THE R.C. ARMS 有楽町店|雰囲気の良いブリティッシュパブ/the 634h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」634日目、本日は2022年10月26日にオープンしたイギリス風パブ「THE R.C. ARMS 有楽町店 ザ アールシーアームス」にお伺いしました。

場所は有楽町駅、ビッグカメラ側「有楽町電気ビル」の1階。
THE R.C. ARMS 有楽町店
イギリス風の落ち着いた店内、席数100席以上と広々、イギリスの学生服っぽいコスチュームも素敵です。

なんとオープン記念で2022年11月16日までランチセットが¥1,000と非常にお得。THE R.C. ARMS 有楽町店
お得なメニューは平日は6種類、週末4種類とバリエーションも豊富です。

・サラダ、コンソメスープ
サラダ、コンソメスープ
シンプルなスープに、食感強めですが、苦味などのクセは少ないケールサラダ。カボチャの種などが入っているのがイギリスっぽいでしょうか。

・ジューシーチキンジャンバラヤ
ジューシーチキンジャンバラヤ
ほんのり辛味の効いた、エスニックなチャーハンっぽい感じ。上にどさっと乗ったチキンは柔らかで美味しいです。

本日のパスタ・サーモンとケールのレモンクリームパスタ
サーモンとケールのレモンクリームパスタ
サラダ同様のクセの無いケールが良いアクセント。こちらは非常にシンプルなお味です。

・特製ビーフバーガー
特製ビーフバーガー
牛肉100%のパティを使用したハンバーガー。ダイナミックな高さですが、ギュッと潰せばかぶりつけます。超スタンダードな構成ですが、食べ応えのあり美味しいハンバーガーでした。せっかくなので、デザートもオーダー。

・キャラメルバターアップルパイ ¥1,000
キャラメルバターアップルパイ
キャラメルバターでコンポートしたリンゴを使用したアップルパイ、上にバニラアイス。レモンソースを掛けて爽やかにいただけます。生地がサクサクの間違いのない美味しさでした。

最後は・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
コーヒー
セットのコーヒー、紅茶は嬉しいお代わり無料。通しで営業しているので、ランチ、ティータイム、レストラン、バーなど利用法色々、サービススタッフの方の雰囲気も良く、楽しくお酒が楽しめそうなレストランです。ごちそうさまでした!

「THE R.C. ARMS 有楽町店」について詳しくはインスタグラムをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座フィッシュバーガー NAGOMI|美と健康がコンセプトのヘルシーハンバーガー/the 619h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」619日目、本日のハンバーガー、2022年8月8日にオープンした「銀座フィッシュバーガー NAGOMI」にお伺いしました。

店名に銀座と付いていますが、住所は京橋、東京高速道路沿い「TM銀座ビル」の1階。
銀座フィッシュバーガー NAGOMI
2階にはスープカレーの名店「札幌ドミニカ銀座店」が入っているレンガ作りのビルです。

開放的な店内ですが、席数は少なめ、ハイテーブル数卓、奥にソファー席も有ります。
銀座フィッシュバーガー NAGOMI
東銀座の和食店「銀座すが家」がプロデュース、ハンバーガーでは珍しい「美と健康」がコンセプトだそうです。

日によって違うかと思いますが、本日は魚パティはサバ、エビ、サーモンの3種、バンズとタルタルソースも数種類から選択可能です。

まずは定番っぽい・サババーガー ¥880、ゴボウフライ ¥300 をお願いしました。
サババーガー、ゴボウフライ
バンズはグラハム(丸ごと引いた小麦)、タルタルソースは柴漬けを選択。もう1種選んだわさびタルタルは味変用に別添え。素揚げのように見えるゴボウも、量は少なめではありますが素材の味がしっかり感じられて美味。

最近よくあるサババーガーは、単純にサバフライを挟んだものが多いですが、こちらはすり身を使用し、見た目も綺麗。
サババーガー
パテは揚げているのではなく、焼いて仕上げています。柔らかい鯖味強めのパテに、力強い食感で香りの良いバンズ、柴漬けタルタルが良く合います。

・エビバーガー  ¥1,180 も追加。
エビバーガー
バンズはマルカルポーネ、タルタルはショウガを選択。こちらもすり身ではありますが、海老の甘み十分、大きい海老の身も入っておりプリプリした食感も楽しめます。甘くて柔らかいバンズ、ピリッとしたショウガタルタルとの相性も最適。2個注文したため贅沢感のあるトリュフマヨソースをサービスしていただきました。

一般的なハンバーガー店とは趣向が違うお店、食べ応えは弱めですが、丁寧に作っていることがわかる上質なフィッシュバーガーです。ごちそうさまでした。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ドムドムハンバーガー プラス|老舗洋食店「銀座スイス」とのコラボバーガーも/the 617h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」617日目、本日はハンバーガー、2022年7月16日にオープンしたドムドムバーガーの新業態「ドムドムハンバーガー プラス」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、中央通りの1本西側のガス灯通り沿い。

近所に移転したカツカレー発祥の洋食店「銀座スイス 本店」の跡地です。

店内は「銀座スイス」の時とほぼ同じ、入ってすぐ左側にカウンター席、奥にテーブル席数卓。席数はそれほど多くありません。

赤白チェックのテーブルクロスがレトロな洋食店風、店内にはキャラクターの「どむぞうくん」始め、象グッズが色々な所に飾られています。普通のドムドムバーガーよりもクオリティーも価格も高くなっています。

・和牛バーガー 山葵 ¥1,490

ドリンクは付きませんが、ポテトは付きます。ハンバーガーのサイズは思ったよりも小さめでしょうか。

具材はシンプルにトマト、レタス、玉ねぎ。バンズは米粉を使っており優しい甘み。

粗挽きのバンズは、お肉のゴリっとした食感を感じるも特徴的。ワサビソースが鼻にツンと来て涙が出そうになりましたが、美味しくいただきます。

・カツカレーバーガー ¥1,490(平日は¥200引き)

熟成三元豚の厚切りロースカツ(120g)に「銀座スイス」のカレーソースを付けたコラボハンバーガー。中に千切りキャベツも入っており銀座スイスのカツサンドを思い出しました。間違いなく美味しい組み合わせです。

価格はややお高く感じますが、スタッフの方々の対応も丁寧なのも良く、銀座はハンバーガー専門店が少ないので有りかも。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「ドムドムハンバーガー プラス」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

まぐろカツサンド専門店 幸也|やま幸の本マグロを手軽に/the 569th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」569日目、本日は珍しいマグロカツ専門店、2021年10月4日にオープンした「マグロカツ専門店 幸也(ゆきや)」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、「ギンザステップス」の1階。
ギンザステップスの1階
お祝いの花が沢山。テラス席があるので、そちらでいただくことができます。

「ギンザステップス」は花椿通り沿いの路地の奥にあり場所が分かりにくい。
まぐろカツサンド専門店 幸也
ニューコンパルビルのパン屋「ポンパドール」と「ローズギャラリー」の間の道の奥です。

・まぐろかつサンド、大葉とチーズ ¥1,400
まぐろかつサンド、大葉とチーズ
味付けは塩、しば漬けタルタル、ポン酢、ごまソースの4種から選べますので、タルタルを選択。かなりマグロのインパクトが強く、マグロ好きには嬉しいお味。大葉の香りとチーズとタルタルソースのコクが加わり美味。しば漬けと大葉で和風なテイストも良いです。

ちなみに使用しているマグロは、高級寿司店や和食店でよく使用されている鮪仲卸「やま幸」の国産天然本マグロのみ。
まぐろカツサンド専門店 幸也
今日のマグロは青森県大間産。続いてハンバーガーもいただきました。

・まぐろメンチかつバーガー ¥1,350
まぐろメンチかつバーガー
具はキャベツ、ごまソースとしば漬けタルタルソース。こちらはマグロカツではなくマグロの中落ち(骨の周りの身)、レンコン、大葉、ネギなどを合わせた特製マグロメンチカツ。あっさりしていながらもマグロの力強さが感じられ、レンコンの食感がアクセント。オーナーは女性なのですが、女性料理人らしい繊細さも感じられ、ふわふわのバンズも甘みがあって美味しいです。

ほとんどのメニューでテイクアウトも可能、情勢的に難しいですが、まぐろカレーの入ったホットサンドなど食べ歩きに向いたメニューもあり。ビーフやポークカツよりも後味がよく、ヘルシーなのも魅力ですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「まぐろカツサンド専門店 幸也」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
まぐろカツサンド専門店 幸也