ダンヒルバー|素晴らしい居心地の上質カフェ/the 394th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」394日目、本日はカフェ&バーです。2018年9月にリニューアルオープンした「ダンヒルバー」にランチにお伺いいたしました。

場所は銀座2丁目、中央通り沿い。

基本的にはアパレルショップですが、2階がカウンターバー、3階にはカフェ、理容室がございます。

以前はヴィンテージ家具、アンティーク雑貨で埋め尽くされた趣味的な個性溢れる空間でしたが、がらっと雰囲気が変わり落ち着いたラウンジ風となっています。

以前の空間もワクワクして良かったですが、こちらはこちらで椅子の座り心地も良く落ち着いて食事をいただけるので、また違った良さがあると感じます(以前のダンヒルカフェについてはこちらをご覧下さい)。

ランチメニューは銀座の有名和食店「六雁」の秋山シェフ監修の3種でドライカレー、蕎麦、ハンバーガー。ドライカレーと決めていたのですが、ハンバーガーの中身がアジフライと聞いて一気にバーガー気分に。15分ほどで到着。

・ダンヒルバー フィッシュバーガー ¥1,850(w/o tax)

アジフライ大きい! 決してバンズが小さいわけはありません。たっぷりした厚みでアジフライ好き喜びます。

具材はレンコンのピクルスのみなので、ナイフとフォークでとても食べやすいアジフライを楽しむハンバーガーです。

ザクッと食感良く揚げられたアジと全粒粉を使った素朴なバンズ、タルタルソースとピクルスの酸味のバランスも良いですね。ポテトフライに掛けられた緑の塩も優しいお味。秋山シェフ、流石です。せっかくなのでデザートも追加オーダー。

・甘音屋コラボパフェ ¥2,000

甘音屋は姫路の和菓子屋さん。メニューの写真から小さいグラスを想像したのですが、良い感じの大きさ。一番上のダンヒルのプレートで粒の大きい餡子をはさんでダンヒル最中。

グラスの中はロイヤルミルクティーのアイス、かりんとうの皮、焙じ茶ゼリー、わらびもち、あんこ、黒豆甘納豆、バームクーヘンに紅茶シロップがけ。

ものすごい久々に食べた甘納豆が凄く美味しく感じました。 外に添えられたのは柚子風味の金時、かりんとう。センシュアルな色とシェイプとのかりんとうはパワフルで躍動的な黒糖味。一般的な優しい和菓子とは違い西洋的というのでしょうか、それぞれの素材は味が濃厚で美味。パフェ感はあまりありませんでしたが、なかなか満足感のあるデザートでした。

・コーヒー ¥800はエチオピアのナチュラル式のもの。
苦味はなく程よい甘さと優しい酸味の美味しいコーヒーでした。お代わりできるのも嬉しいです。

以前からそうでしたが、あまり知られていない場所なので人も少なく、景色も気持ち良いため、ついつい長居してしまう空間です。

ビルズ、東急プラザの数寄屋橋茶房などを手がけるトランジットジェネラルオフィス経営ということで素敵な仕上がりでございました。またドライカレーをいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

シャングリラシークレット 銀座店|永遠に飲み続けられる秀逸きのこの黒スープ/the 393th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」393日目、前回に引き続き本日も中華です。中華料理といっても幅が非常に広く、本日はミャンマー近くのチベット雲南省の料理です。六本木で人気のきのこ鍋のお店の「シャングリラシークリット 銀座店」にランチにお伺いしました。

場所は銀座8丁目、コリドー街沿いの「GINZA TOKIDEN」の8階。

1人でしたので奥に4席だけあるカウンター席にご案内いただきました。

基本的にコースのみの提供で¥2,800からありますが、本日はスタンダードコースの・宝茸黒湯(ほうじょうへいたん)¥4,500(w/o tax)をお願いしました。

・旬の前菜6種

ブルスケッタ、クラゲ、カボチャ、牛タンとピクルス、きのこの卵焼き、キクラゲ。半分の3種はきのこを使用、どれも美味しいです。

そして恭しく特殊な鍋が運ばれてきます。

鍋の底に火種が入っておりいつでも熱々です。きのこ鍋の前にスープを楽しみます。

・秘伝のブラックスープ

店名ともなっている「シャングリラ」、雲南省にこんな強気な名前の市が本当にあるのを初めて知りました。天然きのこ約30種を煮込んで造られるスープ、色は真黒ですが、キノコを感じる優しいお味で美味しい。 健康や美容にも良いということもあり目の前にあると永遠に飲めてしまいます。少なくなると継ぎ足してくれるので安心です。

カウンターからの眺め。

雲ひとつない晴天、目の前の線路を通る新幹線や在来線をぼんやり眺めながら飲む黒湯、はっきり申し上げて至福です!

続いてお鍋の食材・きのこ8種、彩り野菜と豆腐の盛り合わせが箱入りで到着。

きのこはタモギ茸、丹波シメジ、朱鷺色ヒラ茸、柿ノ木茸、黒アワビ茸、白舞茸、山ナメコ、ヤマブシ茸の8種、他こうや豆腐、雲南豆腐、湯葉、麺状の干し豆腐、ターツァイ、豆苗など。

鍋に入れて3分が食べごろ、3分砂時計を一緒に持ってきてくれるので安心です。

量はおおよそ2回分。

・キノコ鍋

キノコの味の違いはよくわかりませんが、食感の違いくらいはわかります。きのこは美味しい。そしてスープをたっぷり吸い込んだ豆腐が熱々で危険。スープは食材のお出汁も取り入れてだんだん濃厚に変化。

最後は・大山どり胸肉の薄切り

しゃぶしゃぶ程度の火入れで美味しくいただけますが、個人的にはちょっとしっかり目に煮たほうが好みでした。

〆は通常きのこ麺なのですが、メニュー名が美味しい・黒毛和牛の煮込みをのせた卵かけ御飯 たっぷりのトリュフかけ +¥800 に変更。目の前で断面の白い黒トリュフを削り、香りの強いトリュフオイルをかけて出来上がり。

中には卵の黄身が入っているので混ぜていただきます。はい、美味しいです。さらに黒湯をかけても大変に美味しいです。

最後はフワフワの・杏仁豆腐、中国茶

電車を眺めながらゆっくりさせていただきました。

鍋が1人用なので、1人でも利用しやすいお店です。スープが素晴らしいので、一番リーズナブルなコースでも十分楽しめるような気がいたします。ブラックスープ恐るべしでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

ちなみにキノコ鍋と言えば同じ雲南地方ですが火鍋の「御膳房 銀座店」もお勧めです。御膳房にお伺いした際の日記はこちら

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

青山シャンウェイ 銀座店|迫力満点!毛沢東スペアリブ/the 392th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」392日目、本日は中華です。神宮前にある有名中華料理店の「青山シャンウェイ」の銀座店がオープンしましたので、早速お伺いしました。

場所は銀座7丁目、昭和通りの1本西側、銀座からちょっと外れた静かな通り沿いです。

平日はお得なランチセットのみの提供ですが、土曜はランチセットは無く、夜と同じアラカルトでの注文が可能です。 店内は以前のイタリアンとあまり変わっていませんが、壁に美味しそうな料理の絵が描かれていたりと賑やかな雰囲気です。カウンター席もあるのでお一人様でも安心。

まずは温かな・鉄観音茶 ¥500 で落ち着きます。

本日は名物の毛沢東スペアリブとチャーハンをお願いしました。

・毛沢東スペアリブ ¥1,280

大きいというより「でかい」という表現がぴったりな大迫力。ニンニク、唐辛子、クミン、エシャロット、海老などが入った毛沢東チップも盛り盛りです。まずはナイフとフォークで行儀よくいただくとに。あまり抵抗なくナイフが入る柔らかさ、サクッと揚げられ、香辛料が程よく染み込んだ美味しいお肉です。思ったより脂っこさはなく安心いたしました。チップを付けながらいただくとじわじわ、辛さが迫ってくるのですが、これがまた快感!

銀座仕様なのか、手が汚れないようにビニール手袋が用意されていますので、最後は手づかみで美味しくいただきました。 残ったチップは料理にアレンジしていただいたり、お持ち帰りもできるそうです。ビールの摘みになるかなとスプーン一杯食べてみたのですが、これが激烈!次の日堪えそうな激辛、温かいお茶を飲んだら逆効果でしたので、すぐにお水をいただきました。

ご飯物は鉄板ウーロン茶炒飯と迷ったのですが・湖南風ピリ辛黒チャーハン ¥1,000 を選択。

ピリ辛とのことですが、先ほどの毛沢東チップで舌が麻痺してよくわからず。 別の店でいただいた黒チャーハンほど醤油の味も濃くなく、上品な仕上がりでした。2品を1人でいただくとかなりの満腹感です。

後日、平日ランチにもお伺いいたしました。

どれも千円以下のお得なランチセットです。

本日は・やわらか蒸し鶏のネギ醤油 ¥880をお願いしました。

14時間蒸しているだけあり鶏肉はホロホロ。骨まで楽々で食べられる柔らかさです。

・中華スープ、サラダ、ライス付き。

ライスはお代わり無料です。春雨とキクラゲたっぷりの温かい中華スープが美味しいです。お得なランチは日常使いに最適、やはり名物の毛沢東スペアリブが食べられる夜が素敵ですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

馳走 松宮|優しいおでんが身に沁みる寒秋/the 389th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」389日目、本日は和食です。気温が急に下がるとどうしても食べたくなるは「おでん」です。本日はおでん割烹とでも言いましょうか、銀座でも珍しいおでんがメインの和食店「馳走 松宮」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、昭和通りを越えてすぐ。当ブログでも何度かご紹介させていただいたフレンチの名店「ル ジャルダン デ サヴール(ブログ記事はこちら)」の入っているビルの1階です。

左側が松宮さんの入り口。スマート過ぎて近隣の方でも気づかれない方が多いそうです。

モダンな店内はカウンター6席のみと銀座の和食店の中でもかなり小スペース。

それが秘密の空間のような、家庭のダイニングのような雰囲気でこちらの魅力になっています。

一番奥のカウンターに着席。おでん鍋前の特等席、心地よい出汁の香りがたまりません。

本日は11月末まで限定の・おでんコース ¥8,000(w/o tax)を予約してお伺いしました(通常は¥12,000のコースのみ)。まずはこちらから。

・加賀レンコンのハス蒸し、ホッケ、菊花餡

モチモチのハス蒸しに、滑らかで適度な食感の噴火湾のホッケ、相性良いです。美味。

お造り・ブリ、ツブ貝

一手間かけて爽やかに仕上げたツブ貝はポリポリと素晴らしい食感。ブリは羅臼産。大将は北海道にいらっしゃったこともあるそうで、北海道の食材が多いのも特徴です。

八寸・サンマ南部焼き、柿玉子(卵黄の味噌漬け)、栗唐揚げ、タラ白子の天ぷら タルタルソース、イカ肝 三升漬け、トマトのピクルス、ほおずき

盛り付けも素敵です。サンマ、栗、白子など好物盛り盛りの嬉しい八寸でした。香ばしいサンマ、やっぱり美味しい!続いておでんがスタート。

・カキ

優しいお出汁、厚岸産の大ぶりでプリップリ、おいし。 続いて定番おでん十数種の中から3つ選択。どれも美味しそうで3つに絞るのは不可能ですので追加。追加料金は1品¥400ほど。

まずは立ち上る湯気が素敵な・豆腐

梅肉乗せ。滑らか熱々。これから乾燥する季節、湯気による保湿効果にも期待。

・穴子がんも +¥100

中にはたっぷりのアナゴと湯葉、幸せです。

・半熟卵、ダイコン、五目巾着

定番おでんもやっぱり美味しい。巾着はすごい具沢山、薬味の鴨味噌も気が効いています。

・豚たん +¥300

これ最高!北海道の農家で幸せに育てられた豚だそうです。ちょっと角煮っぽい雰囲気もありますが、よりさっぱり。いくらでも食べられそう。頼むべき逸品です。

・水餃子 +¥100

具材は先ほどの豚ひき肉、魚のすり身、セロリ。皮は厚めのモチモチ。間違いなし。ちなみに出汁もとても美味しいので、全ていただいております。

・焼きおにぎり茶漬け

上にはたっぷりのトロロ昆布、煎茶とおでん出汁を混ぜたものでいただきます。おでん割烹ならではのズルい〆です。おでん出汁最高!

最後は美味しい・ミルクアイス、わらび餅、シャインマスカット

温かい煎茶をいただきゆっくりさせていただきました。

ご夫婦お二人で切り盛りさせていますが、大変親しみと心遣い溢れるお二人で居心地の良さは抜群です。寒い季節にいただく美味しい和食の後のおでんと日本酒は大変滋味で心が素晴らしく満たされました。 

なおお昼はおでん定食 or 牛スジ定食 ¥1,100で提供中。

小鉢2品、ご飯が付きます。こちらもお勧めです。次はまだいただいたことのない牛スジ定食をいただきにお伺いいたしてみようと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。