自由ヶ丘 蔭山樓 ギンザシックス店|鶏白湯のフカヒレ麺/the 552th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」552日目、本日はフカヒレ、ギンザシックス地下2階にオープンしたフカヒレ専門店「自由ヶ丘 蔭山樓 ギンザシックス店」にお伺いしました。

自由が丘の有名フカヒレ専門店「蔭山樓(かげやまろう)」の新業態で、フカヒレを使ったラーメンやご飯が比較的リーズナブルにいただけます。
自由ヶ丘 蔭山樓 ギンザシックス店
モノトーンの店内はカウンター8席ほど。通路に面していますが、大きい暖簾があるため人通りはそこまで気になりません。本日は・蟹とフカヒレ煮込みそば ¥2,068 + 点心セット ¥748 をいただきました。

・小籠包、ニラ蒸し餃子
小籠包、ニラ蒸し餃子
餃子はプリプリ、小籠包のスープも普通に美味。

・蟹とフカヒレ煮込みそば
蟹とフカヒレ煮込みそば
普通のフカヒレ麺もあるのですが蟹入りをいただきました。スープは手羽先を使った塩味の鶏白湯スープ。甲殻類の良い香りも加わり香りが素敵。熱々ですので火傷に注意です。ちなみに蟹入りでない普通のフカヒレ麺はフカヒレのサイズが大きい中、特大の用意もございます。

浅草開化楼の縮れ太麺で、もっちりコシがあり美味。具材は卵黄、蟹、フカヒレ、タケノコ、鶏肉。
蟹とフカヒレ煮込みそば
蟹肉は沢山見られますが、フカヒレはあまり見かけず。ただラーメンですので、これくらいで問題無し。卓上に置いてある赤酢を入れても良い具合、あっさりした中にも深みのあるスープも美味しく、残さずいただきました。

・フカヒレ煮込みご飯 ¥1,848
フカヒレ煮込みご飯
別の日にいただいたご飯、こちらは醤油ベース。柚子が入っている以外は麺と具材は同じ。上に乗ったアスパラソバージュは彩とフレンチ感を出すためでしょうか。赤酢を使っての味変も良い具合、こちらも見た目通りの美味しさであっという間に完食です。

セットの・クラシック杏仁豆腐
クラシック杏仁豆腐
蔭山樓の定番品。異常に味が薄くてびっくりしましたが、ありがたくいただきました。

またテイクアウトのみになりますが、今は無き銀座の有名フレンチ出身シェフが手がけるフレンチ杏仁豆腐(ヴェリーヌ)も色々。
フレンチ杏仁豆腐
フルーツが沢山使用されていたり、見た目も非常にモダン。せっかくなので1つ購入いたしました。

・杏仁豆腐ごま&小倉 スマイル ¥842
杏仁豆腐ごま&小倉 スマイル
上にはスマイルマークのゴマ団子、中は小倉餡、杏仁豆腐、アールグレーのゼリーの3層構造、お好みでマンゴーソース。ゴマ団子は温かい方が好きなのを忘れていました。一体感はあまりありませんが、杏仁豆腐と小倉餡の組み合わせは美味。見た目も面白いので贈答品には喜ばれそうです。ごちそうさまでした!

「自由ヶ丘 蔭山樓 ギンザシックス店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

カフェ ディオール by ラデュレ|洗練された空間、上質なデセール/the 546th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」546日目、本日はカフェ、ギンザシックスのハウス オブ ディオール4階に2021年4月22日にオープンした「カフェ ディオール by ラデュレ」にお伺いしました。

ディオールは、2021年プレフォールコレクションとして、アメリカのアーティスト「ケニー・シャーフ」とのコラボレートアイテムを展開中。
カフェ ディオール by ラデュレ
色相は豊かですが、落ち着いた明彩で描かれた独特のキャラクターが目を惹きます。

店内はテーブル配置が変わっている程度で以前の「カフェディオール by ピエールエルメ」と変わらず、パステルピンク、ブルー、グリーンの背もたれ、ぽってりとした形状の椅子が可愛い。
カフェ ディオール by ラデュレ
ギンザシックスのほとんどのフロアが休業中のため、現在はオンライン予約限定での先行オープン中、席数をかなり絞っていることもあり全日満席のようです。色々いただきました。

・ウフ クリスチャン ディオール ¥3,410
ウフ クリスチャン ディオール
イヴ サンローランの共同創業者ピエール ベルジェが、クリスチャン ディオールをもてなすために供したという「ウフ クリスチャン ディオール(ジュレで包んだポーチドエッグにキャビアを乗せた料理)」のオマージュ。お皿はラデュレのためにデザインされたカナージュ柄です。

アーモンドなどから作られるオルジェーシロップのムースの中に、アプリコットのクーリ、上にシトロンキャビア(フィンガーライム)、ムースの下にはオルジェーシロップのジュレ、アプリコットのポワレ。
ウフ クリスチャン ディオール
サイズは小さいですが、甘みが強く満足感有り、後味は非常に爽やかです。

・モワルー オ ショコラ ¥2,310
モワルー オ ショコラ
カカオ64%のダークチョコレートの中にアングレーズソースが入ったフォンダンショコラ。上に小気味好い食感のカカオニブのヌガティーヌ。こちらは普通サイズ。ナイフを入れるとトロッと流れ出るソースがバニラの香り豊かで食欲を増進。6種類あるデザートの中で一番人気だそう。美味。

・ラテ アート クローバー ¥1,540
ラテ アート クローバー
最後は「CD」ロゴ、スター、カナージュ、クローバーの4種から選べるカフェラテをいただきました。

ハイブランドのカフェですので、サービスも雰囲気も上質、時間制限などもないようで、素晴らしい時間を過ごせるのは間違いなさそうです。もまた他のデザートや豪華なアフタヌーンティーセットもいただいてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「カフェ ディオール by ラデュレ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

カフェ コヴァ ミラノ|ギンザシックスで味わうミラノ気分/the 448th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」448日目、本日はカフェです。ギンザシックス3階に2019年9月12日オープンした「カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス」にお伺いしました。

1817年ミラノで創業したミラノ最古のカフェだそうです。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス

入ってすぐのスペースではテイクアウトできるケーキやクッキー、チョコレートなどが販売されています。
カフェ コヴァ ミラノ ケーキ
見た目もカラフルな映えるビジュアルです。

奥がダイニングとなっていますが、席数はかなり多め。席に座れば、気分はミラネーゼ、外の会社看板は一切目に入りません。イエロー基調の上質感のある雰囲気。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス
そして落ち着いていながら親しみを感じるサービスは銀座三越のラデュレに似ているでしょうか。

明るい窓際の席はあずま通りから晴海通りまでが見渡せ気持ちが良いです。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス
しっかりとしたコースメニューもありますが、本日は10時30分〜14時までオーダーできる・ライトランチセット ¥2,600をお願いしました。サラダorスープ、メインはキッシュ、カナッペなど4種類から選択可能です。

ポテトチップも付いたワンプレート。カトラリー、器、さらに家具などもほとんどミラノのものを使用しているそうです。
ライトランチセット
カボチャのスープは重厚感のある仕上げで美味しい。生クリームなどは使用せず、カボチャ、エシャロット、ジャガイモペーストで仕上げており、カボチャ感たっぷり。

メインは・パルマハムとマスカルポーネチーズのフォカッチャ
パルマハムとマスカルポーネチーズのフォカッチャ
ビッグサイズです。あっさりとしたフォカッチャに、程よい塩気の上質感のある生ハムとコクのあるマスカルポーネの組み合わせはシンプルですがとても美味しいです。量が多いので、2人で違う料理を頼んでシェアするのが良いかもしれません。

ランチセットにはデザート、カフェ付きです。
ヘーゼルナッツのタルト、エスプレッソ
ヘーゼルナッツの一口タルトに、気分に乗せられて普段は飲まないエスプレッソをオーダー。まったりとしたクリームが美味しいです。気になる単品デザートもいくつかお願いしました。

 ・サーケル ¥1,200
サーケル
コヴァミラノのシグネチャーは、1817年の創業当時からの伝統デザートのチョコレートケーキ。見た目から想像されますがザッハトルテの派生デザート(ザッハ = Sacher = サーケル)です。大きいのかと思ったらケーキは普通サイズでした。見た目もお味もクラシックですが、もっちり濃厚で美味。チョコレート好きには嬉しいお味です。中には酸味のある杏ジャム、背面にはカカオローストがびっしりコーティングされており、お味を引き締めるとともに、食感のアクセントとなっています。続いてこちら。

・コッパ ティラミス ¥1,600
コッパ ティラミス
名前の通りコップ(カップ)に入ったパフェ様ティラミス。これはなかなかのボリューム。中にエスプレッソのスポンジが入っていますが、マスカルポーネクリームがほぼメイン。甘さは控えめで意外なほどスムーズに体に入っていきました。3分ほどで完食。

料理もデザートも異国情緒があり、大幅に日本風にアレンジしていないのが良いです。1名でも楽しめますが、数名で伺ってシェアしながらいただくのも楽しいと思われます。また別の料理もいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「カフェ コヴァ ミラノ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
コッパ ティラミス

銀座千疋屋フルーツパーラー|お気に入りのフルーツサンド/the 396th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」396日目、本日はカフェです。すでに掲載済みと思っていたらすっかり忘れていた銀座の超有名カフェ「銀座 千疋屋フルーツパーラー」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、晴海通り沿い、とても細長く見える新築ビル「ニュウ銀座千疋屋ビル」。銀座千疋屋はフルーツポンチを日本で初めて提供したことでも有名です。

1階がフルーツショップ、2階と地下1階がカフェとなっており、ランチメニューが多少異なります。明るく開放感のある2階が圧倒的に人気があります。メニューはフルーツサンドなどのサンドイッチ、フルーツを使ったスィーツがメイン。地下1階ではランチタイムにパスタも提供しています。

・ハム&フルーツサンド ¥1,188

5種類あるサンドイッチの中から2種を選んで組み合わせることができます。フワフワの食パンに、5種類の果物、溢れんばかりのクリームが幸せそうに挟まれています。

リンゴのシャキシャキした食感、イチゴの甘酸っぱさ、桜桃の優しく瑞々しい甘み、メロンの主張と贅沢感、栗は見えないほど細かく刻まれ隠し味に。ハムサンドも具材の上質さを感じるのはもちろん、パンの丁寧に塗られたマスタードの品の良い辛さが抜群でございます。

銀座でフルーツサンドを提供している店は多いですが、銀座千疋屋のフルーツサンドは大好物です。

・フルーツ&ショコラバナナサンド、季節のフルーツ、コーヒーセット ¥1,620

こちらはランチセット。付け合わせのフルーツはパパイヤ、ピオーネ、夏イチゴ。独特な風味のパパイヤが美味しいです。バナナが際立つ黒いチョコパン、でっぷりとバナナが入ったチョコバナナは、アーモンドプラリネペーストとサクサクのクリスピーチョコがアクセント。なかなか迫力のあるチョコバナナサンドです。

旬のフルーツを使った期間限定のフルーツサンドやスィーツもたびたび登場します。

・いちじくサンド ¥1,080

9月に3日間限定で発売されていたジューシーなイチジクいっぱいのサンドイッチ。フレッシュなイチジクの片側はイチジクジャム、もう片側はサワークリーム入りの生クリームでしっかり保湿。 優しい甘さのイチジクに、いつもより少し爽やかで軽い生クリームの美味しい調和です。

フルーツパフェも美味しいです。

・秋パフェ ¥2,268

秋の季節限定パフェ。上に乗った5種のフルーツは日により変わるそうですが、本日は津軽リンゴ、利根柿、アウローラ、豊水梨、イチジクで秋満載。

流石にフルーツ単体はとても美味しいです。

マロンクリームの下はマロンアイス、ほうじ茶ゼリー、抹茶アイス、バニラアイス、一番下の赤色はプラムソース。各素材の組み合わせも良く、美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

「銀座千疋屋フルーツパーラー」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

続いて「銀座千疋屋」情報です。銀座6丁目のランドマーク「GINZA SIX」地下1階に2018年11月3日〜2019年2月17日まで期間限定で「GINZA SEMBIKIYA CAFE」が営業中です。

2人がけの丸テーブル2卓とソファ席とコンパクトなお店です。

本日はメロン、イチゴ、チョコと4種類あるパフェの中から・フルーツミルフィーユ ¥1,620 をお願いしました。

上に乗った果物は柿をメインにイチゴ、裏にはメロンが隠れています。昔は柿が苦手だったのですが、最近美味しく感じるようになってきました。乗っているフルーツは流石にフレッシュで美味。

フルーツの下はメロンソース、バニラアイス、生クリーム、イチゴソースでその間々に砕いたパイ生地がたっぷり入っています。

ちょっとパイ生地多過ぎと感じましたが、ミルフィーユとはこのことか!食べ応えも有り、美味しくいただきました。カップやスプーンはプラスチックですが、お手拭きは千疋屋仕様で非常に立派なのが嬉しいです。 フルーツジュースやスムージーもあるので、ちょっとした休憩にも良いですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

パッケージも素敵なフルーツサンドは年代問わず喜ばれそうな逸品でギフトにも最適です。