上海料理 四季|清涼感漂う美味な鶏スープ麺/the 299th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、299日目です。本日は中華料理です。本場の上海料理がいただけるという「上海料理 四季 陸氏厨房」さんにお伺いしました。上海の三ツ星ホテルで総料理長を務めていた陸鳴氏がオーナーシェフのお店です。

場所は銀座7丁目、花椿通り沿い、アソルティ銀座の9階。

実は以前にも訪問したことがあります。その時はエレベーターが開いて3分ほど待っても誰もいらっしゃらなかったため、そのまま退散いたしましたが、本日は大丈夫でした。

ゴージャス感のある店内、奥にはさらにゴージャズそうな個室もございます。

¥2,980のコースもありますが、2名からということで本日は単品オーダー。

・上海焼き餃子 ¥648

「汁が入っているので一口目お気をつけください」と注意を促される餃子は黒酢でいただきます。 見た目は水餃子のようですが、日本の餃子と違い皮が分厚くモチモチ。

昔、餃子の皮を手作りしたら中華まんのような厚さになったのを思い出しましたが、当然ながら味は全く違います。 一口噛むとお尻から汁が飛び出す小龍包風。スープのしっかりとした味付けが美味しい新感覚の餃子でした。

中華麺は3種類選べるスープの中から・鶏スープ麺 ¥1,080 をお願いしました。トッピング、レギュラーの中から1つが無料で選べます。 トッピングは角煮、厚切りチャーシュー、玉子など、レギュラーは炒めものなど一品料理のようなもの色々。 レギュラーとは一体何なのか謎でしたが、お進めのレギュラー・マコモダケと高菜と細切り肉炒め(単品¥680)をお願いしました。

まずはレギュラーが到着、枝豆と高菜和え、青菜を茹でたもの付き。

麺が来るまで、レギュラーをそのままいただきます。唐辛子でマコモダケの甘みが引き立ち、食感良く自然なお味。

続いて・鶏スープ麺が到着。

具はネギのみ。なるほど。そういうことですか。非常に綺麗な黄色いスープは、透明感のあるお味で、喉越し良く清涼感のある細麺とよく合います。こちらのスープ、単に茹でた青菜を浸すだけでも大変美味しくいただけ、なかなか秀逸。このままでも十分いけますが、麺の量が多いため味変が必要です。 途中でマコモダケの炒めものを投入。濃密な味になり最後まで美味しくいただけました。

最後は口直しの・イチゴ(何故かパセリ添え)まで付いてお腹いっぱい。

お得感も有りでした。仕組みもわかったので、次回は角煮などをトッピングして豪華にいただきたい。炒飯など気になるメニューもありましたので、またお伺いいたします。四季さん、けっこう良いかも。ごちそうさまでした!

そんな訳で後日再びお伺い。土日ランチもL.O.15:30まで営業されているので助かります。

麻婆豆腐が乗ったマーボー焼きそばも気になりましたが、今回はチャーハンで。

・五目炒飯 ¥1,274

パラパラの理想的な仕上がり。 具材はネギ、卵、焼き豚、シメジ、ニンジンと本当に五目。塩気はあまり感じられない大変な薄味です。 その分、豚肉の甘みが引き立ちますね。 マイルドなお味で、個人的にはなかなか好みのチャーハンでした。

アオサのスープも同じく薄味で。体に優しく感じます。

次回はまた麺をいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「上海料理 四季 陸氏厨房」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


Lunor A5 226 人気のボストンフレーム!

ドイツのアイウェアブランドLunor-ルノアの人気モデルが入荷いたしました。

Lunor A5 215, 226

スリムなラインが上品にお顔に馴染むアセテートコレクションが「A5」。その中でもベストセラーの細身のボストンメガネは男女問わずお勧めできるマスターピース。ドイツ製ハンドメイドならではの温かみと上質感を存分に感じられるメガネです。この2モデルはレンズサイズ違いで「226」は横幅48mm、「215」は46mmです。


堅牢で強度の高いオリジナルのヒンジパーツも特徴です。独特の丸みが柔和さを醸しています。

サイズの大きい「226」は五色入荷しています。

Lunor A5 226 col.01

Lunor A5 226 col.02

Lunor A5 226 col.03

Lunor A5 226 col.06

Lunor A5 226 col.16

Lunor A5 226 col.26

是非店頭にてお試しください。

LUNOR-ルノアについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ルノアのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。


重厚感のある黒甲フレームが入荷

黒いべっ甲フレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。こちらです。

UM6502 黒甲
um6502b
最近ますます人気の黒甲フレーム。昔ながらの重厚感のあるデザインは、クラシックなメガネが好きな若い方にもお勧めできそうです。

um6502b3
丁番は18金イエローゴールドを使用。錆びないですし、万一破損した場合も修理が可能。ほとんど見えない部分ですが高級感を出すのにも一役買っているのです。

um6502b2
一見べっ甲に見えない黒さが良いですね。その柔らかい黒さ、雰囲気は黒いプラスチックと全く異なります。美しいです。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


Anne et Valentin APRIL 黒×赤カラー在庫ございます

俳優の石田ゆり子さんが愛用されているアンバレンタインの「APRIL-エイプリル」。人気のカラーが1点のみ、ご用意可能です。

Anne et Valentin APRIL col*1247

表が黒、裏が赤のアンバレンタインらしいカラーリング。


表からは赤色はほとんど見えませんが、お顔色を明るく見せ、真っ黒よりも軽いイメージになります。

また、こちらのグリーン系カラーも僅かながら在庫ございます。

Anne et Valentin APRIL col*1243

表がほぼ黒に見えるダークグリーン、裏が明るいグリーン。

あまり他では見られないフランスブランドらしいカラーです。


是非店頭にてお試しくださいませ。

Anne et Valentin-アンバレンタインについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。アンバレンタインのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫本数250点以上と充実しております!


MYKITA VILDE 明朝体「O」のような丸メガネ

ドイツ ベルリンのアイウェアブランドMYKITA-マイキータの最新モデルが入荷しました。

MYKITA VILDE col*285 champagne gold/dark brown

上品なシャンパンゴールドとブラウンの組み合わせ。ビッグサイズのラウンドフレームです。レンズ周りに特徴がございます。

レンズ上下のリムが細く、左右が太いユニークなデザイン。明朝体アルファベットの「O 」を連想してしまいます。

一般的な丸メガネは実は少しレンズの縦幅が短くデザインされます(横幅が49mmなら縦が47mmという具合)。なぜなら正円だと錯視により縦長に見えてしまうからです。ところが「VILDE」はレンズ縦横幅が48mmの正円。リムの太さを変えることにより正円なのに縦長に見えないようにしているのです。マニアックですが凄いです!

掛けてしまえばあまり分からないディテールですが、わずかに感じられる違和感が楽しいです。

今回の一部モデルからテンプル、ノーズパッドが高級感のあるアセテートプラスチックに変更されています(以前はシリコンでした)。

是非店頭にてお試し下さいませ。

MYKITA-マイキータについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。MYKITAのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫100点以上と充実しております。