銀座 鰻せいろう 高之屋|福岡名物 鰻せいろ初体験/the 431th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」431日目、本日はウナギです。福岡県柳川市の名物であるウナギのせいろ蒸し専門店「銀座 鰻せいろう 高之屋 こうのや」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、中央通り沿いイグジットメルサの7階。

惜しまれつつ閉店してしまった洋食店「銀座古川」後に2019年6月21日にオープンしました。

外からウナギを焼いたり、蒸したりする様子が見られます。

こちらのお店2019年4月に新橋にオープンし気にはなっていたのですが、店名に銀座と着くからには正真正銘「銀座」にお店ができて嬉しいです。

商業施設らしいテーブル席のみの落ち着いた店内。

鰻せいろ以外にも普通のうな丼、蒲焼、白焼き、鰻巻きなど通常のウナギ料理も一通り用意があります。楽しみなせいろ蒸しの前にこちらから。

・鰻串3種盛り ¥1,200(w/o tax)

白焼き、蒲焼き、肝焼き、シンプルに蒸し焼きです。塩で食べる白焼きはワサビが欲しくなりますが、厚みもしっかりあり美味。肝焼きはかなり苦味が強めで目が覚めます。

・鰻せいろう蒸し(上) ¥2,800→¥1,800

肝吸い(こちらも苦い)、漬物付き、6月30日までオープン記念で千円割引の1,800円でいただけます。蓋を開けると鰻タレと新しい蒸篭の木の良い香り、錦糸卵で彩られた中身は非常に熱々です。

焼いてから蒸していますので、ウナギはもっとフワッとした仕上がりを想像していたのですが、やや固め。

ただウナギ、ご飯共にタレがしっかりと浸みています。 もちろんウナギ自体も美味しいですが、タレとウナギの脂によるご飯の美味しさと一体感がポイントでしょうか。きっと福岡の老舗店ですとタレが違うので、余程美味しいのかと想像されます。

鰻せいろは初めていただきましたが、たまにはこういう食べ方も良いですね。お得な期間にもう1回行ってしまうかもしれません。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座くどう|上質なサービスと雰囲気も魅力の和食ランチ/the 430th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」430日目、本日は和食「銀座くどう」にお伺いしました。和食の名店「銀座うち山」ご出身、「徳うち山」オーナーシェフの工藤淳也氏が手がける2017年10月オープンの新店です。

場所は銀座5丁目、歌舞伎座近く、「サンリット銀座ビルⅢ」の3階。

1階は紹介制の和食店「井雪」です。ちなみに先日当ブログでご紹介させていただいた和食とワインのカジュアル店「時喰み」も工藤氏がオーナーです。

この通りからは丁度「歌舞伎座」の正面入り口が見渡せます。歌舞伎座2019年6月公演は夜の部、三谷幸喜作・演出の「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)風雲児たち」が話題となっています。

「銀座くどう」の特徴の1つですが、客席はカウンターは無く、個室3部屋のみ、本日利用させていただいた部屋は広く、小さい庭も設えてあり上質で洗練された雰囲気。他の部屋の会話が聞こえないようになっているようで、気を使うこともなく、とても静かで落ち着いた環境で食事をいただけます。

ランチは¥8,000からありますが、本日は・ランチおまかせコース ¥12,000(税サ込)を予約してお伺いしました。

・アスパラガスのすり流し、ホタルイカ、湯葉

さっぱりした中にもコクのあるアスパラガスは、主張の強いホタルイカとの相性も良いです。美味しい料理からのスタートは嬉しくなります。

・焼きゴマ豆腐

うち山系の定番料理。間違いのない逸品。

・ホタテ真薯、シイタケの椀

最近色々な出汁がありますが、カツオと昆布のシンプルなものは心が落ち着きますね。シイタケの旨味も加わり美味。風神と雷神の器も格好良いです。

・初カツオのタタキ、バフンウニ、玉ねぎソース

爽やかな初カツオにウニでコクをプラス、新玉ねぎソースの甘みが優しいです。

・八寸

たらの芽と稚鮎の天婦羅、鴨ロースト、トコブシ、車海老旨煮、う巻き、白魚とワカメ、新ジャガのゴマよごし、笹団子 柚子餡。賑々しく彩りも綺麗な八寸、どれからいただこうか迷ってしまいます。どれも美味しい。

・太刀魚の山椒焼き

夏のイメージの太刀魚ですが、脂の乗っており十分美味しい。一口サイズなので、もっと食べたい!

・山形牛と山菜の小鍋仕立て

工藤氏の出身地の牛肉を使った小鍋も定番料理でしょうか。中には色々な種類の山菜がたっぷり入っており牛肉にも負けない力強さ。濃厚な出汁も全て美味しくいただきました。

ご飯ものは定番の鯛茶漬けか炊き込みご飯かを選べるので、後者を選択。

・桜エビの炊き込みご飯

駿河湾の桜エビは昨年から歴史的不漁ですので、貴重な炊き込みご飯です。山椒の緑とのコントラストも鮮やか。

・桜エビの炊き込みご飯、アサリの赤だし、お新香

桜エビ、今年は一度もいただいていないので嬉しいです。お米は山形県のつや姫、豊潤な香りと食感が最高、いくらでもいただけます。お代わりできるのが嬉しいアサリの赤だしも美味。

・黒糖プリン、そら豆アイス

系列店でもお馴染みのプリンですが、工藤氏の可愛い、そしてそっくりな似顔絵入りの特別バージョンで遊び心いっぱい。瓶まで可愛いからといって見くびるなかれ。生クリームが多めに入っているそうで、より濃厚な幸せ味。

どの料理も安心できる美味しさで飽きさせない構成は流石。担当していただいたサービスの方のおっとりした雰囲気、間の測り方も素晴らしく、個室特有のストレスは皆無。この環境、このクオリティで、この値段はかなりリーズナブルです。カウンターと違いお客様同士が干渉することがないので、通うほど自分に合った料理が出てきそうな面白さがあるのかもしれませんね。とても優雅で素敵なランチタイムでした。またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「銀座くどう」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

資生堂パーラー、ピエールマルコリーニ、デリーモetc.|2019初夏 銀座のパフェ色々/the 429th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」429日目、本日はパフェです。イチゴの季節も終わり、初夏のフルーツパフェが色々と登場しています。フルーツを使ったパフェが美味しい5店を一度にご紹介いたします。

まずは毎月変わるパフェが楽しみな「資生堂パーラー サロン ド カフェ」、6月限定の・静岡県袋井地区産 クラウンメロンのパフェ ¥1,980

マスクメロンの王様クラウンメロンをたっぷりと使用。フレッシュ、シャーベット、ピュレ、ゼリーと余計な素材は使用せず、メロンのみを堪能できるパフェです。


途中のバニラアイスが出てきたら抹茶ソースで味変できるのは嬉しいです。資生堂のパフェを支えているのは、フルーツの上質さもありますが、バニラアイスの素晴らしさではないでしょうか。サービスも上質、いつもながらラグジュアリーでとても美味しいパフェでした。

続いては松屋通り沿いの「キットカット・ショコラトリー 銀座本店」、久しぶりの新作パフェは・マンゴータピオカパフェ ¥1,800(w/o tax)

刺さっているキットカットは、火山島のカカオから作られたサブリム ボルカニック3種のうちの・パプアニューギニア カルカル、少しフルーティーな感じでマンゴーと良く合っています。

パフェの構成はいつもながらシンプル。

インド産のアルフォンソーマンゴー、生クリーム、バニラアイス、マンゴーソース、スポンジケーキ、タピオカ。爆発的ブームのタピオカの必要性はわかりませんが、食べ応えのある美味しいパフェでした。ごちそうさまでした!

3店目は東京ミッドタウン日比谷地下1階のカフェ「パティスリー&カフェ デリーモ 日比谷店」 、ショコラティエの江口和明氏プロデュースのチョコレートとフルーツを組み合わせたパフェがいただけます。

本日オーダーしたのは期間限定の・メランジュフリュイ HIBIYA チェリーメロン ¥2,500(w/o tax)

どのパフェにもチョコレートソースが付くのも特徴です。ワイングラスに入った華やかで綺麗なビジュアル。フルーツは赤肉メロンにさくらんぼ、中にもメロンが沢山入っていますが、ジューシーで甘くて美味しいです。

甘いメロンやチョコレートクリームに対し、ヨーグルトアイス、さくらんぼアイス、オレンジピールの酸味でバランス。個人的にはこの程度の優しい酸味が好み。

下部にはポートワインで煮込んだグリオットチェリー、シャンパンゼリー、ベリーのフィヤンティーヌ、ポートワインコンフィで大人っぽく〆。 全体的な味のバランス良く、クランブルやフィヤンティーヌの食感のアクセント、別添えのチョコレートソースも掛けながら飽きずに完食。ごちそうさまでした!

4店目はベルギー発のチョコレート店「ピエールマルコリーニ 銀座店」、銀座店では初登場のパフェがこちら。

・マルコリーニ ピーチパフェ ¥1,620

上にはピーチのチョコレート、クリーム、ピーチゼリー、ピーチシャーベット、ピーチのコンポート、ホワイトチョコレートアイス。甘酸っぱいと説明に記載してありましたが、酸っぱさより甘み強めで安心しました。一番上のジャムのような雰囲気もあるピーチゼリーが味濃く、チョコレートアイスは流石の美味しさ。


 アドバイスにしたがった全体を混ぜていただいてみると、ザックリと入ったアーモンドの食感と香り、フランボワーズソースの優しい酸味も加わり美味!マルコリーニのパフェの中では軽やかな印象、サイズも大きくないので全く飽きることなく、あっという間に完食です。ごちそうさまでした!

最後の5店目は銀座で最もお気に入りのカフェ「リール銀座」の美しいパフェ・アーリーサマーパフェ ¥2,000

2016年にリール銀座初のパフェとして提供された記念すべき一品。オレンジ、グリーン、イエロー、ピンク、レッドと柔らかいパステルカラーでスタイル抜群のスタイリッシュなビジュアルです。 ジンとライム香るウ ア ラ ネージュ、完熟マンゴー、グレープフルーツのグラニテ、グランマルニエのアイス、フランボワーズのムースアイス、一番下はフルーツが入ったマスカットと白ワインのゼリーです。


1つ1つの素材がとても完成度が高く、春から夏への季節の変わり目にぴったりの爽やかさ。スグリのシャープな酸味がアクセントなった大人なパフェ、美味しくいただきました。

カフェ、喫茶店、チョコレートショップなどが多い銀座。色んなお店のパフェを食べ比べてみるのも楽しいです。初夏は見た目も涼しげなメロン、マンゴーを使ったものが多いようです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ローマイヤレストラン 銀座店|帰ってきたローマイヤでハンバーグランチ/the 428th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」428日目、本日はハンバーグ、2019年3月にオープンした「ローマイヤレストラン 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い。2012年まで銀座の別の場所で営業されていたので復活とも言えます。

「ローマイヤ」は1921年にドイツ人アウグスト ローマイヤが創業した食肉加工メーカー、並びに老舗レストラン「銀座ローマイヤ」、日本のロースハムの元祖だそうです。

新しくオープンしたこちらは、原点回帰でローストビーフとドイツビールがメイン。店内はシンプルで落ち着いた雰囲気、カウンター席も4席ありますので、そちらに落ち着きます。

現在ランチメニューはガレット、ハンバーグ、クロックマダムなど6種類。本日は・自家製手ごねハンバーグ 和風大葉おろしソース セット ¥1,080 をお願いしました。

まずはシンプルな・サラダ、コンソメスープ

野菜も新鮮で美味しいです。

10分ほどでハンバーグも到着。「器が熱いのでお気をつけ下さい」との注意があります。取っ手までとても熱いので本当に注意が必要です!

ほうれん草、玉ねぎ、トマト、ジャガイモと野菜も沢山入っているのが嬉しいです。

ハンバーグは粗めの肉々しいものでニンニクもしっかり効いており味も濃いめで迫力有り。

食べごたえも十分、昔ながらの美味しいハンバーグです。

最後はセットの・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
この場所はお店の入れ替わりが激しいので、今度は長続きしていただきたいと願います。またガレットをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「ローマイヤレストラン 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

ハンバーグでもう1店、銀座6丁目、数寄屋通り沿い「はしご」が入っているビルの5階にあるバー「東京マイプレジャー」のランチにお伺いしました。

古いビルから想像するより明るい店内、レトロなスナックのような懐かしさのある店内、カウンターが中心ですが、奥にはゆったりテーブル席もあります。オーナーが名古屋の方ということで名古屋喫茶店名物の鉄板ランチ、スパゲッティ、ハンバーグ、ビビンバの3種類でどれも¥1,000です。

本日お願いしたのはスパゲッティとハンバーグ両盛り・鉄板ミックス ¥1,500

下には薄焼き卵が敷かれてボリューム満点、お箸でいただくのがお流儀だそうです。ハンバーグ、ナポリタン共に柔らか食感ですが、それがこの感じには良く合っています。単なる味を超えた魅力のある名古屋伝統料理です。美味。

そして・名古屋コーチンの玉子 +¥150を乗せた玉子ご飯は、間違いのない美味しさ。

何故に名古屋コーチンかといえば同じ通り沿いにある「東京やきとり亭」の姉妹店だだから。実行しませんでしたが、ハンバーグを乗せても良さそうです。

丁寧で爽やか、雰囲気良いスタッフの方がしっかり作って下さいます。お一人で切り盛りされているので、一度にお客様が沢山いらっしゃると時間がかるかもしれません。時間に余裕のある時に是非。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。