銀座 ささ花さん-心地の良い和食の良店/the 228th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”228日目、本日は和食店”銀座 ささ花”さんにお伺いしました。銀座1丁目、外堀通り近くの”ツモリチサト”さんが入っている建物の地下1階にございます。
sasa11

昭和59年創業の和食店、情緒感じるエントランスです。綺麗な螺旋状の階段を降りると、これまた綺麗なカウンターが現れます。店内は広く、地下ですが圧迫感はなく、テーブル席もいくつかあり、それほど硬い雰囲気ではありません。

本日は一番リーズナブルな”花”¥6000(w/o tax, サ別5%)をお願いしました。

“アナゴの博多煮”
sasa1
アナゴを白菜と玉子豆腐でサンドイッチした見た目にもワクワクする一皿。 体が温まり、出汁も美味しいです。

椀 “塩ブリ、聖護院ダイコン、エビイモ”
sasa2

造り “寒ブリ、スミイカ、ヒラメ昆布〆”
sasa3
寒ブリは脂がのりのり。ワサビが上質なのが素晴らしく、どれも美味。

“岩手県産カモのロースト リンゴソース”
sasa4
上にはニンジンの葉、リンゴチップ。 お肉も出るとは意外でしたがカモは好物です! 厚みがあり噛むほどに、ほんのり甘い肉汁が。フルーツとの組み合わせは間違いありません。

“京にんじん 擦り流し”
sasa5
甘味のある玉ねぎを加えて食べやすく仕上げてあります。 底に百合根が入っているのが気が利いています。美味。

“メカジキ 馬鈴薯ソース”
sasa6

“じゃこご飯、赤だし、お新香”
sasa7
柔らかい山椒の香りがよい雑魚がたっぷり。

最後は”抹茶アイス”でさっぱりと。餡子も美味しいです。
sasa9

日本酒の品揃えはかなり豊富。料理はアラカルトも充実しているので、好きなものだけ摘んで日本酒を楽しむのもよさそうですが、最初の来店ではコースがお勧めでしょうか。

カウンターにいらっしゃった料理長も、積極的にお話してくれて、楽しい時間を過ごせました。 「18時30分を過ぎると混み合うんです」とおっしゃっていましたが、その時間を過ぎると本当に今までの静けさが嘘のように一気にお客様がいらっしゃいました。早い時間が狙い目です。銀座にしては、コースの価格設定もリーズナブルで、初めてでも緊張せずくつろげる和食店です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ささ花”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
sasa10


かめ幸さん-寒い日にはおでんが美味しい/the 227th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”227日目、本日は寒い季節に食べたくなるおでんです。東銀座、昭和通り沿いにある”かめ幸”さんにお伺いしました。老舗「お多幸」の味を受け継いだ純関東おでんのお店です。
kame7

土曜の夜21時過ぎ、仕事帰りに一人でお伺いしました。土曜に遅くまで営業している路面店は意外と少ないので助かります。店内は想像したより賑やか。カウンターにテーブル席がいくつか。カウンターは驚くべきことにカップルばかり!丁度1カップルが帰ったばかりの2席空きがあり、カップルの間に滑り込み。平日はまた客層が違うのでしょうね。

まずは”生ビール” ¥650、仕事の後のビールはやはり美味!嬉しいことに量も多め。

“おでん盛り合せ 大根、がんもどき、豆腐、きんちゃく” ¥1,100
kame1
kame2甘い出汁が沁みた特厚の大根、疲れた体に優しい味わいが沁み渡ります。 きんちゃくは人参、蓮根が沢山入っており滋味。どれもサイズが大きいのが良い。目の前にいらっしゃる大柄な方が大将でしょうか。見た目は怖そうですが、笑顔が素敵で気遣いも素晴らしく、安心感を感じますね。

“春菊” ¥450
kame3
こちらはオーダーが入ってから煮る。上にはかつお節がたっぷり乗ります。美味しい。

ここでサービス価格の日本酒、おでんに合いそうな”酔鯨” ¥560をお願いしました。
kame4
菊正宗の升ででてきて少しびっくりですが、なかなか乙。刺身、なめろうなどの日本酒に合いそうな一品料理も魅力的ですが、今日はおでんに集中することに。

“ワカメ” ¥150、”つみれ” ¥350、”肉厚椎茸” ¥450
kame5
ワカメはお安く量もたっぷりで、必ず頼みたい一品。 椎茸も美味しく、硬い石づき部分が良いアクセントとなっておりました。滞在時間40分ほど。メニューの価格も全て税込でわかりやすい。店は満席(私の隣だけ空席ですが)で、カップルが一組お帰りになりました。なんか済みません。

冷たい夜風が妙に気持ち良かったです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“かめ幸”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 鹿乃子さん-やっぱり甘味が美味しいです!/the 226th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”226日目、本日は珍しく和菓子、創業70年以上の老舗和菓子店”銀座 鹿乃子”お店にお伺いしました。

kano5
晴海通り沿いのベルギーワッフルのマネケンを曲がってすぐ、すずらん通りにございます。1階が売店、2階が喫茶室。 流石に日曜日の夕方は混んでいましたが、ホームベース型テーブルの2人席が運良く空いておりました。やはり奥の中央通りが見渡せる席が人気のようですね。

メニューは甘味だけでなく、きしめんや栗おこわなどもあるんですね。ぜんざいも惹かれましたが、本日はコチラをお願いしました。

“玉子雑煮 替わり膳付” ¥1,800
kano1
海老、椎茸、タケノコ、紅白カマボコなどが入っており色彩豊かな綺麗な見た目です。 小ぶりのお餅が3つ。ふわふわっとした玉子が美味しい。 出汁はシンプルに後の甘味が引き立つ塩味。

替わり膳 “姫かのこあんみつ”
kano3
蜜は白と黒が選べますが、本日は黒蜜で。 つぶし餡に数種類の甘露煮豆、白玉、下には寒天。上に栗が乗っておりテンション↑。豆が美味しく、餡子の甘さも良い具合ですね。 お値段はやや高価に感じますが、丁寧に作られているようです。

通常サイズのあんみつを食べてみたくなりましたので、またお伺いいたします。 喫茶室で食べると¥1,000越えですが、売店のテイクアウトだと¥500程度。こちらでもよいかもしれません。ごちそうさまでした!

1階の売店で”花かのこ2ヶパック” ¥583 を購入しました。これ、美味しいのです。
kano6

“花かのこ 小倉”
kano7
外側は甘露煮豆、中は餡子、中心は求肥の三層構造。 ほどよい甘さで三位一体のバランスが最高!やっぱり美味しい和菓子です!

“花かのこ 栗”
kano8
こちらは初めて食べますが、四方八方を栗に囲まれた栗好きにはたまらない見た目。 なかは栗餡栗づくしで美味。

花かのこは全部で6種類あるのですが、6個くらいなら軽く食べられそうです。鹿乃子さんのお菓子はやっぱり好みだと再確認いたしました!ごちそうさまでした。

“銀座 鹿乃子”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ムッチーニさん-気軽に楽しくトリュフ三昧/the 225th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”225日目、本日は珍しいお店にお伺いしました。東銀座にあるトリュフ専門店”ムッチーニ”さんです。
muc9
壁面にワインが並んでいるので、ずっとワインやチーズのお店かと思っていましたが、看板を見ると「TRUFFLE」の文字。見ているとスタッフの方がお声をかけてくれました。マッシモ・ムッチーニ氏がオーナーのムッチー二 イタリア社のトリュフ製品を扱うお店で、カウンターでイートインも可能とのこと。早速ランチでお伺いしました! 

白を基調とした明るい店内は、入って左側に魅惑のトリュフ製品が陳列、右側が4〜5席のカウンター。
muc10
狭いお店ですので、予約が間違いないかもしれませんね。 ランチはなんと赤ワイン”Novecento 28 2012-ノヴェチェント28″がサービス!飲みやすく美味しいワインでした。

前菜 “パルマハム 白トリュフエキストラヴァージンオリーブオイル添え” ¥1,296
muc3
大きい塊をスライサーでサクサク綺麗に切っていただけます。

muc4
ボリュームもたっぷり!赤ワインとの相性も抜群! 白トリュフを漬け込んだオリーブオイルが、香りよく絶品!香りは芳醇ですが、飲み口はあっさりとしております。 このオリーブオイルがあれば、何でもご馳走に早変わりしそうです。 とても美味しいので、残った分は飲んでしまいました。

“バゲット”
muc1 muc2
こちらも先ほどのオリーブオイルと。黒サマートリュフ入りの岩塩で。ご馳走です!

パスタ “黒サマートリュフのタリアテッレとビアンケット(春)トリュフベルタータ・フォーチーズソース” ¥2,700
muc7
トリュフ練りこみのパスタは、卵入りで柔らかい歯ごたえ。 ソースとチーズも春トリュフ入り、上にはトリュフのオイル漬けとトリュフ三昧、贅沢な一皿。 なんとまぁ口福な。

最後はサービスの可愛く美味しい一口”コーヒー”で。
muc8

スタッフの方も皆様、明るくフレンドリーで、知識も豊富で居心地良し。とても楽しい一時でした! 色々試食もさせていただいて、トリュフ好きには堪らないお店です。

販売はしていませんが、ムッチーニ氏がワイナリーとコラボしたワインも飲めるそうで、夜も楽しそうです。 トリュフ製品はギフトにしても、すごく喜ばれると思います。 次回はぜひ生トリュフを。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“ムッチーニ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。