ザ グレイルーム |モダンインド料理店系列の素敵なバーラウンジ/the 585th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」585日目、本日はちょっと変わった趣向のインド料理店系列のバーラウンジ、カフェ「ザ グレイルーム」にお伺いしました。

銀座6丁目、みゆき通りと外堀通りの交差点にある飲食ビル「ジクロス銀座」の11階です。

もともと、アフタヌーンティーから夜のみの営業でしたが、最近になりランチ営業も開始。

高級感のある落ち着いた店内。さらに手前にもテーブル席があるので席数は多め。
ザ グレイルーム
昼も雰囲気は良いですが、夜はさらに良さそうです。

テラス席、温かい時期は最高ではないでしょうか。
ザ グレイルーム
今の所ランチメニューは・ビリヤニセット ¥1,910(サ別10%)のみ、これにデザート、カクテルなどのオプションを付けることも可能です。

・リーフサラダ、スパイスドレッシング
リーフサラダ、スパイスドレッシング
新鮮なトマト、ベビーリーフに爽やかなスパイスドレッシング。

・タピオカを衣に混ぜ込んだスパイス香るアジフライ「マヒ モティア」¥1,200
タピオカを衣に混ぜ込んだスパイス香るアジフライ「マヒ モティア」
好物のアジフライを追加オーダー。日本料理のあられ揚げに似た感じで、サクサクのタピオカの食感が楽しい。同ビル10階のモダンインド料理店「スパイスラボ トーキョー」で作っているだけあり、美味しいアジフライです。

・季節野菜のビリヤニ、本日のカレー2種(鶏肉とカシューナッツのコルマカレー、アワビのカレー)
季節野菜のビリヤニ、本日のカレー2種
コルマカレーは辛口、トマトや玉ねぎを使ったアワビカレーはマイルド。優しいスパイス感のビリヤニには百合根が入っており嬉しくなります。一般的なインド料理店よりもかなり繊細な味わいです。

・スパイス香るバスクチーズケーキ、マンゴーソルベと +¥740
スパイス香るバスクチーズケーキ、マンゴーソルベと
こちらもけっこうスパイスが効いていますが、デザートの範疇は崩さず、バランスの良い仕上がりで美味しい。

・インドコーヒー、炭火スペシャルブレンド
インドコーヒー、炭火スペシャルブレンド
最後は香りのとても良いコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

ランチ営業をしていることが知られていないためか、空いていて快適。コース料理しかない「スパイスラボ」の料理を手軽にいただけるのはとても素敵だと思います。スパイスを使った個性的なデザートがいただけるアフタヌーンティーは人気のようなので、またお伺いいたしたいと思います。ごちそうさまでした!

「ザ グレイルーム」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

TOKi, 奈良まほろば館 カフェバー |気軽にモダンスパニッシュ/the 584th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」584日目、本日は2021年8月にオープンしたモダンスペイン料理店「Toki トキ」にお伺いしました。

場所は中央通り沿い、日本橋から新橋に移転した奈良県アンテナショップ「奈良まほろば館」の2階、「せんとくん」が目印です。
奈良まほろば館
「TOKi」は奈良市にある有名モダンスペイン料理店「アコルドゥ」監修。

レストランのコース(平日ランチ¥4,200〜)は要予約ですが、手前にあるバルエリアでランチをいただくことも可能。天井が高くて開放感あります。 
TOKiバルエリア
バルなのでカウンター席メインですが、窓際に小さい丸テーブルも3卓用意されています。ランチメニューは1種類、本日は・MENU KOMIDA ¥1,980 をいただきました。

・奈良県産キノコのソバ、バゲット
奈良県産キノコのソバ、バゲット
蕎麦ではなく真っ白なマッシュルームスープ。中に色々キノコ。見た目以上にマッシュルームの味が濃くて美味。、

・ヤマトポークのローストと大和真菜のサラダ
ヤマトポークのローストと大和真菜のサラダ
あっさりとした奈良県産の豚肉に、たっぷり野菜が嬉しいです。

・マグロほほ肉のコンフィタードと奈良の春菊
マグロほほ肉のコンフィタードと奈良の春菊
ごく柔らかく仕上げたホホ肉のコンフィと力強い味わいの春菊の組み合わせ。春菊ソースも美味しくお手軽ランチとしてはかなりのレベル。せっかくなので、追加料金でデザートとコーヒーもいただきました。

・タルタ デ サンティアゴ、イチゴのミルクジェラート、コーヒー ¥550
タルタ デ サンティアゴ、イチゴのミルクジェラート、コーヒー ¥550
スパイスの効いたジェラートにしっとり仕上げのアーモンドケーキ。¥2,000以下のランチとしてはとても上質ですが、お手軽ランチだと本領はわかりませんので、またランチコースをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

また1階にある「まほろば館」にもカウンター席があり、軽食(柿の葉寿司、そうめん)、かき氷、日本酒の飲み比べなどを楽しむことも可能です。

・大和のあったかきつねそうめん(限定10食)¥800
大和のあったかきつねそうめん
吉野葛の葛餅付き。素麺発祥の場所とも言われる三輪地方の三輪そうめん。上に吉野の田舎揚げ、大和まな、金時人参、しめじなど。田舎揚げは始めていただきましたが、厚みのある油揚げ、お出汁も浸みています。歯ごたえと喉越しの良さを兼ね備えた素麺も美味。

・藤枝珈琲ブレンド ¥200
藤枝珈琲ブレンド
最後はあっさりとしたコーヒーをいただきました。カップが可愛いです。カフェコーナーは超高級イチゴ「古都華」を使ったかき氷が人気のようです。ごちそうさまでした!

「奈良まほろば館」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

朝食ラボ|銀座のホテルの綺麗な小鉢ビュッフェ/the 583th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」583日目、本日は2021年7月1日にオープンしたビュッフェがいただけるレストラン「朝食ラボ」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、東銀座、花椿通り沿いにある「ホテルミュッセ銀座名鉄」の2階。
ホテルミュッセ銀座名鉄の2階
明るくカジュアルな店内、カウンター席もあるので、お一人様でも利用しやすいです。「朝食ラボ」という店名ですが、ランチもいただけます。メニューは1種類のみ、・ランチビュッフェ(90分制) ¥2,500 をお願いしました。人気のため数日前の予約がお勧めです。

沢山並んだ小鉢を9つに分かれたトレイに取っていただきます。コロナ対策という意味もありますし、見た目もとても綺麗。
朝食ラボ
マトウダイの塩焼き、海老芋の江戸甘味噌田楽、あん肝、芝海老と江戸菜の煮浸し、和牛たたきと柚子大根、ベーコンとほうれん草のキッシュタルト、ベビーホタテとブロッコリーのタプナード和え、スモークサーモンなど。どれも自然な味付け、温かくして食べるものはちゃんと温かいのも素敵。

・天然真鯛と生海苔の炊き込みご飯、TOKYO Xの黄金しゃぶしゃぶ
朝食ラボ
小鉢だけではありません。鰹出汁を使ったしゃぶしゃぶは、その場で作っていただけます。ややご飯が柔らかめではありますが、炊き込みご飯も美味しい。

2回目、洋食系メニューも色々。
朝食ラボ
国産和牛ほほ肉の赤ワイン煮、ハンバーグ、カリフラワーと鶏のグラタン、ポルチーニ茸のアランチーニなど今日の小鉢は全15種類。

白ご飯のお供は生卵、かつお節、なめ茸、海苔の佃煮などなど。
朝食ラボ
好物の卵かけご飯をいただきます。ビュッフェとしてはご飯も美味しい。

食べていないものを見つけたため、まだまだいただきます。
朝食ラボ
白いんげんとベーコンのポークビーンズ、抹茶とチョコのメロンパン、クロワッサン、ヨーグルト、さらに最中の仕上げは自分でするので、皮がパリパリで美味しい。

最後はタイムサービスの・いちごの土鍋ティラミス
朝食ラボ
もちろんコーヒー、紅茶などのドリンクも飲み放題です。

ランチビュッフェとしてはややお高めですが、見た目の綺麗さはとても魅力的。沢山食べる方はお得ですね。席間も広くとっており、料理を取りに行くときはマスク、ビニール手袋着用と対策もばっちりです。ごちそうさまでした!

「朝食ラボ」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ヴァルトハウス- 森の家‐|野菜たっぷりウェルネスがコンセプト/the 582th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」582日目、本日は2021年11月30日にオープンしたウェルネスがコンセプトのレストラン「ヴァルトハウス- 森の家‐」にランチにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、昭和通りとみゆき通りの交差点に開業した「ホテルグランバッハ銀座」の1階。
ホテルグランバッハ銀座の1階
店内はテーブル席のみ、上質感のある雰囲気です。ランチコース ¥4,400がお勧めとのことでしたが、本日はアラカルトメニューから注文。¥1,100でサラダ、パン、デザート、ドリンクのセットが付けられます。

・季節野菜のサラダ、米麹と粒マスタードのヴィネグレット
季節野菜のサラダ、米麹と粒マスタードのヴィネグレット
正確な意味が不明ですがウェルネスがテーマだそう。雑穀も入って、体に良さそうな嬉しい量感。甘酒を使ったドレッシングも面白いです。

・パン、オリーブオイル
パン、オリーブオイル
ゴマの香りの良いパン。

・アンコウのベニエ、ちぢみ法蓮草添え、赤と黒のコントラスト
アンコウのベニエ、ちぢみ法蓮草添え、赤と黒のコントラスト
トマトとイカスミのソースで赤黒を表現。衣は厚いですが軽めに揚げられたアンコウはむっちりとした肉質。メイン料理にも野菜が沢山取り入れられているのも良いです。

店頭では六本木、京橋などにお店がある「トシ ヨロイヅカ」のケーキも購入可能。もちろん店内でいただくこともできます。

・ムッシュキタノ ¥850
ムッシュキタノ
名前の通り北野武氏から着想したチョコレートケーキ。中は美味しいチョコレート、花山椒のクレムブリュレ。上にも乗ったピンクペッパーが中にもランダムに入っており、痺れる刺激と驚きは確かに北野監督の映画のようです。 美味。

・マンゴーソルベ、コーヒー
マンゴーソルベ、コーヒー
セットのデザートもしっかり。シャーベットもトシヨロイヅカから届けられるそうです。コーヒーと一緒に美味しくいただきました。

ホテルのレストランらしくサービスも非常に丁寧。ランチ、カフェ、ディナーと全ての時間帯でゆったりと過ごせそうなお店ですね。ごちそうさまでした!

「ヴァルトハウス- 森の家‐」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。