羽田市場 ギンザセブン|明朗快活楽しい寿司酒場/the 398th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」398日目、本日はお寿司、 11月21日にオープンした「羽田市場 ギンザセブン」ににお伺いしました。非常にスピーディーな産地直送で話題となっている「羽田市場」の経営する寿司店です。

場所は銀座7丁目昭和通り沿い。

ギンザシックスに続きギンザセブンとはなかなか素敵な店名です。以前大衆的な鶏料理店が入っていた場所を居抜きで使用。L字型のカウンターにテーブル席数卓の居心地の良い雰囲気です。

本日は・おまかせ握りコース ¥7,000(w/o tax)をお願いしました。

最初に・カニのスープ

滋味なお味で体が温まります。続いて握り。

・ハタ、中トロ、ブリ、コハダ

キレの良い赤酢のご飯、やや柔らかくシャリシャリ(洒落ではありません)した食感の米粒がユニークで、柑橘や梅がアンクセントになっています。氷見の寒ブリが脂の乗りもよく美味しいです。

・ムラサキウニ

鮮度の違いが出やすいウニは根室のもの。甘くてトロトロ美味しいです。

・カワハギ、つぶ貝、クロムツ、カマス

カワハギは定番の肝ソース、この時期脂が乗って美味しいカマスは炙って。

・赤貝(写真無し)、マフグ、キンメダイ、〆サバ、ケンサキイカ

寿司タネでは珍しいマフグも食感良く美味。包丁の入れ方が美しいケンサキイカも旨味たっぷり。

・アカイサキ

こちらは初めて食べる魚でした。イサキと名前が付いていますがハタ科の黄と赤とピンクのド派手な魚だそうです。ハタ系の魚らしい食感の良さが持ち味。

・アナゴ、イクラ手巻き

最後は柔らかいアナゴ、食感の良いイクラの手巻き寿司をいただきました。

江戸前寿司とは違った薬味の使い方、マフグやアカイサキなど普段出会わないタネとの出会いが楽しいです。握りのみのコースなので、やや大きめに握っていただけたようでお腹もかなりの満足感。価格に対してのクオリティを考えると非常に良心的に感じます。

本日は握りコースをいただきましたが、お店の雰囲気なども鑑みると飲み放題付きの・親方お任せコース ¥10,000の利用が一番良さそうな印象です。日本酒の品揃えも豊富、スペックを記載したラベルシールをいただけるのは嬉しいサービスです。 経験豊富な凄みを感じる大将とフレンドリーで気っ風のいい女将さんの調和も素晴らしく楽しい時間を過ごさせていただきました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

鉄板焼 しろや 銀座亭|親近感も素敵な鉄板焼きランチ/the 397th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」397日目、本日は鉄板焼き、 10月17日にオープンした「鉄板焼 しろや 銀座亭」にランチにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い、とても細長く見える新築ビル「GINZA A-5」の3階。

先日ご紹介したフレンチ「ラフィナージュ」「GINZA 豉 KUKI」が入っている新築ビルです。

銀座の鉄板焼き店らしい高級感のある店内にカウンターが3つ。テーブル席はありません。

2つはL字型の大理石カウンター、奥の個室風の「はなれ」は和食店のような木の直線カウンターとより特別感のある雰囲気です。

本日は一番リーズナブルなランチコース・結 Yui ¥3,800(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・いろどりサラダ

新鮮野菜たっぷりの綺麗なサラダ、ゴマドレッシングもさっぱり。

続いて目の前の鉄板でお肉と野菜を焼いていただきます。

シェフ、サービスの方、皆様フレンドリーでとても楽しい雰囲気なので、お話も弾みます。こういった距離感の近いお店では親しみやすさはとても重要です。手際良く焼いていただき10分ほどで出来上がり。

・北海道黒毛和牛 肩三角 120g、シルキークィーン、ビーツ、ロメインレタス

肩三角は食感の良い赤身肉(写真は半量)、脂肪分が少なめで個人的にはサーロインより好きかも。旨味も感じられる美味しいお肉、120gあると食べ応えも十分です。お肉が冷めないように半分ずつ提供してくれる気配りも嬉しいです。そして薬味のカンボジアの塩漬け胡椒が良い。それだけで食べても優しい味わいで酒のアテにもなりそうな美味しさです。

・ご飯、赤だし、お新香

ライスはお代わり無料。お肉が美味しいとご飯も自然と進んでしまいます。

最後は・バニラアイスと美味しい・コーヒーをいただいてゆっくりさせていただきました。

シェフ、サービスの皆様、本当に親切で大変楽しいランチタイムでした。また北さつま牛、松坂牛などランクの高いお肉もいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「鉄板焼 しろや 銀座亭」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座千疋屋フルーツパーラー|お気に入りのフルーツサンド/the 396th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」396日目、本日はカフェです。すでに掲載済みと思っていたらすっかり忘れていた銀座の超有名カフェ「銀座 千疋屋フルーツパーラー」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、晴海通り沿い、とても細長く見える新築ビル「ニュウ銀座千疋屋ビル」。銀座千疋屋はフルーツポンチを日本で初めて提供したことでも有名です。

1階がフルーツショップ、2階と地下1階がカフェとなっており、ランチメニューが多少異なります。明るく開放感のある2階が圧倒的に人気があります。メニューはフルーツサンドなどのサンドイッチ、フルーツを使ったスィーツがメイン。地下1階ではランチタイムにパスタも提供しています。

・ハム&フルーツサンド ¥1,188

5種類あるサンドイッチの中から2種を選んで組み合わせることができます。フワフワの食パンに、5種類の果物、溢れんばかりのクリームが幸せそうに挟まれています。

リンゴのシャキシャキした食感、イチゴの甘酸っぱさ、桜桃の優しく瑞々しい甘み、メロンの主張と贅沢感、栗は見えないほど細かく刻まれ隠し味に。ハムサンドも具材の上質さを感じるのはもちろん、パンの丁寧に塗られたマスタードの品の良い辛さが抜群でございます。

銀座でフルーツサンドを提供している店は多いですが、銀座千疋屋のフルーツサンドは大好物です。

・フルーツ&ショコラバナナサンド、季節のフルーツ、コーヒーセット ¥1,620

こちらはランチセット。付け合わせのフルーツはパパイヤ、ピオーネ、夏イチゴ。独特な風味のパパイヤが美味しいです。バナナが際立つ黒いチョコパン、でっぷりとバナナが入ったチョコバナナは、アーモンドプラリネペーストとサクサクのクリスピーチョコがアクセント。なかなか迫力のあるチョコバナナサンドです。

旬のフルーツを使った期間限定のフルーツサンドやスィーツもたびたび登場します。

・いちじくサンド ¥1,080

9月に3日間限定で発売されていたジューシーなイチジクいっぱいのサンドイッチ。フレッシュなイチジクの片側はイチジクジャム、もう片側はサワークリーム入りの生クリームでしっかり保湿。 優しい甘さのイチジクに、いつもより少し爽やかで軽い生クリームの美味しい調和です。

フルーツパフェも美味しいです。

・秋パフェ ¥2,268

秋の季節限定パフェ。上に乗った5種のフルーツは日により変わるそうですが、本日は津軽リンゴ、利根柿、アウローラ、豊水梨、イチジクで秋満載。

流石にフルーツ単体はとても美味しいです。

マロンクリームの下はマロンアイス、ほうじ茶ゼリー、抹茶アイス、バニラアイス、一番下の赤色はプラムソース。各素材の組み合わせも良く、美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

「銀座千疋屋フルーツパーラー」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

続いて「銀座千疋屋」情報です。銀座6丁目のランドマーク「GINZA SIX」地下1階に2018年11月3日〜2019年2月17日まで期間限定で「GINZA SEMBIKIYA CAFE」が営業中です。

2人がけの丸テーブル2卓とソファ席とコンパクトなお店です。

本日はメロン、イチゴ、チョコと4種類あるパフェの中から・フルーツミルフィーユ ¥1,620 をお願いしました。

上に乗った果物は柿をメインにイチゴ、裏にはメロンが隠れています。昔は柿が苦手だったのですが、最近美味しく感じるようになってきました。乗っているフルーツは流石にフレッシュで美味。

フルーツの下はメロンソース、バニラアイス、生クリーム、イチゴソースでその間々に砕いたパイ生地がたっぷり入っています。

ちょっとパイ生地多過ぎと感じましたが、ミルフィーユとはこのことか!食べ応えも有り、美味しくいただきました。カップやスプーンはプラスチックですが、お手拭きは千疋屋仕様で非常に立派なのが嬉しいです。 フルーツジュースやスムージーもあるので、ちょっとした休憩にも良いですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

パッケージも素敵なフルーツサンドは年代問わず喜ばれそうな逸品でギフトにも最適です。

GINZA 豉 KUKI|熟成と発酵 味噌の深遠/the 395th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」395日目、本日は和食、 10月11日にオープンした「GINZA 豉 KUKI」にディナーにお伺いしました。「発酵と熟成」がコンセプトということで非常に興味深いです。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い、とても細長く見える新築ビル「GINZA A-5」の4階です。

2階には先日ご紹介したフレンチ「ラフィナージュ」が入っています(その際の記事はこちら)。

新しいお店ですので、清潔感があり落ち着いた雰囲気の店内。

L字型カウンター9席、テーブル席、個室もあり様々なシーンに利用できます。

メニューは2種類のコース料理のみ、本日は・[b:ショートコース] ¥9,000(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・すっぽんスープ

寒い時期には嬉しい熱いスープ、ほんのり生姜を効かせてこっくりとした滋味。体が中から温まります。

・小蕪の風呂吹き クルミ味噌掛

落ち着いたお味の三年熟成味噌を使用、熟成させることで栄養効果も高まるそうです。こちらのお店、長野県諏訪郡の「ひかり味噌」が経営母体というだけあって味噌が美味しい!ちなみに店名の「豉 くき」は味噌の起源と考えられる大豆や雑穀と塩からつくられた発酵食品のことです。

・マダイ昆布〆、アオリイカ、マグロ赤身と中トロ、カツオ

アオリイカ用の高知県宿毛市特産の柑橘「直七」が爽やか。刺身にも煎り酒、熟成醤油と辛子を使用するなど一手間が素敵です。

・茶碗蒸し たっぷりのイクラを乗せて

西京味噌とクリームチーズを使った茶碗蒸し、強い味を想像したのですが思ったよりずっと爽やか、コクもたっぷりで美味。

・八寸

甘鯛松笠焼き、渡り蟹のしんじょう、タラ白子(味噌漬け)、キクラゲ(ぽん酢漬け)、菊菜お浸し、キンメダイの酒盗、イカの塩辛、ギンナン。日本酒の熱燗に最高のアテたち。非日常的な空間で、幸せなひと時です。

・近江牛ランプのステーキ、白菜のハーブ蒸し

熟成肉と白菜もやっぱりお味噌で。白い方は、味噌たまりと麹を混ぜたもので珍しい薬味でした。品良く熟成した赤身肉、ローズマリーとタイム香る白菜との相性も良く美味しいです。

・ご飯、味噌汁、漬物

ご飯(長野県産コシヒカリ)はヒノキのお櫃に入って提供、お米もヒノキの香りです。蕪に使用されていたものと同じ三年熟成味噌を使った味噌汁、絹豆腐も上質、鰹節も熟成をかけた本枯れ節を使用しており奥深い香りです。美味。デザートは2皿。

・イチジクで包んだ栗きんとん

・あんぽ柿のアイス、味噌カステラ

優しい甘みのアイスクリームがお気に入り。フレッシュな柿はあまり好きではないのですが、干し柿は大好物です。

最後は香りの良い・雁が音ほうじ茶をいただきゆっくりさせていただきました。味噌醤油をほぼ全ての皿に使用しているため、やや塩味が強めに感じられる構成で、日本酒が進み過ぎです。静かな雰囲気、知っているようで知らない身近な味噌に付いての知識が深まることなども含め、大満足でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「GINZA 豉 KUKI」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。