レストランYAMAGATAさん-風格感じる老舗洋食店/the 155th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、155日目です。本日は大正13年創業の老舗洋食店“レストランYAMAGATA-ヤマガタ”さんにおうかがいしました。

場所は銀座8丁目、7丁目との間の花椿通り沿いにございます。
ya7
外堀通りを東に曲がってすぐのビル、プラザGSの2階です。

店内は小さくジャズが流れており、シックで落ち着いております。時代を感じさせる良い雰囲気ですね。
ya1

名物という“メンチカツ”をオーダーいたしました。まずはコチラから。

“ポテトサラダ”
ya2 
ちんまりと。シンプルだからこそ美味しいポテトサラダでございます。ポテサラ好きとしては、もう少し食べたくなります。続いてメイン。

“メンチカツ” ¥1000
ya3
見るからに美味しそうですね。衣はサクサク、食べてみると溢れる肉汁に驚き!

コンソメゼリーを混ぜており、揚げる時にそれがほどよく溶け出すからだそうです。ライスに乗せていただきます。肉汁がしみ込んだライスは、たまらなく美味しいのです。

中はほんの少し赤身がありしっとりとした風。
ya5
味が十分過ぎるほどついておりますので、ソースはかけません。マスタードをほんの少し付けながら食べるとバランス良く美味でございました。

別のメニューも食べてみなければということで、後日再訪いたしました。

“骨付きチキンのポトフ” ¥1,100
 ya8 
ゴロゴロとした具、大好きです。骨付きチキンが2つ、じゃがいも、人参、ブロッコリー。何だかワクワクします。メンチカツに注目しがちですが、こちらも美味。じっくり煮込まれてホロホロとした鶏肉が最高。

軟骨も美味しくいただけます。旨味がしみたスープに少しづつライスを浸しながらいただくと、これまた素敵なのです。

“ホットコーヒー” ¥350
 ya10
午後にぴったりの、濃厚なコーヒーでございました。“YAMAGATA”さん、しっかり目のお味がお好きなのかもしれません。

お値段はリーズナブルですが、非常に風格のあるお店でございます。夜も面白そうでございます。ごちそうさまでした。

“レストランYAMAGATA”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
ya6

マッテオさん-コリドー街のイタリアン/the 153th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、153日目です。本日は銀座7丁目コリドー街のイタリアンレストランの“ピッツェリア マッテオ-PIZZERIA Matteo”さんにおうかがいしました。

イエローを基調とした賑やかなエントランス。オリーブの木もイタリア気分を高めてくれます。
ma7

本日は2人でお伺いして“お得な週末ランチコース”¥2365をオーダーいたしました。前菜、好きなピッツァ又はスパゲッティを1種類、デザート、ドリンクのコースです。

“前菜4種”
 ma2 
生ハム、ジャガイモ、ムール貝とホタテ貝柱のワイン蒸し、イチジクとゴボウのマリネ。しっとりとしたイチジクとハードなゴボウのコントラストが鮮やかなマリネが印象的。

“アサリとズッキーニのジェノベーゼ” 単品¥1,436
 ma4 
アサリがどっさりで、ボリュームもたっぷり。バジルとニンニクの香りが刺激的で、オリーブオイルたっぷりの濃厚なスパゲッティです。かなりの満足感がございます。

“マルゲーリータ” 単品¥1,620
 ma3 
店名通り、窯焼きのピッツァがお勧めとのこと。トマトの赤、モッツァレラの白、バジルの緑がイタリア国旗っぽくてよいです。生地もナポリ風の厚いのと、ミラノ風の薄いのから選べます。今回は薄焼きでオーダー。グラナパダーノというチーズも使用しているそうです。

トマトとモッツァレラの相性は間違いなく、パリッとした生地も美味しいです。サイズはそこそこ大きめ。基本的にシンプルなお味のようです。

“ティラミス、パンナコッタ、ダブルベリーのシャーベット”
ma6
最後にデザート3種とは、なんとボリューミーなコースでしょうか。

最後は濃いコーヒーで。ごちそうさまでした。
 ma5 

店内も黄色基調で明るい雰囲気。天井も高く開放的でございます。
ma1

“マッテオ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
ma8

すし家|若大将の耽美なお鮨/the 152th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、152日目です。本日はお寿司でございます。場所は銀座6丁目、当店のすぐ近くにある“すし家-すしいえ”さんにお伺いしました。

場所がわかりにくいです。外堀通りの1本西側の通り付近にございます。稲庭うどんの“佐藤養助”さんの向かい、花屋さんの横の路地に入ります。
su19

突如洗われる犬矢来の付いた黒い外観が“すし家”さんです。

su21
“悠玄ビル”の1階。居酒屋、クラブが立ち並ぶ路地、突如現れる京町家風がとても不思議な感覚です。外には価格などは出ておりませんので、ドキドキしがら入店。

カウンター7席のみの店内。清々しい空間となっております。
su18

ランチは握り10貫¥4,860、14貫¥8,640の2種類ですが、本日は14貫を注文いたしました。 

・たい
su2

・こういか
su3
一般的なスリムなのではなく、丸みのあるフォルムのイカだそうです。すだちの仄かな香り。滑らかさが控えめで、もっちりとした歯ごたえが非常に美味。

・こはだ
su4
見た目も美しいです。もちろん美味。

・とろ
su5
良質な脂なのか、さっぱりといただけます。

・赤身 ヅケ
su6

・くるまえび
su7
茹でたものを、その場で捌いていただきます。気持ち安らぐ温もり。プリプリです。

・あじ
su8
上の緑は浅葱-あさつきをすり潰したもの。

・さんま
su9
さんまの癖が嫌味無く、存分に出ております。美味。

・ぶりの炙り
su10
ここで変化球。とろけます。

・いくら
su11
流石に鮮度は抜群。口の中で小さな火花が弾けます。

・うに
su12

・煮はまぐり
su13
弾力たっぷり。でも、口溶けさわやか。見た目は可愛くはございませんが、絶品!

・あなご
su14
シャリをあなごで横巻きにするのがユニーク。塩でいただきます。ボリュームはありますが、さっぱり感が素敵です。

・かんぴょう巻き
su15

・たまご
su17
口に入れてびっくり!ものすごくクリーミーでスィート。デザート感覚でいただける新感覚のたまごでした。

なお、最初にもずく酢、そしてお味噌汁が付きます。味はもちろん、お寿司の見た目が、食べるのがもったいないくらい、とても美しいと思いました。満足です。ごちそうさまでした。

大将は銀座のお鮨屋さんらしからぬ、とてもお若い方ということに驚き。真摯に鮨と向かい合っていらっしゃる感じがいたしました。未来に万歳。素敵です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
su20

閉店)中国膳房 黎花|元気増進、薬膳中華/the 150th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、150日目です。本日は薬膳中華の“中国膳房 黎花”にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、東銀座駅を下りてすぐ。歌舞伎座前の交差点にあるデュープレックス銀座タワー7階です。
ra1
1階は群馬県のアンテナショップ“ぐんまちゃん家”です。

窓が大きいため、明るく開放感のある気持ちのよい店内です。
ra6 
黄色が沢山使われており、いかにも元気が出そうな雰囲気です。

7階ですので、眺めも最高です!夜は夜景が奇麗なことでしょう。
ra7

本日はコチラをオーダーいたしました。

“海鮮あんかけチャーハン” ¥1,500
ra2
美味しそうです。海老、イカ、ホタテ、にんじん、赤ピーマン、チンゲンサイ、竹の子、きくらげ、ひらたけなどの滋養のある具材がたっぷり。

熱々なので最初は少しづつ口に運びます。梅酢がほんのりと効いて、さっぱりとした餡が具とご飯を上手にまとめております。チャーハンはパラパラで水分をよく飛ばしてあるため、あんがしみ込まず最後まで美味しくいただけます!

毎日元気スープとマンゴープリン付き。
ra4 ra5
白キクラゲ、クコの実、金針菜などが入った味も見た目も透明感のある薬膳スープ。食べているうちに体がポカポカしてきます。さっぱりとしたマンゴープリンも美味しいです。

続いてコチラ。

“麻辣麺 マンゴープリン付” ¥1,500
ra3
豚ひき肉とネギのトッピング。豊かな香辛料の冷徹な香りがスーッと鼻孔から侵入してきて気持ちがよいです。細い卵麺に、とうがらし、ゴマ、にんにくがバランス良く調合されたスープがよく絡みます。見た目は濃そうですが、それほど辛くなく、意外な程食べやすい。食べ進むうちに汗がどんどん出てきます。老廃物がどんどん排出されるようで良い気分です。

食欲がなくても、食が進む元気が出るお料理でした。ごちそうさまでした!

“中国膳房 黎花”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。