パティスリー パロラ|趣向も楽しいデセールコースとバター香るカヌレ/the 514th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」514日目、本日はカフェ、9月の開業した商業施設「日比谷オクロジ」に11月1日にオープンした「パティスリー パロラ Patisserie Parola」にお伺いしました。

日比谷オクロジ、飲食店の中では最も有楽町寄りの一画。
パティスリー パロラ Patisserie Parola
左側が喫茶、右側ではテイクアウトでカヌレを販売しています。

大理石の9席程度のL字型カウンター。
パティスリー パロラ Patisserie Parola
モノトーン、ゴールドで統一されたスタイリッシュな店内です。今のところメニューはパフェ単品 ¥1,800 かペアリング付きのデセールコースのみ、本日は・デセールコース ¥3,800(w/o tax)をお願いしました。

コースが始めるとすぐにボールから白い煙が。
パティスリー パロラ Patisserie Parola
全てのデザートは店名ともなっているシェフパティシエ、アレクシ・パロラ氏が作ってくれます。作る過程も驚きがあり、とても楽しいです。

アミューズ・スパークリングワインのジュレ
スパークリングワインのジュレ
白い煙の正体は液体窒素にフランボワーズを入れたもの。シェフの故郷フランス西側、ナント、ポルニックに近いロワールのスパークリングワイン「クール・ド・クレイ」を最後に注いで出来上がり。ちなみにノンアルコールペアリングも選択可能です。

中にはメロンゼリー、メロン、ザクロ、フランボワーズ。
スパークリングワインのジュレ
酸味は強め、お酒のような、デザートのような面白いお味。

・レモンのスペシャリテ
レモンのスペシャリテ
見た目は完全にレモンな可愛いビジュアル。ペアリングは華やかな香りのアルザスの白ワイン「ドメーヌ・ヴィレ・ドゥ・コルマール、ゲヴェルツトラミネル2016」。外側はホワイトチョコで出来ており、そのままかぶり付きたい気もしますが、

ナイフでコツコツと叩き続けるとレモンがパカッと割れてくれます。
レモンのスペシャリテ
レモンのムース、ミントとレモンのジュレ、甘さはごく控えめ、とても爽やかなデザートです。

パロラ氏が全てのデザートを作ってくれます。日本語も堪能で、説明も非常に丁寧な物腰の柔らかい方。
シャインマスカットのパフェ
リンゴのコンポート、フランボワーズシロップに付けたジェノワーズ(スポンジ)、岩手県しあわせ牧場のグラスフェッド(牧草飼育)牛の生クリーム。土台が丸いパフェグラスも可愛いです。

・シャインマスカットのパフェ
シャインマスカットのパフェ
フレッシュな岡山県産シャインマスカット、ラフランスのアイス、グラスフェッド牛ミルクのアイス、ハイビスカスのジュレを乗せて完成。他のデザート同様、こちらも爽やかで軽快なお味、コクのある牛乳アイスとクリームが美味です。パフェ単品よりコースの方がお得感有りますね。

パフェのペアリングは紅茶、花茶などのノンアルコール。
コーヒー
最後は美味しいコーヒーをいただき、ゆっくりさせていただきました。

・カヌレ ¥300
カヌレ
「パティスリー パロラ」の名物「カヌレ」もテイクアウト。日本でも人気のフランス  ブルターニュのボルディエバターを使用。外側はカリカリ、中はしっとり仕上がった理想形。バターの風味と食感のコントラストを楽しめる美味しいカヌレでした。

メニューはフルーツの旬により移り変わるそう。また新しいパフェが登場したらお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「パティスリー パロラ」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
カヌレ

ノーツ バイ ヤマハ|音楽を身近に感じられるカフェがオープン/the 512th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」512日目、本日はカフェ、2020年10月23日オープンした「NOTES BY YAMAHA ノーツ バイ ヤマハ」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、中央通り沿い、ヤマハ銀座店の1階、2階がリニューアルし、音楽を楽しめるカフェになりました。
ノーツ バイ ヤマハ
1階はドリンク中心のカフェ、2階では食事やデザートがいただけます。

2階は広いスペースにゆったりしたテーブル配置、カウンター席でオリジナルカクテルを楽しむのも良いかもしれません。
ノーツ バイ ヤマハ
店内にはピアノ、ウッドベース、ドラムが配置。とても面白い仕掛けが施されています。その前に食事を。

ランチメニューはサンドイッチやプレートランチなど。本日は・ブリニサンドイッチ、スパイスガーリックシュリンプ ¥1,400(w/o tax)をお願いしました。
青森県産ワンダーアップルジュース
セットの・青森県産ワンダーアップルジュースを飲みながら待つこと10分ほどで到着。

初めていただくブリニはロシアのそば粉のパンケーキだそう。
ブリニサンドイッチ、スパイスガーリックシュリンプ
ボリュームは控えめですが、野菜が沢山で見た目も可愛いです。

中身はスパイスの効いたエビ、アボカドに、ヘーゼルナッツの食感がアクセント。
ブリニサンドイッチ、スパイスガーリックシュリンプ
ふわふわパンケーキにエスニックな味付けで美味。添えられたカレーソースを付けてもパンケーキが進みます。せっかくなのでデザートも追加。

・パフェ Waltz for Berry ¥1,300
パフェ Waltz for Berry
ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー、カシス、レッドカラントのベリーに捧ぐワルツ。酸味が強めですが、中のピスタチオアイス、白ワインとレモンジュースのゼリーがバランスを取っています。こちらも美味しくいただきました。

また壁には音楽に関わる本が700冊以上展示されており、自由に閲覧可能。絵本などもあるのでお子様連れでも楽しめます。

手に取った本は回収後、除菌され再び展示されるなど、コロナ対策もばっちりです。

そして見所、聴き所の1つは最新技術による演奏。
ノーツ バイ ヤマハ
ミュージシャンの演奏画像に合わせて、同じように楽器がジャズを自動演奏。ピアノの自動演奏は以前からありますが、ウッドベースの自動演奏は凄い!

こういった状況ですので、音楽ライブに長らく行っておらず、久々に生演奏を楽しめたのも嬉しい限り。音楽は素晴らしいです。技術が発展すればプロのミュージシャンの演奏を様々な場所で聞けるようになるかもしれません。夢は大きいです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ノーツ バイ ヤマハ」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。カフェの経営は様々な業態のトレンド感のある飲食店を運営している「トランジットジェネラルオフィス」です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ヤツドキ 銀座みゆき通り|親しみやすい洋菓子店オープン/the 469th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」469日目、本日はカフェ、2020年2月14日にオープンした「ヤツドキ 銀座みゆき通り」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、泰明小学校の側の泰明通り沿い。みゆき通りから少し入った所にあります。
ヤツドキ 銀座みゆき通り
「ヤツドキ」は洋菓子店シャトレーゼの都心型新ブランドで、山梨県と長野県に跨る八ヶ岳の素材を使ったスイーツが特徴だそうです。

ショーケースには美味しいそうなケーキが並びます。値段も200円代からと銀座のケーキ店の中ではかなりリーズナブルです。
ヤツドキ 銀座みゆき通り
他パンや焼き菓子、アイス、山梨県勝沼の自社ワイナリーで醸造したワインなども販売しています。

ヤツドキは銀座に3店舗あるのですが、カフェレストラン併設はここのみ。 八ヶ岳の自然をイメージした壁紙がアクセントの落ち着いた雰囲気の店内。
ヤツドキ 銀座みゆき通り
ケーキがいただけるのはもちろん、フレンチトースト、パフェ、食事メニューもございます。23時(L.O.22時)まで営業しており、アルコールドリンクもあるのでバーのような使い方も可能です。ランチメニュー(10時-15時)など色々お願いしてみました。

・八ヶ岳牛乳と明野の卵でつくったカルボナーラ ¥1,000(w/o tax)
八ヶ岳牛乳と明野の卵でつくったカルボナーラ
明野町も山梨県で日照時間が日本一、ヒマワリが有名だそうです。上に乗った黄味を絡めていただきます。カルボナーラは濃厚でこってりしたものが多いですが、日本的な優しい味わいで美味しいです。

・蒸し鶏と玄米のサラダ ¥1,000
蒸し鶏と玄米のサラダ
サラダランチが土日でもいただけるのが嬉しいです。鶏肉、玄米、ラスクも付いてバランスも良いです。甘いものを沢山食べる罪悪感も減りますね。デザートも色々。

・YATSUDOKIグラスデザート 濃いコク和栗 ¥1,200
YATSUDOKIグラスデザート 濃いコク和栗
上にはモンブランクリーム、中にバニラアイス、和栗も沢山入ったパフェです。それほど特徴のある訳ではないですが、良い素材を使っているのが分かります。

・チョコバナナミルクレープ ¥280
チョコバナナミルクレープ
子供も大人も惹かれるチョコバナナ。柔らかいクレープに、ココアスポンジ、バナナクリームとチョコレートの間違いのない組み合わせ。美味。そして+¥200でコーヒーも付けれます。銀座にしてもの凄く良心的。

・八ヶ岳産ルバーブのタルト ¥600
八ヶ岳産ルバーブのタルト
ルバーブはタデ科の野菜で、茎をいただきます。酸っぱいデザートはあまり好みではないのですが、ルバーブの甘酸っぱさは不思議と好みです。ルバーブのジャムが表面に塗られ、中には固形のルバーブもしっかり。タルト生地がもう少しですが、爽やかで美味。

今の所、朝10時から通しで営業、値段も高くなく親しみやすいお店ができました。時間が空いた時にちょくちょくお伺いしてしまいそうです。ごちそうさまでした!

「ヤツドキ 銀座みゆき通り」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

和光ティーサロン、銀座 風月堂、リール銀座etc.|秋は栗ですマロンパフェ色々2019/the 450th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」450日目、秋のなると続々と登場するマロンパフェ、栗を使ったパフェを提供しているお店に色々お伺いするのが楽しみです。本日はマロンパフェを提供している5店をご紹介いたします。

最初は毎年恒例の「ピエール マルコリーニ 銀座店」の・シーズンパフェ マロン ¥1,620
ピエール マルコリーニ 銀座店・シーズンパフェ マロン
洗練されてコクのあるラム酒「トロワリビエール」のマロンアイス、華やかなラムレーズンアイス、濃厚なチョコレートアイスと3種類のアイスが入っており食べ応えが有ります。上には2種のマロンクリーム、中央にピーカンナッツのキャラメリゼ、一番下には栗がしっかりと入っていました。サイズは小さいですが、味がしっかりとしていて満足感のあるパフェです。毎回ちょっとずつ変わるのも楽しいですね。

続いても毎年恒例の「和光ティーサロン」の・マロンパフェ ¥2,200です。
和光ティーサロン・マロンパフェ
去年とビジュアルも全く変わりリニューアルされた非常にエレガントなマロンパフェです。構成はマロンクリーム、カシスソース、生クリーム、フイヤンティーヌ、アールグレイゼリー、黄栗のシロップ煮。 まず一番上のマロンクリームが非常に濃厚で美味。マロンとベリー系の組み合わせはあまり好きではないのですが、こちらは酸味少なく清涼感がありグッド。

好物のサクサククッキーにスパイシーな紅茶ゼリーと全体を一緒に食べると非常にバランスが良いです。 去年のコーヒーゼリーとの組み合わせも好きでしたが、このマロンクリームには味を引き締めるアールグレイが素敵。一番下にも栗が入っており、栗好きが最後まで満足する仕様となっていました。

3店目はギンザシックス4階「中村藤吉本店 銀座店」限定の・別製まるとパフェ「秋望」 ¥2,530です。
中村藤吉本店 銀座店・別製まるとパフェ「秋望」
ベースの抹茶は通常の別製まるとパフェと同じ、グリーンベースの美しいパフェです。 「中」と「ト」を合わせたような一番上の文字は抹茶「鮮雲の白」、薄いグリーンは「成光の昔」に栗を合わせた和栗抹茶生クリーム。

その下はほうじ茶シフォンケーキ、手摘み抹茶アイス、抹茶あわぽん、イチジク、白玉、生茶ゼリー、ミルククリーム、マロンシャーベット、一番下の濃茶「成光の昔」がパフェを下支え。
中村藤吉本店 銀座店・別製まるとパフェ「秋望」
お茶を使った素材が流石に美味しいです。シフォンのふわふわ、丸いあわぽんのサクサク、白玉のもちもち、抹茶ゼリーの滑らかさとバリエーションに富んだ食感も楽しいパフェです。好物のイチジク、栗も入って大変美味しくいただきました。サービスで熱い煎茶が付くのも良いです。

続いては銀座で一番好きなカフェ「リール銀座」の・マロンパフェ ¥2,000です。
リール銀座・マロンパフェ
上の栗型スパイスティークッキーが可愛いマロンパフェは、2018年に17時からのシークレットパフェとして提供されていたもの。最近歴代デザートの人気投票が開催され第2位となったことで復活されたそうです。上のマロンクリームはフランスの1920年創業の老舗栗加工会社「アンベール社」のものを使用。フランス製と聞くと濃いように思いますが、思ったより軽い仕上げですが、栗の旨味は十分。

中はメレンゲ、トンカ豆のショコラムース、ラフランスのシャーベット、洋梨入りのスパイスティーゼリー。
リール銀座・マロンパフェ
本来夜のみ提供されていたこともあり、他店のものと比べると爽やかで清涼感があります。意表を付く素材の組み合わせですが、素晴らしく調和の取れたパフェ。横田シェフの素晴らしい感性を感じるマロンパフェでした。

最後は銀座6丁目、並木通り沿いの「銀座 風月堂」の・風月堂パフェ 季節の木の実を和紅茶の香りと共に ¥2,530(ドリンク付)です。カウンターに座ると目の前で作っていただけます。
銀座 風月堂・風月堂パフェ
ライブ感もとても楽しいです。

フレッシュなイチジクが素敵なパフェ、綺麗に出来上がりました。
銀座 風月堂・風月堂パフェ
上から愛知県産イチジク、マスカルポーネアイス、和栗ペースト、カステラ、クルミのキャラメリゼ、ロゼシャンパンソルベ、和紅茶ゼリー、ザクロのジャムとなかなか具沢山。 さらに一番上に盛られたのは西京味噌クリームでこれがかなり良い味を出しており、イチジクやマスカルポーネアイスとベストマッチです。

構成上、上から順々に食べていくのですが、濃厚後爽快。色んなアイテムが入っているとまとまりのない味になってしまうことも多いですが、そんなこともなく非常にバランス良くまとまっており面白さもあるパフェでした。ごちそうさまでした。

本日紹介した5店以外にも様々な場所で秋に提供されているマロンパフェです。銀座でも小さい秋を見つけてみてはいかがでしょうか。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。