ACキッチン|ACホテル銀座内の心地良いモダンスパニッシュ/the 497th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」497日目、本日はスペイン料理「ACキッチン」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、昭和通り沿い、2020年7月9日にオープンした「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」の1階です。
ACホテル・バイ・マリオット東京銀座
「ACホテル」はスペイン発祥で、アジア地域初進出だそうです。

店名からするとカジュアルなイメージを受けますが、店内はテラス席もある広いダイニングは黒とブラウンで統一したシックな雰囲気。
ACキッチン
東京オリンピックに向けたホテルが続々完成していますが、延期になりこのような状況ですので、空いています。カルトでも注文できますが、本日は・プリフィクスランチコース ¥3,500(サ別15%, w/o tax)をお願いしました。

アミューズ・マンテカードとジャガイモのピュレ、ポン デ ケイジョと生ハム
マンテカードとジャガイモのピュレ、ポン デ ケイジョと生ハム
スペイン発のホテルですので料理もモダンスパニッシュ。対する食感の2品の組み合わせも良い。ふわふわもちもちのパンに、サクサクのクッキーの上のジャガイモはコンソメのジュレでコーティング。一口ビシソワーズのようです。

・低温加熱した日光市「プレミアムヤシオマス」のミキュイ 枝豆とイベリコチョリソーの香り
低温加熱した日光市「プレミアムヤシオマス」のミキュイ
赤と緑の綺麗な盛り付け。量感もよいマスの上はバルサミコ酢の泡、ねっとりとした柔らかい肉質で美味。

パンは4種類から選択可能でしたので・アマランサスのパン、柔らかい丸パンをいただきました。
アマランサスのパン、柔らかい丸パン
スーパーフードのアマランサスのパンを体にも良さそう。どちらも美味しいパンです。

・トウモロコシのスープ +¥500
トウモロコシのスープ
牛乳、塩のみのスープは焼きトウモロコシを使い、甘みに加え、香ばしさもたっぷり。添えられたポップコーン、ベーコンの入ったシフォンケーキも気が効いています。

・真空調理した「ゴールデンポーク」のグリエ スターアニス風味のソースで 農園野菜のローストを添えて +¥300
真空調理した「ゴールデンポーク」のグリエ スターアニス風味のソースで
こちらも低温調理でとても柔らかく仕上げてあります。スターアニスの香りが強過ぎる気もしましたが、甘くて旨味もある美味しい豚肉でした。野菜も主張が強くてシシトウ、サツマイモ、ニンジン、ブロッコリー、タマネギ、キャベツなど種類豊富で嬉しいです。

・銀座のはちみつ入り「ナティージャ」抹茶風味のわらび餅を添えて +¥500
銀座のはちみつ入り「ナティージャ」抹茶風味のわらび餅を添えて
マジパンのハチが可愛過ぎて。。。一番最初に食べました。スペインのカスタードクリームですが、思ったより食感よくプリンに近い感じです。銀座産のハチミツを使って優しい甘さ。

最後は美味しい小菓子・カヌレ、竹炭クッキー、コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
カヌレ、竹炭クッキー、コーヒー
それぞれの料理は4種類ほどから選べ、追加料金のかかる料理もあるのですが、デコレーションもとても綺麗で味も良く、その分の満足感は十分得られました。「ミレニアム三井ガーデンホテル東京」の「現代里山料理 ZEN HOUSE」など、最近のホテル内レストランは良いお店が多い気がいたします。

料理の説明も丁寧で、スタッフの方々も感じよく、とても居心地の良いお店。レストランは1階で、堅苦しくない雰囲気なのでホテルに宿泊しなくても、利用しやすいのではないでしょうか。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

びいどろ 銀座三越店|しっとり美味しいイカスミパエリア/the 438th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」438日目、本日はスペイン料理です。

銀座三越11階に2019年6月27日オープンした1977年創業の老舗スペイン料理店「びいどろ 銀座三越店」にお伺いしました。

銀座5丁目、中央通り沿いに銀座店もあります。

出来立てホヤホヤピカピカの綺麗な店内、座り心地も良いターコイズブルーのソファーが目を引きます。

ランチメニューは基本的に1種で・パエリアランチ ¥2,160のみ。追加料金で肉魚料理、アヒージョを付けることも可能です。

前菜盛り合わせ・パテドカンパーニュ、イワシの酢漬け、ポテトサラダ、サラミ2種、生ハム

盛り付けも綺麗な前菜、どれも一手間加えられており美味しいです。

パエリアは某世界大会国際部門優勝作品含む5種類から選べますが、本日は特に肩書きのない・イカスミのパエリアをお願いしました。

具材はイカ、アサリ、ホタテなど。外はカリッとした見た目ですが、中はしっとり瑞々しいです。

ご飯も芯を残して歯ごたえも良く炊き込まれています。

出汁のお味もちゃんと感じられ美味、ボリュームもしっかりあるのが嬉しいです。流石は三越クオリティ、最後までとても美味しくいただけました。

こちらは別の日にいただいた・フィデウワ デ ガンディア(海老、手長海老、アンコウのパスタパエリア) +¥864

スペインで開催されるフィデワ インターナショナルコンクール スペインガンディア大会 海外部門優勝作品です。魚介の出汁を吸い込みふくよかな仕上がり、脇のカリカリ部分も美味しいです。アンコウは何故か歯ごたえが凄かったですが、手長海老は身は少ないものの甘みをちゃんと感じます。やっぱりパエリアはお米が良いなと思いましたが、美味しいフィデウアでした。

3種類から選べるデザート、本日は・チュロス

チョコレートソースで。味がすごく美味しという訳でもないのですが、形状とか名前の響きとか良いな感じるチュロスです。

最後は・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

オープン2日目でしたが、サービスは本店同様に皆様とても丁寧で気持ちよく過ごせるお店です。お客様も程よく入っており、なかなかの人気のようです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「びいどろ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

アロセリア ラ パンサ|ランチに絶品イカ墨パエリア/the 367th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」367日目、本日はスペイン料理「アロセリア ラ パンサ」にお伺いしました。代官山の人気店「アロセリア サル イ アモール」の姉妹店です。ちなみにアロセリアとはスペイン料理の中でもお米専門店。お米好きには興味深いお店です。

銀座1丁目、昭和通り沿い。トリプル銀座からはやや遠めです。。。

2017年1月にオープンしてからすぐに千円ランチを始められたのですが、メニューにあまり惹かれず。アロセリアというからには、たっぷりお米が食べたい。そんな中、最近パエリアを食べられるランチコースを開始されたようで、早速お伺いいたしました。

スペインの地図、ワインなどが飾れれた賑やかで明るい店内。

赤い花柄のテーブルクロスも可愛いです。カジュアルですが全体が落ち着いたトーンでまとめられており、上品で温か、清潔感もあり心地よい雰囲気です。

本日はお目当ての・ラ パンサ ランチコース ¥2,980をお願いいたしました。

冷製スープ・サルモレホ

ガスパチョよりも濃厚なトマトとビーツのアンダルシア地方のスープは、羊のマンチェゴチーズとイワシの塩漬けがアクセント。コクがしっかりあって非常に美味しい。期待が膨らむ1品目。

・自家製パン

嬉しいお代わり無料です。

・グリーンサラダ、モルテルエロ

空豆と焼きナスに新鮮サラダ、ウサギや豚肉をペースト状にしたモルテルエロ、さっぱりした味付けで美味です。

・ズワイガニのクレープ包み ドノスティア風

これも良い!カニの旨味は弱いものの、フワフワ食感と魚介出汁たっぷりのソースが美味しい。フワフワのパンに付けて残さずいただきました。

メインのパエリアは4種類から選択可能。本日は・イカ墨のパエリアを選択。2人前から頼めないので追加料金 +¥1,000で、2人前をいただきます。

黒々艶やかな美しい見た目で、香りも良い。お米は芯を残したアルデンテ、歯ごたえがありながらも、イカ墨でしっとり仕上げられており絶品。

具材はエビ、白身魚、パプリカなどシンプルですが、出汁がよく効いております。

基本的に後付け調味料はあまり使わないのですが、アイオリソースでいただくと卵黄の旨味とニンニクの強い香りが加わり、二度美味しい。量的にも2人前でお腹もいっぱいです。

・アロス コン レチェ

アロセリアですから最後もお米を使ったデザートです。シナモンとレモンの香りが爽やかで美味。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

メインのパエリアが美味しいのはもちろん、前菜もレベルが高く、ランチコースは非常にコスパ良好。

サービスの方々は、説明も丁寧でフレンドリー。混み合う中でも笑顔を絶やさずサービスされているのが印象的です。 ウサギと鶏肉のパエリアもかなり気になりますので、またランチコースでお伺いたしたいと想います。ちなみに「ラ パンサ=太鼓腹」の意味。気を付けなければいけません。ごちそうさまでした!

「アロセリア ラ パンサ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ル・ヴァン ドゥ、エル スミーニョ|銀座の千円お肉ランチ/the 275th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”275日目です。本日はランチに千円で美味しいお肉料理がいただける2店にお伺いいたしました。

まずは松屋裏のビストロ”ルヴァン エ・ラ・ヴィアンド”さんの2号店”ル・ヴァン ドゥ”さん。場所は並木通りと松屋通りの交差点付近。
levin8
隣のビルが絶賛工事中のため、隠れ家感たっぷりです。この隙間の奥にお店の入り口があります。地下1階の店内は思ったより広く、キレイめカジュアルな居心地の良い空間です。開店すぐの11時半にお伺いしましたが、すでに数名の方が着席されています。

本日はお目当ての限定20食”牛・鴨・豚挽肉のハンバーグ 赤ワインデミグラスソース” ¥1,000をお願いしました。

自家製パン “クルミパン、オニオンパン”
levin1
中身フワフワの美味しいパンでした。”サワークリーム”を付けて食べるのもユニークで、これもまた美味しいです。

10分ほどで3種類の挽肉を使用した珍しいハンバーグが到着。
levin3
上に丸い卵が乗った可愛い見た目です。 黄身はトロトロ状態で、白身を割った瞬間は、ささやかな幸せを感じます。

levin5
しっとりと仕上がったハンバーグで、これに卵の黄身が加わると味に丸みが出て美味。 付け合せはマッシュポテトとサヤインゲンでした。最後はパンにさっぱり目なソースを付けて綺麗にいただきました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
levin7
お店の方の感じがとても良く、他のランチメニューも美味しそうだったので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ル・ヴァン ドゥ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

2店目は泰明通り沿いのスペイン料理店”エルスミーニョ”さん。最近ランチを始められたようで早速お伺いしました。
el6
奥に深い店内は、1階がバー、2階がレストラン。けっこうなボリュームで音楽がかかっています。本日は一番リーズナブルな”Almuerzo A” ¥1,000をお願いしました。

本日の前菜 “トルティージャ、ナスのトマト煮、サラダ”
el1
BGM同様、けっこうボリュームたっぷり、種類も色々で嬉しい良い感じの前菜。

“スパイシーチキンの炭焼き”
el2
こちらも思ったよりも立派! パッと見、焦げているようにも見えますが、皮はパリパリ、お肉はふっくらと良い焼き上がり。食べ応えも十分です。付け合せは大量のレンズ豆。

“きのこのスペイン風リゾット アロス・カルドソ”
el4
さらに寒い季節に嬉しい熱々のリゾット。たっぷりと入ったアサリとシメジからも良い出汁が出ているようで美味。

最後は”コーヒー”まで付いてこのお値段は良心的。
el5
1階のバースペースはゆっくり落ち着ける雰囲気ではありませんが、お味も美味しく、お腹もいっぱいになりました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“エルスミーニョ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
levin9