ソヤ銀座|和と北欧の香る創作イタリアン/the 410th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」410日目、本日はイタリアン「SOYA ソヤ銀座」にお伺いしました。

以前は日比谷寄りの銀座5丁目にあったのですが、2018年6月に銀座1丁目、昭和通りの少し東側に移転いたしました。

同系列の日本酒居酒屋「縁」のお隣。ちなみに後ろに見えるのは高層マンション「銀座タワー」です。

1階がカウンター、2,3階がテーブル席となっています。以前より店内は明るく、カウンターも広くなって気持ちの良い1階席です。 基本はアラカルトでのオーダー、コースは大人数用のコースのようなものしかないそうですが、1名でもお任せコース風に提供可能ということなので、そちらでお願いしました。

・パン3種 フォカッチャ、全粒粉パン、薄焼きパン ¥500(w/o tax)

お持ち帰りできるように紙袋に入っているのが思いやり。カリカリの薄焼きパンはビールのつまみに最適。

・長崎産サザエと菊芋のムース オリーブ アンチョビ レモン

見た目も楽しい一皿、サザエと菊芋、ソースの組み合わせは間違いなし。サザエは味というより様子が良いので大好きです。カリカリのケッパーの風味がアクセント。

・塩豚バラ肉の煮込みとセロリアックのスープ

スウェーデン風 スウェーデンでメジャーな根セロリのスープ。根セロリがばっちり入ったこういう形のスープは初めてですが、もっちり食感で美味し。根セロリ同様、沢山入った豚バラも極爽やかに仕上げてあり、スープとの相性も良い。スープにあるまじき食べ応えでした。

・コルツェッティ 二枚貝と酒粕のソース

初めていただく北イタリア リグーリア州の伝統的コイン型パスタ。結婚式の時などには両面に家紋を押して作られるそうです。具材はカキと海老芋団子。もちもちのお団子美味し。 辛さ控えめなバスク地方の唐辛子エスプレットが貝と酒粕という甘みが強く膨張しやすいソースの味を上手く引き締めています。

・大葉のリゾット 仔羊の山葵煮込みと芽キャベツ

長時間かけて大葉の旨味を抽出したソースのリゾット。それほど味や香りは濃くなく、和風な柔らかで心地良い味わい。お米は本場のものにはやや劣るような気もいたしますが、石川県産のカルナローリ米を使用し食感良し。仔羊のそぼろも美味しい。ポテンシャルを感じる一皿でした。

・鳥取県産イノシシもも肉の煮込み リポリータと温野菜

素朴な味わいの豪快な塊肉は、柔らかホロホロで美味しい。

クセのないとても綺麗な味に仕上げてあります。

厚みも十分、ボリュームがありましたが、美味しすぎて赤ワインと一緒にあっという間に完食です。

・ティラミスムース ローズマリー風味のキャラメルソース

ティラミスはこういう形か。マスカルポーネのムースに、チョコパウダー、タッパに入ってレンコンっぽく見えたのはコーヒーのメレンゲ。黒いソースが黒蜜、パウダーがきな粉っぽくて少しわらび餅っぽい。想像するより甘さは控えめでした。

移転前と比べ料理の雰囲気も随分変わっており、同じお店かと思うほど美味しくいただけました。イタリアンをベースに、北欧的イノベーティブな要素と日本の素材をミックスし、カジュアルに親しみやすく構成している印象。お肉を使った料理が多かったですが、後味も軽やかです。銀座にはないタイプのお店ではないでしょうか。

個々の料理の値段はわかりませんが、デザート含む6皿のコースで¥8,000程度と考えると、かなりリーズナブルに感じます。 サービスや雰囲気は相変わらず、シェフやスタッフの方々もフレンドリーで料理の説明も丁寧、とても居心地の良いお店です。とても良かったので、たびたび寄らせていただきたいと思います。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ソヤ銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

GINZA沁馥園(シンフウエン)|創心中華の花が咲く/the 409th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」409日目、本日は中華料理「GINZA沁馥園(シンフウエン)」にお伺いしました。「創新中華」と銘打って新感覚のイノベーティブな中国料理を提供するお店です。

場所は銀座6丁目、外堀通り沿い。

トリプル銀座の斜め前「銀座みゆき館ビル」の6階です。

店内は程よく高級感があり落ち着いています。ビシッとスーツ姿のサービスの方も非常に丁寧で、心地良い時間を過ごせます。お店のウェブサイトには銀座高級中華料理店と記載されていますが、平日ランチは意外にリーズナブル。本日は・若鶏とカシューナッツ炒めセット ¥1,300 をお願いしました。

まずは美味しいゴマドレッシングのかかった・中華サラダ

香草のエスニックな香り、タコが入っているのが良い感じです。

追加注文の点心・キノコ春巻、海鮮春巻 ¥240、¥300

薬味の老干媽(ラオガンマー)風味豆豉油辣椒(黒豆と唐獅子)が辛さもマイルドで病みつきになりそうです。ご飯に乗せても最高。

外ザクザク、中はプリプリフワフワの完璧な揚げ具合。

中身も外見も美味しいです。

・白キクラゲと鶏の蒸しスープ

食感の良いキクラゲ、さっぱりとした中にも地味深い美味しいスープです。下にピーナッツが入っていました。

・若鶏とカシューナッツ炒め(ライス付)

キュウリ、パプリカ、たっぷりのタケノコが入った風味豊かな一皿。薄味ですが、素材の旨味も感じられます。 トロトロ系のものはご飯に乗せて食べたくなるもの。密かに試みる若鶏カシューナッツ餡掛け丼、最高です。

・亀ゼリー(亀苓膏 キレイコウ)

デザートもちゃんとしています。亀の甲羅エキスの入った亀ゼリー。亀というと少し慄いてしまいますが、はちみつ味の寒天で普通に美味しい。美容にも良いのだとか。

とても充実した料理構成です。サービスもお手軽ランチにもかかわらず非常に丁寧なのが素晴らしいです。ディナーはもっと創作的な内容なのかもしれませんね。ごちそうさまでした!

「GINZA沁馥園(シンフウエン)」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

別の日にいただいた「陳麻婆豆腐」、見た目は凄く辛そうですが、それほど辛くありません。優しいスパイス感で美味。麻婆豆腐が美味しいお店は他の料理も間違いないですね。 ちなみによく麻婆豆腐の前に付けられる「陳」は建一さんのことではなく、150年ほど前のお婆さん(陳麻婆)の名前です。

銀座 凛 にしむら|安定感のある綺麗なお寿司/the 408th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」408日目、本日はお寿司です。2019年ミシュランガイドで初1つ星取得の鮨店「銀座 凛 にしむら」にランチにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数寄屋橋通り沿い、東建ビルの地下1階です。

ビルの左側が地下への入り口です。入って奥が同系列の「天婦羅おばた」、手前が寿司店「銀座 凛 にしむら」です。

コンパクトな店内はカウンター6席のみ。

大将が怖い人だったら圧力が凄そうですが、はきはきと優しく積極的にお話していただける方なので安心、プライベート空間のような感じで良い雰囲気です。

本日は・ランチ握りコース ¥10,000(w/o tax)をお願いしました。 まずは前菜から

・のれそれ

高知県の郷土料理で有名な「のれそれ」はアナゴの稚魚。やや大きめサイズでしょうか。ツルツル喉越し最高、トコロテンみたいで美味。ちなみに「のれそれ」の由来は不明だそうですが一説には「のったり、それたり」の略だとか。 和んだところで続いてお寿司。

・コハダ

江戸前鮨には絶対に外せないコハダからのスタート。隠し包丁も美しいふっくら仕上げで美味。赤酢と米酢をブレンドしたシャリは、酸味塩味の少ない極円やか仕上げです。

・スミイカ、白アマダイ、サヨリ、イワシ

食感の良いスミイカ、旬のサヨリ、これまた隠し包丁が美しいイワシと美味しいお寿司が続きます。

・サワラ

藁焼きにして香りがとても良いサワラです。

・トラフグ白子

熱いのでお気をつけくださいという注意をいただきましたが、ホントウに熱々。トロトロの白子で贅沢な卵ご飯。

・シロエビ、カワハギ、イカ印籠詰め、マグロ赤身漬け

カワハギはタネの下に肝ペースト、美味しいです。クラシックなイカの印籠詰めも良い雰囲気。

・ホッキ貝炙り、バフンウニ手巻き、クルマエビ、蒸しアワビ

とろけるウニアイスに肝がたっぷり乗った蒸しアワビも美味しいです。

・アナゴ

とろけます。

・キンメダイ炙り

脂の乗ったキンメダイでした。食べ応えのあるサイズです。

・タマゴ

デザート代わりのスイートなタマゴ、これに「鮨屋で食べる味噌汁が大好き」という西村大将こだわりシジミ味噌汁が付きます。

追加・かんぴょう巻き

タネは基本的に厚めに切りつけ隠し包丁は鮮やか、食べ応えは十分。トラフグ白子、アワビなども入ってこの価格なので満足感はしっかりと感じられます。印籠詰めといった江戸前らしいものも入りますが、全体的には現代的、とても食べよく、嫌いな人はほとんどいないタイプの綺麗なお寿司という印象です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 凛 にしむら」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座しらたまや|歌舞伎ラバーのオアシス/the 407th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」407日目、本日は小料理屋(居酒屋)です。歌舞伎を愛する女将の経営する小料理屋「しらたまや」さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、泰明通り沿いウエストビルの地下2階です。

古いビルですのでエレベーターはありません。そして入り口がいくつかあり迷いますが「串の坊」の左から入ります。

階段下には歌舞伎のポスターが貼られており歌舞伎好きなら一安心。

ちなみに2017年の「大阪松竹座新築開場二十周年記念 七月大歌舞伎」 の演目『盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』の片岡仁左衛門さんです。

歌舞伎好きの女将が経営する歌舞伎好きのためのお店ですので、オープンは15時30分。このオープン時間も歌舞伎に行かれる方ならピンと来るはず。昼の部が終わってすぐに飲み始めることができるようにという配慮です。ちなみに定休日は月火で、これにも多くの歌舞伎フアンに対する優しさを感じますね。

やや重めのドアを開け入店するとすぐに清潔感のある店内。靴を脱いで上がる小上がり畳敷き店内、カウンター、テーブル席全て椅子席ですので楽々です。

壁一面にはびっしりと2018年に行われた歌舞伎興行のチラシが貼られており、演目、役者の人気投票開催中でした。料理を待つ間、私も投票させていただきました。奥には孝玉コンビ(片岡仁左衛門(旧芸名片岡孝夫)さんと坂東玉三郎さん)のサインも!

前置きが長くなりましたが料理は基本的にコースのみで¥1,800の軽いものからあるのが嬉しいです。本日は・つまみ5品コース ¥3,300 をお願いしました。いただいたのは以下。

・なます、ゴマ豆腐、ふろふき大根、タコとワカメの酢の物

きちんと作られていることがわかる体に負担のかからない優しいお味で安心感があります。日本酒が進む料理です。

・ちゃんこ鍋

きりたんぽが入った具沢山のちゃんこ鍋も温かくて美味しいです。 

デザートは・イチゴでした。

女将さんが日本酒大好きのため品揃えかなり豊富、島根県の酒屋さんから仕入れられており十字旭、天穏、辨天娘、満天星、神亀、竹鶴などお燗好きには超嬉しいラインナップです!

こちらのお店、1人でいらっしゃる方もとても多いそうです。歌舞伎という共通点があるので、話が盛り上がることは必至。また、これから歌舞伎に行ってみたいという方にもお勧め。ネット情報も色々ありますが、実際に好きな人にきちんと会って聞く方が間違いなく生きた情報を得られるのものです。

平日は歌舞伎に関心のないサラリーマンの利用も多いのだとか。居心地よく、お値段も良心的、知っているとちょっと銀座通。歌舞伎と日本酒好きのオアシス、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「しらたまや」について詳しくはフェイスブックページをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。