ビストロ マルクス|銀座プレイス 話題のレストラン/the 268th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”268日目です。9月24日に三越前の銀座4丁目交差点に”銀座プレイス”がオープンしました。
marx7
FRETWORK(透かし彫り)をモチーフにした外観が特徴的です。

1、2階には日産のショールーム、上層にはソニーのショールームやレストランが入った複合商業施設です。本日は銀座プレイスの7階にオープンした”ビストロマルクス”さんにお伺いしました。パリでミシュラン2つ星のティエリー・マルクス シェフが手がけるビストロ&レストランです。

オープンキッチンのカジュアルな店内、昼間は大きな窓から陽光が沢山入り、明るく気持ちの良い空間。バーカウンター、見晴らしの良いテラス席も気持ちが良さそうです。

単品メニューのマルクスバーガー(¥3,000オーバー!)、フレンチトーストなどが人気のようですが、本日は”ランチコース” ¥3,800(w/o tax, サ別10%)をお願いしました。

“ブリオッシュ”
marx1
自慢のパンだけありバターの風味豊か、食感も良く美味しい。ちなみにテイクアウト可能なこちらのブリオッシュは¥1,500で販売しております。

前菜は帆立マリネ、スープの2種類から選択。

“栗のスープ”
marx2
円やかで優しい甘みで、とても丁寧に作られた印象です。

メインは鯛、豚、仔羊の3種類から選択。

“仔羊のナヴァラン”
marx3
トマト、香味野菜、焼いた仔羊の骨などで5時間煮込まれているそう。 お肉はフォークで少し触れると簡単にほぐれるほど柔らかく、羊の旨味もたっぷり感じられます。

marx4
野菜は白インゲン、ネギ、大根。下にはソースを浸したカンパーニュ。 とろみのあるソースは、とてもさっぱりとしていて野菜の甘みが美味しい。最後はブリオッシュに付けて残さずいただきました。

デザート “レモンとメレンゲのムース”
marx5
手前のまったりしたムースがとっても美味しい。 緑のはバジルのソースでした。

そして最後は美味しい”コーヒー”で。
marx6

料理は美味しいのですが、サービス料などもプラスされるためビストロ的お手軽感はあまりありません。。。 12時前には満席となっており、すごい人気です!来店される場合は平日でも予約が確実でしょう。ごちそうさまでした!

“ビストロマルクス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
marx8


SOYA、ビストロ ヴォージュ|お昼にカレーが食べられる隠れ家レストラン/the 267th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”267日目です。本日はトリプル銀座の近くでお昼にカレーが食べられるイタリアンレストランとビストロを2店ご紹介いたします。どちらも雑居ビルの上にあり、なかなかの隠れ家感です。

まずはみゆき通り沿い、泰明小学校の並びにあるイタリアンレストラン”SOYA銀座”さん。
soya6
1階には洋菓子店の”樫木の樽”さんが入っている雑居ビルの7階です。エレベーターで7階に降りると、こじんまりとした良い感じのお店で一安心。照明暗めな落ち着いた雰囲気で、カウンター6席、テーブル16席と程よい大きさです。

ランチはパスタ2種類に、新メニューというカレーライスが1種類、全て¥980と優しい価格設定です。 イタリアンですから最初はパスタを頼まなければと思いつつも、欲望のままに、”マツコのバターレッドカレー” ¥980をお願いしました。

まずは”前菜3種、サラダ、パンのワンプレート”
soya1
グリーンサラダにポテトサラダ、コリンキーのビネガーソース、フリッタータ。 暖かいパン、クミンの香りのポテトサラダはなかなか美味。ポテサラは、もう少し食べたい気分です。

“マツコのバターレッドカレー”
soya7
上にはココナッツミルクがかかった、いわゆるバターチキンカレーで、野菜も色々入っています。 スパイシーな中にも円やかさがあり、バランスの良く日本風の味付けにアレンジしているようです。試行錯誤を感じる、とても好感の持てるカレーでした。 ちなみにマツコさんはDXのことではなく、このカレーを考案した、こちらのスタッフさんのお名前だそうです。よい狙いのネーミングですね。

最後は秋を感じる”サツマイモのジェラート”と美味しい”コーヒー”で。
soya3
この値段なら大満足です。夜は新鮮野菜はもちろん最近勢いのある尾崎牛がいただけるなど、なにやら良さそうな予感がいたします。 次回はパスタをいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いてはソニー通り沿い、エルメスの近くにある雑居ビルの7階にある”ビストロ ヴォージュ”さん。
vosge8
以前は当店の裏路地にあったのですが、数年前に移転したお店なのです(17回目でお伺いしています。以前の記事はコチラ)。

なんと4年ぶりの再訪問でした。看板のゆるい文字も相変わらず。お値段も相変わらずの千円ぽっきり。 前のお店よりも広く、ビストロらしい雰囲気になっています。それでも片仮名の「ビストロ」よりも平仮名の「びすとろ」が合う感じは相変わらずですね。安心安心。11時半にお伺いしましたが、12時前には満席に。

メニューはパスタ、シチュー、カレーの3種類。 本日は”レンコンとポーク入りオムレツのカレー” ¥1,000をお願いしました。

まずは、”サラダ”、”ワカメ、玉ねぎスープ”。
vosge3
変わった食感のハムが乗っています。何てことのないサラダですが、ハムにより、この店らしさが出ています。混んでいたためかカレーが出てくるまでに20分ほど待ち。

“レンコンとポーク入りオムレツのカレー”
vosge1
これでもかというくらいの湯気モクモクのアッツアツです。 皿も大きい上に、かなりしっかりしたオムレツが乗っており、相変わらずの盛りの良さ。 そういえば移転前のお店で頼んだパスタも普通のお店の倍くらいありましたっけ。すっかり忘れていました。

vosge2
カレーはちょっと油強めの男らしいお味。豚肉の細切れとレンコン、ニンジンがたっぷり入ったオムレツが良い味を出していますね。 ご飯も美味しいですが、量が多く、なんとか完食です。

最後は美味しい”コーヒー”で。
vosge4
この場所でこの価格は素晴らしく、ボリュームとそこはかとなく感じるオリジナリティが良いですね。 スタッフの方々も元気があります。 久々に独特の空気感を味わえて満足です。このお店、なんか好きです。

ちなみに全席喫煙可能ですのでお気を付けください。また、どちらのお店もメニューは日によって違います。カレーが無い日もあると思いますので予めご了承くださいませ。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
vosge6


しのだ家|東銀座の素晴らしき台所/the 266th day

2018年6月追記)たびたびお世話になっている東銀座の居酒屋「しのだ家」さん。2ヶ月ぶりくらいに遅めのランチ(日曜日は16時から営業)にお伺いすれば、メニューがかなり変わっておりテンションが上がります。

まずは定番の・グリーンサラダ ハーフから。

・アジアンな餃子

ココナッツにミントが何とも爽やかな新感覚餃子。ビールが進みます。

かなりレアな焼き魚もスポットメニュでお目見え・真鯛の香草焼き 山椒味噌ソース

皮パリパリの素敵な焼き加減に、山椒の香り、味噌の風味が加わり、とても美味しいです。

初夏になると登場する・トウモロコシのビールフリット

ビールの苦みがトウモロコシの甘みを引き立てます。サックサクとあっという間に完食。

優しいお出汁の小鍋・アサリと豆腐とカブみぞれ鍋

あっさりした仕上げにカブがアクンセトです。パクチーは何にいれても変わらずパクチー。

〆は定番の・卵かけご飯カレー味

好物のカレーと卵ご飯の最強コラボ、理由はわかりませんが、大変美味な卵ご飯です。お腹もいっぱいになり大満足。ちょっとした工夫や薬味の使い方が料理のレベルをグッと引き上げているようです。やはり銀座で最高レベルの居酒屋の1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2016年9月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”266日目です。本日は東銀座の素敵なダイニングバー”しのだ家”さんをご紹介いたします。
shino7
場所は銀座2丁目、昭和通りから1本東側の閑静な通り沿いです。

店内は木を沢山使っており温かみを感じます。すごく清潔感もあり、気持ちが良い雰囲気。カウンターの向こうのオープンキッチンでは女性店主が手際よく調理をしています。 ちなみに全席喫煙可能です。ただ、3回お伺いしていますが、何故か煙草を吸われている人を見たことがありません。

料理はどれも、どれもハズレなしです!

“トウモロコシとそら豆のフリット” ¥600
shino2

“カツオのなめろう” ¥700
shino3
荒くみじん切りにしたカツオをネギ、生姜で和えています。

“ゴボウのフリット 粒うにソース和え” ¥700
shino4
これ、美味し過ぎです。勝手にこちらのお店のスペシャリテだと思っています。

“豚バラ粗挽き肉とニラの入った餃子” ¥650
shino8
一口サイズの可愛い餃子が6個。 ニラ感は控え目で、お肉の味をしっかり感じられます。お酒が進む料理です。

“豆腐と木の子のスーラー仕立て小鍋 ネギ or パクチー” ¥700
shino9
ネギも良いですが今回はパクチーでお願いしました。 蓋を開けるとパクチーがどっさり!良い香りです。 熱々で、唐辛子の辛味とトロみのあるスープの絡みが良く効いています。最近、肌寒くなってきたので体が温まります。

“アサリとクレソンの蒸し煮” ¥750
shino5
グツグツ状態で登場。けっこうなボリュームです。 具も美味しいのですが、ワインの入ったスープがこれまた美味しすぎて全部飲んでしまいました!

料理はどれも一手間かかっており、繊細で優しい味付けが素敵。この一手間が素晴らしく、単なる家庭料理とは一線を画しています。洋風な店内ですが、日本酒、果実酒、ワインなどドリンクの品揃えも豊富。さらに遅くまで営業しており、日曜日も営業しています(不定休なので要電話確認)。加えて価格も非常に良心的ときてますから、本当素晴らしいお店です。

外の看板に「shinorinの台所」と書いてありますが、これを略して「しのだ」なのでしょうか。いつも気になっているので次回は聞いてみたいと思います。またお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
shino6


イルモーロ|ムードも素敵な肉系イタリアン/the 265th day

2018年4月追記)東銀座からべルビア館8階、リストランテエッフェ跡に移転オープンしたので早速ランチにお伺い。

店内は居抜きでエッフェそのまま。

牛の頭のオブジェなどはそのまま移転されていますが、カジュアルだった東銀座の頃と比べると高級感がアップ。

ランチはパスタランチが¥1,800からですが、メインの羊が気になったため本日は・ランチフルコース ¥3,800(w/o tax)をお願いしました。

・パッパル ポモドーロ

パンとトマトを使ったトスカーナ地方の郷土料理、上の豚の背脂の塩漬けがアクセント。温かくホッとするお味です。

・野菜のパフェ

上にはアイスプラント、アスパラガスなど種々の野菜とそら豆のムース、パルメザンチーズのクッキー、下の紅白はフレッシュトマトソース、新玉ねぎのムースのフォトジェニックな一皿。 野菜のパフェというとエールが思い浮かびます。比べると見た目はシンプルながらも爽やかな印象。 下から甘味、酸味、塩味の3層構造、混ぜて食べるとバランスが良く美味しいです。

・駿河湾産桜エビとフレッシュトマトのアラビアータ

パスタは以前からの名物トスカーナ名物のピーチ。うどんのような見た目でモチモチ食感が心地よいパスタです。桜エビの春の香りも香ばしく、ちゃんと個性のあるパスタです。

・熟成ラムの薪焼き +¥500

オーストラリアのテンダープラス社の熟成ラム。ハーブのソース サルサヴェルデ、マスタード、バルサミコ酢でいただきます。薪パワーか、中はふっくら皮目はカリカリで美味! お肉自体に力があり、ボリュームも十分、最後は手持ちでかぶりつき。付け合わせの赤タマネギも甘くて大変美味しかったです。

・ティラミス

ティラミスもオリジナリティ有り。濃厚なマスカルポーネムースにエスプレッソのグラニテにメレンゲアイスをからませ上品で春らしい仕上がりに。

最後は美味しいコーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

お値段は上がっていますが、その分内容も充実されており、十分な満足の得られるランチコースでした。やはりこちらは肉が美味しい!ランチにアラカルトでもオーダー可能なのも便利ですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2016年9月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”265日目です。本日は東銀座のお肉が美味しいイタリアンレストラン”イルモーロ”さんにお伺いしました。

場所はみゆき通り沿い、昭和通りを少し越えた辺りです。バルサミコ酢?のボトル型看板が目印です。
molo9
お隣はミシュランガイドのピブグルマンにも掲載されている立ち飲み居酒屋”三ぶん”さんです。

間口は狭いですが、奥行きがあり清潔感の感じられる店内。
molo1
入ってしまえば、外から全く見えず非常に落ち着ける雰囲気です。そこはかとなく感じるローカル感が、とてもいいですね。

ランチは”パスタセット” ¥1,200からありますが、せっかくなので肉料理もいただける”ランチフルコース” ¥3,400をお願いしました。

“サラダ、パン(カンパーニュ)”
molo3 molo4
爽やかドレッシングの新鮮サラダ。温かいパンも美味しいです!

パスタは4種類から選べます。

“小エビとほうれん草のフレッシュトマトソース”
molo5
自家製生パスタはトスカーナ名物のピチ。ちょっと太めで縮れているためウドンのようで、ズルズル啜りたくなりますね。たっぷりしたモチモチ感を感じられる美味しいパスタです。次回は平打ちパスタのトレネッテも試してみたいです。

“ブラックアンガス牛リブロース 10年熟成バルサミコソースとパルミジャーノ”
molo6
パスタは少ない分、お肉はボリュームたっぷりです。お肉は歯ごたえ十分で、噛みたびに肉汁がジュワり。これがバルサミコとの美味しい調和が素敵です。 パルミジャーノが乗っているので、最後まで飽きることなく美味しくいただけました。塩胡椒も出していただきましたが未使用で完食! 付け合せはイタリアンタンポポ?、温かみのある苦味がよかったです。

“リコッタチーズとへーゼルナッツのパウンドケーキ、桃のコンポート マンゴーソルベ”
molo8
デザートもなかなか。ナッツのリズム感のある食感が心地よいパウンドケーキはかなり好み!

最後は美味しい濃い”コーヒー”でさっぱりと。パスタのレベルも高く、お肉を沢山、食べたい時に訪問したいお店です。平打ちパスタは是非食べてみたいと思います。料理も美味しいですが、心地よい空間とサービスがとても好感触でした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“イルモーロ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
molo11