銀座 鮨 み富|変わりゆく 鮨の観念/the 380th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」380日目、本日は7月30日に銀座5丁目、三原通り沿いにオープンした鮨店「銀座 鮨 み富」にお伺いいたしました。

1階は以前ブログでご紹介させていただいた「のと半島 時代屋」です。1本西側のあずま通りの老舗鮨店「新富寿し(現在休業中)」で22年働かれていた三橋克典氏が大将を勤めています。 本日は一番お手頃な・ランチ握り ¥3,000(w/o tax)をお願いしました。

・赤身漬け

シャリは小ぶり、米酢の柔らかな握りです。タネとのバランスは良い感じで、酢と塩が効いた鮨は夏バテ防止にも最適ですね。ちなみにガリは目の前の陶器の入れ物に入っておりセルフでいただけます。

・タイ

・シンコ2枚付

酢で〆る仕事はさすがです。美味しいです。

・シマアジ

この時期脂が乗って美味しいシマアジ。

・煮タコ

いわゆる桜煮も江戸前ならではの仕事です。

・イクラ

・アナゴ

・タマゴ

・かんぴょう巻き

ここまでがランチコース。以下は追加でいただきました。

・アジ

・アジ酢〆

アジはそのままでも十分美味しいですが、酢で〆るとまた別物。今日一番!

・イシガキガイ

イシガキガイは岩手県で養殖されているトリガイに似た貝です。食感良くさっぱり。残念ながら天然物は2011年の震災で全て流されてしまったそうです。

・イワシ

これくらい食べるとお腹も心も大満足です。追加で4貫頼んでトータル5,000円程、このお値段はやはり良心的に感じます。

そして新富寿しと同様、通しで営業されています。銀座で通し営業されている鮨屋を寿司幸本店くらいしか私は知りません(チェーン店除く)。鮨の観念、食べ方が当時と変わってきているなかで、少ない人数で、なかなか根性のいるスタイルだと思います。

受け継がれ、発展して行く江戸前鮨。今後のアップデートにも期待です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 鮨 み富」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です