ダンヒルバー|素晴らしい居心地の上質カフェ/the 394th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」394日目、本日はカフェ&バーです。2018年9月にリニューアルオープンした「ダンヒルバー」にランチにお伺いいたしました。

場所は銀座2丁目、中央通り沿い。

基本的にはアパレルショップですが、2階がカウンターバー、3階にはカフェ、理容室がございます。

以前はヴィンテージ家具、アンティーク雑貨で埋め尽くされた趣味的な個性溢れる空間でしたが、がらっと雰囲気が変わり落ち着いたラウンジ風となっています。

以前の空間もワクワクして良かったですが、こちらはこちらで椅子の座り心地も良く落ち着いて食事をいただけるので、また違った良さがあると感じます(以前のダンヒルカフェについてはこちらをご覧下さい)。

ランチメニューは銀座の有名和食店「六雁」の秋山シェフ監修の3種でドライカレー、蕎麦、ハンバーガー。ドライカレーと決めていたのですが、ハンバーガーの中身がアジフライと聞いて一気にバーガー気分に。15分ほどで到着。

・ダンヒルバー フィッシュバーガー ¥1,850(w/o tax)

アジフライ大きい! 決してバンズが小さいわけはありません。たっぷりした厚みでアジフライ好き喜びます。

具材はレンコンのピクルスのみなので、ナイフとフォークでとても食べやすいアジフライを楽しむハンバーガーです。

ザクッと食感良く揚げられたアジと全粒粉を使った素朴なバンズ、タルタルソースとピクルスの酸味のバランスも良いですね。ポテトフライに掛けられた緑の塩も優しいお味。秋山シェフ、流石です。せっかくなのでデザートも追加オーダー。

・甘音屋コラボパフェ ¥2,000

甘音屋は姫路の和菓子屋さん。メニューの写真から小さいグラスを想像したのですが、良い感じの大きさ。一番上のダンヒルのプレートで粒の大きい餡子をはさんでダンヒル最中。

グラスの中はロイヤルミルクティーのアイス、かりんとうの皮、焙じ茶ゼリー、わらびもち、あんこ、黒豆甘納豆、バームクーヘンに紅茶シロップがけ。

ものすごい久々に食べた甘納豆が凄く美味しく感じました。 外に添えられたのは柚子風味の金時、かりんとう。センシュアルな色とシェイプとのかりんとうはパワフルで躍動的な黒糖味。一般的な優しい和菓子とは違い西洋的というのでしょうか、それぞれの素材は味が濃厚で美味。パフェ感はあまりありませんでしたが、なかなか満足感のあるデザートでした。

・コーヒー ¥800はエチオピアのナチュラル式のもの。
苦味はなく程よい甘さと優しい酸味の美味しいコーヒーでした。お代わりできるのも嬉しいです。

以前からそうでしたが、あまり知られていない場所なので人も少なく、景色も気持ち良いため、ついつい長居してしまう空間です。

ビルズ、東急プラザの数寄屋橋茶房などを手がけるトランジットジェネラルオフィス経営ということで素敵な仕上がりでございました。またドライカレーをいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ビアー トゥー ゴー by スプリングバレーブリュワリー|ソニーパークからビールで銀ブラ/the 379th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」379日目、本日は8月9日にソニービル跡地にオープンしたソニーパーク内のビアバー「ビアー トゥー ゴー by スプリングバレーブリュワリー」にお伺いしました。

ソニーパークは銀座5丁目、数寄屋橋通りにある新ランドマーク。今まで見えなかったメゾンエルメス銀座までの抜けが気持ち良い。

木のような植物が沢山生えていますが、全て購入可能な買える公園です。オリンピックに向けて新しいビルが次々と建設されていますが、ソニーは「建てない」という選択。

地下2階はローラースケート場。後ろに見えるのはソニービルの上に付いていたネオン看板ではないでしょうか。

何故ローラースケート?理由は1979年に発売された初代ウォークマンのパッケージが、音楽を聴きながら公園でローラースケートを楽しむ男女2人だったからだそうです。

地下1階には藤原ヒロシ氏が手がけるコンビニ「THE CONVENI」。

地下3階には「トラヤカフェ あんペースト直売所」など話題のお店が色々と入っています。

壁面は基本的にコンクリート打ちっ放し。ソニービル時代のタイルなどがそのまま使われていたりして楽しいです。

歴史を重ねたものは、それだけで独特の美しさがあります。

地下4階にあるスプリングバレーブルワリーはキリンビールが経営するオリジナルのクラフトビール専門店。

店内奥にはドラムセットが設置されており、ライブなども行われているようです。

ランチはデリやバーガーとビール(コーヒー、ティーも選択可能)を組み合わせたお得なセットもございます。 先にカウンターでオーダー。

「TO GO=お持ち帰り」と店名に付いているようにビールのみのテイクアウト可能。カップも歩きながらビールが美味しく飲めるように新開発したものだそうです。

本日は・B.T.G.バーガーセット with クラフトビール ¥1,600、ビールは温度帯の違う6種類から選択可能。しっかりと味わえる10-12℃の・496 をお願いしました。 待つこと7分ほどで出来上がり。

コールスロー、ピクルス付き。

ハンバーガーはビーフ100%のパティ、トマト、レタス、チーズにバーベキューソースという王道スタイル。

パティも厚くなくさっぱり、バンズも柔らかで上品な仕上がりです。

初めて飲むスプリングバレーブルワリーのビール「496」。

しっかりとしたコクがありますが、キレもあり、最後は心地よい苦味で〆る美味しいビールでした。 直営店だけあり、美味しいビールが銀座としては低価格でいただけるので、仕事後に軽く1杯なんて使い方も有りですね。

コーヒーではなくビールを飲みながら銀ブラする光景が増えそうです。お洒落な空間なので、夜の方が雰囲気もより良くなり楽しそうですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「スプリングバレーブリュワリー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

トミーバハマさん-リゾート感 + ホスピタリティ/the 192th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、192日目。本日はアメリカのライフスタイルブランド“トミーバハマ銀座”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、中央通りから1本東側の通り沿い”ストラータ銀座”の1、2階です。
tom8
地下に中華料理の名店”筑紫楼”さん、1階にカメラの”ニコンプラザ”さんが入っている建物でございます。1階のバーは外から見えるのですが、2階が本格的なレストランということを最近知って早速行ってまいりました。

2階にもバースペースがあり(私の想像の)カリブ海っぽい香りがいたします。 基本的に洋服店で、2階も半分のスペースは洋服が展示してあります。
tom1
細長いレストランスペースは大きい窓から光が差し込み、非常に明るいです。 テーブルもゆとりを持って、設置されていて良いですね。

お昼はワンプレートランチがお得なよう。 6種類ほどあるメニューの中からコチラをお願いしました。

“グリルチキンバーガー セット” ¥1,300
tom3
スープ or サラダ、ポテトフライ、ドリンクが付くお得なセットです。

サイドメニューは、サラダを選んだのですが、何故かスープが。 お伝えするとサラダも別皿で持ってきてくれました。 「よろしければスープもどうぞ」ということで、ちょっとお得な気分です。 本日のスープは、”カボチャの冷製スープ”。優しい甘みが心地よい爽やかなお味でした。

メインの”グリルチキンバーガー”は、 こんがりと焼きを入れられた鶏胸肉の上にとろけたチェダーチーズとたっぷりのフライドオニオン。
tom4
美味しそうな見た目ですね。 中にはガーリックソースとスパイシーなソースがダブルで仕込まれており、食欲を刺激します。 さっぱりとしたお味に、カロカリのタマネギの食感、ソースの風味が心地よく、食べ応えも十分です。 手持ちでは難しそうでしたので、ナイフとフォークでいただきました。

せっかくですのでデザートもオーダー。

“パイナップル クリームブリュレ” ¥1,130
tom10
パイナップルが器のユニークなデザートです。

上からクリームブリュレ、パイナップルのコンポート、パイナップルの果実の3層構造。
tom7
スプーンでお上品にいただくのもよいですが、ここはナイフでザクザクと皮ごとカットして、かぶり付きです。 快楽的な甘みと大胆な食べ方で、リゾート気分を堪能できますね。1人で美味しく完食いたしましたが、2人〜4人でシェアがオススメです!

最後は大きいカップに入った美味しい”コーヒー”で。
tom6
ごちそうさまでした。

スタッフの方々も皆様明るく手際が良い。 バハマ(or ハワイ)的なリゾート感と、日本的なホスピタリティーが見事に融合しておりますね。 ゆったりできそうなボックス席は、ランチでも予約したほうがよいようです。 今度はモヒートを飲みに、お伺いいたします。

“トミーバハマ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
tom2

閉店)デイビット マイヤーズ カフェ|紳士服フロアの美しいハンバーガー/the 173th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、173日目です。本日は前回に引き続き「肉」ということで、銀座三越のレストランフロアではなく、何故か6階の紳士服フロアにある「デイビット マイヤーズ カフェ」にお伺いしました。

dav9

照明暗めなシックな店内。完全に分煙された喫煙席もございます。入口近くの席に付くと、売場から丸見えなのが気になる所ではありますね。

本日はお目当てのコチラをオーダーいたしました。

・フェイマス デイビッドバーガーとフレンチフライ ガーリクマヨネーズ ¥1,944
dav1
10分ほどで到着。 均整のとれた、なかなか理想的な美しい見た目でございます。テンション上がります!

上に乗っている光沢のあるバンズを外すと、綺麗に盛りつけられた盛り盛りのキャベツ。
dav4

ナイフでカットして、全体を一度に口に入れると何とも幸せ〜な感じ。
dav5
100%牛肉使用のミディアムレアに焼かれたパティの旨味を、ソースと玉ねぎが引き立てます。キャベツとの食感のコントラストも良いですね。ほんのりとチーズも入っており、非常に美味しいバランスとなっております。さっぱりとした上品な味付けも好みで、ほんのり甘くてカリカリなバンズも美味。それだけで食べても、そして冷めても美味しいです。

フレンチフライもしっかりとした歯ごたえで美味。 塩味が付いておりますので、マヨネーズ無しでもいけます。 こちらも冷めても美味しいですね。

続いてデザートもお願いしました。

・ラズベリーと黒糖のパフェ ¥1,080
dav6
ラズベリーアイス、ラズベリーソースの中には抹茶の白玉、クリームの下には黒糖のジュレ。 和洋折衷な雰囲気です。甘酸っぱさが際立つ大人なパフェです。一見ミスマッチな抹茶と黒糖が不思議な調和を見せております。また食べたくなってしまいそうな怪しいお味でございました。サイズも大きくなく、ハンバーガー後にも丁度良いですね。

最後は“ドリンクセット” +540の美味しいコーヒーで。
dav8
ごちそうさまでした。非常に美味しいハンバーガーでございました。またお伺いいたします。ハンバーガーという概念では、高価格ですが、味、場所などを考えると妥当では。紳士服フロアにあるのも隠れ家っぽい感じで良いのかもしれませんが、20時までの営業は残念です。レストランフロアにあって遅くまで営業していたら、月一で通いたくなる魅力的なお味でございました。

“デイビット マイヤーズ カフェ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。