銀座スカイラウンジ|伝統メニューのボンファム・マロンシャンテリー/the 413h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」413日目、本日はフレンチです。有楽町「交通会館」最上階のレストラン「銀座スカイラウンジ」にお伺いしました。

1920年創業、丸の内が本店の「東京會舘」の系列店です。外堀通りから見たところですが、一番上の円柱状の部分がレストランとなっています。

離れて見ているとわかりませんが、80分かけて1回転いたします!

14階でエレベーターを降りて階段で15階へ。

階段途中にある鏡や照明などもとても素敵。 サンミ高松や三笠会館と同じ香りを感じさせるレトロなムードです。

回転部の周辺部がテーブル席になっており、ここが回ります。

外から見ているとわからないですが、実際に席に座ってみるとけっこう回っています! 最初は変な気分、たまにガタガタ揺れたりもしますので、極度に乗り物に弱い方は大変かもしれません。普段見られない銀座のビルの屋上や東京駅まで綺麗に見渡せてとても楽しいです。

せっかくなので伝統メニューを中心にオーダー。食事メニューはカレー、オムライス、ハンバーグなど色々ありますが本日は看板メニューの・舌平目の洋酒蒸 ボンファム(ハーフ) ¥3,800(サ別10%)をお願いしました。

まずはオードヴルサラダ・ワカサギのマリネ、ニンジンサラダ

綺麗な盛り付け。パンが付きますが、お代わり無料です。

・舌平目の洋酒蒸 ボンファム(ハーフ)

焦げ目の付いた美味しいそうなグラタンっぽいビジュアルで、皿は深めなのかと思ったら浅め。バターの香りがとても良いです。

純クラシックな料理なので、重いソースをイメージしたのですが、思ったより軽やか。

シタビラメ自体は弱いのですが、白ワインの程よい酸味、魚の出汁の旨みを感じるソースがとても美味しい。残ったソースはパンに付けて1滴残さずいただきました。

デザートは2月限定の・マロンシャンテリー ショコラ ¥980 をオーダー。

定番のマロンシャンテリーは生クリームを使った白色です。写真で見ると大きく見えたのですが、実物は程よいサイズで安心。 まったりとしたチョコマロンクリームの中には裏ごしした栗がたっぷりで栗好きには嬉しいデザート。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

ボンファムが美味しかったですし、何より1965年に開業した回転レストランが今もなお元気に回転していることに感動いたしました。 カレーなども気になりますので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座スカイラウンジ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ぎんざ+おりーぶ|美味しいオリーブオイル付きピザorパスタランチ/the 412h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」412日目、本日は2019年2月にオープンしたイタリアンレストラン「ぎんざ+おりーぶ」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、中央通り沿いの「銀座888ビル」の3階。もともとお寿司屋さんが入ったいた場所、それを生かしたカウンターメインの和風で明るい店内。

奥はパーティールームにも使えるテーブル席、カラオケも設置されているそうです。

各2種類ずつから選べる・ピザorパスタランチ(サラダ、ドリンクバー付) ¥1,000はマルゲリータ(ピザ)とボロネーゼ(パスタ)は固定、他1種類は日替わりだそうです。

・サラダ

東京の農園から毎日仕入れているという新鮮野菜のサラダは、食感素晴らしく元気が良いのがわかります。ちょっと辛味を感じるのはマスタードの葉、掛けられたオリーブオイルと良く合います。

店名の通りオリーブオイルに力を入れており、ギリシャ カラマタ産の高級エクストラバージンオイルがサラダやパスタに掛け放題!

そのまま飲んでもいけそうな、クセの無い美味しいオリーブオイルです。

ピザがお勧めのようでしたが、パスタ気分でしたので本日は・ボロネーゼを選択。

正統派に思えるボロネーゼ、ソースにちゃんと旨味がありとても美味しいです。写真では少なく見えますが、底が深いお皿のためボリュームも十分。

そして別の日にお伺いしていただいたピザはコチラの・クアトロフォルマッジ

ゴルゴンゾーラ、モッツァレラ、パルミジャーノレッジャーノ、エメンタールの4種のチーズを使った贅沢感のあるピザ。電気釜を使用されているためか、やや均一的な感じがしますがモチモチです。ブルーチーズのアクセントにそれぞれのチーズの香りも加わり美味。

もちろんオリーブオイルを掛けても美味しい。また嬉しいことにハチミツも用意していただけたので、掛けながらいただくと優しい甘みが加わりデザートのような雰囲気も楽しめます。クアトロフォルマッジにハチミツは欠かせません!

ディナーメニューの中から気になるデザート ・ビッラミス ¥756を追加でオーダーしてみました。

ビールを使ったティラミスで、ビールを染み込ませてあるのでしょうか、仄かに感じるビール味。甘さもかなり控えて、より大人っぽく仕上げてあります。

最後はドリンクバーの・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

ちなみにドリンクバーの内容は100%オレンジ、グレープフルーツ、紅茶、コーヒーです。 パスタもピザも美味しく千円ランチとしてはとても優秀な印象です。スタッフの方々も皆様フレンドリーで快適なランチタイムでした。ごちそうさまでした!

「ぎんざ+おりーぶ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

キッコーマン ライブキッチン トーキョー|新たな価値観を創造し得る新感覚レストラン/the 411th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」411日目、本日は有楽町に昨年11月オープンした新感覚レストラン「キッコーマン ライブキッチン トーキョー」にお伺いしました。

場所は晴海通り沿い、東京高速道路側のスタイリッシュなビル「有楽町ヒューリックスクエア」の地下1階。

お店に入ってすぐに物販コーナーとカフェがあり、奥がレストランとなっています。今のところメニューは月替わりで、ある1つの県の食材を使ったコースを2人のシェフが監修しています。

2019年2月の食材は福島県、同県ご出身の「分とく山」の野崎シェフと「ラ ブランシェ」の田代シェフ監修です。

月3日ほど監修シェフが料理のプレゼンをする日がありますので、どうせならと野崎シェフが担当される日を狙って・今月のディナーコース ¥12,000(サ別10%)を予約してお伺いいたしました。カウンターはなくテーブル席のみ、席間も狭目で60席ほどがコンパクトに設置。黒に明るい木色で統一された落ち着いた店内。

まずは「分とく山」の野崎シェフから食材の説明があり、料理スタート。

メディア出演や講演も多いそうで、多勢の前で話すのにも慣れており、サービス精神旺盛で料理の話や雑学はとても面白く為になります。

アミューズ・菊芋のカプチーノ仕立て フォアグラソテー添え

前菜 福島の風・紅芯大根のマリネ、エゴマ豆腐、蛤うに貝焼き、ヤリイカのクールジェット詰め

和とフレンチと福島とキッコーマンの融合、大根マリネの中はイベリコ豚とクルミ、プチプチ食感の楽しい豆腐、隠し味にラー油が聞いた貝焼きも美味しい。

造り・サワラ焼き目付けとヒラメ

野崎シェフに炭火で焼いて切っていただいたサワラをゲット!お椀に入って引き立つ香り、脂感は少なくさっぱりとした印象、昆布〆のヒラメはプリプリです。キッコーマン特性の醤油ソルト、2種の醤油がとても美味しい。

魚料理・アワビとメープルサーモンの和風グラタン

ゴマや豆乳で作った優しいグラタン。上には銀杏、中には大きなナメコ、ホタテなども入って具沢山。

肉料理・川俣シャモの黒米詰め ごぼうトリュフソース

フレンチ田代シェフの料理で子どものころに食べたキノコ飯のアレンジ。ゴボウも入って炊き込みご飯っぽいです。想像通りの美味しく優しさに溢れた一皿でした。

ご飯・清流豚ひれフライ 美味たれ掛け、ご飯、味噌汁

「天のつぶ」というツヤツヤで綺麗なお米、お代わりもあって嬉しいです。

お漬物が大変美味しいです。

福島の郷土料理でスルメが入ったいかにんじんと三五八漬け、ヨーグルト漬けの3種。これで何杯でもいける。

デザートは3種・大根と金柑のグラッセ、ルバーブのグラニテ、とちおとめとあんぽ柿の抹茶クリーム掛け

最近人気のあんぽ柿って福島の名産なんですね。

最後は美味しい・コーヒー、醤油サブレをいただきゆっくりさせていただきました。

 店名の「ライブ」とは間近に料理作成過程が見られるということではなく、音楽ライブのような観客の一体感を目指したもののように感じました。それであれば、このギュッと詰まったテーブル配置も納得。最後に皆で「アンコール」が出るようになれば最高ですね。 単純な味や雰囲気だけではなく、新たな価値観を創造し得るレストランという印象です。 また気になる食材やシェフが担当するコースがあればお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「キッコーマン ライブキッチン トーキョー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ソヤ銀座|和と北欧の香る創作イタリアン/the 410th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」410日目、本日はイタリアン「SOYA ソヤ銀座」にお伺いしました。

以前は日比谷寄りの銀座5丁目にあったのですが、2018年6月に銀座1丁目、昭和通りの少し東側に移転いたしました。

同系列の日本酒居酒屋「縁」のお隣。ちなみに後ろに見えるのは高層マンション「銀座タワー」です。

1階がカウンター、2,3階がテーブル席となっています。以前より店内は明るく、カウンターも広くなって気持ちの良い1階席です。 基本はアラカルトでのオーダー、コースは大人数用のコースのようなものしかないそうですが、1名でもお任せコース風に提供可能ということなので、そちらでお願いしました。

・パン3種 フォカッチャ、全粒粉パン、薄焼きパン ¥500(w/o tax)

お持ち帰りできるように紙袋に入っているのが思いやり。カリカリの薄焼きパンはビールのつまみに最適。

・長崎産サザエと菊芋のムース オリーブ アンチョビ レモン

見た目も楽しい一皿、サザエと菊芋、ソースの組み合わせは間違いなし。サザエは味というより様子が良いので大好きです。カリカリのケッパーの風味がアクセント。

・塩豚バラ肉の煮込みとセロリアックのスープ

スウェーデン風 スウェーデンでメジャーな根セロリのスープ。根セロリがばっちり入ったこういう形のスープは初めてですが、もっちり食感で美味し。根セロリ同様、沢山入った豚バラも極爽やかに仕上げてあり、スープとの相性も良い。スープにあるまじき食べ応えでした。

・コルツェッティ 二枚貝と酒粕のソース

初めていただく北イタリア リグーリア州の伝統的コイン型パスタ。結婚式の時などには両面に家紋を押して作られるそうです。具材はカキと海老芋団子。もちもちのお団子美味し。 辛さ控えめなバスク地方の唐辛子エスプレットが貝と酒粕という甘みが強く膨張しやすいソースの味を上手く引き締めています。

・大葉のリゾット 仔羊の山葵煮込みと芽キャベツ

長時間かけて大葉の旨味を抽出したソースのリゾット。それほど味や香りは濃くなく、和風な柔らかで心地良い味わい。お米は本場のものにはやや劣るような気もいたしますが、石川県産のカルナローリ米を使用し食感良し。仔羊のそぼろも美味しい。ポテンシャルを感じる一皿でした。

・鳥取県産イノシシもも肉の煮込み リポリータと温野菜

素朴な味わいの豪快な塊肉は、柔らかホロホロで美味しい。

クセのないとても綺麗な味に仕上げてあります。

厚みも十分、ボリュームがありましたが、美味しすぎて赤ワインと一緒にあっという間に完食です。

・ティラミスムース ローズマリー風味のキャラメルソース

ティラミスはこういう形か。マスカルポーネのムースに、チョコパウダー、タッパに入ってレンコンっぽく見えたのはコーヒーのメレンゲ。黒いソースが黒蜜、パウダーがきな粉っぽくて少しわらび餅っぽい。想像するより甘さは控えめでした。

移転前と比べ料理の雰囲気も随分変わっており、同じお店かと思うほど美味しくいただけました。イタリアンをベースに、北欧的イノベーティブな要素と日本の素材をミックスし、カジュアルに親しみやすく構成している印象。お肉を使った料理が多かったですが、後味も軽やかです。銀座にはないタイプのお店ではないでしょうか。

個々の料理の値段はわかりませんが、デザート含む6皿のコースで¥8,000程度と考えると、かなりリーズナブルに感じます。 サービスや雰囲気は相変わらず、シェフやスタッフの方々もフレンドリーで料理の説明も丁寧、とても居心地の良いお店です。とても良かったので、たびたび寄らせていただきたいと思います。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ソヤ銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。