カフェ コヴァ ミラノ|ギンザシックスで味わうミラノ気分/the 448th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」448日目、本日はカフェです。ギンザシックス3階に2019年9月12日オープンした「カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス」にお伺いしました。

1817年ミラノで創業したミラノ最古のカフェだそうです。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス

入ってすぐのスペースではテイクアウトできるケーキやクッキー、チョコレートなどが販売されています。
カフェ コヴァ ミラノ ケーキ
見た目もカラフルな映えるビジュアルです。

奥がダイニングとなっていますが、席数はかなり多め。席に座れば、気分はミラネーゼ、外の会社看板は一切目に入りません。イエロー基調の上質感のある雰囲気。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス
そして落ち着いていながら親しみを感じるサービスは銀座三越のラデュレに似ているでしょうか。

明るい窓際の席はあずま通りから晴海通りまでが見渡せ気持ちが良いです。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス
しっかりとしたコースメニューもありますが、本日は10時30分〜14時までオーダーできる・ライトランチセット ¥2,600をお願いしました。サラダorスープ、メインはキッシュ、カナッペなど4種類から選択可能です。

ポテトチップも付いたワンプレート。カトラリー、器、さらに家具などもほとんどミラノのものを使用しているそうです。
ライトランチセット
カボチャのスープは重厚感のある仕上げで美味しい。生クリームなどは使用せず、カボチャ、エシャロット、ジャガイモペーストで仕上げており、カボチャ感たっぷり。

メインは・パルマハムとマスカルポーネチーズのフォカッチャ
パルマハムとマスカルポーネチーズのフォカッチャ
ビッグサイズです。あっさりとしたフォカッチャに、程よい塩気の上質感のある生ハムとコクのあるマスカルポーネの組み合わせはシンプルですがとても美味しいです。量が多いので、2人で違う料理を頼んでシェアするのが良いかもしれません。

ランチセットにはデザート、カフェ付きです。
ヘーゼルナッツのタルト、エスプレッソ
ヘーゼルナッツの一口タルトに、気分に乗せられて普段は飲まないエスプレッソをオーダー。まったりとしたクリームが美味しいです。気になる単品デザートもいくつかお願いしました。

 ・サーケル ¥1,200
サーケル
コヴァミラノのシグネチャーは、1817年の創業当時からの伝統デザートのチョコレートケーキ。見た目から想像されますがザッハトルテの派生デザート(ザッハ = Sacher = サーケル)です。大きいのかと思ったらケーキは普通サイズでした。見た目もお味もクラシックですが、もっちり濃厚で美味。チョコレート好きには嬉しいお味です。中には酸味のある杏ジャム、背面にはカカオローストがびっしりコーティングされており、お味を引き締めるとともに、食感のアクセントとなっています。続いてこちら。

・コッパ ティラミス ¥1,600
コッパ ティラミス
名前の通りコップ(カップ)に入ったパフェ様ティラミス。これはなかなかのボリューム。中にエスプレッソのスポンジが入っていますが、マスカルポーネクリームがほぼメイン。甘さは控えめで意外なほどスムーズに体に入っていきました。3分ほどで完食。

料理もデザートも異国情緒があり、大幅に日本風にアレンジしていないのが良いです。1名でも楽しめますが、数名で伺ってシェアしながらいただくのも楽しいと思われます。また別の料理もいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「カフェ コヴァ ミラノ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
コッパ ティラミス

リストランテ オット|愛媛県八幡浜の穏やか気候を感じる清爽ランチ/the 377th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」377日目、本日はイタリアンです。 銀座3丁目、西五番街通り(中央通りから2本西側)の銀座モリタビル6階にオープンしたイタリアン「リストランテ オット」にランチ訪問。

最近出来たばかりの新しい建物です。エレベーターを降り、横開きのドアを開け店内へ。

カウンター中心のちょっと変わった席配置。

奥にテーブル席も数卓有り。

ふかふかのカウンターチェアに座って、色々お伺いしてみると、こちらは愛媛県八幡浜にあるイタリアン「アマルフィ」の姉妹店(赤で囲われているのが八幡浜市)。

魚介類、野菜はほとんど愛媛県産のものを使用、店名のオットはイタリア語で「8」、「八幡浜」と「無限大」を表しているそうです。

現在ランチは¥3,000、¥5,000の2種、ディナーは¥8,000のコース料理のみ。本日は・Pranzo A ¥3,000(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・アマダイのブロード、赤エビと米粉チップ

まずは小さい前菜2品、魚の出汁から作った茶碗蒸し、赤エビも甘み十分で美味。後の料理に期待できる2皿でした。

・ライ麦パンは温かな純朴味。

オリーブオイルは・ピアノグリッロ パルティチェッラ34、フレッシュな青々とした香りが好みです。

・夏のオルト セビーチェ風

菜園(オルト)をイメージした綺麗なサラダ。セロリと柑橘のソースを掛けてできあがり。 野菜は新鮮、オリーブの丸いゼリーがなんとも涼しげで、清涼感のある仕上がりです。

・ヤリイカ、アサリ、万願寺唐辛子のスパゲッティ

もちろん素材は愛媛県産、やや太めのスパゲッティは綺麗なアルデンテ仕上げ。さっぱり仕上げで美味しいのです。

・愛媛県八幡浜産アマダイ

サクサク感が楽しい定番のウロコ焼きは、ちょっとリッチな感じ。アマダイのほんのりとした甘みに、爽やかなアーモンドソースが美味しい。

・ティラミス、イチジク

三角屋根の下にはイチジク、マスカルポーネソース、コーヒーアイスのモダンなティラミスでした。

最後は・エスプレッソ、小菓子(マドレーヌ、ヘーゼルナッツチョコ)をいただきゆっくりとさせていただきました。

四国が産地のレモン、すだちなどの柑橘が多くの料理に使われていることもあり、八幡浜の気持ち良い気候を感じる(行ったことはないけれど)爽やかで心地のよいコースでした。後味の良さも素敵ですね。サービス料はかかりますが、説明も丁寧で、お店の雰囲気も良く、コストパフォーマンスはとても良く感じました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「リストランテ オット」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

閉店)バーニーズ カフェ バイ ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー|大人の穴場カフェ/the 376th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」376日目、本日はカフェです。あまり知られていませんが銀座6丁目、交詢社通り沿いの洋服店「バーニーズ ニューヨーク銀座本店」の3階にカフェがあります。

清澄白河の有名コーヒー店「ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」とバーニーズニューヨークのコラボカフェ「バーニーズ カフェ バイ ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」にお伺いしました。

天井が高く明るい店内、床と壁面は大理石調、ソファもゆったりと配置された寛ぎ空間です。

通路に面していますが、この階は人通りが少ないためあまり気になりません。 ランチメニューはサンドイッチやサラダなどを提供しています。

本日は数種類の中から・バーニーズ サンドウィッチ(BLT)セット ¥1,620をお願いしました。

オニオンスープと食感の良いポテトチップス付き。

香りの良いライ麦パンに、ぎっしりの新鮮トマトとレタス。

ベーコンは、柔らかく塩気も控えめでハムのような感じです。 見た目通りボリューム感もたっぷりです。

もう1つの名物はパフェ、期間限定のシーズンパフェはマンゴーでしたが定番の・ティラミス パフェ ¥1,728をオーダーしました。

上には渦巻き状のふわふわマスカルポーネクリーム、中にはたっぷりのコーヒーアイス。

実は「ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」は「ピエールマルコリーニ」と同系列。アイスは心地よい苦味、上質感を感じる締まりのあるお味。一番下にはザクザク食感のクッキーと甘やかに香るリキュールが入っており、目が醒めるような感覚が良かったです。グラスが小さので量感が不安でしたが、凝縮感があり食べ応えは充分。思ったより満足感のある大人パフェでございました。

最後は美味しい・オリジナル ブレンドコーヒーで。

さっぱりと飲みやすいお味で、流石にコーヒーも美味しいです。

お値段はややお高めですが、あまり知られていないこともあり、他のカフェと比べると土日も空いており、ゆっくりとした時間を過ごせそうです。またお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

「バーニーズ カフェ バイ ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

アジル|素敵な相互作用、パラドックスの魅力/the 262th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”262日目です。本日はミシュラン二つ星のフレンチレストラン、”エスキス”さんが2つ下の階にオープンした姉妹店に平日ランチにお伺いしました。

エレベーターを降りた瞬間のインパクトが凄い。内装も一見の価値有りです。入ってすぐがバースペース。
argi8

奥がメインダイニングとなっています。
argi7
テーブルの配置までが何か芸術的です。 木、流木のオブジェ、レザー、ガラス、金属、壁面は日本の伝統的職人技による茅葺きや地層のように美しい紋様が見られます。柔と硬、静と動など様々な対比がユニークなパラドキシカルな空間となっています。天然のものが多いせか、不思議と落ち着きます。

平日ランチはコースのみで¥5,000、¥7,000の2種類。 本日は前菜、メイン、デセールの¥5,000(サ別10%)のコースをお願いしました。こちらは料理内容は決まっていますが、¥7,000のコースになるとプリフィクスで皿数も増えるようです。

前菜 “イカとブッラータチーズ”
argi2
ブッラータって初めて食べましたが美味!モッツアレラチーズの袋の中に、細かくしたモッツァレラと生クリームを混ぜたものをたっぷり入れて口を閉じたものだそうです。ナイフを入れるとトロッとしたものが流れ出てきます。臭みは無くとってもミルキーでイカと抜群な相性です。コースを決めるときにイカと聞いて少しテンションが下がったのですが、これは良い!付け合せはパプリカとエストラゴンでした。

パン “フォカッチャ、カンパーニュ”
argi1
バターもオイルもなしだったので、ソースに思いきり付けて楽しんで下さいってことだったんでしょうか。先ほどのイカの出汁が効いた絶品スープも、こっそり一口だけパンに付けていただきました。残りはグッとこらえてお別れです。

メイン “A5和牛モモ肉”
argi3
表面には黒ニンニクのピュレが塗られており、良い香り。ソースはシンプルなフォン・ド・ヴォー。 そして種々のハーブがその後に加わり重層的な香りに悩殺。付け合せのニンジンには味醂粕、麦茶粕、リンゴを使って料理してあったりと楽しいお味。

デセール “ティラミス”
argi5
意表を付く一皿。どこがティラミス?と思ったらチョコレートの繊細な板の下に隠れていました。 黒丸ビスケット、ライムとピスタチオパウダーがアクセント。重さは全くなくむしろ軽い、リキュールが効いた爽やかで大人なお味でした。

最後は濃い〜”コーヒー”と”ナツメグチョコレート”で。
argi6

皿数が少なく満足できるかと不安でしたら、一皿がエスキスさんの3倍量ほどあり心もお腹も十分満たされました。料理の芸術性は抑えめですが、味付けはやや濃厚でストレートに美味しい仕上がりで、フランス、イタリア、日本の食材と料理のミックスも楽しめました。 また美しい器、インテリアのシナジーも素敵ですね。 夜はコースはなく、カルトのみ。バースペースでデザートとお酒を楽しむなんていう魅惑の使い方もできますね。 ますます幅が広がるエスキスワールド、今後の展開が楽しみです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。