんのサービス、雰囲気作りの巧みさにも流石でした。お代わりを沢山すればお得感はかなりあると思いますので、行かれるときは是非お腹を空かせて。お茶漬けのお茶の種類もどんどん変わるということですので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

変わったお茶漬けを出すお店をもう1店。銀座8丁目、中央通りから1本東側の通り沿いの居酒屋「おまっとさん 絆 」さん。

ランチタイムは「石焼茶漬け専門店」として営業しています。ビルの8階、エレベーターを開けるとすぐにエントランス、靴を脱いで上がるタイプです。入ってすぐにカウンター、手前と奥にテーブル席のシンプルな居酒屋風の店内。お店自体は10年目になりますが、ランチは1月前から始められたそうです。

プレーンなお茶漬けは ¥680 から、うなぎ茶漬け ¥1,980も気になりましたが、本日は様子見ということで・鮭とイクラのお茶漬け ¥1,000をお願いしました。 10分ほどで石焼ビビンパ用の石皿に入ったご飯と出汁が到着。

写真撮影の許可をお願いすると、出汁を入れるところがシャッターチャンスのようで、スタッフの方が出汁を注いでくれました。こういう親切はとても嬉しいです。

皿の端から熱い出汁を注いでいくと、最初は何もおこりませんが、煙がもうもうと立ち込め、

泡がふつふつと湧き上がりました!

もの凄く熱いお茶漬けにワサビと海苔を投入。石皿効果でなかなか冷めないので、ゆっくりといただきます。 イクラも完全に火が通ってしまうので、プチプチ感が楽しめないのが残念ですが、普通に美味しいです。暑い夏に汗をかきながらいただく石焼き茶漬けもまた一興です。

夜は日本酒に品揃え豊富な居酒屋として営業しているそうなので、〆に食べれば盛り上がること間違い無しです。 出汁のお代わりも丁寧に進めていただけますし、スタッフの方の明るいサービスがとても良かったです。 冷製茶漬けなるものもメニューにありましたので、機会があればまたお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 吉兆|満足感に浸る料亭の鰻御膳/the 307th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、307日目です。暑くなると精を付けるために食べたくなるのが鰻。本日はウナギ専門店ではなく日本料理店「銀座 吉兆」さんにお伺いしました。

「吉兆」といえば大阪発の高級料亭で、帝国ホテルにも店舗がありますが、本日は昨年銀座2丁目、中央通り沿い、カルティエが入っている大倉ハウスの4階のお店にお伺いしました。「吉兆」と聞くだけで敷居が高い感じがしますが、最上階は世界一の朝食で有名な「ビルズ銀座」で、何となく入りやすい雰囲気です。

「銀座 吉兆」さんは、もともとホテル西洋銀座内で営業されていたのですが、2013年にホテルの営業が終了、昨年この場所で復活しています。

エレベーターを降りると悠々と続く廊下があり、その奥に受付がございます。

事前に電話をしていたので、スムーズに入店できました。 個室も沢山あるようですが、テーブルが6卓ほど並ぶ大部屋で。テーブル毎に障子風パーテーションで区切られています。同部屋に他にお客様がいらっしゃらなかったこともあり、銀座の中心ですが、とても静やかで清浄な雰囲気です。

ランチはコースの他鯛茶漬けなどもありますが、お目当ては・鰻御膳 ¥6,480(サ別10%)なのです。

まずは食前酒として・梅酒

そして前菜と続きます。

・前菜 雲丹と湯葉のジュレ、パパイヤサーモン巻、卵焼き、イカ卵サンド、サツマイモ、松風、鴨ロース、ヤマモモ

目にも鮮やかな料理たちは、どれも美味。最近とんとお見かけしないヤマモモが良いですね。

ご飯は釜で炊いていただけるようで、30分ほど待ちます。

まずはご飯が到着。

続いて待ちに待った鰻が登場。

美味しそうです!

早速鰻(愛知県産)をいただきます。

美味しいです!厚みはありませんが、外はカリッと、中はしっとりとした素敵な仕上がり。

次にご飯に乗せて。

こちらも絶品。ご飯が美味しいのが最高です。お米は新潟北部の岩船産コシヒカリ、それ自体が美味しいのはもちろん炊き具合も完璧!ご飯だけでも美味しくいただけます。

・山椒、タレ、お新香も大変美味しいです。

通常鰻をいただく時、山椒(特に瓢箪型容器のもの)は香りがきつ過ぎるためほとんど使いませんが、こちらの白い山椒は慎ましい香りが素晴らしく、沢山かけてしまいました。山椒だけで食べてみましたが、それだけでも美味。

・肝吸い

肝もたっぷりと入っており、料亭ならではの上質なお出汁です。

最後に肝心の最後は手の込んだ可愛い・カプチーノゼリーまで付いてお腹も心もいっぱい。

食後は熱いお茶を飲みながら満足感に浸らせていただきました。 サービスも上品で落ち着いており、それでいて堅苦しくなく大変過ごしやすかったです。 お値段だけ見ると割高に感じますが、鰻以外も美味しく、それ以上の満足度はございました。 やっぱり良い和食店の鰻は、格別美味しいです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。