銀座 樹蔭|洋のニュアンスが楽しい良和食店/the 349th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」349日目、本日は和食です。銀座5丁目、昭和通りの新築ビル「GINZA12」の地下1階にオープンした和食店「銀座 樹蔭-こかげ」さんにランチ訪問いたしました。

1階もお店が入っておらず、まだ未完成のようですが、何店舗かの飲食店が営業スタートしています。看板の中に東北沢のミシュラン1つ星の和食店「与志福」さんの名前を発見!オープンが非常に楽しみです。

店内はカウンター席にテーブル数卓、個室1部屋。新しいお店らしく清々しい雰囲気です。 ランチは¥1,580からありますが、本日はコース仕立ての・松風 ¥3,300(w/o tax, 女性限定割引¥2,800)をお願いしました。

先付・ユリ根のムース、ズワイガニ

北海道産の月光という希少なユリ根のムース、ユリ根は大好物、ほんおり甘くて美味。 オリーブオイルが使われているのも面白い。この後に期待が膨らむ前菜です。

八寸・ワカサギ南蛮漬、カボチャ甘酢和え、蒸し鴨、フォアグラのキャラメリゼ、金柑の蜜煮

なかなか豪華で見た目も素敵な八寸。 低温調理の鴨は大変柔らか、優しい甘さに包まれた幸せな金柑、色んな味の混じった表現し難い美味しさです。

造り・本マス、タコ、マダイ昆布〆

こちらも綺麗な盛り付け。本マスは脂ノリノリ、タコは低温調理、お造りも鰹出汁やオリーブオイルなどを絡ませており、ちょっと楽しい。

メインは肉か魚か、今の所は選べるわけではなく、日替わりでどちらかになるそうです。

今日はお肉料理で・蝦夷鹿シチュー、当たりです!

お肉は柔らかトロトロ、クセは全く無し。コクがしっかりあって美味しいシチューでした。

食事・ユリ根の炊き込みご飯、生ユリ根の梅肉乗せ、ウドの味噌汁、ぬか漬け

先付けで使われていたユリ根は生食可能、シャキシャキでした。

甘味・ドライイチジクと抹茶のチョコレート

デザートも良い。イチジクはブランデーに1日漬け込んであるそうで、大人なお味。

品数も多く、お腹もいっぱい、この内容にして値段もリーズナブルで大変満足! 着物姿のサービス陣もとても雰囲気がよく、新しいお店では久々の好感触でした。 暖簾には上原浩氏の名文句「酒は純米、燗ならなお良し」、日本酒にも力を入れているそうなので夜の料理とお酒も興味津々。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

寛幸|今宵も素敵な寛幸時間/the 347th day

以下2018年6月追記)4ヶ月ぶりのお伺い。本日も・おまかせコース ¥15,000(税+サ別10%)をお願いしました。

まずは・初ガツオのたたきから

カツオは酢味噌で、たっぷりとした厚みが素敵。

・炙りクチコ

クチコはなんと自家製。先っぽの部分なので形は悪いが、味は凝縮されているとのこと。肩肘張らないゆるい雰囲気の中、佳肴とぬる燗が沁み渡ります。無償に美味しい。

・ジュンサイの素麺 アサリスープ

こういう類の料理は抜群。一気飲み。

続いて解禁されたばかりの長良川 郡上八幡の・鮎

テンション上がります。田楽仕立ても良いですね〜。

続いては飛騨牛の・ネギたん

芽ネギたっぷり、食感良く噛むほどに滲み出る旨味。付け合せの青ナスは真逆のトロトロ食感で旨し。

定番の・モズク酢

を挟んでメインは

・メヌケの餡掛け

乗っているのは野球グローブではなくたっぷりのウニ。淡白で上品な味わい、プリプリです。

楽しみのご飯は・ノドグロと新生姜の炊き込みご飯

最後の沢山の穂紫蘇をふり掛けて出来上がり。程よい脂感と生姜のシャキシャキが良いですね。美味。


本日2.5合完食です!

最後は別腹の濃厚・抹茶ブリュレで〆

今日も楽しく美味しい時間をありがとうございます。今後のご活躍も楽しみな寛幸さんです。またお伺いします。ごちそうさまでした!

以下2018年2月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」347日目、本日は和食です。三田の有名和食店「晴山」出身の佐藤寛幸さん自身の名前を冠したお店「寛幸」さんにお伺いしました。

場所は東銀座4丁目、松屋通り沿いのビルの6階。

1階はシュークリーム店、上階にはフレンチ「ラ ターブル プリベ イシダ」、イタリアン「ピウ」、鮨「あらた」など良いお店が入っている美食ビルです。

いきなり驚くのは内装。店名とロゴの感じからシンプルな和食店を想像していたら、非常にモダンでスタイリッシュ。

バーのような雰囲気にしたかったと聞いて納得、写真に写っていませんが右側の小さい2人掛けテーブルがバー感を一層高めているようです。

本日は・おまかせコース ¥15,000(税+サ別10%)をお願いしました。

・レバニラ

こちらのお店のスペシャリテともなっているレバニラの概念を覆すレバニラ。そもそも冷製です。シャキシャキのニラとモヤシに、滑らかしっとり上質な鶏レバの組み合わせが最高。出汁まで美味しい。

続くお椀も良い。大量の浅葱(?)の下は・スッポンのワンタンスープ

中にはエンペラも入っていました。鶏とスッポンのワンタンって素敵、大寒の折、ピリッとしたスープが体に優しい。

・フグ白子、カラスミ

白子が本当に美味しい季節、カラスミが良い味出しており、お酒が進みます。

・ブリ照り

良く絡む甘いタレが上品過ぎるブリ照りのマキシマム。絶品!

・能登産岩もずく

シャキシャキ食感が楽しい、さっぱり箸休め。

・飛騨牛ヒウチ、椎茸、里芋の小鍋

地獄のような熱さの餡掛け仕様ですが、お味は天国。ヒウチはモモ肉の一部で、霜降りのサシの入る希少部位。柔らかで旨味もたっぷり。

・越前ガニ、セリ、ゴボウの炊き込みご飯、お新香、味噌汁

ちゃんと味噌入り、カニの旨味、ゴボウの食感、香りの良いセリは根っこもたっぷり、実はこの部分が一番美味しいのです。


素材の出汁がたっぷり沁みた優しいお味の絶品ご飯。1.5合完食です!

・イチゴのクリームブリュレ

最後はイチゴが爽やか、美味しいデザートで。

ワンタン、レバニラ、ブリ照りと家庭でもお馴染み料理のアップデートが新たな世界を開きます。1年ぶりのお伺いでしたが、前回よりもオリジナリティがしっかり出ており、今後がますます楽しみなお店です。サービス精神溢れる美味しい料理の数々、次に何が出てくるんだろうというワクワク感も素敵で、大満足!

打ち解けやすく話術でも楽しませてくれる寛幸さんの性質も素晴らしく、名は体を表すとはよく言ったものです。「寛と幸」の二文字に全てが表現された素敵なお店、また戻ってきたくなる素敵な空間です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

有薫酒蔵、紡庵|リーズナブルに美味しい定食/the 343th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」343日目です。本日はランチにリーズナブルで美味しい定食をいただける2店をご紹介いたします。

まずは以前から気になっていた銀座2丁目、外堀通り沿いの九州郷土料理がいただける居酒屋「有薫酒蔵 銀座店」さん。

階段を降りると、女性が椅子に腰掛けており少し吃驚。前払いなんですね。本日はお目当ての木・金限定・だご汁定食 ¥900 をお願いしました。 店員さん手動の自動ドアをくぐると、ひなびた良い雰囲気の店内。椅子と机が小さい。 当時の日本はこれくらいのサイズが普通だったんでしょうか。

カウンターも2人がけのテーブルもないようなので、入り口付近の4人がけテーブルに着席。お店の奥では女性スタッフさんが世間話に花を咲かせていますが、そんな緩い感じがお店の温かみとなっているようです。

10分ほどで到着。

この価格にしては豪華な定食です。 内容はおにぎり2個、だご汁、ひじき煮物、カボチャ煮物、白身魚南蛮漬け、卵焼き、お新香、ヨーグルト、そして何故か日本酒とほっこりする内容。


だご汁=だんご汁で丸い餅が入っていると思ったら平らなワンタン状の歯ごたえたっぷりのお餅。 優しい味噌味で、具材は大きいサツマイモ、人参、サツマイモ、つみれなど具沢山でした。 最後は蜂蜜でハートマークが描かれ、美味しさアップのヨーグルトをいただきました。

お味はオーソドックスなものの、盛り沢山な内容と、なにより感じ良いスタッフさんたち、お店の雰囲気で全てOK。素敵なお店でございました。 またお伺いいたします。ごちそうまでした!

続いて中央通り沿い、銀座1丁目のキラリトギンザの裏のビルにオープンした和食店「銀座 紡庵」さん、密かに話題な限定10食千円ぽっきりお魚ランチをいただきにお伺いしました。

開店直後の11時半にお伺いしましたが、すでに予約のお客様などでそこそこの賑わい。人気ですね。1人ですので綺麗で広いカウンター席に落ち着きます。 ランチメニューは・紡庵北陸御膳か・ステーキとローストビーフのお重、どちらも限定10食です。 本日はお目当ての・紡庵北陸御膳 ¥1,000をお願いしました。

10分ほどで到着。

煮魚、西京焼きは共にブリ、刺身はカツオ、ブリ(ハマチ?)、ウマズラハギ、天ぷらはイカ、ツブ貝(多分‥‥)、サツマイモ、他ほうれん草のお浸し、サラダ、ご飯、赤だし、お新香、みかんの全10品。 どれも少量でブリかぶりではありましたが、薄味で上品な仕上がり。

ご飯も美味しいです。

多皿なのでお腹もいっぱいになりました。落ち着いた高級感のあるお店の雰囲気と相俟って満足感のあるランチでございました。 料理人さんは寡黙なものの、ホールスタッフの方々は皆さま明るく丁寧で良い感じです。

人気の魚ランチは、12時前に入店するか、予約した方が間違いなさそうですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

レストラン 日水土|体が喜ぶお野菜ランチ/the 342th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」342日目です。本日は野菜メインの自然派「レストラン日水土-ひ みず つち」さんにお伺いいたしました。

場所は銀座1丁目、先日ご紹介したイタリアン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」さんの近く、ほぼ新富町です。

もともと入っていたビルの建て替えのため、2017年8月に移転しています。早速後日ランチにお伺いしました。 1,2階が野菜や自然食品の販売所、3階がレストランになっています。

以前のお店同様、レストランは木を沢山使った温かみの雰囲気。カウンターも3席あるので、お一人様でも利用しやすいですが、人気店ですのでランチでも予約がお勧めです。

ランチメニューは¥1,800からありますが、本日は肉or魚料理が付く・ハーモニーランチ ~水~ ¥2,500をお願いしました。

・季節野菜のサラダ

上には切り干し大根、下には赤カブ、紅しぐれ大根、大豆ペースト入り。

・石川産サワラのポワレ、野菜料理8品の盛り合わせ

野菜料理はヒジキ煮付け、大根と根菜グリル、紅くるり大根の白味噌餡、カブ、カボチャ、サツマイモなど。


分厚いサワラは良い塩梅に脂が乗っており美味。体に優しい新鮮野菜料理は1品1品の量もあるので、お腹もいっぱいになりますね。

・羽釜炊き自然栽培米、天然醸造味噌『蔵の郷』のナメコ味噌汁

お米は宮城県ササニシキの9分づき。嬉しいお代わり無料です。

そして追加でオーダーしたのが・天然わら納豆 ¥500

納豆500円は高いと思うなかれ。海苔と大葉が2枚ずつ付いており、ご飯も入れた納豆巻きの美味しさはなかなかに素晴らしい。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・デザート盛り合わせプレート(ドリンク付き) ¥600

自然栽培りんごのコンポート、バニラアイスと米粉のチュイール、緑茶と小豆の米粉ロールケーキ、ココア米粉シフォンケーキ クリーム添え、柚子とハチミツのジュレ、豆乳の生チョコ 国産グァバソルベ。 でれも優しい甘さで間違いのない美味しさ。

最後は美味しい・ウガンダ産 自然栽培コーヒーでゆっくりと。

スタッフさんも自然体で感じよく、お店の雰囲気とぴったり、サービスの・自然栽培ほうじ茶も美味しいです。野菜が食べたくなったらお伺いしたいお店の1つです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「レストラン日水土」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。