山形田さん-異彩を放つ無骨な田舎そば/the 105th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、105日目です。本日は蕎麦です。山形の田舎そばをいただけるお店“山形田”さんにお伺いしました。何でも山形商工会議所青年部の方々が、郷土の味を広めようと開店した店のようです。

場所は銀座3丁目、APA銀座中央ビル地下1階、中央通りの2本東側の通り沿いです。
yama10

14時頃お伺いしました。十割(じゅうわり)そば、外一(といち)そば、舞茸天は品切れとのことで、こちらを注文いたしました。

“ゲソ天付き板そば(田舎そば)” ¥880
yama2yama3
山形伝統という大きな杉の箱に盛り付けられております。美味しそうです。二八蕎麦で、かなり太めの。品の良い更科蕎麦の多い東京では珍しい無骨さで、素朴な雰囲気が漂います。豊かな弾力で噛み応えが良く香ばしい。

ツユはやや濃いめですので、ほんの少しだけ付けていただきます。美味しいです。

“ゲソ天”
yama1
さっぱりとした蕎麦と良く合う重さ。ゲソ天付き板そば、アゴが強くなりそうなメニューです。

“そば湯”
yama4
そば湯はシンプル。ホッとします。

十割そばもいただいてみたかったため、後日お伺いしました。開店と同時の11時着。何と十割そばは未だ仕上がっていないとのこと。早過ぎても駄目なようです。5分ほど待ちます。

“十割そば” ¥880
yama6yama7
こちらは細く白っぽいです。キラキラしていて美しいですね。柔らかいお味で、爽やかな喉ごしです。いくらでも食べられそうです。

“舞茸天” ¥200
yama8
こちらも美味しい天ぷら。なかなかです。

東京っぽくない良い意味で雑多な店内。落ち着きますね。著名人の写真やサインなんかも沢山飾ってあります。
yama5
野趣味溢れるお蕎麦が好きな方にはお勧め。山形の名物一品料理が食べられる夜もお伺いしてみたいですね。

“山形田”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。


アンリ・シャルパンティエさん-ロマンチックスイーツ/the 104th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、104日目です。本日はこの時期に絶対食べたくなるスイーツです。1969年創業、兵庫県芦屋発の洋菓子店“アンリ・シャルパンティエ-HENRI CHARPENTIER”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目、中央通り、メルサ2の裏側の”ヨネイビルディング”1階です。1930年に建設されたというコチラ、東京都選定歴史的建造物に指定されているようです。1階部分がとても良い雰囲気になっております。
hen16
1階は焼き菓子、生ケーキの販売、地下1階が喫茶室でございます。

まずはこちらのスペシャリテである“クレープ・シュゼット” ¥1,575をオーダーしました。

ワゴンが登場し目の前で仕上げていただける嬉しいサービスです。

まずは、バター、オレンジ果汁とコアントロー(オレンジリキュール)でクレープを軽く似ます。オレンジの芳香が漂います。

続いてグラン・マルニエ(オレンジリキュール)をグラスに注ぎ、軽く温めて揮発したアルコールに火を着けて・・・

フランベ!幻想的ともいえる青い炎がとても綺麗です。

出来上がり。

豊潤なオレンジの甘みと淡然とした苦みの複雑な味わいのソースを含んだシルクのように滑らかなクレープは絶品です。何枚でも食べられそうですが、このくらいが上品なようです。パフォーマンスも含めて素敵なお料理です。

続いてクリスマス期間限定のコチラ。

“クレーム・ダンジュ・フレーズ” ¥1,575

ストロベリー感たっぷりなコチラも。

フランベ!

房々の糸状の飴細工がギュッと凝集します。

パリパリの飴、フワフワのレアチーズ、オレンジクリームにパイナップルとオレンジのコンポート。新鮮で甘酸っぱいストロベリーソースを絡めて、色々なお味が楽しめます。

コーヒーも美味しいです。
白いカップのコーヒー
華やかで美味しいお料理、ごちそうさまでした!

“アンリ・シャルパンティエ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
クリスマスツリー


エリックサウスさん-バランス感が良い/the 103th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、103日目です。本日は登場回数の多いカレーです。南インド料理店“エリックサウス-ERICK SOUTH”さんにお伺いしました。

場所は銀座から少しだけ離れて東京駅近、八重洲地下2番通り。銀座駅から歩いて15〜20分ほどです。
八重洲地下2番通り入口

13:00〜の限定メニュー”エリックミールス”¥1,390をオーダーいたしました。

“エリックミールス”
エリックミールス
カレー2種、サツマイモのドライカレー、サンバル(豆と野菜カレー)、ラッサム(スープ)。

さらにワダ(ドーナツ状の揚物)、ウプマ(セモリナ粉から作る、見た目はマッシュポテト状)、パパド(せんべい)、サラダ、ターメリックライス、バスマティライスと豪華な内容。サンバル、ラッサム、ライスはお代わり無料です。

サツマイモのドライカレーが何気にすごく美味しい。サンバルも優しいお味、トマトの甘みが利いたラッサムも酸味が強くなく、とても食べよいです。

“エリックチキンカレー、野菜カレー”
銀の器に入ったカレー
辛口というチキンカレーもそれほど辛くなくモリモリ食べられます。ただ、しっかりとスパイシー感はあり、キレの良い感じです。甘口の野菜カラーは、おそらくニンジン、カボチャなどが溶けており、野菜のコク、旨味をしっかり味わえます。

日本的な要素も存分に感じられる、とても感じの良い均整のとれたカレーです。

“バスマティライス”
バスマティライス
バスマティライスが付くのがとても嬉しいです。黄色いご飯も良いのですが、個人的には、粒がしっかりとしていて粘り気のないコチラがベスト。美味しいのです。

奥にテーブル2卓、カウンターメイン。入口も開放的で1人でも入りやすいです。
カウンター席がメイン
ピリヤニ(インド式スパイシーパエリア)も美味しいということなので、次回は食して見ようと思います。

“エリックサウス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。


三亀さん-丁寧な仕事感じる良和食/the 102th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、102日目です。本日は割烹・日本料理店“三亀-さんかめ”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、当店の1本裏側の通りです。慎ましやかな佇まいでございます。
三亀さん夜の外観

ランチは刺身、煮物、焼き物の中から選択。一品は¥1,300、二品は¥1,950、三品は¥2,600です。他おまかせ料理¥8,500がございます。せっかくなので三品注文いたしました。

刺身 “メジマグロ”
メジマグロの刺身
何かと物議を醸すメジマグロ。個人的にはさっぱりしており大人マグロより好きです。しかし切り口が美しい。そして美味しい!トロリとした舌触りが良く、深い味わいです。

焼き物 “さんま”
さんまの塩焼き
小振りのサンマでした。品の良い塩加減です。焼き具合が絶妙。

煮物 “里芋の椎茸と湯葉あんかけ煮”
里芋の椎茸と湯葉あんかけ煮
こちらも絶品。シコシコとした歯ごたえの湯葉が素敵です。シンプルなようでいて、ちょっと他では食べられないような幸せな深さのあるお味です。

他ひじきの煮物、豆富となめこの味噌汁、お新香付き。ご飯はお代わり自由です。
三品定食
脇役達も良い働きです。

デザート “みかん”
デザートのみかん
甘くて美味しいです。

体にも優しい、仕事の丁寧さの分かるお料理、貴重です。ちなみに渡部淳一氏の小説「失楽園」に登場することでも有名です。ごちそうさまでした。

店内はカウンターに4人がけのテーブルが4卓、奥に座敷もあるようです。
落ち着いたカウンター

“三亀”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
亀グッズ