まぐろ相馬水産 銀座店|28種類から2品選べる魚ランチ/the 559th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」559日目、本日は居酒屋でランチです。2021年7月16日にオープンした「まぐろ相馬水産 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、コリドー通り沿い、スターバックスの斜め向かいです。
まぐろ相馬水産 銀座店
マグロに強い豊洲の仲卸「相馬水産」が経営する居酒屋。入り口付近では炭火で魚を焼いています。入って右側がカウンター席、左側がテーブル席、スタッフの方々は、豊洲市場仕込みなのかはわかりませんが、声が大きくて皆様お元気です。

ランチは海鮮丼などもありますが、メインは28種類から2種を選べる・まぐろ相馬水産ランチ定食 ¥1,300
まぐろ相馬水産ランチ定食
選べる種類が多いので迷いますが、何回来ても飽きなさそうなラインナップ。

本日は・アジフライ、マグロ炙りチャーシューを選択。
まぐろ相馬水産ランチ定食
ボリュームもしっかりで美味しそうな定食。選択したメニューにも野菜が添えられているのが嬉しいです。

・アジフライ
アジフライ
大振りなものが1尾、タルタルソースでいただきます。衣はサックリ、身はほんわり、ほんの少しだけ香りが気になりましたが、レモンをかければ全く問題無し。

マグロ炙りチャーシューはご飯に乗せていただけば間違い無し。
マグロ炙りチャーシュー
小鉢の南蛮漬けにしても魚の質は良好です。

別の日の定食は・マグロの脳天焼き、本日のおまかせ海鮮サラダを選択。
まぐろ相馬水産ランチ定食今回も良い感じ。

・本日のおまかせ海鮮サラダ
本日のおまかせ海鮮サラダ
マグロを中心にサーモン、白身魚、光物のお刺身がたっぷり、器の底が深く食べ応えのあるサラダです。

・マグロの脳天焼き
マグロの脳天焼き
脳天という希少部位が普通にいただけるのもマグロ仲卸経営店ならでは。ネギとポン酢で仕上げたあっさり仕上げ、脂が多い部分なのでご飯との相性もとても良いです。美味。

コリドー街にありますし、見た目チェーン店っぽいですが、仲卸が経営する飲食店は良い印象を受けることが多いです。平日、週末も同じ値段でランチ営業してくれるのは近隣で働いている人にとってはとても助かります。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「まぐろ相馬水産 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 ブラン亭|コリドー街に帰ってきたブラン亭!/the 435th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」435日目、本日はカレーです。2019年4月ビルの取り壊しのため、またしても閉店してしまったカレー店「ブラン亭」ですが、この度コリドー街の雑居ビルに移転し再オープンいたしました(移転前のブラン亭の記事はコチラ、移転前のブラン亭の移転前の記事はコチラ)。

場所は銀座7丁目、コリドー街沿いの雑居ビル「第26ポールスタービル」の4階です。

「鮨處やまだ」「和の菜彩 さとう」などが入っている建物です。2年ぶりにコリドー街に戻ってきたのですが、夜のコリドー街の変貌振りにとても驚いたそうです。

前店舗の半分ほどの広さでしょうか。引っ越し仕立てでテーブル配置など安定しておりませんが、スナック居抜きでなかなか味わい深い雰囲気です。

テレビも2台設置されカラオケも可能、東京オリンピックに向けて模様替えしていく予定だそうです。7月オープンですが度々お伺いしています。

・チキン、キーマ、謎カレー、バジルポーク 温玉乗せ ¥1,600

今回のお休みは2ヶ月ほどと短かったですが、久々のブラン亭のカレーは最高に美味しい! 謎カレーはサクランボとブルーチーズが入ってなかなかパンチが効いており辛さもグッド。中トロトロの温玉や色々な薬味と一緒に食べると最高です。お摘み的なバジルポークも、上品なお味で美味。 

・チキン、豆カレー ¥900

通常は2種類のカレーを選べてこのお値段。油控えめの優しいお味ですので、毎日食べても飽きません。

・豆、ラムカレー ¥900

ラムカレーはなかなかレア。力強いスパイス感で絶品です。

・キーマ、チキンカレー 目玉焼き乗せ ¥1,000

ビジュアル的にも目玉焼き乗せは素晴らしい。大好物のキーマカレーはピーマン、ズッキーニの夏野菜入り。季節やママさんの気分によるアレンジも楽しいカレーです。カレーの後は気持ちを込めて入れていただく・コーヒー ¥200 をいただきゆっくりするのが至福の時間です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

大和田さん-創業120年!コリドー街の老舗鰻屋/the 162th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、162日目です。本日は鰻ございます。職場の近くにあり、ずっと気になっていた鰻店“大和田”さんにお伺いしました。明治26年創業の超老舗でございます。お店の由来については謎だそう。

場所は銀座7丁目、飲食店が立ち並ぶコリドー街の1階にございます。
owada11
スターバックスのすぐ近くでございます。

店内は小奇麗にまとまっております。カウンター、テーブル8卓、個室と席数には余裕がありそうです。
owada1

鰻重以外も色々つまんでみたかったので、本日は“鰻づくし” ¥6,400 を注文いたしました。

“鰻の南蛮漬け”
owada2
ムニュッとした歯ごたえも楽しく、スカッとした一品。鰻ざくで証明されているように鰻と酢は良く合うのですね。

“鰻の肝煮、煮こごり”
owada3
肝は苦みなく、驚くほどさっぱり。新鮮ですね。肝煮、初めて食べましたが、美味。お酒のつまみに最適なのですが、休憩中なので我慢です。

“白焼き”
owada5
山葵、柚子胡椒でいただきます。香ばしく焼き上げられております。

“鰻の天ぷら”
owada6
これも初めていただきました。山椒塩でいただきます。脂っこいかと思いきや、意外にそうでもない。身がしまっており美味。そして、良く見ると盛り付けが魚になっております!紫蘇の葉が顔で、胴体が鰻、たらの芽が尻尾。遊び心が素敵。

そしてメイン。どんな料理でも美味しい鰻ですが、やはり鰻重が一番。

“鰻重 兎”
owada7
大きさは、華 ¥1,700、兎 ¥2,400、鶴 ¥3,500、亀 ¥4,600、特上 ¥5,800と5種類あるうちの“兎”でございます。

鰻は適度にふっくらトロり。かなり甘めのタレが個性的。ご飯にも沢山かかっており濃厚でございます。個人的には甘過ぎるのは苦手なのですが、特徴があるのは良い。このサイズでもなかなか食べ応えがございますね。

“デザート”
owada9
イチゴ、ブルーベリー、キウイ、グレープフルーツなど。種類豊富で、お口直しに最適です。こちらも芸術的に配置されており、人の顔のよう。ユーモアがありますね。

鰻料理を色々楽しめて、お得なコースでございました。ちょっとお茶目な老舗鰻屋さん。ごちそうさまでした

“グリル木村家”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
owada10

マッテオさん-コリドー街のイタリアン/the 153th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、153日目です。本日は銀座7丁目コリドー街のイタリアンレストランの“ピッツェリア マッテオ-PIZZERIA Matteo”さんにおうかがいしました。

イエローを基調とした賑やかなエントランス。オリーブの木もイタリア気分を高めてくれます。
ma7

本日は2人でお伺いして“お得な週末ランチコース”¥2365をオーダーいたしました。前菜、好きなピッツァ又はスパゲッティを1種類、デザート、ドリンクのコースです。

“前菜4種”
 ma2 
生ハム、ジャガイモ、ムール貝とホタテ貝柱のワイン蒸し、イチジクとゴボウのマリネ。しっとりとしたイチジクとハードなゴボウのコントラストが鮮やかなマリネが印象的。

“アサリとズッキーニのジェノベーゼ” 単品¥1,436
 ma4 
アサリがどっさりで、ボリュームもたっぷり。バジルとニンニクの香りが刺激的で、オリーブオイルたっぷりの濃厚なスパゲッティです。かなりの満足感がございます。

“マルゲーリータ” 単品¥1,620
 ma3 
店名通り、窯焼きのピッツァがお勧めとのこと。トマトの赤、モッツァレラの白、バジルの緑がイタリア国旗っぽくてよいです。生地もナポリ風の厚いのと、ミラノ風の薄いのから選べます。今回は薄焼きでオーダー。グラナパダーノというチーズも使用しているそうです。

トマトとモッツァレラの相性は間違いなく、パリッとした生地も美味しいです。サイズはそこそこ大きめ。基本的にシンプルなお味のようです。

“ティラミス、パンナコッタ、ダブルベリーのシャーベット”
ma6
最後にデザート3種とは、なんとボリューミーなコースでしょうか。

最後は濃いコーヒーで。ごちそうさまでした。
 ma5 

店内も黄色基調で明るい雰囲気。天井も高く開放的でございます。
ma1

“マッテオ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
ma8