サラマンジェさん-ビストロでエッグ・ベネディクト/the 135th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、135日目です。本日はビストロフレンチです。“サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ-Salle a manger de Hisashi WAKISAKA”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目のコリドー街から1本東の道沿い、TAKAYA-GINZAビルの地下1階でございます。
sal8
エレベータを下りるとすぐにお店でございます。

ランチは“バヴェットのステーキ”と“エッグ・ベネディクト”のセット2種類で、どちらも ¥1,500です。本日はエッグ・ベネディクトをオーダーいたしました。まずは、こちらから。

“ポタージュ ボヌ・ファム”
sal1
タマネギ、ネギ、ジャガイモなど野菜の出汁がたっぷり入ったマイルドなコンソメスープ。上質な家庭的なお味でございます。

“エッグ・ベネディクト ベーコン&サーモンマリネ”
sal2
最近話題らしいエッグ・ベネディクト。ほどよく甘いイングリッシュ・マフィンの上に具、ポーチドエッグ、オランデーズソースが乗っております。初食。まるっとした見た目が素敵です。また、付け合わせは、美味しいバルサミコ酢を使ったサラダです。

sal3
ナイフを入れると黄身がとろり。美味しいです!肝はやはり全てをまとめる一番上のソースでしょうか。バターが豊かに香り、滑らかで口当たりがとても良いようです。それぞれ違った個性のある中身の柔らかなサーモン、カリカリのベーコンも良い感じ。美味しいです。

“クレメダンジュ” +¥600
sal4
フワフワのクリームチーズケーキです。見た目と裏腹に甘さ控えめです。マンゴーとキウイフルーツのソースも美味。ボリュームもございますが、食べよいお味です。デザートとコーヒーセットは追加料金ですが、甘いものが好きならお得でしょう。満足です。ごちそうさまです。

最後はコーヒーで。
sal5
こちらも香ばしくて良い。〆は重要です。ちなみに、デザート無しのコーヒーのみは+¥200です。

チェックのテーブルクロスが可愛い、親しみやすく明るい店内です。
sal6
次回は、ビストロの雰囲気を味わいに夜お伺いしてみたいと思います。

“サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
sal7


和の菜彩 さとうさん-魚にこだわり/the 134th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、134日目です。本日は和食です。銀座では希少なお魚定食が食べられるお店“和の菜彩 さとう”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目コリドー街、第26ポールスタービルの3階でございます。
sa10
“梅丘寿司の美登利”さんの向かいでございます。エレベーターで3階に上がり、奥まで行きましょう。料理人の佐藤氏が笑顔で出迎えてくれます。

本日は“鯛の焼き魚定食” ¥1,100を注文いたしました。魚の種類が豊富で、何種類かから選べます。鯛も2種類の部位から選ぶことができました。待っている間にコチラを試食させていただきました。

sa3
何と、鱧(ハモ)の浮き袋です!なかなか出回らない部分だそうです。たまたま鱧(ハモ)コースを予約していた方がいらっしゃるそうで、恩恵に与ることができました。お酢でいただきます。初体験のコリコリと、そしてプリプリとした食感が素敵です。珍味ですね。

“ポテトサラダ”
sa2  
ポテトサラダはシンプルが美味しいです。家庭的なお味。

“焼き魚 鯛”
sa5
甘いです。鯛の淡白な美味しさが存分に生かされております。醤油をかけずに、カボスと大根おろしだけで美味しくいただけます。優しいお味でした。

“お味噌汁”
sa6 
味噌汁も魚のあらが入っているのが素晴らしいですね。生臭さも全くございません。

“お刺身 ハモ、カツオ、タコ、マグロ” +¥600
sa4
追加でこちらも注文。ハモに梅肉は間違いございませんね。初カツオもあっさりとしており美味。鮮度良く美味しいです。

sa7
骨せんべいもサービスしていただきました。脂っこくなく素晴らしい歯ごたえです。さらにデザートが付きます。本日はサクランボとブドウでした。素晴らしいコストパフォーマンスです。心のこもった丁寧なお料理でございました。ごちそうさまでした。

細長い店内。手前はカウンター、奥は座敷です。肩肘を張らずに、くつろげます。
sa1

“さとう”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


鰻菜詩さん-蒲&白焼を同時に/the 133th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、133日目です。本日は暑い季節に食べたくなる“鰻”です。“鰻菜詩-うなしー”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、銀座テーラービルの地下1階でございます。
una7
並木通り沿い、三笠会館さんのお隣のビルでございます。

うな重を注文しましたが、提供されるまでコチラでつなぎます。

“鰻の骨せんべい” ¥520
una2
定番の骨せんべい。お好みでレモンをかけて頂きます。カリカリとした歯ごたえは気持ちよいです。塩気が効いております。

“炭火 鰻肝焼串” ¥720
una3
臭み、えぐみが全くなく、とてもあっさりとした肝焼きです。続いてメイン。

“鰻菜詩重” ¥3,500
una4
浜名湖産鰻の白焼きと蒲焼きを同時に味わえる自慢のメニューのようです。何だか贅沢な気分です。白焼きはもちろん、蒲焼きも、さっぱりとした淡白な味つけです。美味しいです。

una5
肝吸い、お新香、グレープフルーツ付きでございます。ごちそうさまでした!

鰻屋っぽくない店内。左側はガラス張りのオープンキッチン。地下2階には個室もございます。6月27日で開店して丁度2年だそうです。おめでとうございます。
una1

“鰻菜詩”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
una6


鳥ぎん 本店さん-釜飯焼鳥 素敵なセット/the 132th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、132日目です。本日は“鶏”です。銀座のお隣の築地は魚介類だけに目が行きがちですが、実は鶏も美味しいのです。築地の卵焼きは有名ですよね。というわけで、銀座も鶏料理屋さんが沢山ございます。

昭和28年創業の老舗“鳥ぎん”さんにお伺いしました。場所は銀座5丁目西五番街(ショコラストリート)付近の路地にございます。
tori5
ピエールマルコリーニさんとタルボットさんの間を入ります。

ニューギンザビル6号館の地下1階。
tori4
向かいには姉妹店?の“ニュー鳥ぎん”さんがございます。

本日はこちらを注文しました。

“とり丼” ¥750
tori1
塩気がやや強めの昆布の佃煮が乗っております。醤油ベースのタレで品の良い鶏肉の淡白さを生かした味付けです。佃煮が良いアクセントになります。

tori2
お新香、きんぴらごぼう、鳥スープ付き。スープが美味しいです!

食べ終わり、周りを見てみると釜飯を召し上がっている方がほとんど。とり丼まっしぐらで訪問したのですが、釜飯が名物でした。というわけで次の日お伺いしました。

平日の2時まで注文できるサービスランチ“釜めし焼鳥セット”を注文しました。好きな釜飯にプラス¥440で焼とり3本が付きます。

カウンターに座ると料理人さんが隙のない手付きで鳥を焼いていく身のこなしを楽しめます。炭は和歌山紀州産備長炭を使用しているそうです。
tori7

“焼鳥、ねきま焼、はさみ焼” ¥440
tori6
定番の3種類のセットです。老舗らしい、これぞ焼鳥というお味。美味しいです。周りを見回すとビール、日本酒で楽しんでいる方多数。羨ましいです。

15分ほどで釜めしが提供されます。
tori8

“貝柱釜めし” ¥990
tori9
開けた瞬間、海の香りが広がります。貝柱好きにはたまらない非常にあっさりとした清廉なお味。美味しいです。1つ残念だったのは、薄味なせいかお焦げができなかったことでしょうか。美味しかったです!ごちそうさまでした。

通しで営業していることもあり、いつも賑わっております。
tori3

“鳥ぎん”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


MIKITAさん-パスタ盛り合わせが美味しい/the 131th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、131日目です。お伺いしたのは当店の斜め向かいにあるイタリアン“MIKITA-ミキータ”さんです。以前はアマトクッチーナというお店でしたが、いつの間にやら名前が変わっておりました。

場所は銀座6丁目外堀通り沿い、銀座美術館ビルの2階。ゴージャスなシャンデリアがお出迎えです。
mi9
長崎チャンポンのリンガーハットさんが1階のビルでございます。

ランチはA ¥1,000、B ¥1,480、C ¥2,800の3種類。¥2,800のコースをオーダーしたところ、予約のみとの返答。メニュー(外の看板にも)のどこにも予約とは書いていないので、疑問に思いつつも¥1,480のコースをオーダーいたしました。まずはコチラから。

“鶏胸肉のマスタード和え”
 mi2
鶏肉も癖が無くあっさりとしております。一工夫が嬉しいですね。

“パスタとマカロニの盛り合わせ”
mi4
こちらはボリュームたっぷでお得感がございます。

“桜えびのクリームソース”
mi6
やや濃いめでフレンチ的な味付けで食べ応え十分。ショートパスタよりマカロニと呼ぶのが好きです。

“ 的鯛(まとうだい)とトビコのパスタ”
 mi5
飛び魚の卵、トビコ。大好きです。本日のパスタを聞いた瞬間、ガッツポーズ。プチプチとした食感がたまりません。的鯛もあまり食べる機会がないお魚です。こちらはあっさりしており、マカロニとのバランスが良いようです。

“パンナコッタのココナッツソースがけ”
mi7
久々に出会ったパンナコッタ。小学生の時に流行しましたね。懐かしいです。生クリームを沢山使用しているため、やはり濃厚です。少しで満足です。

最後はコーヒーで。
mi8
全体的にしっかりとした味付けで、満腹感はございます。ごちそうさまでした。

光が差し込む明るい店内。個室もいくつかあるようです。
mi1
ちなみに店名の“MIKITA”はオーナーの北見シェフを逆から読んだものだそうです。また、当店取扱いのベルリンのアイウェアブランドMYKITAとの繋がりはございません。

“MIKITA-ミキータ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。