ダルマ サーガラさん-徹頭徹尾満足感/the 89th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、89日目です。

本日は(も)、カレーです。今月で10周年という、南インド料理の名店“ダルマサーガラ”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、東銀座。ギンザエイトビル2階です。
茶色いビル、インドの旗
インド国旗が目印です。

店内カウンターからの眺め。
首都高速、松竹スクエアのある風景
目の前は首都高速、向こう側のビルは松竹スクエアです。

ダルマサーガラ ミールス ¥1,700をオーダーいたしました。カレー2種付きでボリューム満点
大きな器でカレー2種、チキンフライ、プーリー(揚げパン)、パパド(揚げせんべい)、ラッサム(スープ)、インゲンのポリヤル、サラダ、ライス。このボリューム感は素敵です。

サイドディッシュの“チキンフライ”
チキンフライ
スパイスが利いていますが、そう辛くなく箸休めにも最適です。サイドディッシュは4品の中から1品選択します。

左)ハイダラバディ チキンカレー 右)キーマカレー
銀の丸い器にカレー2種類
キーマカレーの肉もチキンでした。セレクトミス!

と思いきや、これが美味しい。上品なカルダモンの香り。食べるほどに身に沁みる旨辛さ。そして何だかチキンが甘く感じられて優しいです。ハイダラバディはヨーグルトを使っています。キーマよりは辛さ控えめで円いお味。こちらも美味しいです。プーリーとご飯が進みます。

ご飯大盛りは無料が嬉しいです。別のお皿で提供されます。
銀の皿に盛り付け

食べ過ぎました。ちなみに酸味とパクチー感たっぷりのラッサム、ポリヤルもかなり美味しいです。徹頭徹尾満足感のあるミールス、ごちそうさまでした。

最後はコーヒーで。辛いカレー後のコーヒーは最高です。
白いカップ&ソーサーに入ったコーヒー

ダルマサーガラさんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

カレー薫る服と手になってしまったので、次回は仕事中をさけ、夜にお伺いして、ドーサが食べたいと思います。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

禅を組んだ仏像の写真 


鮨 いつきさん-カウンターでリーズナブルに頂く/the 88th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、88日目です。

本日は、久しぶりのお寿司。銀座6丁目、昭和通り近くにある”鮨 いつき”さんにお伺いしました。

こちらの長山ビル2階でございます。
ベージュのビル、1階は居酒屋
     

ランチはにぎり¥1050円、上にぎり¥1,260、特上にぎり¥2,100の3種類。同価格設定のちらし寿司もございます。

本日は、特上にぎりを注文いたしました。

まずは、サラダ。魚の南蛮漬け入りです。
小さい器に入った南蛮漬け入りサラダ

“あら汁”
木のお椀に入ったあら汁
ホッとする温かさ。美味しいです。

“特上にぎり” ¥2,100
細長い皿の上の見た目にも鮮やかなお寿司

中トロ、コハダ、マグロ赤身、ミル貝?、コハダ、甘エビ、アジ、イカ、ウニ、イクラ、卵、鉄火巻き。

10貫+巻き物。なかなかに豪華な内容です。鮮度も良く、納得できるクオリティーです。ただ、回りのお客様はほとんどが上にぎりを注文していらっしゃいました。気になります。

ということで、後日お伺いいたしました。

“上にぎり” ¥1,260
黒い長方形の皿の上のボリューム満点のお寿司

マグロ赤身2、カツオ、サーモン、アジ、イカ、海老、卵、エビ、サワラ、いくら、ネギトロ、明太子、カッパ(以下巻き)、沢庵、かんぴょう、鉄火。

13貫+巻き物。このボリュームは魅力的。皆様が頼まれるのも納得。満足です。ごちそうさまでした。

目の前で職人の方に握って頂けるカウンタースタイル、緊張させない優しく親しみのある接客なども含め、コストパフォーマンスは素晴しいですね。4人座れるテーブルも2卓ございます。

なお、ネタの名前は間違っているかもしれません。お気づきになりましたら、ご指摘頂けると幸いです。

また、11月からランチは金土日のみの営業になるそうです。お気をつけ下さい。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お近くへお立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。
エンジの店名入りの旗のアップ写真


野田岩さん-鰻一筋200年/the 87th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、87日目です。

本日は久しぶりの鰻です。

銀座4丁目、数寄屋橋交差点近く”塚本ビル”の地下1階です。1階はスーツカンパニーさん。地下鉄の入口から入ります。
塚本ビル地下1階

ほっこりとした入口。ちなみに、お隣は超有名寿司店”すきやばし次郎”さんです。
野田岩 入口

“鰻三楽コース” ¥6,200(サ別10%)を注文いたしました。

まずは、こちらから。

“鰻の煮こごり”
野田岩 鰻の煮こごり

見た目にも綺麗です。鰻の旨味、煮こごりの柔らかい甘味が口の中に広がります。お酒に抜群に合いそうな一品。

“志ら焼”
野田岩 志ら焼

お湯を張った器に盛られており、冷めないようになっています。鰻の素を味わうなら、しら焼。しょう油はあえて付けず、山葵のみで頂きます。このクセの無さ、凝縮感が良いです。やはりお酒が欲しくなります。我慢です。

“鰻重 肝吸い、香の物、大根おろし(箸休め)付”
野田岩 鰻重

蓋を開けた瞬間の甘い香りが素晴しかったです。足が地に着いたような鰻重。ご飯はやや固め。安定感有り。サイズは一番小さい”菊” 2,800円と同じだそうです。

野田岩 鰻重
鰻はフワフワしておらず、旨味がギュッと詰まったキレのある印象。タレもクセが無く、とても上品なお味です。何だか胃に優しい。

“肝吸い”
野田岩 肝吸い

心も体も温まるコチラは、やはり美味。

美味しい鰻づくし、ごちそうさまでした。

なお、天然うなぎは麻布本店で予約しない(予約しても手に入らない可能性も有り)と食べられないとのこと。お気をつけ下さい。

和やかな雰囲気の店内です。
野田岩 店内

“野田岩”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


煙事さん-恐るべし燻製力/the 86th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、86日目です。本日は燻製です。ちょっと珍しい燻製専門店”煙事”さんにお伺いしました。

場所は銀座8丁目”JUNOビル”の1階です。
煙事の入っているJUNOビル

資生堂ビルの裏の通り、寿司の“久兵衛”さんや“俺のフレンチ”さんがある通りです。

“仙台牛燻製ハンバーガー” ¥1,200をオーダーしました。パンとご飯と選べます。パンを選ぶとハンバーガーに。ご飯を選ぶとハンバーグと卵かけご飯に。たまごかけご飯もコチラの名物メニューということで、ご飯を選びました。

まずは、こちらです。

“仙台牛燻製ハンバーグ スモークチーズ、目玉焼きをトッピング 各¥100”
煙事の仙台牛薫製ハンバーグ

半分とろけた燻製チーズが、とても美味しそうです。

ややレアな焼き加減です。肉汁がトロリと溢れ、燻製の効果で、芳醇な味わいに。
煙事の仙台牛薫製ハンバーグのアップ
こちらに目玉焼きをのせて食べると、間違いありません。

香りがとても独特ですが、美味。中毒性有りです。

続きまして、

“たまごかけご飯”
煙事のたまごかけご飯

“5種類の燻製調味料” 五段階活用で頂きます。
煙事の5種類の薫製調味料

1)卵を投入し、卵をくずしながら燻製岩塩をひとつまみ。食べる部分にだけ岩塩をかけないと後で辛くなりますのでご注意を。
煙事のたまごかけご飯、塩とたまごをかけます

塩たまごかけご飯。卵の甘味が引き立ちます。

2)燻製しょうゆを少々。
煙事のたまごかけご飯、薫製しょうゆをかけます

燻製しょうゆは香りがとても良くあっさり。これは美味しいです。

3)燻製オリーブオイルを1~2滴。
燻製パワーにより、ものすごく主張があります。かけすぎ注意。少しコッテリ洋風な味わいに。

4)燻製黒こしょうをひとふり。
煙事のたまごかけご飯、薫製黒こしょうをかけます

さらに洋風になり、味が引き締まります。たまごかけご飯の新たな扉が開かれました。

5)最後は白ごまの燻製をパラリと。
煙事のたまごかけご飯、白ごまの薫製をかけます

普通の白ごまよりいっそう香ばしい。こちらは大量に掛けるのも有り。一気にかき込んでしまいました。たまごかけご飯好きは一度食べなければいけませんね。

“燻製プリン、燻製コーヒー” 各¥300
煙事の薫製プリンと薫製コーヒー

燻製づくしです。プリンはシンプルに美味しいですが、コーヒーは独特。これはこれで良い。燻製にすれば何でも美味しい。恐るべし燻製力。燻製の当て字の”薫”。その意味を考えさせられました。ごちそうさまでした。

基本的にバーですので、シックな店内です。お酒と燻製も合うそうです。
煙事のシックでエレガントな店内

“煙事”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。