天壇 銀座店さん-京都発、焼肉の名門/the 191th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、191日目。本日はテンションの上がる焼肉ランチでございます。京都発の焼肉の名店“天壇 銀座店”にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、東銀座駅を下りてすぐ。歌舞伎座前の交差点にある”デュープレックス銀座タワー”の10階です。
tend1
1階は群馬県のアンテナショップ“ぐんまちゃん家”です。ランチに何回かチャレンジしたことはあったのですが、いつも満席ですぐに入れず断念。コースの注文の場合のみランチも予約可能ということで、本日は予約して行ってまいりました。

平日開店と同時の11時30分にお伺いしましたが、すでにほぼ満席。店内は広く、綺麗で清潔感があります。雰囲気が良いため焼肉デートにも最適なのではないでしょうか。景色が堪能できる窓際のカウンターが人気のようです。

ランチコースは¥2,700(女性限定), ¥3,000, ¥4,700 の3種類。本日は”[b:祇園]” ¥4,700をお願いしました。

オーダー直後に急ぎ足で向かうのは、ランチ限定の”[b:ビュッフェコーナー]”です。 チヂミ、タンチム、ナムル、キムチ、サラダなどが食べ放題。しかも全て美味しいのですから堪りませんね。ランチは1,000円からで、全ての方が利用できますので、かなりお得な気分です。

コースとかぶらない”アスパラのチヂミ、ジャガイモと海苔のチヂミ、タンチム” をいただきました。
tend2
“タンチム”とは、角切りにした牛タンを 甘辛く煮付けたもの。 絶品です!これが食べ放題とは太っ腹です。

コースはコチラから。

“ナムル三種、キムチ三種”
tend4
どれも美味。白菜キムチはけっこう辛めでした。 ほうれん草のナムルが好みで、ビュッフェでお代わり。

本日の逸品 “タン塩、サンカクの和え物、ハチノスの和え物”
tend5

続いてお待ちかねの焼肉です!無煙ロースターを使用しているため、匂いを気にする必要がないのが嬉しいですね。

“タン塩、イチボ”
tend6

野菜と一緒に焼きます。
tend8
タン塩は薬味に提供されるネギを巻いて。 どちらも美味。

“ロース”
 tend10
こちらの特徴の1つは、お肉を黄色い出汁につけて食べること。 牛骨をベースにした、さっぱりとしたつけダレです。 お肉をよく絡めると、脂がほどよく流れることもあり、軽いお味で美味。

“ミルフィーユロース”
tend11
こちら絶品でした! 

tend12
正体は、薄いロースを三枚重ねにしたもの。焼くのが難しいのでスタッフの方が焼いてくれます。おすすめのレアでいただきました。 最後にクルクル巻いて出来上がり。

tend13
口に入れた瞬間フワッとお肉と出汁の香りが拡散し、その後余韻を伴い溶けていきます。 なんでも真ん中のお肉が蒸された状態になり、そのような複雑な感覚を生み出すそうです。

“上カルビ、特上カルビ、包み野菜”
tend14tend15
たっぷりの包み野菜が嬉しいです。野菜に味噌も付けて、美味しくいただきました。

“天壇特製冷麺”
tend18
最後はさっぱりと。あちらからこちらに戻ってきたような気分です。

デザート “わらび餅”
tend19
同時にお茶と”アイスコーヒー”付き。 大満足。ごちそうさまでした!

13時過ぎにお店を出ましたが常に満席状態で入り口には行列が。人気もうなづけます。ビュッフェのコストパフォーマンスが抜群で、料理も色々特徴があり良いお店でした。またミルフィーユロースをいただきに、お伺いいたします。

“天壇 銀座店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
tend17


小熊さん-熟成の極み、世界が広がる和食の別次元/the 190th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、190日目の本日は和食でございます。2014年6月オープンの新しいお店“小熊”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目の並木通り沿い“坂口ビル”の3階でございます。
kogu1
1階は漆喰のような外壁が特徴的な洋服店の“エポカ”さんです。また、9階には天ぷらの“近藤”さん、7階にはフレンチの“TOTOKI”さんなど有名店が入っている建物でございます。

エレベーターを下りると、スタッフの方がお出迎え。予想に反する赤と白のコントラストが印象的なモダンで個性的な内装でございました。ウェブサイトを拝見して一般的な和食店のような雰囲気を想像していましたが、見事に裏切られました。個室が3つにカウンター。カウンター内の板場は和風な、外側は洋風な不思議な空間でございます。

料理は¥22,000円、¥30,000(w/o tax)のコース2種類。本日は¥22,000の雅コースをお願いいたしました。まずはコチラから。

“琵琶湖産 稚鮎の酒蒸し”
kogu2
小さくても鮎でございます。骨まで美味! 暖かい出汁も美味しいのです。

“フグ あん肝のソース”
kogu3
ポン酢と絡ませてあるという肝ソースが秀逸です。 金針菜と白菜も入っております。 日本酒が進む進む。

“グジ(アカアマダイ)、白魚、雪うるい”
kogu4
塩でいただきます。 若狭湾産のグジは、美しく鱗を立てて揚げてあります。 鱗は尋常じゃないほどパリパリ、身はプリプリで美味!幸せです。唯一、鱗も美味しい魚だそう。 山菜なのに、全くアクを感じず爽やかな雪うるいも絶品です。

“餅からすみ”
kogu5
濃密なカラスミを新潟産のお米で作ったお餅で挟んでおります。

“シラカワ(シロアマダイ)、タチウオ、アカムツ”
kogu6
熟成刺身!既成概念がぶっ飛ぶとんでもないお料理でした!20日間熟成されたシラカワの刺身はワサビと塩昆布でいただきます。程よい噛みごたえで、噛むほどに甘味旨味が湧き出します。驚愕!

タチウオは8日間、アカムツは9日間熟成。こちらは炙り。上品なお味のタチウオが特に好みでした。ピリッとした島唐辛子醤油が良い。確かに普通の醤油では、刺身に負けてしまうのかもしれません。 熟成すると魚の個性がすこぶる際立ちますね。 全てお店で熟成させており、奥には専用冷蔵庫が沢山あるそうです。

“短角牛サーロイン”
kogu7
こちらも熟成牛。 お近くの和食店の方に、美味しい熟成肉が食べられるということで、お伺いした経緯がございます。タイミングが合わないと食べられるものではないのでラッキーでした。短角牛ならではの肉感はそのままに、柔らかく旨味たっぷり。臭みは全くございません。大満足の熟成牛でした!付け合わせのオリーブは小豆島のものを1ヶ月アク抜きしたもの。 そしてお口直しに凄く甘くて少し酸っぱいホオズキ。どちらも絶品。

“マスの幽庵焼き”
kogu8
柚子の香りが素晴らしい。 肉にも負けない濃厚な味わいです。

“甘鯛、聖護院大根の煮込み”
kogu9
熱々で。出汁も全て飲んでしまいました!

“ご飯、しじみ汁、香の物、滋賀県産もろこ、稚鮎”
kogu10
最後も凄い。 魚沼産コシヒカリを研いだあと、4日間熟成させることで、炊くときにデンプン質が溶け出さず、ベタつきがほぼありません。一粒一粒がとんでもなく強いお米でした。

最初はお米だけで、次は山椒オイル、その次はアンチョビを乗せて。そして、最後は“醤油漬けしたスッポンの卵と裏ごしした卵黄”という超絶な卵ご飯をいただきました。
kogu12
非常にクリーミー、そして濃厚。というか本当にコーヒークリームのような味わいです。贅沢!炊きたては抜群に美味しいのですが、冷めるとやや固さが気になるかもしれませんね。稚鮎は最初のよりも小さいもの。ちなみにしじみ汁の味噌も熟成だそうです。

甘味 “嶺岡豆腐、塩キャラメル”
kogu13
kogu14
嶺岡豆腐は普通なゴマ豆腐と牛乳をねったものですが、ゴマを使わず、バニラビーンズを使用。 もっちりとした食感が楽しいです。絶品。 塩キャラメルも上品でツブツブが入っており美味。ツブツブの正体は、3ヶ月熟成させた大豆。最後まで熟成熟成で驚き!

サービス料が必要ないこともあり、価格も良心的でございます。器も美しいですね。 ご飯一つとっても、食材がとんでもなく強いため、食べる方もなかなか体力がいるお料理でした。まるでフランス料理を食べた後のような満足感でございます。 今ままで私が食べた和食の中では最強インパクトで、驚き過ぎて途中でボーっとしてしまいました。小熊ワールドというべき新しい料理の領域ですね。 一度食べてみる価値は十分ございますよ。ごちそうさまでした!

“小熊”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


グラムールさん-コーヒーも料理も美味しいワンダーカフェ/the 189th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、189日目の本日は喫茶店、“グラムール”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目、中央通りから2本東側の通り沿いです。
gura10
道幅が広く綺麗ですが、人通りは少ない落ち着いた通りです。奥に長い店内の内装デザインは、当店と同じく森田恭通さん。ユニークで幻想的な雰囲気。カウンターのソファーはフカフカで座り心地が良いです。

軽く食べるつもりでしたが、メニューを見てチキンカレーがあるのを発見し、喜び勇んでオーダーするも本日は品切れ。コチラをお願いしました。

“フレンチトースト、コーヒーセット” ¥1,800
gura1
最近良く出会うバゲットのフレンチトースト。バナナ、オレンジ、巨峰、マスカット、イチゴ、さらにドラゴンフルーツまで!果物がタップリなのが嬉しいです。

フレンチトーストはかなり甘さ控えめで大人な雰囲気。
gura2
爽やかな甘さのメープルシロップが美味で、後味も気持ち良いようです。

コーヒーは、フレンチロースト(深煎り)、カップはエルメス。
gura3
サイフォンで一杯一杯丁寧に入れていただけます。気高い香りがたまりません。苦味はそう感じず、飲みよいとても美味しいコーヒーでした。

その後流れでタケノコ(松江産)料理を3種類(煮物、お刺身、グラタン)もいただきましたが、どれも絶品! 即興でこんな美味しい料理を提供されたら堪ったもんじゃありませんね。ごちそうさまでした。ワイン、焼酎、ビール(日本酒はまだ無し)などのアルコールも置いていらっしゃるとのこと。夜も楽しめそうです。

こちらは食器が、バカラ、マイセン、エルメス、ヘレンドなど美しいものばかり。 またメニューなど、その他の備品も、いちいち贅沢感に溢れております。 またお伺いいたします。

というわけで夕食をいただきに、1週間後またお伺いしました。

“ハンバーグ(ライス付)、コーヒーセット” ¥1,800
gura7
マスターがドイツで出会ったというハンバーグを再現したもの。さっぱり炒められたジャガイモの上に、密度の濃いハンバーグ、さらに見るからに新鮮な卵の目玉焼き。

gura6
一緒にピクルスやトマトも添えられており、彩りも綺麗です。なんと美味しそうな食景でしょうか!手作り感のある上等で体に良いハンバーグ、少しお下品ながらもライスにソースをしみ込ませながらいただきました。

デザートには口当たりが優しく円やかな高野山の“ごま豆腐”。
gura9
かかっているのは何とメープルシロップ。マスターが色々試した結果一番美味しかったというだけあって、驚くほど合いますね。

本日もコーヒーは、フレンチロースト(深煎り)、カップはマイセンでした。
gura8
やはり美味。素材へのこだわりも素晴らしく、調理も達者ですね。気力復活です。ごちそうさまでした。またお伺いいたします!

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


ル ショコラ ドゥ アッシュさん-チョコレートを巡る冒険/the 188th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、188日目の本日はチョコレート店、“ル ショコラ ドゥ アッシュ 銀座本店”さんにお伺いしました。

“モンサンクレール”さん、“自由が丘ロール屋”さんで有名なパティシエの辻口博啓氏のチョコレート店でございます。2015年5月に銀座店がオープンしたということで早速お伺いしました。

場所は銀座6丁目、中央通りから2本西側の通り沿い、“銀座細野ビル”の1階でございます。
choco11
元々はとんかつの“平田牧場”さんがあった場所で、お隣は老舗洋食店の“レストランあづま”さんです。

奥に広くブラウンが基調の店内に、チョコレート、マカロン、バームクーヘン、板チョコなど美味しそうなものが所狭しと並んでおります。
choco1
一番奥がイートインスペースで、カウンター5席と控えめです。

まずは、店内でチョコレートを2つ選んで、いただきました。
choco4

“(R)ジャポネ ゴマ” ¥303
名前の通りゴマを使用した長方形のガナッシュ。 食べた瞬間、口に広がるゴマの香りが素晴らしく、シャリシャリとした食感も涼しげ。 和菓子っぽい雰囲気が面白いですね。

“(L)グラン クリュ” ¥303

カカオ70%のビターチョコですが、思ったより甘味を感じられました。 非常に上品でシンプルに美味しいのです。

関税がかからないせいか?一粒のお値段は、海外ブランドに比べ、非常に値ごろ感がありますね。続いてイートイン限定のコチラをお願いしました。

“タルトショコラ コーヒーセット” ¥1,300
choco7
店内で焼き上げるので15分ほどお時間がかかります。

熱々で提供されるタルトをナイフで割ると、ホットチョコレートがトロ〜リ。
choco8
フォンダンショコラを思い出させます。お味はビターで、意外なほどさっぱりしております。美味。外側のカリッと内側のフワトロ〜のコントラストも愉快。シャンパンやワインとも合いそうです。

スタッフの方とお話していると、珍しいとっておきのチョコがあるとのこと。 せっかくなのでお願いしてみました。

“カカオ ブラン ドゥ リリュジョン” ¥1,200
choco9
一粒入りのボックスで登場です。 希少なホワイトカカオを使用した逸品。見た目も滑らかで、一片の金箔が美しいです。良い香りです。

食べ方もレクチャーしていただきました。
(1)おおよそ三口で食べきる(味覚)。
(2)手にもって食べる(温度)。
(3)それによる味の変化を、冒険するように味わい楽しむ。

そして実食。
choco10
恐る恐る一口目をいただくと、瞬間は甘いのですが、その後に酸味の波が押し寄せるよう。二口目からは酸味は感じず、どんどん円やかさが増し、優しい甘味の大波がやってきます。そして後には幸せな気分が残ります。不思議です!美味しいです!大事に大事に、四口で。楽しい冒険でした。

最後は美味しいコーヒーで。
choco6
ごちそうさまでした。

お値段も手頃なものが多く、種類も多いためお土産にも最適。色んな意味で流石ですね。“ピエールマルコリーニ”さんも改装中で、銀座ショコラストリートは壊滅的ですが、そこに現れた救世主となるでしょうか。チョコレート好きとしては嬉しい限りのお店です。 今後メニューが増えるのにも期待したいと思います。

“ル ショコラ ドゥ アッシュ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


ブリッヂさん-ユニークなメニュが目白押し/the 185th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、185日目の本日は老舗の喫茶店“ブリッヂ”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、“西銀座デパート”の地下1階でございます。
bri11
宝くじ売場のある数寄屋橋交差点近くの階段を下りるとすぐお店です。

bri10
昔ながらの喫茶店という風情溢れる店内はかなり広く、全席喫煙可能です。 魅力的なメニューが多く迷いましたが、 カレーフェアの表記を発見し、迷わず“ハンバーグカレー” ¥1,300をオーダーいたしました。

主食はA)ライスとパン B)ライス多め C)ナンの3種類から選択。ナンを選びましたが、「カレーの中で一番辛いので、AかBがお勧めです。」とのこと。それでもナンをお願いしようとしましたが、「悪いことは言いません。AかBがよいですよ。」と頑。 そこまでいうならとA)ライスとパンを選択しました。どんだけ辛いんでしょうか。 10分ほどで到着。

bri1
ワンプレートで、ヨーグルト、サラダなども付いておりターリー(インドの定食)のような盛り付けです。パンはマーガリンを塗ったもの、ご飯も少し味付けされているでしょうか。 カレーはスパイスをオリジナルでブレンド。コチジャン、赤唐辛子、パプリカで赤色を出しており見るからに辛そうです。

bri2
牛肉が入っており、さらに中には何と100%ビーフの大きいハンバーグが丸々1個沈んでおりました。 衝撃的!

カレーとしては辛い方ですが、水は必要ない程度。予想以上にしっかりとしたカレーで美味。食べ応え満点で、大満足です。次は強行にナンを注文してみようと思います。

最後はセットのコーヒーで。
bri8
飲みやすいKEY COFFEEです。ごちそうさまでした。

ちなみにカレーフェアは夏の間はずっと開催。冬はシチューフェアになるそうです。

こちらのお店はパンケーキも有名。カレーと同時には無理でしたので、次の日お伺いしてみました。名物は“メロンパンケーキ”で、見た目はメロンパン風なもの。テレビでも取り上げられたそうです。 メロンパンにそれほど惹かれないため、こちらをオーダーしました。

“ティラミスパンケーキ” ¥1,550
bri6
10分ほどで到着。何も言わないとパンケーキとコーヒーは同時に運ばれてきますよ。 こちらも結構なインパクト。三段重ねの大きいパンケーキの上にはバニラアイスと生クリーム。パンケーキの間には少量ながらマスカルポーネチーズとチョコクリームが挟んであります。

bri9
パンケーキは昔ながらの懐かしいお味。フカフカしており非常に美味。しかしながら、甘いものが好きとはいえ、流石に量が多過ぎました。頑張って完食!2人以上で食べるのに丁度良いですね。 メープルシロップも置いていってくれましたが、使用しませんでした。

メニューにあるのかわかりませんが、プレーンなパンケーキ1枚にフルーツ付きがベストな感じですね。 なかなかに楽しい一時でした。ごちそうさまでした。

全席喫煙可のため、煙草を吸っている人がいなくても煙草の匂いが絶対に付くことと、なかなかのハード&ドライな接客は、気になる方がいるかもしれません。

ドライカレーやチリナンドッグなどユニークで魅力的なメニューが多いので、またお伺いすると思います。 気持ちに余裕があれば接客も逆に楽しめそうですよ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
bri5