MCM CAFE|銀座通り沿いのゆったり穴場カフェ/the 464th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」464日目、本日はカフェ「MCM CAFE」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、中央通り沿い、ドイツのファッションブランド「MCM 銀座 HAUS1」の4階。
MCM 銀座 HAUS1
もともとはミュンヘンで旅行用のトランクから始まったブランドだそうです。

エレベーターを降りるとMCM柄の犬と人間大の大ウサギがお出向かえ。
MCM CAFE

カフェは広々とした空間にポツポツとテーブルが配置された贅沢な空間。
MCM CAFE
奥にはギャラリーがあり、歴代のドールを中心に映像など様々な展示がされています。 まずは奥のレジカウンターでオーダーし支払いを済ませます。色々お願いしてみました。

・ホットサンド ¥700
ホットサンド
やや小ぶりのホットサンド、中はドライトマト、モッツァレラ、そして青海苔が入っているのが面白く、組み合わせとしてもなかなか素敵です。伸び伸びのモッツァレラも楽しく、ランチというよりはお八つに最適かもしれません。

・アップルパイ ¥700、コーヒー ¥500
アップルパイ、コーヒー
シンプルなアップルパイ、甘さの中に少し酸味のあるリンゴもたっぷり入っていて、生地のサクサクとしっとり感のバランスも良い感じ。コーヒー豆はブラジルとコロンビアのオリジナルブレンドで、量も多く、爽やかなで美味しいコーヒーでした。

まだオープンしてそれほど経っておらず、空いています。立地も抜群で、ショッピングの休憩などには最適ではないでしょうか。まだメニューは少ないですが、これから増やしていくそう。また新メニューが登場したらお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

なお、ご紹介しておいてなんですが、現在臨時休業中とのことです。。。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
MCM CAFE

コラーゲンスープ麺屋よしなり|美容にも良さ気な激熱ふかひれ麺/the 463th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」463日目、本日はラーメン、「コラーゲンスープ麺屋よしなり」にお伺いしました。

場所はは銀座7丁目数奇屋通り沿いのビル4階、野菜カクテルが有名な「バイタミン ジー」内で2019年1月から間借りランチ営業中。カレーはよくありますが、ラーメンというのは珍しく感じます。 基本的な営業時間は月〜土曜11時30分〜15時ラストオーダーです。コラーゲンスープ麺屋よしなり
もともと銀座8丁目の焼き鳥店だったコラーゲン鍋の元祖「銀座よしなり」がラーメン店として復活。入ってすぐがカウンター席、奥にソファ席も有り。ご主人(息子様)とお母様のお2人で切り盛りされており、それだけでもポイントアップです。

メニューは3種類でふかひれ麺、黄金鶏そば、紅ズワイガニ煮込み麺。本日はベーシックな・フカヒレ麺 ¥1,300、・Bセット(鶏そぼろご飯、漬物) ¥200をお願いしました。追加料金で味玉、鳥つくね、パクチーなどのトッピングも可能です。

提供時間はややゆっくりで15分ほどで到着。土鍋の蓋を開けるとものすごいレベルでグツグツ。
フカヒレ麺
とろみが強いのでボコボコ言ってます。鶏を7時間煮込んで作るというコラーゲンスープはとても濃厚でずっと熱々。コシの強くない柔らかめのすっきりタイプの細麺、具はシンプルに青菜、主役はあくまでもコラーゲンスープのよう。フカヒレもちゃんと入っていて贅沢感有りです。

そしてお母様担当のウズラ卵が乗った・鶏そぼろご飯(柴漬け付)がまた美味しい。
鶏そぼろご飯
甘みの少ない大人のそぼろです。スープを掛けて食べるとまた違った美味しさが楽しめますね。美味しいです。

別の日にお伺いしていただいたのが・紅ズワイガニ煮込み麺 ¥1,200
紅ズワイガニ煮込み麺
フカヒレ麺同様にグツグツ。熱過ぎるので素早く食べる事はできませんが、寒い日に体の芯から温まるのは嬉しいです。直前に添えられたフレッシュなもやしを投入することでシャキシャキ食感が加わり良い感じ。

ベースは黄金コラーゲンスープですが、蟹出汁のお味も加わり、蟹の味も入っています。
紅ズワイガニ煮込み麺
味自体はとてもさっぱりしており、女性に好まれそうな優しいラーメンです。コラーゲンたっぷりということで美容にも良さそうです。美味。

ラーメン店激戦区のこの界隈では異色なお店、お母さんの醸すムードがとても素敵です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

サンデーブランチ リサラーソン フィーカ トーキョー|コラボカフェでライオンカレー/the 460th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」460日目、本日はカフェです。銀座2丁目、外堀通り沿い、マロニエゲート銀座1の4階にあるカフェ「サンデーブランチ」にお伺いしました。

はらぺこあおむし、レオ レオニ、ペネロペ、ひつじのショーンなどとのコラボカフェを開催しているサンデーブランチですが、2020年1月27日まで「リサラーソン フィーカ トーキョー」を開催中です。
リサラーソン フィーカ トーキョー
店内はスウェーデンの陶芸家リサ ラーソングッズがいっぱいです。微笑ましい表情のライオン、猫、アザラシなど陶器の作品が有名です。せっかくなのでコラボメニューをいただきました。

・ライオン プレート ¥1,680(w/o tax)
ライオン プレート
あまりスパイシーではないスパイスライスに非常に優しいチキンココナッツカレーの組み合わせ。鶏肉がゴロゴロ入っているのも良い感じ。

足もちゃんとライスで再現されています。
ライオン プレート
そしてご飯の量がかなり多く、カレーと分量の配分がアンバランスですが、そんなことはあまり気にしません。こういったメニューは映えるビジュアルは大事ですね。せっかくなのでデザートもオーダー。

・ベビーマイキー ガトーショコラ ¥700
ベビーマイキー ガトーショコラ
おしゃまな表情が可愛い猫のマイキーのクッキーが乗ったガトーショコラ。お味はかなり濃厚ですが、ゴマがアクセントとなっています。しっかりしたチョコ味で大変美味しくいただきました。また気になるコラボレーションが登場したらお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

「サンデーブランチ、リサラーソン フィーカ トーキョー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
リサラーソン フィーカ トーキョー

ミセス・ダダ|銀座に新たなカレースポット登場/the 459th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」459日目、本日はカレーです。2019年11月にオープンしたカレー店「ミセス・ダダ」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、昭和通り近く「松楠ビル」の地下1階。
ミセス・ダダ
2つ前のお店がお洒落なイタリアンだったこともあり、それを生かしたカレー店らしからぬシックな内装。カウンター席、テーブル席の他、1人用テーブル席もあるのが嬉しいです。

ランチメニューは、定番のチキン、シュリンプ、ラムに日替わりがポークでした。本日は好物の・ラムカレー ¥1,000 をお願いしました。
ラムカレー
カレーですので素早く到着。羊肉もゴロッと入って見た目も素敵、カレー4種の中では辛めの設定ですが、サラサラのルーは食べている途中に水が必要なほどではありません。キレがあり、すっと引く辛さで、油が控えめなのか食後にもたつく感じもないのが良いです。美味。

通しで営業されているので、いつでもカレーがいただけるのも嬉しいのですが、15時から17時はカフェタイムとなっておりパフェなどもいただけます。

・チョコレートパフェ ¥800
チョコレートパフェ
インドのクラッカー「パパド」が刺さっているのがインド的ではあるものの、チョコとバニラアイス、フレーク、コーヒーゼリーなど素材は基本的にベーシック。カレーの後は甘いものが食べたくなるので、それが場所を移動せず実現するという嬉しさがあります。

ちなみにプレオープン中にいただいたのがこちら・シュリンプ(中辛)、牛すじスパイシーカレー(辛口)2種盛り ¥1,000
シュリンプ(中辛)、牛すじスパイシーカレー(辛口)2種盛り
ワンプレートにマッシュポテト、ピクルスや何かわかりませんが美味しいソース、エディブルフラワーまで飾られ華やかな見た目。しっかりスパイスが効いてコクのある牛すじカレーに、比べて甘く感じるエビカレーでバランス良し。インドと日本のカレーのエッセンスがうまく融合した美味しいカレーライスです。

ディナーは普通のカレーの他に「アートオブカレー」と名付けられたメニューもあるようです。店名は芸術運動のダダイズム(既成概念に対する反抗などの主義を持つ)と関係あるのでしょうね。また別のカレーをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。