チーズ&ワイン 村瀬|体にも優しい自然派レストラン/the 526th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」526日目、緊急事態宣言が再発令され20時までしか営業できなくなってしまった飲食店、再びランチ営業を始められるお店も増えました。本日はそんなお店の1つ「チーズ&ワインレストラン 村瀬」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、ギンザシックスの裏側の通り沿い。
チーズ&ワイン 村瀬
ウナギ屋の名店「ひょうたん屋 銀座6丁目店」のお隣です。

広くない店内、入って右側がカウンター席、左側がテーブル席。
チーズ&ワイン 村瀬
店内にニュージーランドやオーストラリアの地図が飾られていますが、ニュージーランド、オーストラリアワインを豊富に取り揃えているから。ランチメニューはパスタ、カレー、グラタン、サラダなどが用意されています。

・ジャガイモのグラタン ドフィノア風(小)
ジャガイモのグラタン ドフィノア風
ランチタイム(12時〜16時まで)はグラタンが無料で付きます。ジャガイモのホクホク感が良いシンプルなグラタン。寒い季節に嬉しいです。

せっかくワインのお店なのでワインもいただきます。ニュージーランドワインの特徴は、自然の中で丁寧に作られたオーガニックなワイン作り。シェフソムリエの村瀬さんの説明からもニュージーランド愛が伝わります。その中からお勧めをいただきました。

・キムラ セラーズ/ソーヴィニヨン・ブラン2020 ¥1,300
キムラ セラーズ/ソーヴィニヨン・ブラン2020
日本からニュージーランドのマールボロ地方に移住した木村滋久さんが2009年に設立したセラーのもの。柑橘っぽいニュアンスで甘みの少なくキレが良い。味も美味しいですが、飲み口の良さ、体への優しさが感じられるのが素敵な白ワインでした。

・シーザーサラダ ¥1,500(w/o tax)
シーザーサラダ
ミモレット、ペコリーノ、グリュイエール、コンテ、パルミジャーノ レッジャーノの5種類のチーズを贅沢に使ったサラダ。グリュイエールとコンテ、卵を使ったソースタイプのドレッシングがとても美味しい。

・スパイシー チキン&野菜カレー ¥1,800
スパイシー チキン&野菜カレー
1時間炒めた玉ねぎ、14種類のスパイスを使い6時間煮込んだスパイスカレー。ご飯は雑穀米、野菜も沢山入って体にも良さそう。辛さはそれほどではありませんが、じわじわ体が温まります。

・自家製マスカルポーネアイス ¥600
自家製マスカルポーネアイス
初めて食べるタイプの滑らかでない、そして甘みがとても控えめなアイスですが、優しくて自然なチーズの美味しさを味わえます。上のココアパウダーの苦味が少しだけ入ったコーヒーリキュールと良く合います。

オーガニックが当たり前というニュージーランドを愛されているだけあり、料理も美味しいのはもちろんのこと、手作り感が有り、体にも優しくとても好みでした。単純にランチと考えるとお値段は高く感じますが、もともとディナー専門のレストランで手間をかけて作られていることを考えると満足感は十分得られます。またチーズを使った「ラクレット」など別のメニューもいただいてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「チーズ&ワインレストラン 村瀬」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

和食鉄板 銀座 朔月|山形牛の和風カレーとハンバーグ/the 525th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」525日目、本日は先日に引き続き鉄板焼き、ハンバーグです。「和食鉄板 銀座 朔月(さくつき)」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、並木通り沿い、1階にスニーカーショップの「アトモス」が入っている「銀座グランディアⅡ」の9階。
和食鉄板 銀座 朔月
2009年オープンだそうですが、今まで気付きませんでした。。。知らないお店がまだまだ沢山ある銀座です。店内はテーブル席中心で接待向きな雰囲気ですが、一番手前にカウンター席もあり、1名でも安心です。

ランチメニューはハンバーグ、お好み焼き、長崎ちゃんぽん、カレー、生姜焼きなど色々ありますが、本日は・山形牛ハンバーグコース ¥2,800をお願いしました。

前菜3種・山形牛ローストビーフ、タラ白子の含め煮、ちぢみほうれん草のお浸し
山形牛ローストビーフ、タラ白子の含め煮、ちぢみほうれん草のお浸し
店名に「和食鉄板」と付いていますが、和食の経験が長い方が料理長をされているそう。ローストビーフはもちろん、お浸し、含め煮も非常に上質感有ります。

・サラダ
サラダ
シンプルなサラダですが、ドレッシングが特徴有り、ボリューム感も嬉しいです。

・山形牛ハンバーグ200g
山形牛ハンバーグ200g
見ているだけで肉の香りを感じる厚みのある丸っこいハンバーグ、付け合わせのポテトサラダ、焼き野菜も良い感じ。

つなぎをほぼ使っていないようで、肉を食べている感覚の強いハンバーグ。
山形牛ハンバーグ200g
ほんのり熟成香を感じ、山形牛を使用しているだけあり肉の味が濃く、とても美味しい。肉の味を引き立てる、さっぱりとした和風ソースも良く合います。

・ご飯、味噌汁
ご飯、味噌汁
ご飯(お代わり無料)も山形県産のつや姫で美味。ご飯が美味しいのはポイント高いです。ハンバーグをご飯に乗せながら美味しくいただきました。

・白ごまのパンナコッタ、コーヒー
白ごまのパンナコッタ、コーヒー
最後はフルーツが沢山乗ったパンナコッタとコーヒーで。とても満足度の高いランチでした。そして次の日に気になったカレーをいただきにお伺いしました。

リーズナブルなメニューにもスープ、サラダが付きます。
スープ、サラダ
優しいコンソメスープも具沢山で素敵。

・特製山形牛のまかないカレー(数量限定) ¥1,200
特製山形牛のまかないカレー
定番のジャガイモ、ニンジン、玉ねぎに加え、山形牛の繊維状のお肉(切り落とし)もたっぷり。こちらも和風な仕上げで辛さはありませんが、ご飯と共にとても美味しいカレーです。何より油っこさがほとんど無いので食後感が良いのが嬉しい。カレーでは久々のヒットです。

1人客は少ないようで、2日間とも4席あるカウンター席は貸切り状態。静かで快適なランチを楽しめました。またお好み焼きなどもいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「和食鉄板 銀座 朔月」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 鮨 一颯|お腹も満たされる優しい寿司店/the 520th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」520日目、本日はお鮨、2020年6月にオープンした「銀座 鮨 一颯」にお伺いしました。

銀座4丁目、昭和通り沿い「VORT銀座イースII」の地下1階です。
VORT銀座イースIIの地下1階
1階にフルーツがまるまる1個入った映える大福で有名な「覚王山フルーツ大福 弁才天」が入っています。

L字型カウンター6席、テーブル席2つの丁度良い大きさの店内。ランチは握りのみの¥3,000のコースからありますが、本日はお摘み付きの・空コース ¥5,000 をお願いしました。

・アジ、タラ白子、湯葉
アジ、タラ白子、湯葉
素材が良いためか、どれもすっきりとしていて美味。期待の高まる前菜です。

・カワハギ刺身
カワハギ刺身
大好物のカワハギは薄造りで。肝と醤油でいただきます。肝のコク深さが素敵。

・茶碗蒸し
茶碗蒸し
秋冬の味覚、銀杏に加え魚や貝も沢山入っていて嬉しいです。続いて握り。

・キンメダイ、スミイカ、赤貝、ボタンエビ
キンメダイ、スミイカ、赤貝、ボタンエビ
やや小さめの米酢のシャリ、塩酸味よりも甘みを感じる優しいお寿司です。食感が小気味好い赤貝がとても美味しい。

・ミニいくら丼
ミニいくら丼
つやつやで綺麗なイクラ、ほんのり寄り添う海苔の香りも良いです。

・バフンウニ、赤身漬け、穴子、鉄火/サンマ/ブリ巻物
バフンウニ、赤身漬け、穴子、鉄火/サンマ/ブリ巻物
穴子はとても柔らかでとろけます。巻物も3種類、というのが気前の良さを感じます。

・キンメダイのあら汁
キンメダイのあら汁
滋味な味噌汁で終了かと思ったら続きがありました。

・いなり寿司
いなり寿司
まさかの何個でもOK!やはり気前の良いお店です。見た目は同じですが味は生姜、ゴマ、ワサビの3種類、せっかくなので1つずついただきました。ジューシーな油あげから出る甘みと酸味のバランス良く、一口サイズなので何個でも食べられそう。お腹が満たされるのは重要です。最高で30個近く食べられた猛者もいらっしゃたとか。

見るからに優しげな大将お一人での営業なので、時間には余裕をもって。とても朗らかな方なので、初めてでもリラックスして食事をいただけます。リクエストにも柔軟にご対応いただけるそうです。ごちそうさまでした!

「銀座 鮨 一颯」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ザ ウエアハウス|アロフト東京銀座のアートなダイニング/the 519th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」519日目、本日は銀座6丁目、みゆき通りと昭和通りの交差点に2020年10月オープンしたマリオット系ホテル「アロフト東京銀座」2階にオープンしたレストラン「ザ ウエアハウス」にお伺いしました。
ザ ウエアハウス/アロフト東京銀座

アートとミュージックに彩られた新世代のライフスタイルホテルということでオシャレな店内。
ザ ウエアハウス/アロフト東京銀座 ザ ウエアハウス/アロフト東京銀座
各国のアーティストの作品が色々な所に配置されています。現在ランチは¥1,500のサラダランチ(平日限定)やコースなどもありますが、本日は・選べるメインとドリンク付きランチ ¥2,000(平日限定)をお願いしました。

・宮崎漢方豚のロースカツサンド
宮崎漢方豚のロースカツサンド
食パンではなくチャパタというのが特徴的。野菜もトマト、ルッコラ、玉ねぎ入りでカツサンドと名乗るより、パニーニの方が分かりやすいかも。

ポテトフライも北海道産キタアカリ使用で、ほっくり感が素敵。
宮崎漢方豚のロースカツサンド
和からしにソースがたっぷり塗られているので、カツのサックリ感は無いものの、優しい味わいの宮崎漢方豚の豚カツは美味です。

続いて別の日にお伺いしていただいたのは・アロフトバーガー
アロフトバーガー
チーズ、トマト、レタス、玉ねぎとシンプルな構成ですが、自家製トマトチリソースがアクセント。オーガニックビーフ100%のパティもバランス良く作られており美味しくいただきました。せっかくなので追加でデザートもオーダー。

・レアチーズケーキ、キャラメルアイス ¥900(サ別10%, w/o tax)
レアチーズケーキ、キャラメルアイス
クリームチーズ、フロマージュブランを使用した即席っぽいチーズケーキ。以前もミルフィーユをいただきましたが、もう少しレベルが上がってくれると嬉しいです。

最後はランチセットの・コーヒー(ビールも選択可)をいただきゆっくりさせていただきました。
コーヒー
料理の提供は少し時間がかかりますが、時間に余裕があれば、落ち着いた空間でゆっくりできて良い。サラダランチもボリュームたっぷりでしたので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

「ザ ウエアハウス/アロフト東京銀座」について、詳しくはレストラン予約サイト一休をご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
ザ ウエアハウス/アロフト東京銀座