チーズ&ワイン 村瀬|体にも優しい自然派レストラン/the 526th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」526日目、緊急事態宣言が再発令され20時までしか営業できなくなってしまった飲食店、再びランチ営業を始められるお店も増えました。本日はそんなお店の1つ「チーズ&ワインレストラン 村瀬」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、ギンザシックスの裏側の通り沿い。
チーズ&ワイン 村瀬
ウナギ屋の名店「ひょうたん屋 銀座6丁目店」のお隣です。

広くない店内、入って右側がカウンター席、左側がテーブル席。
チーズ&ワイン 村瀬
店内にニュージーランドやオーストラリアの地図が飾られていますが、ニュージーランド、オーストラリアワインを豊富に取り揃えているから。ランチメニューはパスタ、カレー、グラタン、サラダなどが用意されています。

・ジャガイモのグラタン ドフィノア風(小)
ジャガイモのグラタン ドフィノア風
ランチタイム(12時〜16時まで)はグラタンが無料で付きます。ジャガイモのホクホク感が良いシンプルなグラタン。寒い季節に嬉しいです。

せっかくワインのお店なのでワインもいただきます。ニュージーランドワインの特徴は、自然の中で丁寧に作られたオーガニックなワイン作り。シェフソムリエの村瀬さんの説明からもニュージーランド愛が伝わります。その中からお勧めをいただきました。

・キムラ セラーズ/ソーヴィニヨン・ブラン2020 ¥1,300
キムラ セラーズ/ソーヴィニヨン・ブラン2020
日本からニュージーランドのマールボロ地方に移住した木村滋久さんが2009年に設立したセラーのもの。柑橘っぽいニュアンスで甘みの少なくキレが良い。味も美味しいですが、飲み口の良さ、体への優しさが感じられるのが素敵な白ワインでした。

・シーザーサラダ ¥1,500(w/o tax)
シーザーサラダ
ミモレット、ペコリーノ、グリュイエール、コンテ、パルミジャーノ レッジャーノの5種類のチーズを贅沢に使ったサラダ。グリュイエールとコンテ、卵を使ったソースタイプのドレッシングがとても美味しい。

・スパイシー チキン&野菜カレー ¥1,800
スパイシー チキン&野菜カレー
1時間炒めた玉ねぎ、14種類のスパイスを使い6時間煮込んだスパイスカレー。ご飯は雑穀米、野菜も沢山入って体にも良さそう。辛さはそれほどではありませんが、じわじわ体が温まります。

・自家製マスカルポーネアイス ¥600
自家製マスカルポーネアイス
初めて食べるタイプの滑らかでない、そして甘みがとても控えめなアイスですが、優しくて自然なチーズの美味しさを味わえます。上のココアパウダーの苦味が少しだけ入ったコーヒーリキュールと良く合います。

オーガニックが当たり前というニュージーランドを愛されているだけあり、料理も美味しいのはもちろんのこと、手作り感が有り、体にも優しくとても好みでした。単純にランチと考えるとお値段は高く感じますが、もともとディナー専門のレストランで手間をかけて作られていることを考えると満足感は十分得られます。またチーズを使った「ラクレット」など別のメニューもいただいてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「チーズ&ワインレストラン 村瀬」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店|絶品の限定ワイン「深穏2017」/the 502th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」502日目、本日はワインバー、2018年5月にオープンした「ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い。フレンチの名店「ラフィナージュ」などが入っている「GINZA-A5ビル」の1階、地下1階です。お店の入り口は奥にあります。
ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店
ケンソーエステイトはカプコン創業者、辻本憲三氏が設立したカリフォルニア、ナパのワイナリー。今年で開業10周年です。

こちらは1階カウンター席、地下1階フロアはカウンター席に個室もあるそう。
ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店
あまり装飾のない静やかな店内、ゆったりとした椅子は座り心地もとても良いです。

本日は最近始められた・土日祝日限定ランチコース ¥5,800(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・軽井沢花井農園より カボチャのパイ
軽井沢花井農園より カボチャのパイ
一口サイズの可愛いパイ、スイーツのような甘みの強いカボチャが美味。せっかくなのでワインもいただきます。

・あさつゆ asatsuyu 2019 ¥1,200
あさつゆ asatsuyu 2019
ケンソーエステイト定番の白ワイン。すっきりとした酸味、果実味もしっかりと感じられ爽快なお味。

・手毬海老、アワビ、冬瓜、新レンコンと梅餡
手毬海老、アワビ、冬瓜、新レンコンと梅餡
暑い時期にぴったりの冷製な一品。夏は梅など酸っぱいものが食べたくなります。

・信州和牛ミスジのグリル、黒胡椒のソース
信州和牛ミスジのグリル、黒胡椒のソース
噛むほどに旨味のある赤身肉。定番の赤ワイン「紫鈴 rindo」のワイン塩が添えられているのも特別感有ります。

・深穏 shinon 2017 ¥2,600
深穏 shinon 2017
北カリフォルニアで大きな山火事があった2017年醸造、1ビンテージ限りの限定ワインをいただきました。絶品でした。21種のワインをブレンドし、フレンチオークの旧樽で26ヶ月熟成させたもの。軽やかな飲み心地でありながら、深みのある味わい、後にスパイスを感じる余韻も楽しめ、どんな料理にも寄り添うことができそうな素敵な赤ワインでした。

・麹ボロネーゼ
麹ボロネーゼ
上にはサマートリュフ、インパクトの強い麹と濃厚なソースが意外な相性の良さ。パスタの食感もばっちりです。美味。

・塩ジェラート
塩ジェラート
グリーンキュラソーで色付け、ミネラルも補給でき、夏に嬉しいジェラートです。

料理はイタリアンっぽいですが、フレンチベースだそう。日本料理の要素もミックスしてケンゾーエステイトのワインとの相性も抜群。ワインがメインのお店ですが、直営店だけあり、リーズナブルな価格で色々なワインが楽しめるが嬉しいです。ちなみに「深穏 shinon 2017」はボトル(750ml)で購入すると¥20,000、銀座うかい亭でもグラスで提供しているそうですが120mlで¥7,700!だそう。お得ですね。ごちそうさまでした!

「ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 時喰み|日本料理の名店の味を楽しくカジュアルに/the 426th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」426日目、本日は2019年4月にオープンした和食とワインを楽しむカジュアルレストラン「時喰み-ときはみ」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、昭和通り近く鈴木ビルの2階。炭火焼きイタリアンの名店「ジジーノ」のテントが目印です。

すぐ近くにある和食の名店「徳うち山」、そして銀座5丁目に昨年オープンした「銀座くどう」の系列店です。朝4時まで営業しており、料理人が仕事帰りに立ち寄るのに便利なのはもちろん、近隣住民にも大変嬉しいです。現在「銀座くどう」で腕を振るっていらっしゃるオーナーの工藤シェフが自分が仕事後立ち寄るために開店したという噂も。

雑居ビルの2階ですが、明るい店内はカウンター5席にテーブル席2卓。

余白が十分にあるため席数は少ないですが狭からず広からずの落ち着くのに丁度良い広さです。色々お願いしてみました。

お通し・焼きゴマ豆腐 ¥600(22時以降は¥1,000)

うち山系の定番の一品。熱々ですが、気にせずいただきます。外はパリッと、中はフワッと、香り良いゴマだれも美味しいです。

・山菜のおひたし ¥800

山菜はコゴミ、ウルイ、アイコの3種。エグみなどは全くなくごく爽やか。優しいお出汁も美味しいので飲み干します。

・カニクリームコロッケ ¥700

たっぷりとした食べ応えのあるサイズ感が良いです。カニも沢山入っており、価格とのバランス良くカジュアルに仕上げられています。何もつけずに、美味。

・マダイの煮付け ¥1,000、・サワラの山椒焼き ¥1,200

魚料理2品も食いしん坊には嬉しいサイズ。2人で食べるのを想定していますが、これくらいが丁度良いです。どちらもふっくらとした火入れの料理屋仕様。続いてご飯もの。

1人前でも「銀座くどう」で使用しているものと同じ土鍋で炊き上げていただけます。

お米は山形県のつや姫、名前通りのつやつや感です。

・炊き立て白米の海老出汁カレー ¥1,600 + 海老フライ乗せ ¥1,200

白米のベッドの上には艶さえ漂う特大プリプリ海老フライ。系列店で沢山出る色んなエビの出汁が充実した具なしカレー。脂感は全くなく夜中に食べても胃もたれの心配はなしですが、なんとルーはお代わり可能という潔さ。さらにご飯もの2連発。

・痛風飯

キャビア、カラスミ、いくら、生うにと魚卵系食材てんこもりプリン体たっぷりの恐ろしい丼です。その気がある方はご用心ください。自己責任でございます。

・蔵王牛サーロイン飯 卵黄のっけ

こちらはもう間違いありません。最高です。卵と牛肉、卵と米、牛肉と米、全てが抜群に調和いたします。お米も美味しいのでいくらでも食べられますが、残念ながらご飯完食。

デザートは徳うち山名物の・黒糖プリン ¥600

上質感のある麗しい甘さで大満足でした。

お酒はビール、日本酒1種類ずつにワインは色々な取り揃え。ソムリエの方のセレクトも素晴らしく料理とのペアリングも楽しめます。基本は料理人、ソムリエのお二人で切り盛りされているようですが、丁度良い丁寧さ、丁度良いフレンドリーさ、数人でも、そして1人でも十分楽しめるとても素敵なお店です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

キュイジーヌ ヤマグチ|銀座でボニュ河島シェフコラボディナー/the 425th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」425日目、本日は炭火焼きと酒ワインレストラン「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目ソニー通り沿いの絵に描いたような雑居ビル「ニューギンザビル8号館」の3階です。

通常はシェフ兼ソムリエの山口氏の作る炭火焼き料理と日本酒ワインのペアリングのお店として営業されているのですが、本日は代々木の名店「ボニュ」の河島シェフとのコラボレーション特別ディナーです。

雑居ビル3階にある隠れ家レストラン、落ち着いた店内はカウンター8席のみ。集まった皆で乾杯してから不思議な料理がスタート。まずはこちらから。

・レタスサラダ

銀座三越で購入ということ以外、普通のレタスです。ただ葉の間にユリの蜂蜜とワインビネガーのジュレを浸透させているという凄技。写真では単にレタスですが、これが大変に美味しい。こちらのレタスに象徴されるように、続く料理も全く写真映えはしませんが、、、超絶料理が続きます。

続いての食材は目の前で軽く炭火焼き。調理過程は映えるのです。

香りもたまりません。

・土佐あか牛イチボのタルタル

牛の脂でコーティングされておりお肉の甘みがたっぷり。メインは同じあか牛のイチボの塊を焼いたものが登場するということで期待が高まります。

そして目の前では特大の鮎が炭火で焼かれていきます。

・フォアグラ ポテトフライ

じゃがバターです。ポテトフライも手間と時間をかけて仕上げられておりサクサクホクホクで絶品です。そして上に乗ったものは絶品の白トリュフバター。最高です。

・パスタ

蕎麦のような、ゴマソースを纏っているように見えるシンプルなパスタですが、なんと色の正体はキャビア。大胆にも全て潰してペーストにしてしまうという衝撃的な光景に歓声(悲鳴?)が上がりました。脳の奥まで響くキャビアの濃厚かつラグジュアリーなお味、絶品です。

そして良い感じに焼きあがった鮎。

このまま食べても美味しいと思うのですが、またしても今まで見たことのない衝撃的な光景が。。。今回は完全に悲鳴です!

こうなって、

大胆な行動に及ぶ前の楽しそうなボニュ河島シェフ。

こうなりました。。。

ゴボウのポタージュにしか見えませんが・鮎のビスクです。食べてみると肝の苦味もしっかり感じられ、形こそありませんが、鮎の凝縮した本質を食べているようです。凄い。

続いての食材は低温でじっくりと揚げられていたこちらは、本日一番感動した料理。

・ホワイトアスパラ

干からびたようにしか見えませんが、実際その通り。揚げ物は外サク、中はジューシーで瑞々しく水分を素材に残すように揚げるのがベストなので、全く逆の発想。水分を抜き、旨味だけを残した状態です。今まで体験したことのない、ものすごい甘み、そして心地よい苦味、こんなアスパラガスは今まで初めていただきました。絶品。

続いてはメインの肉料理。

真っ黒々で心配になりますが、もちろん大丈夫です。

・土佐あか牛のイチボ

通称「ボニュ焼き」という6時間かけて焼き上げるステーキは、外は黒いですが美しい断面。下には極シンプルなソースが敷かれています。ナイフを入れても肉汁は全く出ませんが、不思議なことに噛むほどに美味しいエキスが口の中に広がります。

・お米のリゾット

リゾットなのでお米は当たり前なのですが、材料は米、米油、塩、水のみ。アルデンテ食感で味もしっかり。何故こんなに美味しいものができるのか驚愕。

最後のデザートは・ミルクセーキ

甘露。何気にこちらもの凄く美味しいのです。基本はイタリアンだそうですが、河島シェフの料理としか言いようのない絶品料理の数々、ここにも天才シェフがまた1人。オリジナリティ溢れる素晴らしい料理に参加者全員、大満足でした。

ちなみに「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」の山口シェフ兼ソムリエは脱サラして飲食業界に飛び込み、2017年にこちらのお店をオープン。勇気凛々、気のいい男前な性格で誰もが応援したくなる方。隣の知らない方ともすぐに友達になれるような和気藹々とした楽しいレストランです。

ちなみに通常の山口シェフの料理はこんな感じです。

「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」について詳しくは一休をご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。