銀座 焼鳥 雅流|調和が素敵な焼鳥体験/the 458th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」458日目、本日は焼鳥です。2019年9月にオープンした焼鳥店「焼鳥 雅流」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い、1階にベルギーの老舗チョコレートショップ「デルレイ」が入っているビルの4階です。
銀座 焼鳥 雅流
やや暗めの照明の落ち着いた店内はカウンター10席のみ。私は存じ上げませんでしたが、中島親方は麻布十番の焼鳥名店「鳥善 瀬尾」のご出身だそう(銀座 鳥幸の立ち上げにも関わっておられたとか)。お若く見えますが焼鳥一筋のベテラン職人です。

遅い時間だとカルトでも頼めるのですが、本日は焼き鳥以外も色々食べられる・特選コース ¥8,000(お通し代¥500, サ別5%, w/o tax)をお願いしました。焼鳥前にも美味しいもの色々。

・大根サラダ、ブッラータチーズのカプレーゼ、レバーペースト、合鴨のロース、九条ネギのサラダ
大根サラダ、カプレーゼ、レバーペースト、合鴨のロース、九条ネギのサラダ
チーズたっぷりが嬉しいカプレーゼ、レバーペーストはクセはありませんが味わいは深め、炭で焼いたパンもとても美味しい。九条ネギも青臭さはなく爽やかで意外な美味しさ。肉厚の合鴨も食べ応え有ります。続いて焼鳥タイム。

・せせり
せせり
鶏肉は山梨県銘柄鶏である甲府健味どりを使用、炭は紀州備長炭です。最初の「せせり」が絶品。旨味もあり、首のよく動く部分のお肉で上質な脂が口の中に広がるのが最高。

・かしわ、白レバ、つくね、砂肝
かしわ、白レバ、つくね、砂肝
苦手なので避けようとした白レバ、砂肝ですが、美味しいから食べてみてということでいただきました。確かにクセは全くなく美味。流石です。

焼鳥の間に・寿雀卵の茶碗蒸し
寿雀卵の茶碗蒸し
寿雀卵(じゅじゃくらん)は神奈川県伊勢原市のブランド卵、濃厚で卵ご飯にすると美味しいそうですが、鶏肉や銀杏入りた茶碗蒸しでも卵の味が濃いのがよくわかります。

・ふりそで、げんこつ、椎茸、ハツ&ハツ元
ふりそで、げんこつ、椎茸、ハツ&ハツ元
希少部位も色々いただきます。柚子胡椒を付けていただく「ふりそで」は手羽元の根元で旨味たっぷり、「げんこつ」は膝の軟骨で食感が楽しいです。このコースは通常7本付きなのですが、美味しかったこともあり流れで全種類いただいてえしまいました。。。

・ぼんじり、銀皮(ぎんかわ)、皮、手羽先、せせり
ぼんじり、銀皮(ぎんかわ)、皮、手羽先、せせり
「銀皮」は砂肝500gから1本しか取れない処理が大変な部位、新潟の唐辛子調味料「かんずり」を乗せて、食感良く、そして有り難みを感じながらいただきます。最後は追加で一番印象的だった「せせり」をいただきました。

・親子丼、鶏スープ、山芋のたまり漬け
親子丼、鶏スープ
焼鳥同様、軽やかさを感じさせる親子丼、出汁が染みたご飯も美味しいです。熱々の鶏スープも最高。

最後は・自家製 濃厚プリン
自家製 濃厚プリン
小さいだすが、味が濃いので満足感有ります。最後は熱いお茶をいただき一息。お酒は日本酒をいただきましたが、ご主人は焼酎が大好きで、貴重なものなど色々取り揃えていらっしゃるそうです。

軍鶏やある種の地鶏のような強い味わいは無いものの、食感や調和の取れた旨味は焼きのテクニックと、丁寧な仕込みによるものかと感じました。味が重くないので、食べ心地が良く、食後感も非常に爽快でした。

銀座での開店に漕ぎ付けるまでの紆余曲折で艱難辛苦なお話も興味深く伺いました。これからも色々あるかとは思いますが、誠実な仕事をされている方の作る料理は間違いなく美味しく、応援したくなるお店でございました。店名の「雅」という字からも焼鳥への自信を感じました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「飲食人研究所」というウェブサイトに「焼鳥 雅流」開店までの中島親方奮闘記も掲載されています。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

スパイスラボトーキョー|新しいインド料理 モダンインディアンキュイジーヌとは/the 455th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」455日目、本日はインド料理です。2019年11月16日にオープンした「ジクロス ギンザ ジェムズ」の10階にオープンした「スパイスラボトーキョー」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、外堀通りとみゆき通りの交差点。
ジクロス ギンザ ジェムズの10階
地下1階-2階はゴルフショップの「テーラーメイド銀座」が入っています。

ブルーの椅子が印象的な落ち着いた雰囲気、テーブルに置かれた茶色のワイングラスがお水用、陶器製でずっしりしています。
スパイスラボトーキョー
シェフ始めスタッフの方に日本人はほとんどいらっしゃいません。なんと10ヵ国の方が働いていらっしゃるとか。多くの方が日々日本語勉強中です。

インド料理といっても「モダンインディアンキュイジーヌ」を掲げ、料理もコースのみ。ランチコースは¥3,300からありますが、本日は・スパイスジャーニー ¥6,600(w/o tax)というコースをお願いしました。

最初に世界的に有名なデンマークのレストラン「ノーマ」やインドのリゾートホテル「アマン」などでの経験があるというテジャス ソヴァニシェフから挨拶がありました。2分くらい話されていたが、ほとんど分からず。。。笑顔が可愛いですが、34歳に見えない風格。 メニューにはその料理の食材が書かれていますが、どのような形で出てくるか全く想像が付きませんが、インドを旅するような感覚を楽しめるコース構成となっています。

・寺院 Offering(捧げもの)クリスピーレンティ、3彩色のチャッツネ
寺院 Offering(捧げもの)クリスピーレンティ、3彩色のチャッツネ
炭で色付けしたココナッツ、トマトクミン、アボカドコリアンダーの3色チャツネにワダ、ヨーグルト。黒緑赤が歌舞伎の定式幕(市村座)を連想させるのも銀座らしいか(ちなみに歌舞伎座は黒赤緑の森田座仕様)。生姜、カレーリーフの香るスナックと最初からスパイスをふんだんに使った料理です。複雑な香りが面白い。

・カボチャのスープ
カボチャのスープ
味噌、バター、生姜、フェンネルの香り。ほのかに感じる味噌の使い方が巧く、シェフのバランス感覚の鋭さを感じます。

・街路 Pride(誇り)5バーラトの愉しみ
5バーラトの愉しみ
インドの屋台料理5品、パニプリ、紫蘇の天ぷら、ひよこ豆のケーキ、バターチキンのサモサ、、鴨のカバブ。 パニプリの中の水も梅、味醂、ミントを使用(普通は酸っぱい水)、ソースにワサビ、鴨肉にプルーンとマンゴーを合わせたりインドの屋台料理をアップデートした縦横無尽な組み合わせ。お味も抜群。

・湾岸 Bay
海老、ポテト、ニラと長ネギのマスタードソース
スパイスでマリネした海老、クミンの香りのポテト、ロブスター香るライス、ニラと長ネギのマスタードソース。透明な粒々フィンガーライムの酸味も爽やか。

・ロイヤル Royalty
タンドリーラムロイン、サフランソース
タンドリーラムロイン、サフランソース、ナスのムース、ほうれん草。このソースが絶品。14種のスパイスを使用しているそうですが、サフランの嗅覚をくすぐる香りが素敵。ラム自体の味は弱いですが、このソースで十分美味しくいただけます。今日一番の一皿でした。

・4種のクルチャ
4種のクルチャ
左からチキンとチーズ、ズワイガニとニラ、トリュフマッシュルームとトリュフ、バターと4種類のクルチャ。ケツルアズキのダルカレーや、先ほどのサフランソースに付けても美味。

・チキンビリヤニ
チキンビリヤニ
器も全て特注でしょうか。香りを感じやすい筒型形状です。

ライタ、ダルカレーを掛けていただきます。
チキンビリヤニ
蒸し方が上手いのか、バスマティライスがフワフワで香りも良く洗練を感じるビリヤニ。しかもクルチャ、ビリヤニはお代わりできます。もちろん両方フルサイズでお代わりいただきました。

・フェスティバル Bitter & Sweet Symphony
ターメリックとナツメグのアイスクリーム
ターメリックとナツメグのアイスクリームに4種のソースは、黒がエスプレッソとマスカルポーネ、紫がベリーとタイム、黄色がバニラビーンズとカスタード、オレンジがカボチャとカルダモン。 お勧めにしたがい全部一緒にいただきましたが、喧嘩せずに食べられます。アイスが美味しい。

最後のドリンクはコーヒー、紅茶ともに3種から選べます。 ・ミディアムダークロースト:アッティカン エステート
ミディアムダークロースト:アッティカン エステート
スタッフの方は普通のコーヒーです。とおっしゃってましたが、インドのコーヒー豆のよう。優しいけれど、独特の味わいで美味しいです。

インド料理というと渾然一体となったスパイスのイメージですが、各スパイスの個性を感じられるような味わい、スパイシーですが辛い料理は一切ありませんでした。和の食材を巧く組み合わせ新鮮さを感じるコース内容、インド料理は1品の量が多く、1名だとカルトで頼むのが難しいですが、コースで少しずつ出てくるのはとても有難いです。コース内容がどれくらいで変わるのかを聞き忘れましたが、またお伺いしたくなるインド料理店でした。ごちそうさまでした!

「スパイスラボトーキョー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
スパイス

銀座すゞ木|フランス料理とカクテルを楽しむ大人のお店/the 451th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」451日目、本日はフレンチとカクテルの店「銀座すゞ木(すずき)」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数奇屋通り沿い「東五ビル」の2階です。
東五ビルの2階
1階には銀座オーセンティックバーの名店「数寄屋橋サンボア」、有名ステーキ店「かわむら」などが入っている建物です。

店内は最大10席の弧を描いた優雅なカウンター席のみ。
銀座すゞ木
カウンターの向かいがキッチンになっており、料理は全て目の前で完成され、程よい臨場感も味わえます。ランチコースは¥6,500からありますが、本日は・季節のコース ¥13,000をお願いしました。

フランス料理シェフのご主人とバーテンダーのマダムのお二人で切り盛りされており、フランス料理とカクテルを合わせる面白いお店です。せっかくなのでカクテルもいただいてみました。

・レオナルド
レオナルド
イチゴとシャンパーニュのカクテル、柔らかい甘味と程よい酸味の軽いお味。

アミューズ・新潟県南魚沼産黒舞茸のタルト、豚肉のリエット
新潟県南魚沼産黒舞茸のタルト、豚肉のリエット
天然の舞茸に味が近く、栽培が非常に難しいという黒舞茸。味が濃くて美味しいです。

・自家製スモークサーモンのコンソメゼリー寄せ
自家製スモークサーモンのコンソメゼリー寄せ
赤と緑の色合いも綺麗な冷たい料理。まったりとした食感のサーモンとアボカド、爽やかなトマトのバランスが良いです。

・フォアグラのだし巻き卵
フォアグラのだし巻き卵 トリュフソース
フォアグラを巻いた卵焼きは初めてです!マデラ酒のトリュフソースと生クリームソースで。「銀座すゞ木」のスペシャリテは、説明不要の絶対美味しい料理です。

・銀座すゞ木特製 貝のスープ
銀座すゞ木特製 貝のスープ
昆布とカツオ出汁にハマグリ、シジミの出汁を加えたもの。胃の中が癒される滋味深いスープです。

・オゴダイのポワレ バルサミコ酢ソース
オゴダイのポワレ バルサミコ酢ソース
初めていただいた八丈島産のオゴダイ(ヒメダイ)、マダイよりスズキに近いシュッとしたビジュアルのお魚です。淡白な白身で、ソースの酸味が魚と野菜の甘味を引き立てているようです。

メインに合わせていただいたカクテルが・ジンリッキー
ジンリッキー
鹿児島県の小正醸造の「KOMASA GIN-ほうじ茶-」と、セミノールという柑橘を早積みしたジュースを合わせたもの。ほうじ茶の香りが意外に強くて驚きましたが、さっぱりとした中にお茶の香りが加わり面白い味です。

・ニュージーランド産仔羊ロースト
ニュージーランド産仔羊ロースト
クセ無く、とても柔らかいお肉で、ミントの香りのソースが爽やかです。あっという間に完食。

・カラスミパスタ
カラスミパスタ
お肉で終了と思ったので〆のパスタは嬉しく思います。安定のカラスミ、美味しいです。

・ほうじ茶のクレームブリュレ、コーヒー
ほうじ茶のクレームブリュレ、コーヒー
コーヒーは24時間かけて水出ししたもので、とても円やかなお味です。ほうじ茶のクレームブリュレも気が利いています。

フランス料理ですが、カクテルとの組み合わせがユニークで、基本的にお箸でいただくのも好みでした。鈴木シェフは料理と同様優しく親しみやすい方、隠れ家のような小さなお店ですが、リラックスできる雰囲気も魅力です。夜更けまで営業されているそうなので、また夜にバー利用でお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「銀座すゞ木(すずき)」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

いぞら|ピザ薪窯大活躍!ボリューム満点の和イタリアン/the 449th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」449日目、本日はイタリアンです。銀座6丁目、泰明通りに2018年5月にオープンした「いぞら」にランチ訪問いたしました。
いぞら
店名からピンとくる方もいるかもしれませんが、ピザが美味しいイゾラ系列です。 銀座には「イゾラブル」「イゾリーナ」の2店があります。店名が平仮名の「いぞら」は、和素材とのミックスを楽しめるコンセプトとなっています。

2階建てのお店で、1階はカウンター、2階がテーブル席。
いぞら
2階には北斎や国芳の版画が飾られており和洋折衷な雰囲気。

歌川国芳といえば「猫づくし」が有名ですが、金魚を中心とした水生生物を擬人化したの「金魚づくし」も秀逸。
歌川国芳 金魚づくし
ぷっくりとした金魚のフォルムと多彩な表情が愛らしくて大好物です。

平日ランチメニューは¥1,500からありますが、本日はメインも選べる・ランチコース ¥3,800をお願いしました。まずはすべてのコースに前菜5種が付きます。

冷たい前菜3品・スモークサーモンムースのクロスティーニ、蒸し鶏胸肉、3種キノコのマリネ 
冷たい前菜3品
盛り付けも美しく、どれも爽やか仕上げです。

温かい前菜2品・ひよこ豆のパネッレ、大根とサルシッチャのオーブン焼き すき焼き風ソース
温かい前菜2品
初めて食べたパネッレはサクサクのヘルシー豆スナック。シチリアの州都パレルモ名物で、ビールやワインの摘みなんかにも良さそうです。すき焼きソースも面白い。

・北海道産ウニと白神クレソン、青森生にんにくの自家製トマトソース +¥1,000
北海道産ウニと白神クレソン、青森生にんにくの自家製トマトソース
ピザorパスタそれぞれ4種類ほどから選べますが、イゾラグループといえばピザです。トッピングに和素材を多様しているのが「いぞら」の特徴、珍しいウニピザを選んでみました。生地はフワフワとカリカリの丁度中間くらい。これだけウニが乗っていると贅沢感有り、にんにくの香りでピリッとしまったトマトソースがとても美味しいです。

・茨城県産瑞穂のいも豚 肩ロース肉の藁焼き 和歌山炭塩で
茨城県産瑞穂のいも豚 肩ロース肉の藁焼き 和歌山炭塩で
メインも牛肉、魚など3種類ほどから選択可能。藁焼きですが、香りはほぼ無し。とても柔らかく、非常にさっぱりとしたお味の豚肉でした。

・宇治抹茶のティラミス
宇治抹茶のティラミス
デザートもイタリアンベースですが、和の装い。甘さ控えめ酸味を効かせてティラミスとしてはシャープな仕上げ。

抹茶ですが・コーヒーと一緒に味わうとまったり幸せな美味しさ。カップの形もお洒落です。
コーヒー
ピザがボリュームがあるので、お腹もいっぱいです。白金店が1999年にオープンしたイゾラは、石窯で焼くナポリピザというジャンルでは老舗といこともあり安定的に美味しいピザがいただけます。¥1,500という微妙に高いランチ値段のためか比較的空いており、ゆっくり食事ができるのも良いです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「いぞら」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。