ラ・ベットラ・ダ・オチアイ|日本一予約が取れないレストラン!?/the 340th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」340日目です。本日は銀座で最も有名なイタリアンレストランの1つ「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」さんにお伺いしました。

場所は銀座1丁目、新富町寄り、京橋公園のすぐそばです。

以前は「日本一予約が取れないレストラン」と言われていましたが、現在はやや落ち着いております。1週間ほど前にランチを予約してお伺いしました。お店はカジュアルな食堂的雰囲気、席間かなり狭目です。

ランチは¥1,200からありますが、本日は前菜、パスタ、メインが選べる・Pranzo C ¥2,800(w/o tax)をお願いしました。選べる料理の種類が多くて迷います。

・前菜盛り合わせ

カポナータ、ブロッコリーのアーリオオーリオ、フリッタータ、サーモン、鶏もも肉、木の子ソテー、リコッタチーズ、生ハム どれも安定感のある美味しさ。

・フォカッチャ

ほの温かくてふわふわ。

・ズワイガニと九条ネギのからすみスパゲティ

思ったよりポーションは少なめ。からすみの塩気が効いています。ネギのシャキシャキ食感とズワイガニのお出汁が良い感じ。

・仔羊の香草グリル

こちらはしっかりボリューム有り! ほんのり香草の香り、クセが全くなく柔らかで、とても美味しいお肉でした。 最後は手に持って骨の隅までかぶり付き。付け合わせの芋もホクホクで美味しいです。

せっかくなのでデザートもオーダー。

・カスタードプリン ¥450

こちらも嬉しいたっぷり感。味、質感ともにベーシックで懐かしさを感じるプリンですが、卵の味もしっかりして甘さのバランス良く上質感有り。理想的プリン、一番人気も納得の美味しさです!

最後は美味しい・コーヒー ¥350 でゆっくりと。

選ぶのに迷う豊富な料理のバリエーション、リーズナブルな価格など人気があるのも納得です。 平日でしたので、予約無しの方でも普通に入店されていましたが、こちらを目指して行くなら予約が確実ですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


パクチージョーズ、神乃珈琲|パクチーとコーヒーと/the 339th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」339日目です。

銀座5丁目、みゆき通りを挟んだギンザシックスの向かいにビューティー&ヘルスがコンセプトの新商業施設「BINO GINZA-ビーノ銀座」が12月7日にオープンしました。

レストラン2店が同時オープンしたので早速お伺いいたしました。

まずは2階にオープンしたのが「神乃珈琲 銀座店」さん。

重厚感のあるとりどりの椅子が目を引くウッディーで落ち着いた店内。物凄く広いなーと思ったのは鏡の効果、座面の広いふかふかの椅子は気持ちの良い座り心地です。

食事メニューはサンドイッチとパスタ。

本日は・カラスミと北海道噴火湾産タラコの和風ソース ¥1,200(w/o tax)をお願いしました。

タリオリーニの生パスタはもちもち食感。 カラスミ感は控えめなものの、まったりとした質感のタラコはほんのり刺激的で美味しいパスタでした。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・那須御養卵の和三盆プリン ¥600

本体、カラメル共に和三盆糖を贅沢に使用した弾性たっぷりのぽってり蒸しプリン。 少し甘みが強すぎる気がしましたが、こちらも美味しくいただきました。

・月煎 TSUKI-IRI 和三盆糖付 ¥950

希少性が高いエルサルバドル産ティピカ種使用とのこと。熱々でびっくりしましたが、サイフォンで淹れてくださっているんですね。まだオープン3日目でしたので、今後の向上が期待できそうです。

サービスは丁寧で、雰囲気も良いので、銀座の中心でゆっくりするには素敵な空間です。慢性的にカフェ、喫茶店不足の銀座ですので、新しいお店ができるのは嬉しいですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いて3階にオープンしたのが「パクチージョーズ」さん。

その名の通りパクチーがメイン食材のレストランです。

広々として清潔感と温かみのある店内、椅子の座面はパクチー色です。

ランチメニューはチャーハン、パスタ、ガパクライス、グリーンカレー、ハンバーグなど種類豊富です。本日はお勧めの・サクサク パク淋鶏 ¥1,000をお願いしました。

まずはシンプル・サラダ、パクチーは入っておりません。。。

続いてメインの・サクサク パク淋鶏

パクチーに包まれた油淋鶏がパク淋鶏。パクチーの香りはそこまで強くありません。 定番の甘めタレにサクサクの鶏肉。


ご飯は別皿ですが、最初からご飯に乗っけてくれても良い感じでしょうか。パクチーが沢山食べられてパクチー好き満足です。

最後はデザートの・チーズケーキと、

ビッグサイズの・コーヒー付き。

コスパはなかなかよろしいようです。

パクチーをメインに中華、タイ料理、イタリア料理をミックスした感じ。パクチー好きなら楽しいお店です。サービスの方々も非常に丁寧で良い雰囲気でした。 店内では水耕栽培でパクチー生育中、香りが柔らかくなるのでパクチーが苦手な方でも食べやすいのだとか。

期間は不明ですが、夜は「パクパクパクチー」の合言葉で追加パクチーがサービスなのだとか。 またパクチー炒飯をいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


シャトーT.S 銀座|雰囲気良しの隠れ家イタリアン/the 337th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」337日目です。本日はイタリアン「シャトーT.S 銀座」にお伺いしました。

場所は銀座2丁目、外堀通り沿い、石川県のアンテナショップが入っているビルの4階。

以前はフレンチレストランでしたが、9月にリニューアルオープンされたそうです。

清潔感があり、程よく高級感のある素敵な店内。

入って手前がテーブル席、奥にバーカウンター、その反対側が通りに面したカップルシート。夜はなかなか景色が良さそうです。

¥2,800のランチコースもありますが、本日は・パスタランチ ¥1,200をお願いしました。

まずは・自家製フォカッチャ、オリーブオイル

なんとオリーブオイルは9種類から選択できます。本日は・トンマーゾをチョイスです。 青いフレッシュな香りが好みで、フォカッチャ(お代わり無料)もなかなか。

・ハーブ香るグリーンサラダ

ディルなどが入ったフレッシュサラダ。新鮮です。嬉しいことにドレッシングがあまりかかってないので、オリーブオイルを掛けていただいても美味です。

パスタは3種類から選択できましたので・イノシシのラグー スパゲッティーニをお願いしました。

上にはチーズと胡椒がたっぷり。コクのあるイノシシは濃いめのバジルソースとも良く合います。パスタの茹で加減も良い具合で美味です。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・カボチャのプリン ¥500

下にはカボチャソースと生クリーム、しっとり食感しっかりカボチャの味がいたします。 付け合わせのナッツが沢山入ったチョコケーキも美味しいです。

最後は美味しい・コーヒーでゆっくりと。

接客も丁寧で非常に好感触。リニューアルオープン後間もないせいか、ビルの前に看板などを出されていないせいか非常に空いています。

こちらのお店、カラオケで有名なシダックスの経営。静岡でワイナリーも経営されているそうで、ワイン好きにもお勧めできそうなお店です。またビーフシチューをいただきにお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


フォロ資生堂|至福で蠱惑な白トリュフコース 2017/the 335th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」335日目、本日は以前も当ブログでご紹介したイタリアンレストラン「ファロ資生堂」に再びお伺いしました(その時に記事はコチラ)。

目的は11月13日からスタートした・白トリュフコース 2017 ¥19,500(サ別10%)、早速ランチ訪問いたしました!

まずは専用トランクに入った白トリュフを拝見。

開くと白トリュフがゴロゴロ。生気を奪われるような濃密な香りにうっとり。写真からでも香りが漂う気分です。今年は不作でイタリア アルバ産のものは1kgなんと100万越え!そんな訳でマルケ産のものを中心に使用されているそうです。まずはこちらから。

3種類のアミューズ・ビーツのチップスとホタテのムース、サツマイモパンとゴルゴンゾーラ、ミネストローネ

どれも綺麗で丁寧なお味です。ここから白トリュフ尽くし!

・衣をまとった卵 グリエールチーズソース 白トリュフの香り

これはもう間違いなしの絶対的な組み合わせ! スプーンを入れると黄身がトロリと流れ出て、見た目も美味しい。美味。

・トピナンブール(菊芋)のヴルーテ 鱈の白子のソテー添え 白トリュフ風味

菊芋も白トリュフ入りで凄い贅沢感。 大きい白子は外はさっくり、中はトロトロ。トリュフとの相性も抜群です。

ここからの料理は目の前で白トリュフを削って振りかけていただきます!

・ピエモンテ州伝統のパスタ「タヤリン」百合根とバターソース 白トリュフをふんだんにふりかけて

おー、香りがっ。幸せ過ぎます。 卵黄をたっぷり使った柔らかいパスタ。これも問答無用のベストコンビネーション。

・白トリュフで覆われたリゾット

カルナローリ米をブイヨン、トリュフバター、白トリュフで極シンプルに煮込むのみ。絶品。

メインは肉料理4種、魚料理2種から選択。

・フランス産仔羊ロース肉のロースト オリーブソース

こちらはノントリュフ。付け合せはムカゴ、芽キャベツ、トマトピューレ。 ジューシーながらもさっぱりとした柔らかい肉質。大変良い仕上がりです。オリーブとマデラワインの甘いソースも美味しい。

最後の楽しみ・ドルチェワゴン

全部乗せ。洋ナシタルト、リンゴのシブースト、マロンプリン、ティラミス、パンナコッタ、リコッタチーズとチョコのアイスケーキ、サヴァラン、フルーツのコンポート。 濃厚なマロンプリンが好みでした。

最後は綺麗な・小菓子と美味しい・コーヒーで。

終了まで2時間ほど。白トリュフをストレートに堪能できるベーシックな料理構成でした。 本音を言えばもっと豪快に掛けて欲しかったですが、時勢を考えれば納得です。

何とも幸せなランチタイム、お店を出た後も時折感じる白トリュフの蠱惑の香りに頭がぼんやり。何とも幸せな1日でした。 サービスもスマートかつフレンドリーで大変良く、銀座でお気に入りのイタリアンレストランの1つです。白トリュフコースは12月16日(土)までです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ファロ資生堂”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


リストランテ ソットラルコ|目にも美味しいイタリアン/the 285th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、285日目です。本日は銀座8丁目、中央通りの2本西側の通り沿いにある隠れ家イタリアン、“リストランテ ソットラルコ”さんにお伺いしました。

1階がギャラリーカフェの「アートフォーソート」さんが入っているビルの地下1階です。

店内は地下1階らしくシックな雰囲気。L字型のカウンターの中がオープンキッチンとなっています。ランチは¥2,500と¥3,800の2種類。本日は¥3,800(w/o tax)のコースをお願いしました。

・イシガレイのカルパッチョ

燻製香が良いですね。次の料理に期待をもたせる一皿。

・前菜盛り合わせ 甘エビのビスク、ゴボウのフリット、ジャガイモのグラタン

どれも美味。グラタンは薄切りのジャガイモが何層にもなっており断面が綺麗です。 ピンクペッパーを噛んでからフリットを食べると、また一味違った美味しさになりますね。

・アイナメのソテ ハマグリのスープ仕立て

カニやエビも乗った賑やかな一皿です。魚の火入れも抜群。さっぱりしたスープに柚子胡椒を効かせると、また一興。

・五穀鶏のオーブン焼き 粒マスタードソース

花びらと野菜で覆われた優雅な鳥は南国を思わせる。 上にはもろみ味噌のようなものが乗っており甘い味付け。

・青海苔と柚子胡椒のクリームパスタ

ミズダコのパスタと選べましたが、こちらで正解!今日一です。 モチモチした自家製フェットチーネがソースと良く絡みます。 柚子の爽やかさの後にやってくる青海苔の重みが素晴らしい。 最後の料理がパスタなのも良い感じ。ソースは一滴残らずパンに付けていただきました。

・ラフランスのグラニテ、柿のシブースト、ティラミス

ティラミスの上にはカリカリの蕎麦の実。柿のシブーストも珍しいですね。盛り付けも綺麗で目でも楽しませていただきました。

最後は小菓子と美味しいコーヒーで。

 お皿はテンポよく運ばれてきて約1時間半で終了。 料理はどれもハズレなし、ボリュームとともに大変満足できました。 夜は¥7,500のおまかせコースしかないそうですが、お値段もリーズナブルでとても気になります。 次回は夜にお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

“リストランテ ソットラルコ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。