鉄板焼 ステーキ 集 銀座|元気の出る牛肉ランチ/the 499th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」499日目、本日は鉄板焼きです。2019年6月にオープンした「鉄板焼 ステーキ 集(しゅう) 銀座」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、外堀通りの1本東側の通り沿い「コルティーレ銀座4ビル」の地下1階。
コルティーレ銀座4ビルの地下1階
名古屋に3店舗ある鉄板焼き店が銀座に進出とのこと。コロナの影響による休業開けランチ営業を開始されました。

程よく高級感のある落ち着いたカウンター席、個室(鉄板カウンター設置)も拝見させていただきましたが、シャンデリアなどもあり銀座らしいゴージャスな雰囲気でした。
鉄板焼 ステーキ 集 銀座
壁にボトルが並んでいますがワインの品揃えも魅力だそうです。ランチは¥4,000からありますが、本日は・黒毛和牛フィレステーキランチA ¥9,000(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・タコの柔らか煮、冬瓜
タコの柔らか煮、冬瓜
味もよく染みた、本当に柔らかいタコ、冬瓜が美味しい夏がやってきました。

・じゃがいもの冷製スープ、コンソメジュレ
じゃがいもの冷製スープ、コンソメジュレ
暑い日に嬉しい涼やかなお味のスープ。

今日の鉄板焼きの食材。
飛騨牛ヒレ肉、スズキ、野菜
この状態から、出来上がるまでの過程を余さず目の前で見られるのも鉄板焼きの楽しい点です。

・スズキ、ズッキーニ、アスパラガス
スズキ、ズッキーニ、アスパラガス
夏が旬のスズキは爽やかなクリームソースで。こんがりした皮部分も美味。

・自家農園野菜のサラダ
自家農園野菜のサラダ
ユズ味噌ドレッシング、パルメザンチーズ。とても新鮮です。

目の前では華やかなフランベで美しい炎が上がります。
フランベ
程なく出来上がり。

・黒毛和牛フィレステーキ80g
黒毛和牛フィレステーキ80g
神戸牛メインのお店なのですが、今日は飛騨牛のヒレ肉。レンコン、ナス、ニンニクチップももの凄く美味しそうです。

ほんのり赤身のある断面。歯がなくても食べられる柔らかさで、甘みも十分です。最高。
黒毛和牛フィレステーキ80g
お肉は塩ワサビで、野菜は醤油と自家製もろみ唐辛子で。もろみを使った自家製薬味が絶品でお酒のアテにも良さそうです。

最後の〆も鉄板で調理していただけます。
ガーリックライス

・ガーリックライス +¥500
ガーリックライス
とろろ昆布の赤出汁付き。ガーリックライスも特徴があって柴漬けヒジキと一緒に調理されています。柴漬けの酸味が軽やかな和風で、とても美味しいご飯でした。

・自家製オレンジシャーベット、シャインマスカット
オレンジシャーベット、シャインマスカット
最後は爽やかなデザートで。そして一緒に出していただた美味しそうな緑の粒はブレスケアでした。心遣いがとても嬉しいです。

暑い夏、牛肉やニンニクはとても元気が出ます。鉄板焼きの魅力の1つはシェフとお話しながら目の前で調理していただけることだと思うのですが、担当していただいた山内シェフは手際の良さはもちろん、お話も興味深く、楽しいランチタイムを過ごさせていただきました。ごちそうさまでした!

「鉄板焼 ステーキ 集 銀座」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

レストラン予約サイト「一休」からも予約可能です。お盆期間も休まず営業されるそうなので、ちょっと贅沢な銀座ランチにいかがでしょうか。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 鉄板焼 かいか|肉感たっぷりのハンバーグランチ/the 472th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」472日目、本日はハンバーグです。銀座6丁目、バーニーズニューヨークが入っている交詢ビルの4階にある鉄板焼き店「かいか」にお伺いしました。

落ち着いた店内は和室のような感じもする不思議な雰囲気。個室もありますが、鉄板焼きの醍醐味を味わえるカウンター席が良いです。
かいか
ステーキコースもありますが、平日ランチ限定の・黒毛和牛のハンバーグランチ ¥3,000(サ別10%、w/o tax)をお願いしました。

・ホタルイカの沖漬け
ホタルイカの沖漬け
ホタルイカが出てくると春の気分が強くなります。独特の風味が良いです。

・寒ブリ刺身、壬生菜のお浸し
寒ブリ刺身、壬生菜のお浸し
寒ブリは砂ずりというお腹の部分で脂が乗っています。上のオレンジはポン酢ジュレ、しつこさはなくとても美味しいお刺身でした。肉メインのお店で素敵な魚に出会えると得した気分に。

その間にハンバーグも焼き始めます。
黒毛和牛ハンバーグステーキ200g
ハンバーグはもちろん、太くてツヤの良いもやしも美味しそうで、期待が高まります。

・サラダ
サラダ
上にはとびっこ、ハンバーグのソースはポン酢、ゴマだれ、わさび醤油に塩胡椒。

・黒毛和牛ハンバーグステーキ200g
黒毛和牛ハンバーグステーキ200g
切れ端とは言え、素晴らしいお肉には間違いありませんから、旨味があり肉々しいハンバーグです。味もしっかり感じられますから、山葵と塩胡椒でいただきました。野菜は紅芯大根、インゲン、山芋とろろを焼いたもの。もやしもシャッキシャキで美味。

ハンバーグを食べている間に〆を作っていただきます。
ガーリックライス
左端に少しだけよけて置いてあるご飯がポイントです。

・ガーリックライス +¥600
ガーリックライス
アオサの味噌汁、お新香付き。上に乗っているのは先ほどよけたあったご飯で作った青海苔の入ってスナック感覚のお焦げです。程よいニンニクの香り、ご飯の固さもベストです。

・デザートセット ガトーショコラ、コーヒー +¥1,000
デザートセット ガトーショコラ、コーヒー
しっとり食感で甘さ控えめです。最後は美味しいコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

やはり肉料理店の作るハンバーグは美味しいです。レベルの高い前菜も2品あり、この価格はリーズナブルなのではないでしょうか。余談ですが、同フロアにある高級とんかつ店「かつぜん」が閉店していたのには驚きました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「鉄板焼 かいか」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

鉄板焼 しろや 銀座亭|親近感も素敵な鉄板焼きランチ/the 397th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」397日目、本日は鉄板焼き、 10月17日にオープンした「鉄板焼 しろや 銀座亭」にランチにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い、とても細長く見える新築ビル「GINZA A-5」の3階。

先日ご紹介したフレンチ「ラフィナージュ」「GINZA 豉 KUKI」が入っている新築ビルです。

銀座の鉄板焼き店らしい高級感のある店内にカウンターが3つ。テーブル席はありません。

2つはL字型の大理石カウンター、奥の個室風の「はなれ」は和食店のような木の直線カウンターとより特別感のある雰囲気です。

本日は一番リーズナブルなランチコース・結 Yui ¥3,800(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・いろどりサラダ

新鮮野菜たっぷりの綺麗なサラダ、ゴマドレッシングもさっぱり。

続いて目の前の鉄板でお肉と野菜を焼いていただきます。

シェフ、サービスの方、皆様フレンドリーでとても楽しい雰囲気なので、お話も弾みます。こういった距離感の近いお店では親しみやすさはとても重要です。手際良く焼いていただき10分ほどで出来上がり。

・北海道黒毛和牛 肩三角 120g、シルキークィーン、ビーツ、ロメインレタス

肩三角は食感の良い赤身肉(写真は半量)、脂肪分が少なめで個人的にはサーロインより好きかも。旨味も感じられる美味しいお肉、120gあると食べ応えも十分です。お肉が冷めないように半分ずつ提供してくれる気配りも嬉しいです。そして薬味のカンボジアの塩漬け胡椒が良い。それだけで食べても優しい味わいで酒のアテにもなりそうな美味しさです。

・ご飯、赤だし、お新香

ライスはお代わり無料。お肉が美味しいとご飯も自然と進んでしまいます。

最後は・バニラアイスと美味しい・コーヒーをいただいてゆっくりさせていただきました。

シェフ、サービスの皆様、本当に親切で大変楽しいランチタイムでした。また北さつま牛、松坂牛などランクの高いお肉もいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「鉄板焼 しろや 銀座亭」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 五明|武家屋敷でいただく秋田牛の鉄板焼き/the 356th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」356日目、本日は鉄板焼きです。

銀座6丁目、数奇屋通り沿いに2年前にオープンした秋田牛専門の鉄板焼店「銀座 五明」さん。

ランチを始められたとの情報を得て早速お伺いいたしました。 ランチでも夜のコースをいただけますが、本日は・ランチ限定コース ¥10,000(サ別10%, w/o tax)を事前に予約させていただきました。

お店はビルの地下、まずは店内の威厳のある雰囲気が凄い。オープンして間もないとは思えない漂う風格は、秋田の武家屋敷を移築したからだそうです。やはり本物の持つ深みは格別で、かなりの見ごたえです。

個室も沢山ありますが、美しい鉄板カウンターでいただきます。まずはこちらから。

前菜・有機野菜のサラダ

ホワイトアスパラ、山菜、ホタルイカ、そば粉のガレットなど盛り付けも綺麗な春の風景。

その間に鉄板の上では早くもお肉が焼かれていきます。極厚のお肉は、前菜のタイミングから低音で火入れし、旨味を閉じ込めていきます。こちらは少し火を入れた状態です。

ランチのお肉はフィレ80g or サーロイン100g なのですが、1人でいらっしゃっていたお客様がシャトーブリアンを指定していたため、幸運にもご相伴に与ることができました!奥の黄色い物体はオリジナルのエスカルゴバター。

鮮魚の鉄板焼き・アカマス、ホタテ、木の子

季節の食材はやはり旨味たっぷり。香り高いエスカルゴバターが美味しさをさらに向上。

自分のために美味しく焼きあがっていくお肉を見られるの鉄板焼きの醍醐味です。

シェフと楽しくお話ししているうちに出来上がります。

・秋田牛シャトーブリアン80g

薬味は安藤醸造の10年物のさいしこみ醤油、オレンジで味付けした大根おろし、塩、ワサビの4種。 柔らかいお肉を想像していたのですが、思ったより歯ごたえ有り。中に閉じ込めらえた上質な肉汁は至福ですね。シンプルに塩とワサビが一番好み。

最後のお楽しみは「みほうまれ」の白飯。

「みほうまれ」は、あきたこまちの中から厳選された最上級米。

・白神山水で炊いた「みほうまれ」土鍋ご飯、味噌汁、がっこ

甘みがある大変美味しいお米でした。 素朴なお味噌汁、べったら、いぶりがっこ、チョロギも温かみのある気分です。

・ブランマンジェ フルーツ添え

最後のデザートもしっかり美味しいです。バナナ、イチゴなど使用されているフルーツも全て有機栽培のもの。こだわりが嬉しいですね。

「銀座 五明」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

シェフ、ホールの方も丁寧かつ親しみのあるサービスで、銀座にいるのを忘れるような静穏で安らかな雰囲気の中でいただく美味しいお肉は格別です。秋田と食材への愛情とこだわりが伝わるお店です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。