閉店)リール銀座|ミキモトラウンジ横田氏プロデュース/the 213th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”213日目、本日はスィーツ。2015年10月21日にオープンしたばかりのカフェ「リール銀座」にお伺いしました。今はなき名店ミキモトラウンジの横田シェフがプロデュースするお店です。待ってました!という方も多いのではないでしょうか。

場所は銀座3丁目、昭和通りの1本西側の通り沿いのビルの2階、赤いテントが目印です。オープン仕立てでお花がいっぱいですね!
rire10
1階はお昼時は行列ができるお蕎麦屋「桂庵」です。

太陽の光も良い具合に入る、白ベースの明るく気持ちの良い店内。

カウンターも5席ほどございます。本日はこちらをお願いしました。

・グラノーラ アイスモンブラン ¥1,200

土台はオーツ麦、ローストしたクルミやカボチャの種が入ったグラノーラ生地。 さらに卵黄たっぷりで黄色のバニラアイス、茨城県産の和栗を使ったモンブラン。上にはイタリア栗のシロップ漬け。 中はさっぱりとした生クリームで、周りにはシェフが最近はまっているというグラノーラクッキーとチョコレート。見た目にもインパクトのある贅沢モンブランです。

食べてみるとまずは豊満な栗の香りが口の中に柔らかに広がります。美味っ!これは良いモンブランです。 バニラアイスもコクがあって非常に美味しい。素材のバランスも良く、完成度は非常に高いようです。

・コーヒー ¥900

1杯お代わり無料が嬉しいです。 ケーキ同様優しいお味でした。 ケーキセット的なものがあると嬉しいですね。ごちそうさまでした!

ランチタイムは食事メニューもございます。 ケーキが美味しかったので、早速次の日お伺いしてみました。ランチメニューは3種類でフレンチトースト、キッシュ、鶏ムネ肉のソテ。全て¥1,500で、ミニスープ、ミニデザート、ドリンク付きです。

本日は・岡本シェフの季節のキッシュ ¥1,500をお願いしました。

・タイム風味のコーンスープ
rire5
タイムってどんな香りでしたっけ?

・カボチャとレンコンとゴボウのキッシュ
rire6
サラダとミニポテトグラタン付き。

こんなに厚みのあるキッシュは初めてです。焼くのが難しそう!
rire7
カボチャ生地に野菜がたっぷり。ほんのり温かく、体にも良さそうです。

デザートは小さい・バナナとクルミのケーキ
rire8

最後はセットの・紅茶 アールグレイで。
rire9
午前中にコーヒーを2杯飲んでしまったので、慣れない紅茶にしてみました。 さっぱり味で不慣れでも飲みやすい。お湯の継ぎ足しもしていただけますよ。美味しかったのですが、モンブランの完成度と比べるとまだまだ手探り段階かと思われます。これからに期待です!

スタッフの方々も皆様、礼儀正しく親切、適度に気さくで思わず長居してしまいそうな良い雰囲気。 笑顔が溢れるお店になりそうな予感です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“リール銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

カフェーパウリスタさん-銀座でブラジルコーヒー 略して銀ブラ!?/the 154th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、154日目です。本日は喫茶店でございます。今はなき伝説のカフェー“プランタン”と同年の1911年に開業した“カフェーパウリスタ-CAFE PAULISTA”さんにお伺いしました。

場所は銀座8丁目、中央通り沿い、長崎センタービルの1,2階でございます。レトロなロゴがとても素敵です。
pau1
1階は喫煙可、2階は禁煙でございます(土日祝日は共に禁煙)。

奥行きのある店内。1階は昔ながらの喫茶店(下写真)、2階はやや現代風でございます。
pau7

雰囲気を味わうなら1階がお勧めです。ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が三日三晩来店してくつろがれたという、ファンにはたまらない席もございます。
pau2

8時30分〜11時30分までモーニングセットがございます。銀座で、これほど早く開店する喫茶店は多くないので助かりますね。本日は“ツナトーストセット” ¥650をオーダーいたしました。

“森のコーヒー”
pau3
ブラジルにて無農薬栽培の天然完熟コーヒー。とてもバランスが良く、朝にぴったりの飲みやすいお味です。セットメニュー注文で1杯のみお代わり無料というのも嬉しいです(それ以降は¥300でお代わり可能)。

“ツナトースト”
pau6
食パンが分厚い!ツナもたっぷり乗っており、食べ応えがございます。オレンジジュースも付いて銀座ということを考えると良いコストパフォーマンスです。ごちそうさまでした。

気になるメニューもございましたので、後日ランチでお伺いいたしました。“キッシュとコーヒーのセット” ¥920をオーダーいたしました。

“ロレーヌ(ほうれん草と4種類のチーズとベーコン)”
pau10
熱々です。4種類のチーズは分からなかったですが、卵の活き活き感と、生クリームのまろやかさを感じる優しいお味でございます。ほうれん草も入っており元気が出ますね。しっとりさっくりしたホタテ貝型のタルトとベストマッチでございます。

“パウリスタオールド”
pau9
こちらがパウリスタさん伝統の逸品。森のコーヒーと比べると一飲瞭然、目の覚める力強いお味。酸味が少なく、嫌味のない苦さでございます。

“ザッハ” ¥525
pau11
クラシックなチョコレートケーキですね。濃厚ですが、親しみやすい甘さで、パウリスタオールドととてもよく合います。こちそうさまでした。

こちらで銀ブラ証明書(ポイントカード)をいただけます。銀ブラの語源について、“銀座通りを歩いてカフェーパウリスタにブラジルコーヒーを飲みに行くこと”とのことですが、実際は“銀座をぶらぶらする”が正しいようです。

“カフェーパウリスタ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
pau8

銀座ウエスト 銀座本店|優雅で美味しい朝を/the 149th day

2019年8月追記)銀座らしいクラシックな雰囲気、上質で落ち着いたサービスなどとても好みの喫茶店です。

まずは軽食、本日は初めて・キッシュ、コーヒーセット ¥1,400(w/o tax)をオーダー。

ベーコン、トマト、玉ねぎ、ナス、ズッキーニを使った自家製キッシュ。厚みもなく思ったより小ぶりでしたが柔らかい甘味、酸味、苦味のバランスとフワフワ食感で美味しいです。小腹が空いた時にちょうど良いボリュームです。 もちろんデザートもいただきます。

まずは季節限定の・スィートネクタリンのタルト ¥600

今まで食べた記憶がないフルーツ、ネクタリン、山梨県産で和名はズバイモモ、産毛の無いつるっとした桃だそうです。 甘味と程よい酸味が暑い季節に心地よく中にもちゃんと入っていました。優しい甘味のアーモンド生地と生クリーム、ちょっと懐かしさを感じさせる絶妙なバランスは、添加物を使用せず、良い素材を使用しているからかもれません。 そんな訳でもう1個ケーキをいただきます。

ケーキ並んだのプレートを見せていただきますが、やっぱり食べたいシュークリーム。いつもはハーフ&ハーフですが、本日は・シュークリーム ゴルゴンゾーラパフ ¥380 を選択。

見た目からしてエレガントで、落ち着いた色合いと舌触りのクリームはボリュームたっぷり。チーズの香りはそこまでではなく、生クリームとしては塩味強めで甘さ控えめ。スィーツっぽい感じはあまり無いですが食べ応えもあり美味。とはいえ次はハーフ&ハーフを頼むと思います。

最後はお代わり無料が嬉しい・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

BGMはクラシック、空間、サービス共に上質で、やっぱりとても好きな空間でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2014年10月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、149日目です。本日は喫茶店です。1947年創業の老舗「銀座ウエスト 銀座本店」に(今さらながら!)おうかがいしました。銀座のお土産としてリーフパイ、シュークリームなどはあまりにも有名です。

贈答用にお菓子を購入したことはあるのですが、喫茶室は初めての利用です。

場所は銀座7丁目、外堀通り沿い、お隣は泰明画廊さんです。
wes11
鉢植えの花が感じよく並んでおり、リーフパイや生ケーキなどを販売しております。

上品な応接間のような店内は、かなり奥行きがございます。
wes1
最初は素敵なお家に招かれたように背筋がピンッといたしますが、すぐに雰囲気にも慣れ、ゆったりと、ほどよい緊張感をもって寛げるようになります。

ウエストさんは実は平日は朝9時から夜11時まで営業しております。特にモーニングセットのようなものはなく通常メニューですが、軽食が充実しておりますので優雅な朝を楽しめます。まずは、こちらから。

・コーヒー ¥864(軽食注文で +¥324)
wes2
まずはコーヒーが登場。ブルーマウンテンを主としたオリジナルブレンドで、日本人好みの優しい味わい。お代わりは無料なのですが、とても飲み口が良いコーヒーです。

・トーストハムサンド ¥1,512
wes3
サクサクのトーストに、非常にジューシーで肉厚なロースハムが何層もサンドされております。食べ応えありますね。無添加の上質なハムを使用しているため、後味は思ったよりさっぱりです。

・フレンチトースト ¥972
wes4
一風変わったフランスパンのフレンチトーストです。しっかりした感じかと思いきや非常にしっとり柔らか。卵液にじっくり漬け込んであるのでしょう。甘みはほとんどございませんので、自然な甘みのメープルシロップを掛けていただくと美味。見た目はかなりのボリュームですが、とても軽く仕上がっているため難なく完食です。

続いてスイーツ!

本日は17種類の中から選べました。迷いに迷ってこちらをセレクト。
wes8

・マロン ¥453(軽食注文で +¥324)
wes5wes6
秋らしく和栗のケーキ。和栗の周りはチーズクリーム、スポンジ、表面はプラリネにひとひらの金箔が美しいです。甘さは控えめで、中身のしっかり詰まった、ざくざくしたケーキでございます。

続いてコチラ。

・シュークリーム ハーフ&ハーフ ¥410(軽食注文で +¥324)
wes7
カスタードと生クリームのハーフ&ハーフ。見事な佇まいのシュークリームでございます。生地はフワフワ、そして中身はたっぷり、一般的なものの倍は詰まっていそうな印象です。こちらも上品な甘さで、大満足な食べ応え。ウエストのシュークリーム最高。美味しいです。

老舗らしい美味しいコーヒー、そして堂々とした料理の数々、堪能いたしました。ごちそうさまでした。

「銀座ウエスト 銀座本店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
wes9

閉店)イル・チェントロ|バランス感、CP良好なイタリアン/the 52th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメグログ”銀座6丁目美食日記”、52日目です。

本日は東銀座のイタリアンレストラン、

“GINZA IL CHENTRO-ギンザ・イル・チェントロ”さんにお伺いしました。

“ネオパイン銀座410″という建物の2階です。

お隣は以前ご紹介した味噌カツの”矢場とん”さんです。

その際のブログ記事はコチラをご覧下さい。

入り口の扉。オープンキッチンが見えるのが良い雰囲気です。

“魚のプレートランチ”¥1,100をオーダーしました。

“コーンポタージュ”

滑らかで、のどごしのとても良い、ポタージュでした。

美味しいです。

“バジルのトマトパスタ”

ゆで加減も良好。

バジルとトマトの組み合わせで美味しくない訳はありません。

鼻をくすぐるバジルのほんのり甘い香りと、トマトの酸味の素敵なバランス。

“サーモンのパイ包み焼き、キッシュ、フライドポテト”

このボリュームで¥1,100はお得。

キッシュは、フワフワで優しいお味。卵とバターを前面に感じる素朴で美味しいキッシュです。

“サーモンのパイ包み焼き”

下にはたっぷりとブロッコリー。そして、パイの中には、リコッタチーズ。

柔らかいサーモンに、パイ生地のパリパリ食感。

口の中で、リコッタチーズの甘味がフワッと広がります。美味しいですね。

最後はコーヒーで一息。

野菜も沢山とれて、お腹にも、お財布にも優しいバランス感の良いお料理でした。

ごちそうさまです!

窓が大きいため、明るく清潔感のある店内です。

カジュアルな雰囲気で和めます。

東銀座駅のすぐ近く、この味、この価格は素晴しいです。

パスタ or ラザニアランチは¥850~ございます。

“GINZA IL CHENTRO-ギンザ・イル・チェントロ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

ギンザイルチェントロイタリアン / 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅