鮨処 順 銀座店|西五番街通りに移転オープン/the 557th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」557日目、本日はお寿司です。2021年6月オープンした「鮨処 順 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、西五番街通り沿い、ニューギンザビル6号館の1階。
ニューギンザビル6号館の1階
以前ギンザシックスの銀座大食堂に入っていたお店、明るい店内はとても広くカウンター3台に個室もあるそうです。

ランチメニューは海鮮丼もありますが、本日は一番リーズナブルな寿司コース・大観(寿司10貫) ¥3,800 をトロ抜きでお願いしました。

・イサキ、ホタテ、サーモン、イクラ小丼
イサキ、ホタテ、サーモン、イクラ小丼
米酢の白い酢飯は、塩も酢もかなり控えめ。新橋で創業して60年、町寿司らしいマイルドさ。お寿司の形も綺麗です。

・アジ
アジ
この時期美味しい魚、間違いありません。

・赤身漬け
赤身漬け
流行りの即席漬けですはなくて、しっかり漬け込んでいるのが好感触。香りが良いです。

・イカ/ウニ乗せ、エビ、赤貝、タマゴ
イカ/ウニ乗せ、エビ、赤貝、タマゴ
お客様が少なかったこともあり、良いテンポで進んでいきます。ここまで20分ほど。

・アナゴ
アナゴ
こちらにカボチャの漬物、アオサ味噌汁が付き一通り。せっかくなので追加もいただきました。

追加・コハダ
コハダ
江戸前の定番、柔らかい酢締めでふっくらした仕上げ。

追加・カンピョウ巻き
カンピョウ巻き
巻物はお腹が満たされます。追加2点で900円と、銀座の寿司店の中ではリーズナブル。大変美味しくいただきました。 滞在時間30分ほど、銀座で気軽にお寿司、という感覚だと良い印象、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「鮨処 順 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

上海ルージュ|辛さ控えめ上品柔和な中華料理/the 556th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」556日目、本日は中華料理、2021年7月オープンした「上海ルージュ」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、中央通り沿い、銀座コアの10階。
上海ルージュ
以前は中華料理店「銀座 楼蘭(ろうらん)」があった場所。最近お店の入れ替わりが非常に激しい銀座です。

内装は以前のお店とあまり変わっていない印象。中華料理店らしい丸テーブルが、広い空間にゆったりと配置されています。

料理長は赤坂の有名中華料理店「WAKIYA」で料理長も勤めていた沖倉シェフとのこと。ランチコースは¥3,500からありますが、本日は・特式菜譜 ¥5,500(サ別10%)をお願いしました。

・前菜の盛り合わせ

甘エビ紹興酒漬け、焼豚、蒸し鶏、クラゲ、押し豆腐の和え物。どれも丁寧に作られているようで美味しいです。

・チャイナラビオリ(雲呑湯)

豚肉がぎっしり詰まって、程よい皮の存在感も素敵なワンタン。スープも味わいがしっかりして良い具合です。

・夏野菜と海鮮の炒め

マハタとホタテ、野菜はゴーヤ、レンコンなど、素材の味が引き立つ上品な塩味。お好みでと一緒に提供していただいたエビの卵と貝柱の自家製XO醬は辛さ控えめ、そのままでも美味しい。

・東坡肉(トンポーロー)

皮付き豚バラ肉煮込み、冬瓜と実山椒、歯がいらないくらいトロトロ柔らか、豚肉の味わいもしっかり感じられて美味、実山椒のアクセントも良い。まろやかなソースも花巻に付けて残さずいただきます。ちなみに東坡肉は、上海南西の浙江省杭州の名物料理だそう。

・焼豚炒飯

担々麺なども選択できましたが好物の炒飯で。お手本のような理想的な仕上がり。もちろんお味も上出来。

・マンゴープリン

見た目も涼しげなデザートは、あっという間に完食。

・凍頂烏龍茶

一煎目は香りを、二煎目と三煎目をブレンドした二杯目は味と甘みを楽しんで下さいとのこと。最後まで丁寧な作業が嬉しいです。

料理の緩急の付け方も良く、上品で優しく美味しい中華料理でした。映画の『上海ルージュ』も見てみたくなりました。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「上海ルージュ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

シーバード コロニー銀座本店|洗練を感じる南インド料理店がオープン/the 555th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」555日目、本日はインド料理、2021年7月12日オープンした「シーバード コロニー銀座本店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、ソニー通り沿い、1階に老舗フレンチ「エスコフィエ」が入っている「西五ビル」3階。
シーバード コロニー銀座本店
以前は人気のタイカレー店「ハレギンザ」があった場所です。

やや暗めの店内、インド料理店としては落ち着いた高級感のある雰囲気。
シーバード コロニー銀座本店
現在のランチメニューはシーフードorミートカレー、ビリヤニ、ドーサのターリーなど、本日は好物の・ビリヤニセット ¥1,500をお願いしました。

・ラサム
ラサム
日本で例えると味噌汁のような感じで親しまれている酸味と辛味のある野菜スープ。辛味より酸味が強調しており、暑い日に飲めば爽やかさも感じられます。

・ビリヤニセット
ビリヤニセット
内容はビリヤニ(250g)、ボリヤル、玉ねぎピクルス、ライタ、ゆで卵。カレーはチキン、ポーク、マトンの3種から・マトンララを選択。マトンララは羊のひき肉ではなくチキンキーマを合わせて、中には羊の塊肉もいくつか。説明には「辛口」とありましたが、マイルドで深みもあり美味。

セットビリヤニの具は色々変わるそうですが、今日は鯛!
鯛のビリヤニ
鯛のビリヤニは、初めてでしたが、香りの良いバスマティライスもフワフワ、鯛の身も沢山入ってとても美味しい。ライタもコクがしっかりあり、ボリヤルやピクルスまでちゃんと作られており素敵です。

別の日にいただいた・マサラドーサセット ¥1,450
マサラドーサセット
内容はサンバル、ボリヤル、チャツネ2種、バスマティライス、選べるカレーはチキンシチューカレーを選択。ケララ州のココナッツミルクを使ったサラサラカレー。

ドーサは米とウラドダール(ケツルアズキの豆)で作った南インドのクレープ。中にはほくほくしたポテトマサラが入っています。パリパリで香りも良くとても美味しいドーサです。
マサラドーサ
他の店では手抜き感のあるココナッツチャツネ、サンバルも上質、ドーサに絡めて大変美味しくいただきました。

初めていただきましたがインドの伝統菓子・グラブ ジャムンもサービスで。
グラブ ジャムン
綺麗なガラス皿に一粒乗せられ高級感漂います。激甘で有名だそうですが、出来立て熱々、甘さも加減されておりました。

・ホットマサラチャイ ¥500
ホットマサラチャイ
最後はスパイスのアクセントが心地よく、味わい強めの美味しいチャイをいただきゆっくりさせていただきました。

お皿もステンレスではなく高級感有り、料理も負けずに上品で洗練された味わいで非常に好み。南インド料理は辛いイメージがありましたが、こちらは非常にマイルドで上品。銀座にある他の南インド料理店は違う方向性でオリジナリティも感じられます。ランチ価格はややお高めではありますが、、、インドカレー好きには嬉しいお店ができました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「シーバード コロニー銀座本店」について詳しくはインスタグラムをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ギンザ タッポ|再び銀座へ帰ってきたイタリアン/the 554th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」554日目、本日はイタリアン「ギンザ タッポ」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、見番通り沿い、「Y.A.D. GINZA8ビル」の6階。エレベーターは路地の中程にあります。
ギンザ タッポ
以前は銀座コリドー通りにあり、その後、新橋へ移転しましたが、2021年6月、再び銀座へ帰ってきたイタリアンです。

小ぢんまりとした店内は入って右側がカウンター3席、左側がテーブル席。 現在ランチはパスタ2種、リゾットの3種類で全て¥1,200、サラダ付き。

・彩り野菜の盛り盛りサラダプレート
彩り野菜の盛り盛りサラダプレート
コールスロー、キャロットラぺ、コーンサラダ、グリーンサラダなど7種類のサラダ盛り合わせ。彩りも綺麗で1つ1つがちゃんと作られておりとても素敵。体にも嬉しく、目にも美味しい一皿です。

パスタはミートソースと迷いましたが・自家製ベーコンのスパゲッティ カルボナーラを選択
自家製ベーコンのスパゲッティ カルボナーラ
チーズを削って出来上がり。カルボナーラは重たすぎる場合がけっこうあるのですが、こちらは軽やか、チーズ、卵、ベーコンのバランスもばっちり、とても美味しいパスタです。

別の日にいただいたリゾットは・シラスとズッキーニのリゾット
シラスとズッキーニのリゾット
パスタ同様、クリーム系ですが、綺麗なお味。ズッキーニの食感とほんのり香るシラスがとても良いです。

また夜にも利用してみたいレストランですが、7月12日からの緊急事態宣言下では夜は休業予定、ランチは営業するようです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ギンザ タッポ」について詳しくはインスタグラムをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。