馳走 松宮|優しいおでんが身に沁みる寒秋/the 389th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」389日目、本日は和食です。気温が急に下がるとどうしても食べたくなるは「おでん」です。本日はおでん割烹とでも言いましょうか、銀座でも珍しいおでんがメインの和食店「馳走 松宮」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、昭和通りを越えてすぐ。当ブログでも何度かご紹介させていただいたフレンチの名店「ル ジャルダン デ サヴール(ブログ記事はこちら)」の入っているビルの1階です。

左側が松宮さんの入り口。スマート過ぎて近隣の方でも気づかれない方が多いそうです。

モダンな店内はカウンター6席のみと銀座の和食店の中でもかなり小スペース。

それが秘密の空間のような、家庭のダイニングのような雰囲気でこちらの魅力になっています。

一番奥のカウンターに着席。おでん鍋前の特等席、心地よい出汁の香りがたまりません。

本日は11月末まで限定の・おでんコース ¥8,000(w/o tax)を予約してお伺いしました(通常は¥12,000のコースのみ)。まずはこちらから。

・加賀レンコンのハス蒸し、ホッケ、菊花餡

モチモチのハス蒸しに、滑らかで適度な食感の噴火湾のホッケ、相性良いです。美味。

お造り・ブリ、ツブ貝

一手間かけて爽やかに仕上げたツブ貝はポリポリと素晴らしい食感。ブリは羅臼産。大将は北海道にいらっしゃったこともあるそうで、北海道の食材が多いのも特徴です。

八寸・サンマ南部焼き、柿玉子(卵黄の味噌漬け)、栗唐揚げ、タラ白子の天ぷら タルタルソース、イカ肝 三升漬け、トマトのピクルス、ほおずき

盛り付けも素敵です。サンマ、栗、白子など好物盛り盛りの嬉しい八寸でした。香ばしいサンマ、やっぱり美味しい!続いておでんがスタート。

・カキ

優しいお出汁、厚岸産の大ぶりでプリップリ、おいし。 続いて定番おでん十数種の中から3つ選択。どれも美味しそうで3つに絞るのは不可能ですので追加。追加料金は1品¥400ほど。

まずは立ち上る湯気が素敵な・豆腐

梅肉乗せ。滑らか熱々。これから乾燥する季節、湯気による保湿効果にも期待。

・穴子がんも +¥100

中にはたっぷりのアナゴと湯葉、幸せです。

・半熟卵、ダイコン、五目巾着

定番おでんもやっぱり美味しい。巾着はすごい具沢山、薬味の鴨味噌も気が効いています。

・豚たん +¥300

これ最高!北海道の農家で幸せに育てられた豚だそうです。ちょっと角煮っぽい雰囲気もありますが、よりさっぱり。いくらでも食べられそう。頼むべき逸品です。

・水餃子 +¥100

具材は先ほどの豚ひき肉、魚のすり身、セロリ。皮は厚めのモチモチ。間違いなし。ちなみに出汁もとても美味しいので、全ていただいております。

・焼きおにぎり茶漬け

上にはたっぷりのトロロ昆布、煎茶とおでん出汁を混ぜたものでいただきます。おでん割烹ならではのズルい〆です。おでん出汁最高!

最後は美味しい・ミルクアイス、わらび餅、シャインマスカット

温かい煎茶をいただきゆっくりさせていただきました。

ご夫婦お二人で切り盛りさせていますが、大変親しみと心遣い溢れるお二人で居心地の良さは抜群です。寒い季節にいただく美味しい和食の後のおでんと日本酒は大変滋味で心が素晴らしく満たされました。 

なおお昼はおでん定食 or 牛スジ定食 ¥1,100で提供中。

小鉢2品、ご飯が付きます。こちらもお勧めです。次はまだいただいたことのない牛スジ定食をいただきにお伺いいたしてみようと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

鮨いしやま|綺麗な美味しさ、銀座期待の新店/the 386th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」386日目、本日はお寿司です。 銀座3丁目、西五番街通り(中央通りから2本西側)の銀座モリタビル4階にオープンした「鮨いしやま」さんにランチ訪問。

銀座6丁目のかねさか系列の鮨店「すし家」から独立した石山孝雄大将が8月にオープンしされたお店です。

新しいビルということもあり、とても綺麗で清々しい空気が流れる店内。銀座の鮨店としてはかなり広々とした空間です。

L字型のカウンターに個室が1部屋あります。ランチは¥10,000、15,000(w/o tax)の2種、本日は前者のおまかせ握りをお願いしました。

まずは秋の名物ナスの美味しい前菜が一品出て握りスタート。

・ヒラメ
程よい脂乗り、噛むほどに旨みを感じる美味しいヒラメです。

・シマアジ、エンガワ、ブリ、マグロ赤身

4年前になりますが、石山大将の以前の仕事場である「すし家」さんににもお伺いしたことがあるのです(その際の投稿はこちら)が良い意味で裏切られました。キリッとした赤酢のシャリは堅すぎず柔らかすぎずの絶妙なバランス。今回は味がとても綺麗に感じ、かなり進化している印象です。

・スミイカ

食感良く甘みたっぷりのスミイカ、祈るような静かな表情で心を込めて鮨を握る大将の姿も見ていて気持ちが良いです。美しい鮨は美しい握り姿から生まれます。

・車海老

・コハダ

酢〆もふっくりと柔らかです。美味。

・サンマ、カツオ、イシガキ貝、サバ棒寿司

秋はサンマ、カツオが美味しいです。サバ棒寿司は海苔で巻く珍しいスタイル。

・イクラ小丼

こちらも秋の名物。一粒一粒がキラキラ輝く幸せなお味です。

・バフンウニ、ハマグリ、アナゴ、カンピョウ巻

 最後はワサビを利かしたかんぴょう巻き。ワサビが沁みます。

・タマゴ

デザートはプリンのように甘くてふんわふわのタマゴで。 最後は滋味なお味噌汁をいただきゆっくりさせていただきました。

このクオリティーでこの価格は素敵過ぎ!年齢はなんと34歳と大変お若い大将ですが、すでに風格は十分。慣れていることもあり雰囲気も良く、サービス専門のスタッフの方もいらっしゃいますので、新店ですが抜群の安定感。とても綺麗な美味しさのお鮨に大満足、心が洗われるお鮨でした。

また、お若いからこそか、大将の鮨に対して真摯に向き合う姿勢も素晴らしく感じました。また10月11日に築地市場の豊洲に移転に伴いランチ営業を止める鮨店も多いのですが、こちらは続けられるというのも嬉しいですね。またお伺いいたします。ごちそうさまです!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 寿こう|心の底からの寿こう最高!/the 384th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」384日目、前回に引き続き和食の新店、銀座5丁目、西五番街沿い「西五番街ビル」の6階に8月オープンした「寿こう」にランチ訪問いたしました。

銀座2丁目にある和食の名店「座屋」から独立された中野大将のお店です。ランチは¥5,000、¥8,000の2種、本日は・ランチおまかせコース ¥8,000(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。 元はおでん屋とは思えない綺麗で上質感のある店内。

BGM無し、銀座の喧騒も全く聞こえず静謐です。一直線のカウンター7席に個室2部屋もあるそうです。まずはこちらから。

・ゴマ豆腐の陶板焼き

炭焼きして最終的に熱々の陶板へオン。醤油をかけると陶板で熱され鼻腔にメガヒットで空腹感マックスです。外はカリカリ、中はフワッとゴマの香りもしっかりして絶品!期待が高まります。

・アワビとイチジクの天ぷら

好物のイチジクは実山椒ソース、面白い組み合わせですが甘味と辛味のバランス、とても良く合っていました。アワビは肝ソースで間違いなしの美味。

・真鯛、ウニ

食感のプリプリした淡路の真鯛の刺身。からすみ塩と海苔醤油でいただくのですが、この薬味が優しいお味でとても良く、ウニと海苔醤油の合わせが最高。海苔醤油は酒のアテにも最高です。

続いて以前のお店からの名物登場。

目の前で藁焼きする様子を見られるようになっており、燃え盛る炎が迫力満点。

・カツオの藁焼き

煎り酒醤油をたっぷり付けていただきます。はい美味しいに決まっています。ここがマックスかと思いきや勢いは全く衰えず!

・ハモとマツタケの小鍋

まだ出始めのせいか、そこまで強烈な香りはありませんが松茸とハモは仲良しです。 ハモは技術の差が出やすいと思いますが、流石の仕上げ。ボリュームもたっぷり滋味な出汁もとても美味しいです。

・サンマの炭焼き

ここで念願のサンマの塩焼き!サンマは何度かいただきましたが、塩焼きは初! 大根おろし醤油をたっぷり付けてサンマが爆裂。日本人の魂をゆさぶる秋最高クラスの口福感です。カリカリの骨も美味しい。途中でスダチ皮を振りかけさっぱり味変。素晴らしい!

・毛ガニの茶碗蒸し

上にはカニ味噌餡、中はぎっしりの毛ガニの身、凄っ。シャキシャキとした長芋が食感のアクセント。

・白アマダイとマツタケの椀

この値段でこの内容、大丈夫!?っと心配になっていまいました。アマダイの火入れも完璧、最っ高!!

最後は貴重な奥戸さんで炊き上げる土鍋ご飯。

これが「寿こう」のスペシャリテということで最後までワクワクです。やや固めの炊き具合で蓋を開けた時に広がる香りが素晴らしい。お米は「にこまる」と「ヒノヒカリ」の掛け合わせだそうです。

まずはそのまま・白飯

個人的にはもうちょっと水分多めの方が好きかもと思いましたが、今後の展開で理由が判明。

続いて宮崎の卵を使った・卵ご飯

このビジュアル!今まで食べた中で一番美味しい卵ご飯かも。絶品!

さらに鹿児島の鰹節を使った・おかかご飯

香りがもう、ズバリ「銀座のねこまんま」。毎日食べられるなら猫となって生きるのもよいかもしれません。

最後は大きなお焦げを沢山いただき大満足!

デザートはシナモンたっぷり濃厚・カボチャのプリンで締め。

オープン仕立て、しかもご紹介でお伺いしたのでサービスもあったと思いますが、昼から凄かった。好物連発で完全にはまってしまいました。料理だけ見るとパワースタイルのようですが、繊細さも十分。座屋は高知県の食材をメインに扱うお店でしたので、その縛りからも解放された大将、恐るべし。技術の高さはもちろん、料理や動作から探究心、研究心の強さがひしひしと伝わってきました。

一見クールな大将の意外なユーモアも炸裂、沢山笑わせてもらいました。サービスの方は以前も一緒に仕事されていた方、若い料理人の方も初々しくお店の雰囲気、サービスも素晴らしく、とても楽しい2時間でした。 奥戸さんや炭の使い方に馴染んでくると、絶対もっと美味しくなるはず。寿こう最高!!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「寿こう」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

馳創 吼龍|素敵な空気感の中、優しい吼龍/the 383th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」383日目、本日は9月3日に銀座5丁目、歌舞伎座近くにオープンした和食店「馳創 吼龍」にランチ訪問いたしました。

1階に和食の名店「井雪」が入っているビルの5階。ビルも新築ですから全体的に綺麗です。そして和食店らしい清涼感、モダンな茶室のような雰囲気を感じる店内。

カウンター5席に個室もいくつかあるようです。 ランチは基本的に¥4,800(w/o tax)のコースのみですので、そちらをお願いしました。まずはこちらから。

・丸ナス、毛ガニ、ツルムラサキ

上にはさっぱりとしたジュレがかかり、ナスも一手間加えて美味しく仕上げられています。 9月9日は重陽(菊)の節句ですので、季節感が素敵な前菜。

・焼きゴマ豆腐

以前お勤めの和食店の時からの名物で、お客様からのリクエストも非常に多いそうです。 外はさっくり、中はとろりとまるで白子のような食感。豆腐自体のゴマ味は弱いので、ゴマだれで補完。好物の銀杏がほくほくで嬉しいです。

・ハモ、冬瓜、オクラのお椀

出汁は定番の昆布とカツオ節ですが、メジマグロ節を加えて甘みを出しています。大将はすっきり仕上げとおっしゃっていましたが、奥行きのあり、飲みごたえのあるお出汁との印象でした。美味。

・カツオのタタキ

量感も良い宮城産の戻り鰹。程よく脂も乗っており日本酒が欲しくなります。

・タチウオ炭焼き

口直しのリンゴのガリがユニーク。

・ホタテ、イチジクの炊き合わせ

上には甘長唐辛子、白い粉は片栗粉、ではなく生姜オイルと塩を合わせたものだそうで、濃い味を想像したのですが、さり気ない風味。甘みのある素材との相性抜群です。

今までの内容と価格から白ご飯かと思ったのですが、炊き込み御飯!

しかも好物のサンマ!!

・サンマとゴボウの炊き込み御飯、お新香、トマトとミョウガの味噌汁

アサツキもたっぷり、何も言うことのない美味しさです。2合全部食べられたのですが、残ったらお握りにしていただけると聞いて、そうしていただきました。また別の美味しさを期待できそうです。 そしてちょっと変わったトマトの味噌汁、キューちゃん始めお新香も美味しく。

デザートは・酒粕プリン

苦味のないカラメルで上品な甘さに仕上げてあります。酒粕アイスも美味しいですが、プリンも良いですね。これで終了かと思ったらデザートもう1品。

さっきから炭で焼いていた小さく丸いものは・月見団子でした。

もちもち感はありませんが、絹ごし豆腐をブレンドしてさっぱりと、小豆もごく甘さ控えめで、最後に食べても重くならないように優しい仕上げです。

どの料理も気の利いた一手間が加えられており、確かな技術を感じます。店名は「馳創吼龍」と厳しいですが、色々優しい和食店。この品数品質でこの値段ですからランチのコストパフォーマンスは非常に良いですね。和やかで笑顔の素敵な高木大将始めスタッフの方々皆様非常に雰囲気が良く、サービスも完璧、チームワークの良さを感じました。味はもちろんですが、料理をいただく環境もとても大事です。

夕飯代わりにお握りをいただきましたが、サンマの香りと脂が良くご飯に沁みており、冷えていても大変美味しくいただけました!

コンビニで発売されたら大評判になること間違いなしです。またお伺いいたします。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「馳創 吼龍」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。