四季旬菜かん|路地裏居酒屋の美味しいランチ/the 604h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」604日目、本日はリーズナブルで美味しい居酒屋ランチ「四季旬菜かん」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、トリプル銀座の真裏、外堀通りと数寄屋通りの間の路地内。
四季旬菜かん
茶色の一軒家が「四季旬菜かん」、夜はおでんが名物の居酒屋です。

ランチメニュー色々、ランチライムは12時から。
四季旬菜かん
席は1階と2階にあり、1階はカウンター席とテーブル席、2階には半個室があるようです。

・豚丼 ¥1,000、単品アジフライ ¥700
豚丼、アジフライ
小鉢、お新香、味噌汁付き。

豚丼
豚丼
生姜焼きのタレに練りゴマをプラスしたもの。滑らかな食感に辛味がピリッと効いており美味。ご飯を豚肉で巻いていただくと最高です。

・アジフライ
アジフライ
非常に大きいアジフライで、食べ応え十分。中骨もフライにしていただけるも嬉しいです。外はサックリ、中はふんわりの理想的な揚げ方、自家製のタルタルソースも良い感じ。別のメニューもいただきました。

・ブリカマ焼き定食
ブリカマ焼き定食
同じく小鉢、お新香、味噌汁付き。

皮はパリッと、身は脂乗りが良くジューシーで美味。
ブリカマ焼き
骨が多いですが、スルッと身が取れるので食べやすいのも好感触。こちらも大変美味しくいただきました。また贅沢ランチの牛たたきウニ乗せ丼をいただきに、お伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「四季旬菜かん」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 鮨正|リーズナブルに銀座でお寿司/the 603h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」603日目、本日はお寿司「銀座 鮨正」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、東銀座、木挽町通り沿い「光澤堂ギンザビル」地下1階。
銀座 鮨正

銀座らしい高級感のある店内、テーブル席も多数ありますが、寿司店はカウンター席が楽しいです。
銀座 鮨正
握り寿司、バラずしなどもありますが、本日は・穴子丼 ¥1,700 をお願いしました。

前菜・菜の花のゴマ和え、もずく酢
菜の花のゴマ和え、もずく酢
菜の花はゴマたっぷりで美味しい、これは期待できそう。

小メロン漬物、ピリ辛レンコン、ガリ
小メロン漬物、ピリ辛レンコン、ガリ
穴子丼のお伴、素敵なお口直し、途中でアオサの味噌汁が出ます。

・穴子丼
穴子丼
海苔の入っただし巻き卵、キュウリが入って盛り付けも綺麗です。ご飯は温かい赤酢を使った濃厚な酢飯、穴子は骨が少しだけ気になりますが、柔らかくて美味しく、丁寧に作られている感じがいたします。

穴子丼が美味しかったので後日お寿司もいただきにお伺い。握りの中では一番リーズナブルな・本日のおまかせ握り ¥4,200 をお願いしました。穴子丼と同じ、前菜、漬物、味噌汁付きです。

・甘エビ昆布〆
甘エビ昆布〆
石川県の甘エビはプリプリで絡みつく旨味、ヒマラヤ岩塩がかかっており、甘みが強調されています。美味。穴子丼と同じく赤酢のコクのある酢飯を使用。

・イサキ、スミイカ、黒ホッキ貝、アジ
イサキ、スミイカ、黒ホッキ貝、アジ
海の良い香りが口の中に広がる北海道産の黒ホッキ貝が美味、これからアジもどんどん美味しくなりそうな予感です。

・ニタリクジラ赤身
ニタリクジラ赤身
珍しいクジラの握り、魚と動物のお肉の中間のような力強い味わい。

・コハダ、ネギトロ、出汁巻卵、カツオ藁焼き
コハダ、ネギトロ、出汁巻卵、カツオ藁焼き
藁焼きした鹿児島県産のカツオは香り良く、秋のものより爽やかな脂感。定番のネギトロも美味。

・穴子
穴子
最後はふっくら柔らかく仕上げられたアナゴをいただきました。

水菓子・抹茶プリン、ようかん、オレンジ
抹茶プリン、ようかん、オレンジ
職人の方もとても感じが良く、着物姿のスタッフの方々のサービスも上質。良い時間を過ごせる寿司店でした。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「銀座 鮨正」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ゆとりの空間 日比谷店 |栗原はるみさんプロデュースの明るいカフェ/the 602h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」602日目、本日は料理研究家の栗原はるみさんプロデュースのカフェ「ゆとりの空間 日比谷店」にお伺いしました。

場所は「日比谷シャンテ」の2階。

レストランは地下2階に集中していますが、こちらは2階の一番「ミッドタウン日比谷側」。

席が窓際に並んで設置されていますので、明るく気持ちの良い店内。

入り口横には「ゆとりの空間」という名前の生活雑貨店が併設されています。 ランチメニューもありますが、本日はアラカルトメニューから注文。メニューは3ヶ月程度で変わるようです。

・白身魚と野菜の黒酢あんかけごはん ¥1,430、セットサラダ ¥275 をお願いしました。

10分ほどで到着、彩りも綺麗で体にも優しそうな料理。

ナス、ブロッコリー、ニンジン、ゴボウなど野菜が沢山入ったあんかけご飯、餡は酸味がやや強めで爽快感も有り。

餡が染みたご飯も美味しく、野菜がたっぷり食べられることにも満足です。

・アジフライの大葉タルタルソースサンド ¥1,430

こちらは2022年6月6日までのメニュー。サラダ、紫キャベツのラペ、ミネストローネ付き。

耳付きのトーストに、大葉タルタルソース、キャベツ、さっくり揚がったアジフライの組み合わせは間違いありません。

アジフライは大好物ですので、大変美味しくいただきました。せっかくなのでセットデザートのミニパフェも追加。

・紅茶プリンのあんみつパフェ +¥440

餡子、白玉、寒天、黒蜜に、たっぷり入った香りしっかり目の紅茶プリン。バニラアイスが硬いので、食べようとするとプリンの中に沈んでしまいますが、思ったよりサイズも大きくのが素敵。

栗原はるみさんプロデュースというだけあり、安心安定の料理内容、お店の雰囲気もとても良いレストランです。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「ゆとりの空間 日比谷店」について詳しくはレストラン予約サイト一休をご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

紅茶とスコーン専門店 ティールーム キキ|イギリス喫茶文化のクリームティー体験/the 601h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」601日目、本日は2022年3月25日にオープンした紅茶とスコーン専門店「ティールーム キキ」にお伺いしました。

場所は「東京ミッドタウン日比谷」の地下2階。

イギリスの喫茶習慣「クリーム ティー」を体験できるお店だそうです。「クリーム ティー」は、基本は紅茶とスコーンで楽しむアフタヌーンティーの一種だそうです。

入って左側が物販、右側がL字型のカウンター席で10席程度が用意されています。

ランチメニューとして各種サンドウィッチの紅茶のセットなどが用意されていますが、本日は・アフタヌーンティー ¥3,850 をお願いしました。とても人気なので、喫茶を利用したい場合はウェブサイトから事前予約がお勧めです。

全てのメニューにティーフロー付き。

ウェルカムドリンクはチョコラテのアイスティー、その後は紅茶専門店アムシュティーの20種類以上の紅茶をストレートティーで飲み放題。といっても種類は指定できず、スタッフの方がランダムでカップに注いでくれます。また使用している食器はイギリスの老舗陶器メーカー「バーレイ社」のもの。

・アフタヌーンティー

イギリスのデザイナー、ウィリアム モリスの代表作「いちご泥棒」をイメージしたアフタヌーンティー。アフタヌーンティーは2名からのお店が多いですが、こちらは1名でも注文可能。

下段・サーモンとキュウリのサンドウィッチ、キッシュ、サラダ

やや量感が少なく感じますが、優しいお味で美味。

中段・自家製スコーン、自家製クロテッドクリーム、自家製ジャム

クロテッドクリームはイギリス伝統の濃厚なハード系クリームですが、こちらのは岡山県産ジャージークリームを使用したすっきりタイプ。スコーンは滅多にいただきませんが、ほろほろ柔らか食感、半分に割ってからジャムやクリームを付けるのがイギリス式との説明。

上段・イチゴのマカロン、イチゴのミルフィーユ、ショコラテリーヌ、イチゴのムースサンド、アールグレイと桜のパンナコッタ、フルーツ盛り合わせ
奈良県のブランドいちご「古都華」を使用したデザート各種、イチゴのサイズが小さめなのが少し残念でしたが、美味しくいただきました。

アフタヌーンティーは明日4月26日から「レモン」に変わるそうです。色々な紅茶をお値段気にせず楽しめるで、紅茶好きには非常に嬉しいカフェなのかもしれません。ごちそうさまでした!

「紅茶とスコーン専門店 ティールーム キキ」について詳しくはレストラン予約サイト一休をご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。