中華たかせ|奥深く広大な中華料理の一廉/the 382th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」382日目、本日は中華 広東料理店「中華たかせ」にお伺いいたしました。

場所は銀座8丁目、金春通り沿い、会員制高級クラブ「夜想曲 ノクターン」が入っているビルの3階です。

店内はカウンター8席にテーブル席1卓、思ったよりもカジュアルで落ち着いた店内。

高瀬シェフが調理するのを目前で体験できるシェフズテーブル。高瀬シェフも穏やかな方ですのでリラックスして料理をいただけます。 料理は・おまかせコース ¥30,000(w/o tax)のみ。まずはこちらから。

アミューズ・カブのピューレ、焼きナスとスッポン、夏野菜のジュレ

前菜・ミルガイ、アジのマリネ、水ダコ、ボタンエビ

まずはご挨拶の二皿。どれも雑味なく綺麗な仕上がり。紹興酒に漬けた胸板厚めのボタンエビが美味。

・活才巻海老のサッと茹で 香港風辛醤油で

甘みもちゃんと感じられ、香港風辛醤油を付けていただくと甘みアップで美味。ここからが本領発揮!

・ツブ貝、ホッキ貝と夏野菜の炒め オリジナルJXO醬添え

貝は好物なので喜びますが、主役は全て日本の食材を使い旨味が凝縮された絶品J(JAPAN)XO醬。貝の旨み増幅、絶品です。土鍋で美味しく炊いたご飯に乗せたいJXO醬です。

・大フカヒレ尾の姿の上湯とろみスープ

本日一番印象的な一皿。青鮫のフカヒレ、透明の太い金糸が上湯スープでキラキラ輝き美しさに暫し見惚れます。紅醋、中国恒順8年熟成香醋で味変、華やかで旨味の広がる上湯も素晴らしく豊満絶品!

・東星ハタの清蒸(チェンヅェン)香港スタイル 葱生姜のフィッシュ醤油ソース

しっとりと瑞々しい美しさは清蒸の成せる技でしょうか。最初はソースに物足りなさを感じましたが、食べ進むほどに奥深さが実感されます。皮も旨い。

・黒アワビと干ナマコの丸煮込み コラーゲンオイスターソース

立派なナマコ、思えば干しナマコをいただくのは初めてかも。ぷるぷるとろとろ楽しくとろける美味しいナマコ。下に敷かれた空芯菜もご立派。食感のコントラストも面白い一皿でした。

続いてメインはこちら!

こんがりした肌理が美しい京鴨です。

・京鴨の香り焼き香港スパイス風味 中国恒順8年熟成香醋の甘味噌ソース

焼きには相当な自信がおありだそうで、素晴らしい仕上がり。目から美味しさが飛び込んできますが、やっぱり皮部分が馨香で衝撃的に美味しい。

胸肉は旨み十分。

グレープフルーツなどが入ったサラダ仕立てはピーナッツソースで。

麺飯は3種類から選択。よろしければーということで全部いただきました。

・練りゴマダレの冷麺 鶏肉と野菜の黒酢和えのせ

・海老雲呑入り 香港細麺スープヌードル

赤い粒つぶは香りの良い海老の卵。洗練されたスープで、プリプリの海老雲呑も美味しいです。

・京鴨とレタス入りチャーハン

大好物のチャーハンはとても綺麗な仕上がり。勧められた自家製豆板醤は、辛味より旨味が前に出るので、それだけで美味しく食べられます。先ほどの香り良い京鴨が素晴らしいアクセント。

・燕の巣 コラーゲンとシャインマスカット入り クラウンメロンのピューレとココナッツソース

大粒のマスカット、とても美味しくいただきました。

最後も・小菓子、中国茶をいただきゆっくりさせていただきました。

蓮の実の月餅、パイナップルケーキなど定番菓子ですが、一段上の美味です。

銀座の他の高級中華と比べるとちょっとスロースターターな印象でしたが、高級食材、高級調味料連発で最終的には十分な満足感。広大で奥深い中華料理の素晴らしい一廉を感じられて大変良かったです。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 中華たかせ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 魄瑛、麺屋ひょっとこ|銀座ラーメン百花繚乱 /the 370th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」370日目、本日は皆大好きラーメンです。最近銀座にオープンしたラーメン店2店をご紹介いたします。

松屋通り沿い、1階にシュークリーム店「緑花堂」が入っている白いグルメビル「HOLON GINZA」の2階にできたラーメン店「銀座 魄瑛 はくえい」にお伺いしました。

以前のラーメン店が無くなって1年以上たってやっとオープン(現在プレオープン中)です。 券売機で購入、麺メニューは1種類のみです。昼であれば確実に・トリュフご飯もお願いするのですが、夜なので・特製つけ麺 ¥1,200のみでお願いしました。

真っ赤なカウンターが印象的な店内。

ラーメン店に有るまじきゆったりした椅子の配置で6席のみ。つけ麺は出来上がりに時間がかかるため、この席数が限界なのだそうです。

・特製つけ麺

つけ汁は鶏としじみのダブルスープ。太麺には東銀座のトリュフ専門店「ムッチーニ」の白トリュフオイルで香り付けがしてあります。

上には牛・鴨・豚と3種のチャーシュー、しじみムースとトリュフをトッピングしてゴージャス!

最初の状態ではトリュフの香りはそれほど強く感じませんでしたが、2口目から程よく口の中で香る。ユニークな味変のしじみムースはスープとの調和が見事です。さらに麺にライムを絞ると爽やかさが感じられます。

最後はつけ汁にカツオと昆布の和風出汁スープを加えていただきます。

最後の一滴まで賞味いたしました。 味の色々な変化が楽しいつけ麺でした。上品で後味も良く大変美味しくいただけました。秋頃にはラーメンも登場予定とのことでしたので、そちらも楽しみます。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いては「麺屋ひょっとこ 銀座店」、ラーメン好きの方は「あっ」と思われるはず。有楽町「交通会館」地下1階の行列ができるラーメン店「麺屋ひょっとこ」の銀座店がオープンいたしました。

場所は銀座6丁目、泰明小学校近く、ユニークなお店が並ぶ泰明通り沿い。

老舗そば店「泰明庵」のお隣です。

銀座昭和イーティングビルの1階、店内が外から見えるのですが、コンクリート打ちっ放しでスーパーモダン。

「ひょっとこ」という言葉の既成概念を打ち破ります。キッチンとの距離がもの凄く近くてライブ感が楽しいです!

まずは券売機でチケット購入、本日は・和風柚子焼豚麺 ¥930をお願いしました。

カウンターに置かれた瞬間の柚子の香りが爽やか。和風出汁と仕上げた透明感のあるスープは極あっさり、上品でクセがなく美味しいです。 中細麺はやや硬めの食感で、分厚いチャーシューも3枚乗っており食べ応えも十分!

それ自体のインパクトはないものの、フッと思い出して食べたくなる包容力と懐かしさを感じる和風なお味の味噌汁的ラーメンです。行列ができるのも納得です。 「スタイリッシュなひょっとこ」を想像するだけでも可笑しみが。店名がとても良い。

銀座6丁目のこの界隈は「はしご」「朧月」「風見」「松富」などラーメンの名店が集まり百花繚乱です!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「麺屋ひょっとこ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ル・コフレ|トリュフヌードル特別ランチ/the 256th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”256日目です。最近の銀座は新店オープンラッシュ。7月25日に歌舞伎座裏にオープンする”銀座ル・コチア”さんでランチに提供する予定のトリュフヌードル!

日曜だけ本店である”ル・コフレ”さんでフライングで提供しているとの情報を得て早速お伺いしてみました。場所は有名ラーメン店”篝”さんの奥の趣のある一軒屋。
leco9
重厚なドアを開けると、トリュフの幸香が早々に鼻腔を刺激いたしました。

出来上がるまで”ル・コチア”さんと同じビルで同時オープンするジューススタンド”mill”さんで提供予定のフルーツジュース”ミルイエロー” ¥600をいただきました。
leco2
パイナップルベースに、カボチャ、ネトルというハーブを加えて作られたシロップを炭酸水で割った、デトックス効果のあるジュースです。甘さも控えめでフレッシュ感があり、とても美味しかったです。残念ながら量が少なめなので、もっと飲みたい!

そしてついにお目当てのこちらの登場です!

“木挽町トリュフヌードル” ¥1,800
leco3
テーブルに置かれた瞬間にトリュフの蠱惑的な香りに捕われます。 上には新鮮な水菜がたっぷり。

leco4
トリュフの使用量はなんと10g!こんな贅沢感のある麺食はそうそうないでしょう。 透明感のあるスープは鶏だし(フォン・ド・ヴォライユ)と野菜スープのミックス。 トリュフの香りとぴったり調和する瑞々しささえ感じるお味。美味!

leco6
麺はコシの強い細麺。ちぢれていないのですが、ちぢれているような感覚のある不思議な麺でスープがよく絡む。なんでも伸びにくいようにつなぎにオリーブオイルを使っているようです。途中で味を変えるクリームをスープに投入。味がまろやかに、そして当たり前ですがクリーミーになり鶏白湯のような装いに。これも素敵。

また、スープに付けてどうぞと温かい”バゲット”も提供されます。
leco7
何にもつけなくても十分美味しいバゲットでしたが、スープを付けると気分がホクホクする美味しさに。 もったいないのでスープも全部飲みたかったのですが、器の形状とお店の雰囲気のため残念ながら断念。。。

価格は高価ですが、十分満足感のある逸品でした。とても美味しかったです。ラーメンともパスタとも違うヌードル(=洋風麺)。また新たなジャンルが生まるのでしょうか。

トリュフヌードルは7月25日に歌舞伎座裏にオープンする姉妹店”銀座ル・コチア”さんでいただけます!詳しくはお店のフェイスブックページをご覧くださいませ。

また”ル・コフレ”さんは通常ランチ営業はしておりません。お店の雰囲気も素敵で、フランス料理とワインも凄く美味しそうな予感がするので、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
leco8


銀座 風見|ニューウェーブ!酒粕濃厚そば/the 253th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”253日目です。本日はトリプルの裏路地に7月1日に新しくオープンしたラーメン店”銀座 風見”さんにお伺いしました。

数ヶ月前に内装は完成していたのに、なかなかオープンしなかったお店です。満足のいくスープが完成しなかったからでは?などと憶測してしまいますが、期待値はかなり高めです。とにかく開店おめでとうございます!

場所はラーメン店の”松富”さんもあるイカした路地裏のモダンビルの1階。
kaza6
高級感と清潔感溢れる店内は、潔く一直線のカウンター7席のみ。まずは券売機でチケット購入です。 ラーメンは3種類で、酒粕濃厚そば、塩そば(白)、醤油そば(黒)の3種類。

本日はお勧めの”酒粕濃厚そば” ¥980、追加で”味玉” ¥150、”きまぐれごはん” ¥300をお願いしました。入った瞬間、微かに酒粕香を感じラーメン屋らしからぬ匂いです。

まずは薬味、口直しの”生姜ピューレと大根甘酢漬け”が提供。
kaza1

“酒粕濃厚そば”は5分ほどで到着。
kaza2
見るからに粘度の高い琥珀色のスープは鶏、豚、あさり、牡蠣、酒粕入り。まずはスープからいただいてみましたが、あ〜、これは美味しい。今まで体験したことのない種類の深みを感じる和スープですね。見た目よりずっとさっぱりしています。

kaza3
麺は、北海道と三重県の小麦をブレンドして作ったこだわりの中太麺。 旨味とコシがあり、スープとの絡みも抜群。太麺苦手だと思っていたのですが、これは素敵。さらにチャーシューもハイレベル。 群馬県産豚のバラ肉と肩ロースを異なる方法で調理したものが2種類のっております。贅沢です。

途中で生姜を投入。スープが少し爽やかになります。次にカウンターに色々置いてある調味料から京都の”村山造酢の千鳥酢”を投入。
kaza5
まろやかな酸味が加わり、これもイケます!しかしこのクオリティーで千円を切るのは凄いですね。感心いたします。

今日の”きまぐれごはん”は豚角煮丼。
kaza4
ここまでくると角煮も文句なく美味しいですが、残ったスープをかけていただくと、これまた美味しい。なんと米は減農薬の山形庄内産コシヒカリと宮城産ササニシキのブレンド。 色々こだわり過ぎでしょ!

近々無化調スープを使った塩・醤油もいただかなければ。 あとメニューで見つけた”海鮮ばらちらし”、何故これが?気になりますね。期待を裏切らないお味で、久々にラーメンで興奮してしまいました。 ほとんど宣伝をしていないようなので、今は空いていますが、すぐ話題になりそうですね。 近々またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。