銀座スカイラウンジ|伝統メニューのボンファム・マロンシャンテリー/the 413h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」413日目、本日はフレンチです。有楽町「交通会館」最上階のレストラン「銀座スカイラウンジ」にお伺いしました。

1920年創業、丸の内が本店の「東京會舘」の系列店です。外堀通りから見たところですが、一番上の円柱状の部分がレストランとなっています。

離れて見ているとわかりませんが、80分かけて1回転いたします!

14階でエレベーターを降りて階段で15階へ。

階段途中にある鏡や照明などもとても素敵。 サンミ高松や三笠会館と同じ香りを感じさせるレトロなムードです。

回転部の周辺部がテーブル席になっており、ここが回ります。

外から見ているとわからないですが、実際に席に座ってみるとけっこう回っています! 最初は変な気分、たまにガタガタ揺れたりもしますので、極度に乗り物に弱い方は大変かもしれません。普段見られない銀座のビルの屋上や東京駅まで綺麗に見渡せてとても楽しいです。

せっかくなので伝統メニューを中心にオーダー。食事メニューはカレー、オムライス、ハンバーグなど色々ありますが本日は看板メニューの・舌平目の洋酒蒸 ボンファム(ハーフ) ¥3,800(サ別10%)をお願いしました。

まずはオードヴルサラダ・ワカサギのマリネ、ニンジンサラダ

綺麗な盛り付け。パンが付きますが、お代わり無料です。

・舌平目の洋酒蒸 ボンファム(ハーフ)

焦げ目の付いた美味しいそうなグラタンっぽいビジュアルで、皿は深めなのかと思ったら浅め。バターの香りがとても良いです。

純クラシックな料理なので、重いソースをイメージしたのですが、思ったより軽やか。

シタビラメ自体は弱いのですが、白ワインの程よい酸味、魚の出汁の旨みを感じるソースがとても美味しい。残ったソースはパンに付けて1滴残さずいただきました。

デザートは2月限定の・マロンシャンテリー ショコラ ¥980 をオーダー。

定番のマロンシャンテリーは生クリームを使った白色です。写真で見ると大きく見えたのですが、実物は程よいサイズで安心。 まったりとしたチョコマロンクリームの中には裏ごしした栗がたっぷりで栗好きには嬉しいデザート。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

ボンファムが美味しかったですし、何より1965年に開業した回転レストランが今もなお元気に回転していることに感動いたしました。 カレーなども気になりますので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座スカイラウンジ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です