ロムデュタン シニエ ア・ニュ|美味に浸る人時/the 320th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」320日目です。本日は久々のフレンチです。まだまだ話題の商業施設ギンザシックス13階の「ロムデュタン シニエ ア・ニュ」さんにランチにお伺いしました。

広尾にあるミシュラン常連の名店「ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー」の姉妹店です。

出来たばかりですので綺麗な店内、本日はキッチン横のカウンターでしたが、ここはテーブル席と隔離されています。最初のうち、他にお客様がいらっしゃらなかったので、もの凄く気楽に寛いでしまいました。

壁面には書道家の川邊りえこ氏の直筆で人人人人。そういえばお店のロゴも人の繋がりでしたね。カウンターに向う側にまな板が置かれていたりと書の作品も相俟って少し和の雰囲気です。ランチは・シェフのおまかせコース ¥7,000(サ別10%, w/o tax)のみ。まずはこちらから。

・稚鮎のエクレア

変わった食器、自分で仕上げる楽しい料理です。キュウリ、燻製クリーム、下にはちゃんと肝ペーストが敷かれおり、苦味良し。生地のサクサク感が気持ちを和らげます。

・とうもろこしのブランマンジェ、ウニ、ジュンサイ、シブレット、青海苔

食感の良い青海苔を砕きながらいただきます。とうもろこしはゴールドラッシュ、メローで幸せな黄色のお味です。

パンは・バゲット、ブリオッシュ

ホイップバターも豆乳を加える一手間で美味。

・ハモのガスパチョ風ソース、夏野菜添え

生ハムのコンソメを使った湯引きが面白く、フリットもサクサクで美味。

・リードヴォーのエスニックスープ

これも面白い一皿でした。上にはカダイフとパクチー、スープの中には揚げ餅と叩いたナスが入っています。クミン、レモングラス、ココナツのタイ風の香りがカレー好きにヒットです。 とろりとした国産リードヴォーは、やはり日本的な繊細な味わいで美味。

・マツカワガレイのポワレ

ウイキョウのソース、ブイヤベース風ソースを合わせ、上にはマリーゴールドの葉。 肉厚で白身らしからぬ味わいの濃さで絶品!

・イベリコ豚ロースのロースト

種々に形を変えたビーツ、ソースはシンプルにグリーンペッパーと豚出汁。 これもけっこうなボリューム感!ジューシーでございます。

続いてお待ちかねのデザート。ケーキ7種類、アイス3種類を食べ放題! けっこうお腹にきていましたが、別腹OK、全部盛りで!

・パインのダックワーズ、プリン、桃のコンポート、ピスタチオのタルト、アメリカンチェリーのクラフティ、チーズケーキ、チョコムース

・ほうじ茶、マンゴーバナナ、ヨーグルトアイス

数は多いですが、どれも美味。プリン、チーズケーキ、タルトが気に入りました。お代わりもお勧めいただいたのですが、できずに無念。。。

さらにちゃんと美味しい小菓子まで。

・バニラマカロン、抹茶クランチ、エルダーフラワーのセリー、ブルーベリーのキャラメル

最後は美味しい・コーヒーをいただいてゆっくりと。

というよりお腹がいっぱいで十数分、行動不能でした。

ドリンクはグラスワインも¥1,000からと、かなり良心的なお値段に思いました。素材とソースの組みわせの妙は面白さ感じ、それでいて味付けは奇をてらわず分かりやすい美味しさなのが大変好みです。料理は1コースしかないものの、この値段とクオリティ、ボリュームなら大満足。フレンドリーでいて品の良いサービスも素晴らしかったです。 またディナーのプリフィクスコースにもお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「ロムデュタン シニエ ア・ニュ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


鮨 鈴木|青木流から鈴木流へ、日々進化中/the 319th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」319日目です。本日は久々のお鮨です。トリプル銀座の正面、能楽堂ビル5階の「鮨 鈴木」さんにランチにお伺いしました。

エレベーターを下りると右手に別世界への入り口、濃紺の暖簾がお目見え。

大将の鈴木さんは銀座の名店「鮨 青木」のご出身。暖簾の「鮨」の字は青木さんからいただいたものだそうです。

心が研ぎ澄まされる清涼感のある美しいカウンター。銀座の鮨店としてはかなりのゆったり感です。

オープンは2015年6月、当初から何度かお伺いしていますが、2年経ち、ぐんぐん味に磨きがかかっているのに驚かされます。ランチは¥8,000、¥10,000の2種類、本日は後者をお願いしました。

・ガリ

生姜を大きめにカットした変わった形ですが、これが非常に美味。いつも数杯お代わりしてしまいます。

・ホシガレイ

シャリは赤酢と米酢のブレンド。鮨職人なのに酸っぱいのが苦手という大将(しかも下戸!)、自分好みの円やか仕上げです。やや硬めの握りが素晴らしく調和しています。

・アラ

・キンメダイ 昆布〆

・赤身漬け

・中トロ

・大トロ

・シンコ

2枚付。今年はこれが最初で最後でしょう。これくらい大きいとしっかり味わいもあって美味。

・サバ棒寿司

この棒寿司がまた絶品。酢〆のサバ、白板昆布の旨みと甘みと食感、シャリの調和が素敵です。

・シンイカ

季節を感じるタネも良いです。ツマミの下足付きでした。

・イシガキガイ

・平貝

・シラエビ 昆布〆

・バフンウニ

・アナゴ

とろとろふわふわ。美味。

・タマゴ

・コハダ(追加)

さらに最後に鯖寿司も追加して終了。お腹いっぱい大満足です。

大将の鈴木さんは見た目はちょっと強面ですが、明るい方で、圧迫感は無し。奥様と2人で切り盛りされており、非常に温かみのあるお店です。値段だけ見れば高額に感じますが、味を考えれば非常に良心的価格だと思います。カウンターのお寿司に慣れていない方でも寛げるお店で、銀座の鮨デビューにもお勧めです。日曜日も営業しているのも良いですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


お多幸|純関東おでんの衝撃/the 318th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」318日目です。本日は夏も美味しいおでんです。銀座8丁目、並木通り沿い、大正12年創業の老舗おでん店「お多幸」さんにお伺いしました。

純おでん屋的なお店の雰囲気は良好、2階、3階もあるので、かなり席数は多そうです。 1階のおでん鍋の前のカウンター席に落ち着きます。お刺身や揚げ物も美味しそうでしたが、おでんに集中していただいてみました。まずは定番品目を。

・豆腐、玉子、がんも ¥250、大根 ¥300

お出汁が黒い!今まで何件か関東おでんのお店に訪れたことはありますが、ここまで黒いのは初めてです。これがど真ん中の関東風なんですね。黒い大根、醤油の味が際立ちます。食べてる感、有りです。 夏でもビールより菊正宗の燗酒で楽しみたいお味です。

信田巻、串だんごなど知らないタネも多く、料理人さんにお伺いしてみると、そんな具材は練り物系が多いようです。 すごく気になったシューマイ、残念ながら品切れでした。。。

・ネギマ ¥300、ホタテ ¥400、あじつみれ ¥450


やっぱりサッパリしたおでんの方が好き。ホタテが美味しいです。 ネギマは鶏肉でなくて、元祖のマグロでまた驚き!

・玉子巻き、牛すじ ¥500


最後に大物を注文。 卵巻きは、だし巻き玉子に何か肉的なものを巻いたものと想像したのですが、練り物に玉子1個が包まれたものでした!〆の牛すじは食感も良く美味しいです。

初めて出会うおでんもあり、楽しい一時でした。 銀座でも関西おでんを出すお店が多いなか、貴重なお店ですね。 また機会があればお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「お多幸」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

昨日行われたイベント「ゆかたで銀ぶら」、泰明小学校の校庭で盆踊り大会が行われました。


串処 最上|変わり種も美味しい串揚げランチ/the 317th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」317日目です。本日は初の串揚げです。銀座7丁目、西五番街通りの延長上にある串揚げ店「串処 最上」さんにランチ訪問いたしました。大阪ミナミ発のお店だそうです。

数年前から気になってはいたのですが、外から中が見えずなかなか入りにくい雰囲気なのです。。。今日は思い切って入店です!

入って手前がカウンター、奥がテーブル席。

落ち着いた静かな空間は、ゆっくりしっとりとした時間が流れていました。スタッフの方の感じも良く安心です。

ランチコースは串揚げ10本 ¥3,780、15本 ¥5,400の2種類。お腹の様子を見て15本にもできますよとのことで、とりあえず10本コースでお願いしました。

まずは口直しの・生野菜

定番のキャベツ、人参、グラスに活けられたネギがユニーク。 ただネギは食べ過ぎるとお口がネギになってしまうので、注意が必要です。

薬味は塩、ソース、胡麻だれ、ポン酢醤油の4種類、オーナーが山形出身だそうで、お皿も山形名産の将棋駒型。そういえばエントランスも駒モチーフの装飾、店名も山形を流れる最上川からなんですね。串はこちらから。

・クルマエビ、稚鮎

天ぷら同様、やはり最初はクルマエビ、足や尻尾も美味しく良い印象です。

・新玉ねぎ、和牛ヒレ、ゴボウの穴子巻き、オクラ

・トウモロコシ、ナス、砂肝、貝柱

旨味たっぷりの和牛ヒレ、甘いトウモロコシが特に気に入りました。 砂肝はあまり得意ではないのですが、コリコリ食感で美味しいです。 非常にテンポ良く提供してくれるのですが、熱々串揚げは止まることなく胃袋に収まっていきます。 まだまだ食べられますので、15本に変更です。

・スモークサーモン

燻製香もしっかりとあり美味です。

・マッシュルーム アンチョビソース、モッツァレラチーズとトマトの生ハム巻き

イタリアンな変わり種2串。天ぷらと比べてしまいますが、串揚げの方が具材の組み合わせが楽しめ創作性があるようですね。

・マコモダケ、キス

ちょっと早めのマコモダケは小さいながらも柔らかくて美味、紫蘇風味のキスも良い感じです。 最後に提供されるご飯、味噌汁を串揚げ2本に変更可能とのことで、串揚げに変更していただきました。

・豚ヒレ、子持ち昆布

子持ち昆布でのフィニッシュも気分良し。

最後は山形名産・だだちゃ豆のアイスをいただき、さっぱりと。

一般的にラードを使用するお店が多いそうですが、こちらは紅花油100%。油による味がどう変わるのかはよくわかりませんが、こだわりは大事。久々の串揚げを満喫いたしました。 土日もランチ営業しており、しかも場所柄、それほど混み合うことがなさそうで、色々使い勝手のようさそうなお店です。

夜は最大36本コースまであるようですが、そんなに食べられそうにありません。。。 お土産に山形の民芸品「御殿まり」もいただき、ありがとうございます。 ランチで十分満足できそうなので、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「串処 最上」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


レンゲ|様々な顔の旨味に出会える楽しい新中華/the 316th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」316日目です。先日も中華でしたが、本日も中華です。前々から気になっていた銀座7丁目ソニー通り沿い745ビル9階の中華料理店「レンゲ」さんにお伺いしました。

モダンカジュアルな清潔感のある店内、木を生かしたブラウンベースで温かい雰囲気です。メニューは・おまかせコース ¥15,000(w/o tax)のみ。まずはこちらから。

・フランス モンサンミッシェル産ムール貝のポタージュ、伊東産 金目鯛のフリット

いきなり中華っぽくない前菜にびっくり。濃厚なポタージュ美味しー。

・四川風よだれ鶏、特級クラゲとチシャトウの和え物、短角牛ハツのタタキ、愛媛産釜揚げシラスと赤玉葱の和え物、ピータン豆腐チーズ

最近よく出会うよだれ鶏、しっとり質感にソースが絶品。これは確かによだれが出そうです。クラゲもいままで食べてきたのと何だか違う新食感。楽しい前菜でした。

・三河産ハモの春巻き

ハモの卵、梅肉、大葉入り。旨味が詰まった春巻きは最高です。

・俵マゼランの炒め物 トリュフの香りで

初めていただくジャガイモでした。シャクシャクした食感と甘みが素敵。芋のポテンシャルを存分に引き出した芋好きには堪らない逸品。

・バフン雲丹の黄金麻婆豆腐

マスの卵が乗った贅沢麻婆。まったりしっとり落ち着いたコク深さで美味。

・青森産 ジュンサイ、金華ハムのコンソメ

・鳥取産 キジハタの香り蒸し 13日目

絶品。凝縮された旨味が溢れ出している感じ。 最後はその溢れ出たスープにご飯を入れていただきます。

・三河産 黒アワビと白舞茸の炒め物

・鳥取産 仔イノシシの黒酢和え

メインはフカヒレなど5種類ほどから選べましたので、いただいたことがない仔イノシシを。 ハチミツを塗ってロースト。野趣味はないものの、その分クセがなく非常に柔らかでシルキーな質感。美味。

・釜揚げシラスとカリカリ梅のチャーハン

食事も5種類ほどから選択。時期的に冷やし中華や冷麺がお勧めとこのことでしたが、米好きですから。

・与論産パッションフルーツのタルト

下には砕いた揚げワンタン。

・マンゴーソルベ レモンとライムのジャムで

下のジャムが美味です。 この他、秘密の1皿(絶品!)が加わった全13皿でした。

食べていると、時に中華料理であるということを忘れてしまう楽しいコースで、素材の旨味の引き出し方が素晴らしく感じました。旨味にも色んな顔があって面白いですね。 そしてこれだけ沢山食べたにもかかわらず、食後には爽快感が有りまだまだ食べられる感じ。こういう料理って大好きです。

スタッフの方々も皆様、説明も丁寧で明るくフレンドリー、とても楽しい2時間半でした。 カウンターがあるのに1人で予約ができないのは残念ですが、また違う季節に来店したいお店です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。