チウネ|豊腹(福)絶倒 from Gifu/the 289th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、289日目です。本日は昨年12月、岐阜から移転、東銀座にオープンしたレストラン「チウネ CHIUnE」さんにお伺いしました。

東銀座の片隅に。看板などは出ておりません。同東銀座にある中華料理の名店「フルタ」の古田シェフのご子息のお店です。清潔感のある店内はカウンター6席のみ。フィン・ユールのダイニングチェアが温もりも感じさせます。

調理台には美味しそうなカモ。楽しみ。

メニューは・おまかせコース ¥25,000 のみ。ドリンクは・ハーフペアリング ¥8,000でお願いしました。

・ズワイガニの茶碗蒸し
・ドン・ペリニヨン ヴィンテージ 2006

白い変わったフォルムの器の蓋を開けると素敵な彩り。カニとタマゴの甘みが幸せな調和を生み出します。

・アオリイカとビーフン
・シャトー・ド・フューザル 1998 ペサック・レオニャン(白)

ビーフンと魚介の組み合わせはフルタ家の看板料理。太白胡麻油とすだち、塩でバランス良く。熟成香が素晴らしいワインでした。

・天城黒豚のチョリソー ジャガイモのソース
・ランゲ・ドルチェット ヴィサディ 2015 ドメニコ・クレリコ(赤)

上には生マッシュルームとクレソン。独特なクセのある料理だけに、パンチのあるイタリアの赤ワインで。

・3種類のハムのコソメスープ 黒トリュフ
・コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ 2007 ヴァンサン・ジラルダン(白)

こちらのスペシャリテともいえる逸品。蓋を開けると蒸らしたトリュフの凄烈で蠱惑的な香りが全身を巡ります。岐阜「ボン・ダボン」のペルシュウ、パルマハム、金華ハムの旨味の凝縮した黄金色のスープも絶品。

・タチウオ
・ブルゴーニュ ピュリニィ・モンラッシェ 2014 ドメーヌ・ルフレーヴ(赤)

ソースはフルーツトマトに2種のナッツ、3種のハーブのミックス。タチウオの中骨を抜いて、再び上下を合わせてソテーしたもの。大きめにカットして下さいとのアドバイスに従い、口へ運びます。 これは凄い。タチウオの旨味が口の中で爆発!絶品!本日No.1の一皿でした。

そしてお次はカモ。こんな感じになってます!

・マガモ
・クロ・ド・ラ・ロッシュ・グランクリュ 2003 ドミニク・ローラン(赤)

木曽川の真鴨。ナメコのソースと肉汁、赤ワイン、シェリーのソースと絡めていただきます。崇高で艶やかな桃色。肉の色をこんなに美しいと思ったのは初めてです。本日ルックスNo.1。咀嚼した時の弾力性と滑らかさが非常に気持ち良く、上品な野趣味が素敵。

・イノシシ
・リラック ル・グルマン 2014 ドメーヌ・デュ・ジョンシエ(赤)

岐阜と滋賀の県境、揖斐川の猪。バラ肉は郡上味噌と唐辛子、ラフランスのマリネ液に2週間漬け込んだもの。 脂もとても美味しく、こんなさっぱりとしたイノシシは初めていただきました。

・蝦夷鮑のおじや
・アルバリーニョ・グラン・リバド トマダ・デ・カストロ(白)

肝が効いてますね。お代わりもいただきましたが、もっと食べたい。

・紹興酒のアイス

お酒を使っているのに、なんてフレッシュ、なんて優しい。最後まで驚きの美味しさでした。

料理終了後は美味しい・白茶で落ち着きます。量的には腹8分で丁度良い量。イノベーティブ・フュージョンとは言いますがそんな言葉も当てはまらないほどジャンルを超越した料理の数々は、様々な驚きに溢れており本当に楽しませていただきました。 またワインは普段ほとんど飲まないのですが、料理との相性も良く、どれも美味しくいただけました。

そして最も感動したのはシェフのお人柄でしょうか。上品で親しみ深い雰囲気、サービス&ユーモア精神、料理や素材へのあくなき探究心と真摯な姿勢などとんでもないポテンシャルを感じます。料理は人ですね。一体どこまで行ってしまうんでしょう。一発でファンになっちゃいました。またお伺いしてみたいものです。ごちそうさまでした!

サラマンジェ|リヨン料理で美味しい夜/the 283th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、283日目です。本日はリヨン料理がいただけるビストロ、“サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ”さんにお伺いしました。2回目の掲載ですが、トリプル銀座の忘年会で利用させていただきました。ランチの記事はコチラをご覧ください。

場所は銀座7丁目の数寄屋通り沿い、TAKAYA-GINZAビルの地下1階。ちなみに数寄屋通りとは東急プラザ銀座と数寄屋橋公園の間の道でございます。

まずは前菜を色々いただきました。

“サラダ ガストロノミック” ¥2,300
カモの生ハム、ホタテ、フォアグラのスモーク、トリュフが入ったクレソンサラダ。トリュフオイルのドレッシングでいただきます。フォアグラスモーク美味しい!クセが抜けて、苦手な方でも食べられそうです。

“エスカルゴとカエル ロックフォールチーズのココット” ¥2,400

憧れのカエルちゃん。鶏肉っぽいけど、よりソフト。美味しー。

“グラ・ドゥーブル リヨネーズ” ¥1,800
牛の第一胃と第二胃の煮込み。来ると毎度頼んでしまう定番料理です。

メインも色々お願いしました!

“カモのジャンボネット” ¥2,800

何だこの絵に書いたような骨つき肉は!と思ったら鴨モモ肉の骨を抜き、詰め物をしてからハム状にしたものだそう。付け合せはポロ葱、芽キャベツ、菊イモなど。ビーツとコンソメのソースで。初めて食べましたが、さっぱりしていて美味!後味もとても良い。

“仔羊すね肉とメルゲーズのカスレ” ¥3,000
ボリュームたっぷり。ちょっと分けてもらいましたが、嫌味のない羊感たっぷり。一緒に入っていた羊のソーセージが超美味。

“タラと白子のムニエル” ¥2,800

お肉が苦手な方はコチラ。とても厚い白身、白子も大きい。

“バスク産乳のみ仔豚のポシェ 黒オリーヴのソース” ¥3,000

一番人気はコチラでした。写真だけでも美味しさの片鱗が伝わりますね。

別腹デザートは”ボンブ・グラッセ”

砲弾(ボンブ)型の変わった形。 フランボワーズソース、アイス、ヌガーの3層構造。初めて食べましたが、味と食感のコントラストが素敵!

ワインはボトルで以下をいただきました。良心的な価格設定も嬉しいです。
白 “リムー ラス・グラヴァス 2014シャトー・アントニャック” ¥7,000
赤 “シャトーヌフ・デュ・パプ 2012ドメーヌ・ジュリエット・アヴリル” ¥8,000

美味しい料理と楽しい時間をありがとうございます。またランチにもお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。

ル・ヴァン ドゥ、エル スミーニョ|銀座の千円お肉ランチ/the 275th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”275日目です。本日はランチに千円で美味しいお肉料理がいただける2店にお伺いいたしました。

まずは松屋裏のビストロ”ルヴァン エ・ラ・ヴィアンド”さんの2号店”ル・ヴァン ドゥ”さん。場所は並木通りと松屋通りの交差点付近。
levin8
隣のビルが絶賛工事中のため、隠れ家感たっぷりです。この隙間の奥にお店の入り口があります。地下1階の店内は思ったより広く、キレイめカジュアルな居心地の良い空間です。開店すぐの11時半にお伺いしましたが、すでに数名の方が着席されています。

本日はお目当ての限定20食”牛・鴨・豚挽肉のハンバーグ 赤ワインデミグラスソース” ¥1,000をお願いしました。

自家製パン “クルミパン、オニオンパン”
levin1
中身フワフワの美味しいパンでした。”サワークリーム”を付けて食べるのもユニークで、これもまた美味しいです。

10分ほどで3種類の挽肉を使用した珍しいハンバーグが到着。
levin3
上に丸い卵が乗った可愛い見た目です。 黄身はトロトロ状態で、白身を割った瞬間は、ささやかな幸せを感じます。

levin5
しっとりと仕上がったハンバーグで、これに卵の黄身が加わると味に丸みが出て美味。 付け合せはマッシュポテトとサヤインゲンでした。最後はパンにさっぱり目なソースを付けて綺麗にいただきました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
levin7
お店の方の感じがとても良く、他のランチメニューも美味しそうだったので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ル・ヴァン ドゥ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

2店目は泰明通り沿いのスペイン料理店”エルスミーニョ”さん。最近ランチを始められたようで早速お伺いしました。
el6
奥に深い店内は、1階がバー、2階がレストラン。けっこうなボリュームで音楽がかかっています。本日は一番リーズナブルな”Almuerzo A” ¥1,000をお願いしました。

本日の前菜 “トルティージャ、ナスのトマト煮、サラダ”
el1
BGM同様、けっこうボリュームたっぷり、種類も色々で嬉しい良い感じの前菜。

“スパイシーチキンの炭焼き”
el2
こちらも思ったよりも立派! パッと見、焦げているようにも見えますが、皮はパリパリ、お肉はふっくらと良い焼き上がり。食べ応えも十分です。付け合せは大量のレンズ豆。

“きのこのスペイン風リゾット アロス・カルドソ”
el4
さらに寒い季節に嬉しい熱々のリゾット。たっぷりと入ったアサリとシメジからも良い出汁が出ているようで美味。

最後は”コーヒー”まで付いてこのお値段は良心的。
el5
1階のバースペースはゆっくり落ち着ける雰囲気ではありませんが、お味も美味しく、お腹もいっぱいになりました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“エルスミーニョ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
levin9

ティエリーマルクス|クリエイティブ・フレンチ/the 270th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”270日目です。9月24日に三越前の銀座4丁目交差点に”銀座プレイス”がオープンしています。
marx7
先日は7階のビストロマルクスにお伺いしましたが(その時の記事はコチラ)。本日は隣接するフレンチレストラン”THIERRY MARX ティエリーマルクス”さんにお伺いしました。日本では初出店となり、あまり馴染みがありませんが、フランスで2つ星を獲得しているティエリー・マルクスシェフのプロデュースするレストランです。

奥がビストロなのですが、エレベーターを下りて、すぐ右手に隠し扉が! 店内は天井が広く、ところどころに和を感じるインテリア。
mar1
メインダイニングはテーブル5卓とそれほど広くなく、静かで落ち着いていますが、外の銀座の景色が見えないのは少し残念です。奥に個室が2部屋あり、そのうち1部屋からは景色が見えるそうです。

ランチコースは”おまかせコース” ¥15,000(w/o tax、サ別12%)のみ。早速コチラから。

アミューズ “菊芋、玄米、黒ごま、パルメザンチーズのグリッシーニ”
mar2
菊芋の上にはキャトルエピス、下には玉ねぎムース。

アミューズ “熟成ヒラメのタルタル”
mar3
ヒラメは塩気が随分効いています。中には椎茸、ディル、クルミ。付け合せは小松菜、椎茸。

“ブリオッシュ”
mar5
名物のパン。1/8カット。ビストロでは冷たいままだったのですが、ちゃんと温めて出してくれました。 温かいほうがバターの味が優しくなって、食感もアップ。断然美味しいです!

“フォアグラ/うなぎ/青リンゴ”
mar6
フランスのマルクス本店でも出しているという一皿。フォアグラの下にはウナギの燻製。青リンゴサラダの下にはウナギの出汁を使ったクリーム。別々で食べても美味しいのですが、全てを一度に食べると新たな扉が開かれ、口福感溢れるお味に。ちょっと涙が出そうでした。素材の香り、食感にリンゴの酸味が与える緊張感。味の重層感と膨張感が素晴らしい!ウナギが二切れだけだったのが悲しかったですが、文句なく今日一番。

“もやしリゾット”
mar7
ティエリーマルクスのスペシャリテ。 お米は全く使用しておらず、刻んだもやしをお米に見立てて。 パルメザンチーズ、ポルチーニ茸で香り付け。スプーンにポルチーニオイルが入っており混ぜていただきます。 こんな素敵に料理されて、もやし冥利に尽きるユニークな料理です。

“金目鯛/カリフラワー”
mar8
付け合せは様々な形で調理されたカリフラワー四変化。頭の部分だけを削いだ生カリフラワー、鯛の出汁とバターでソテー、花山椒のかかったムース状など。レモンのソースがとても美味しかったです。

パンお代わり “ミニバゲット、オリーブパン”
mar9
ここでメインで使うフォークと皿を自由にお選びくださいというサービスが。 棚に置いてあり、ずっと気になっていた銀色の卵はこのためだったのですね。中身は是非お店でどうぞ。

“川俣シャモ胸肉/オレンジ”
mar11
ゴボウのキャラメリゼ、泡に日本酒を使っているのは面白い。シルキーな肉質が素敵です。

“スウィート弁当 お重” 有田焼の丸い三段重。

一の重 “イランイランのシャーベット、パンナコッタ、アボカドソース”
mar14

二の重 “和栗とナシのコンフィチュールの求肥餅”
mar13

三の重 “ハーブアイス、マスカット、ブドウのソース”
mar12
どれも丁寧に作られており、間違いのない美味しさ。

最後は小菓子 “木苺のムース、フィナンシェ、カシスのパート・ド・フリュイ、トンカ豆の入ったショコラギモーブ”と美味しい”コーヒー”で。
mar15 mar16
コーヒーのお代わりをお勧めしていただけるのは「ゆっくりしていって下さい」という気持ちが現れて嬉しいです。

料理はオリジナリティがあり美味しく、説明も丁寧で、サービスも素晴らしく2時間を快適に過ごせました。また銀座にとんでもないフレンチレストランが登場しましたね。ごちそうさまでした!

“ビストロマルクス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
mar17