たこ八 & ふくよしさん-銀座でたこ焼き/the 229th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”229日目、本日は銀座の美味しいたこ焼き店2つをご紹介いたします。

まずはコリドー街近くにあるたこ焼き店”たこ八”さん。
tako9

L字型のカウンターだけのおじんまりしたお店です。
tako1
開店直後の18時にお伺いしました。最初は1人でしたが、帰る頃にはほぼ満席となっていました。こちらは夜だけの営業です。

たこ焼きが出来上がるまで20分ほど。待ち時間におでんをお願いしてみました。 何にも食べ物がない時に、おでんが目の前にあったら絶対食べたくなるでしょう。なかなか上手いシステムです。

“がんもどき” ¥200、”牛すじ” ¥300
tako5
tako4
がんもは平べったい形状。牛すじも普通に美味しいです。おでんは値段もリーズナブルなので、よいですね。

たこ焼き器の前のカウンターに座るとたこ焼きができあがる様子が近くで見れて楽しいです。
tako2tako6
手早く天かすやネギを入れたり、竹串でくるくるいじったり、焼き具合によりたこ焼き器の場所を変えたりと、焼き手の方にキレもよく、作業も多く見応えがございます。そして出来上がり。

“たこ焼き8ケ” ¥880
tako7
こちらは最終的に綺麗な焦げ色の丸型で出来上がるのが凄いですね。 たこ焼きは出汁、もしくはソースでいただく珍しいスタイル。おでんと明石焼き兼用かと思われます。

外はカリカリですが、中はフワフワ。 口の中でカリカリを咀嚼した瞬間、事故発生。 いけると思ったのですが、熱過ぎました!2個目からは十二分に気をつけていただきます。 生地にほんのり醤油味が付いているので、何にも付けずにそのままでも十分美味しいです。

ソースは甘め。出汁に付けておくと熱が逃げて食べやすくなりました。
tako8
久しぶりのたこ焼きでしたが、初めて食べる風情で美味しくいただきました。 たこ焼き器の前だったからか、服に油の匂いが付くのと、全席喫煙可が気になるところです。 お待ち帰りも有りですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“たこ八”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続いて東銀座のたこ焼き店”銀座ふくよし”さん。こちらはお休みの日、17時〜19時までのハッピーアワーにお伺いしました。
fukuyo6

こぢんまりとした店内、2人掛けのテーブル席が6卓、繋げて大人数での宴会仕様も可能のようです。非常に気軽な雰囲気です。こちらはランチも営業しており、カツ丼などたこ焼き以外のメニューも豊富なようです。
fukuyo2

ハッピーアワー “生ビール + たこ焼き4ケ” ¥500
fukuyo1
ビールはグラスが凍っており冷えたエビス。美味しい。

たこ焼きの味付けは3種類から選べましたが、初めてなので何にものせない”そのまんま”で。15分ほどで完成です。
fukuyo3
先日食べた”たこ八”さんのと比べると馴染みのある感じ。 カツオ出汁が効いており、塩だけで十分な美味しさです。ちなみに通常価格はたこ焼き8ケで¥550です。リーズナブルですね。続いてコチラもお願いしました。

“ブタ焼き” ¥400
fukuyo4
お好み焼きのキャベツなしのような感じ。 けっこう大きく、生地ももっちりで食べ応えがあります。ジャンクな雰囲気でたこ焼きよりも好みかもしれません。

普段あまり食べませんがたこ焼きもお店により個性があり面白いですね。たこ焼きのお味は「たこ八」さん、コスパとリラックス感は「ふくよし」さんという印象です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ふくよし”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。

銀座 ささ花さん-心地の良い和食の良店/the 228th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”228日目、本日は和食店”銀座 ささ花”さんにお伺いしました。銀座1丁目、外堀通り近くの”ツモリチサト”さんが入っている建物の地下1階にございます。
sasa11

昭和59年創業の和食店、情緒感じるエントランスです。綺麗な螺旋状の階段を降りると、これまた綺麗なカウンターが現れます。店内は広く、地下ですが圧迫感はなく、テーブル席もいくつかあり、それほど硬い雰囲気ではありません。

本日は一番リーズナブルな”花”¥6000(w/o tax, サ別5%)をお願いしました。

“アナゴの博多煮”
sasa1
アナゴを白菜と玉子豆腐でサンドイッチした見た目にもワクワクする一皿。 体が温まり、出汁も美味しいです。

椀 “塩ブリ、聖護院ダイコン、エビイモ”
sasa2

造り “寒ブリ、スミイカ、ヒラメ昆布〆”
sasa3
寒ブリは脂がのりのり。ワサビが上質なのが素晴らしく、どれも美味。

“岩手県産カモのロースト リンゴソース”
sasa4
上にはニンジンの葉、リンゴチップ。 お肉も出るとは意外でしたがカモは好物です! 厚みがあり噛むほどに、ほんのり甘い肉汁が。フルーツとの組み合わせは間違いありません。

“京にんじん 擦り流し”
sasa5
甘味のある玉ねぎを加えて食べやすく仕上げてあります。 底に百合根が入っているのが気が利いています。美味。

“メカジキ 馬鈴薯ソース”
sasa6

“じゃこご飯、赤だし、お新香”
sasa7
柔らかい山椒の香りがよい雑魚がたっぷり。

最後は”抹茶アイス”でさっぱりと。餡子も美味しいです。
sasa9

日本酒の品揃えはかなり豊富。料理はアラカルトも充実しているので、好きなものだけ摘んで日本酒を楽しむのもよさそうですが、最初の来店ではコースがお勧めでしょうか。

カウンターにいらっしゃった料理長も、積極的にお話してくれて、楽しい時間を過ごせました。 「18時30分を過ぎると混み合うんです」とおっしゃっていましたが、その時間を過ぎると本当に今までの静けさが嘘のように一気にお客様がいらっしゃいました。早い時間が狙い目です。銀座にしては、コースの価格設定もリーズナブルで、初めてでも緊張せずくつろげる和食店です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ささ花”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
sasa10

かめ幸さん-寒い日にはおでんが美味しい/the 227th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”227日目、本日は寒い季節に食べたくなるおでんです。東銀座、昭和通り沿いにある”かめ幸”さんにお伺いしました。老舗「お多幸」の味を受け継いだ純関東おでんのお店です。
kame7

土曜の夜21時過ぎ、仕事帰りに一人でお伺いしました。土曜に遅くまで営業している路面店は意外と少ないので助かります。店内は想像したより賑やか。カウンターにテーブル席がいくつか。カウンターは驚くべきことにカップルばかり!丁度1カップルが帰ったばかりの2席空きがあり、カップルの間に滑り込み。平日はまた客層が違うのでしょうね。

まずは”生ビール” ¥650、仕事の後のビールはやはり美味!嬉しいことに量も多め。

“おでん盛り合せ 大根、がんもどき、豆腐、きんちゃく” ¥1,100
kame1
kame2甘い出汁が沁みた特厚の大根、疲れた体に優しい味わいが沁み渡ります。 きんちゃくは人参、蓮根が沢山入っており滋味。どれもサイズが大きいのが良い。目の前にいらっしゃる大柄な方が大将でしょうか。見た目は怖そうですが、笑顔が素敵で気遣いも素晴らしく、安心感を感じますね。

“春菊” ¥450
kame3
こちらはオーダーが入ってから煮る。上にはかつお節がたっぷり乗ります。美味しい。

ここでサービス価格の日本酒、おでんに合いそうな”酔鯨” ¥560をお願いしました。
kame4
菊正宗の升ででてきて少しびっくりですが、なかなか乙。刺身、なめろうなどの日本酒に合いそうな一品料理も魅力的ですが、今日はおでんに集中することに。

“ワカメ” ¥150、”つみれ” ¥350、”肉厚椎茸” ¥450
kame5
ワカメはお安く量もたっぷりで、必ず頼みたい一品。 椎茸も美味しく、硬い石づき部分が良いアクセントとなっておりました。滞在時間40分ほど。メニューの価格も全て税込でわかりやすい。店は満席(私の隣だけ空席ですが)で、カップルが一組お帰りになりました。なんか済みません。

冷たい夜風が妙に気持ち良かったです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“かめ幸”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 鹿乃子さん-やっぱり甘味が美味しいです!/the 226th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”226日目、本日は珍しく和菓子、創業70年以上の老舗和菓子店”銀座 鹿乃子”お店にお伺いしました。

kano5
晴海通り沿いのベルギーワッフルのマネケンを曲がってすぐ、すずらん通りにございます。1階が売店、2階が喫茶室。 流石に日曜日の夕方は混んでいましたが、ホームベース型テーブルの2人席が運良く空いておりました。やはり奥の中央通りが見渡せる席が人気のようですね。

メニューは甘味だけでなく、きしめんや栗おこわなどもあるんですね。ぜんざいも惹かれましたが、本日はコチラをお願いしました。

“玉子雑煮 替わり膳付” ¥1,800
kano1
海老、椎茸、タケノコ、紅白カマボコなどが入っており色彩豊かな綺麗な見た目です。 小ぶりのお餅が3つ。ふわふわっとした玉子が美味しい。 出汁はシンプルに後の甘味が引き立つ塩味。

替わり膳 “姫かのこあんみつ”
kano3
蜜は白と黒が選べますが、本日は黒蜜で。 つぶし餡に数種類の甘露煮豆、白玉、下には寒天。上に栗が乗っておりテンション↑。豆が美味しく、餡子の甘さも良い具合ですね。 お値段はやや高価に感じますが、丁寧に作られているようです。

通常サイズのあんみつを食べてみたくなりましたので、またお伺いいたします。 喫茶室で食べると¥1,000越えですが、売店のテイクアウトだと¥500程度。こちらでもよいかもしれません。ごちそうさまでした!

1階の売店で”花かのこ2ヶパック” ¥583 を購入しました。これ、美味しいのです。
kano6

“花かのこ 小倉”
kano7
外側は甘露煮豆、中は餡子、中心は求肥の三層構造。 ほどよい甘さで三位一体のバランスが最高!やっぱり美味しい和菓子です!

“花かのこ 栗”
kano8
こちらは初めて食べますが、四方八方を栗に囲まれた栗好きにはたまらない見た目。 なかは栗餡栗づくしで美味。

花かのこは全部で6種類あるのですが、6個くらいなら軽く食べられそうです。鹿乃子さんのお菓子はやっぱり好みだと再確認いたしました!ごちそうさまでした。

“銀座 鹿乃子”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。