鳥半|路地裏の良心的焼鳥店/the 251th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”251日目です。本日は路地裏の焼き鳥店”鳥半”さんにお伺いしました。お店への入り口は2箇所。

1つは、みゆき通り沿い。「ジュンアシダ」さんと「風月堂」さんの間の路地。こちらの看板は少し違和感があって、目立っていますね。
toriho17

もう1つは、ソニー通り沿い。ランプのように美しく飾られたエミール・ガレやドーム兄弟のガラス工芸品が目を引く「銀座ジャンセンギャラリー」さん脇の路地。
toriho18

路地を抜けると、何とも素敵な風情のお店が現れます!
toriho16
頑固親父のピリピリしたお店だったらどうしようと心配していましたが、扉を開けたら一安心。木の質感が優しい雰囲気の良いお店でした。 入って左側がカウンター、右側がテーブル席。ホールは女性2人で切り盛りし、奥ではご主人が一生懸命、鳥を焼いたりしています。

柔らかい気質のカウンター、落ち着きます。 お店に入ると「初めて?コースだけだけどいい?」と聞かれますが、望むところです。 こちらのお店は単品ではオーダーできず、¥3,500のコース1本ですが、苦手なものは抜いてくれます。

小さいコース内容の書いた紙を見せていただき、内容を確認(カウンター奥の壁にもコース内容を書いた木札が下げてあります)。 砂肝を抜いてもらったので価格は¥3,300(w/o tax)でした。

“大根サラダ”
toriho1
最初に嬉しいサラダ、大盛りです。

“つくね”
toriho2
小粒ですが、軟骨の食感がよく美味。鶏肉は以前は茨城産だったのですが、今は福島県の伊達鳥を使用しているそう。なんだか好感持てますね。

“うずら玉子、正肉、椎茸焼き、合鴨”
toriho6
もも肉を使った正肉は大きくて満足感あり。 合鴨は程よい歯ごたえで、旨味も感じます。美味。

“鳥わさ”
toriho5
ここで堪らずビールから日本酒にチェンジ。 お肉自体は申し分ないのですが、ワサビがもう少し効いていてもよかったでしょうか。

“ささみ”
toriho9
見た目は少し微妙ですが、美味。 中は生で柔らかく、意表を付く味噌味が素敵。今日一番印象的でした。

“冷やし玉子”
toriho10
次の一団に備えて、ここで一旦小休憩。

“手羽先、かわ、レバー、ぎんなん”
toriho7
手羽先は食べ応えあり美味しいです。

最後は美味しい”とりスープ”でさっぱりと。
toriho15
お酒を飲んだ後では、熱すぎるくらいの熱さ、ちょっと強めの塩気が丁度良いですね。 全体的なボリュームは腹8分目くらいの丁度よく感じました。

ドリンクは以下をいただきましたが、良心的価格です。
“サッポロ中瓶” ¥600
“花の露 樽酒 枡” ¥500
“加賀鳶 純米大吟醸 グラス” ¥650

そつなく美味しい料理に、ご主人の高めのよく通る掛け声−「おっ願いしま〜す!」「はいっぎんなんっ!」−がよいアクセントとなっています。 単品でオーダーできると嬉しいですが、コース1本だからこそできる良心的価格なので文句は何もありません。 一人でも何の気兼ねもない家庭的なお店で、とても好きになりました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

営業は平日の夜のみ。予約も取れませんのでお気をつけ下さい。コースはお腹がいっぱいになったらストップすることも可能です。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


本店浜作ー古き良き銀座を感じられる関西割烹/the 249th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”249日目です。本日は、老舗和食店”本店浜作”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、金春通り沿い。
haru8
昭和3年、銀座に開店した老舗関西割烹で、なんでもカウンターから調理場の全てが見られるオープンキッチンスタイルを東京で初めて取り入れたお店とのこと。 昭和18年に現在の銀座7丁目に移転されたそうですね。以前から非常に気になっていたお店ですが、思い切って予約してランチ訪問。

入る時は緊張しましたが、着物姿の女将さん、大将ともに色々話しかけてくれたため、すぐに緊張はほぐれました。会席コースはかなり高価ですので、今回はリーズナブルな”お茶漬けコース” ¥5,400でお願いしました。まずはコチラから。

“滝川豆腐”
haru1
豆乳を寒天で固めたものをトコロテン突きで絞り出したもの。ほぐしていただきます。 暑い時期にぴったりの清涼感のある逸品。青柚子の香りが彩りを添えています。お汁も飲み干してしまいました。美味。

“青菜と油揚げの煮浸し”
haru2
出汁がとても美味しい。 こういったごまかしの効かない普通の料理が、絶品なお店は好感。

茶漬けは、基本は鯛なのですが、時期的によいものが入らないため本日はマコガレイで。

“マコガレイ茶漬けセット”
haru3
刺身ではなく漬けで供されます。 醤油はしょっぱくないギリギリのところで効いており、歯ごたえもよい。白ゴマがたっぷりまぶされており香りも素敵。 完全に酒のあてとなる料理ですね。

haru4
そのまま食べても、海苔とワサビで食べても素晴らしく美味しい。次回はぜひ日本酒を頼みたい。大将と女将さんお二人からは「ご飯、海苔もお代わり言ってね。沢山食べてね。」と優しいお言葉が。美味しくて、普段あまり食べないご飯、海苔、ついでにワサビもお代わりしてしまいました。

最後は煎茶をかけて。海苔とワサビもたっぷり入れて。 茶漬けは、魚本体よりも漬けの出汁が混じったお茶が最も魅力だと感じています。 お茶出汁、海苔、ワサビ、ゴマが渾然一体となり・・・あ〜幸せな味だわ。

“すいか”
haru6
デザートは「実家ですか!」と言いたくなる大きさで食べ応え十分! 今年初すいかでした。

最後は”水ようかん”まで出していただき、大満足。黒文字の楊枝もよいですね。
haru7

あ味、お店の雰囲気ともに好みで、一気にファンになってしまいました。 夜のおまかせコースは¥20,000以上するのですが、昼は同じものが¥16,000でいただけるそう。 こちらの鱧料理とか凄く食べてみたい! 以前お伺いした老舗和食店”はち巻岡田”さん同様、日本酒はマスト。酒と料理の調和を楽しみたいお店ですね。 また必ずお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お腹いっぱいになり、階段を下りるとネコが3匹仲良くじゃれあっており、癒される。美味しい料理店が沢山ある路地裏はネコたちにも魅力のようですね。次回はぜひ夜にお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
haru9


味の店 乃だや-静岡味噌おでん初めて/the 245th day

17時過ぎという遅めのランチ。コリドー街を歩いていると見慣れぬ看板を発見!
noda6
「静岡 旨い!! 味噌おでん」 静岡おでん、そういえば食べた事がありません。

noda5
雑居ビルの地下1階と入りずらいシチュエーションですが、気にせず行ってみました。銀座はこういう店が多いのです。慣れ(経験)とは素晴らしい!

そんなことで銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”245日目、本日は夏でも美味しいおでんです。店内はカウンターにテーブル席がいくつか。カウンターには、店主のご友人と思われる方がお二人。 全席喫煙は可能のようで、全く気取らない大衆的な雰囲気。

お通しは”豆腐 きのこ餡かけ” ¥500。
noda3

続いて味噌おでんをいくつか。 牛すじで出汁をとっており、好みでだし粉(青のり、煮干しの粉)を掛けていただくそうです。

“味噌かけ大根” ¥400
noda2
かなり大きめですが、とても柔らかく煮込んでありました。 味噌と素材の甘みの相乗効果が美味しいですね。

“卵” ¥200 “牛すじ” ¥350 “黒はんぺん” ¥180
noda1
茶色いおでんは、やはり味噌の甘みが先に立ちます。 静岡名物の黒はんぺん(もとは白いらしい)はイワシの味が効いておりなかなか。 こっくりと仕上がった、素朴でほっこりとするお味なのですね。

“タチウオねぎま串焼き” ¥550
noda4
ネギにタチウオを絡めた面白い串焼き。こちらも静岡ならではの一品。 さっぱりと塩とレモンでいただきました。

お伺いしてみると、静岡に本店があるお店で2015年11月にオープンしたばかりだそうです。 また味噌おでんの他に関東おでんもあり、静岡の地酒に合いそうな肴もなかなか充実しているよう。

初めての静岡味噌おでん体験、お値段も良心的で、印象は悪くありませんでした。 メニューに見つけた”やきそば”、今日はお腹いっぱいで食べられませんでしたが、かなり気になります! そんな訳で、またお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

“味の店 乃だや 銀座店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


そうかわ-コスパ良好美味しい天丼、おまけのギンザマン/the 242th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”242日目です。本日はて天ぷらです。新橋と銀座の境目の高架下、大衆的な飲食店が並ぶ銀座ナイン2の地下1階にある”そうかわ”さんにお伺いしました。
so5

お客さんがいっぱいで写真はとれませんでしたが、カウンターにテーブル数卓の飾り気なく落ち着いた、昔ながらの雰囲気です。
so4
夜はふぐ料理など高級和食スタイルですが、お昼は天ぷらがリーズナブルにいたあけます。

“天丼定食” ¥1,000、”天ぷら定食” ¥1,100の2種類があるのですが、本日は”天丼定食”をお願いしました。 天ぷら鍋の前で一心不乱に天ぷらを揚げ続ける方と、大将の見事なコンビネーションで次々と配膳されていきます。10分ほどでやってきました。

so3
美味しそうです! タネはエビ2、ナス、イカ、カボチャ、レンコン、ゴボウかき揚げ。 サクッとした軽め天ぷらで、大きいカボチャ、レンコンの歯ごたえが素晴らしい。

so2
エビやイカもこの価格にしては非常に良い感じ。極少なめでかかった甘めのタレ、ご飯の炊き加減も最適でとても美味しいです!

“白菜の浅漬け”、ネギのたっぷり入った”豆腐味噌汁”も味がよく大満足です。 きっと夜も美味しいと想像されます。 周囲は”天ぷら定食”を食べている方が多く、大きいアナゴがとても美味しそうでした。 次回はこれですね。

12時過ぎにお店を出たのですが、待っている方が何名かいらっしゃいました。 お昼時は銀座ナイン2地下1階、良心的なお店ばかりで、どのお店も非常に賑わっていますね。 よいランチタイムでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

その帰りに見つけたのが、銀座8丁目のテイクアウト専門店「ギンザマン」!とても気になるので出直して購入しました。

ギンザマン(五目まん)¥490
ginza3
でっかいです!皮に「ギンザ」と印字されており、わかりやすい。

ginza4
餡は、豚肉の他、しっかりサイズのエビ、タケノコ、シイタケ、さらにはウズラタマゴが丸っと1個入っており本格的。ジュワッと滲み出るお出汁もなかなかです。皮は厚めで、もっちりとした食感。皮でけっこうお腹がふくれますね。ごちそうさまでした!

“そうかわ”さん、”ギンザマン”さんにお立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
ginza1
平日の営業時間は夕方16時半から深夜3時と規格外。夜の銀座を支えるギンザマンなのです。