銀座 樹蔭|洋のニュアンスが楽しい良和食店/the 349th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」349日目、本日は和食です。銀座5丁目、昭和通りの新築ビル「GINZA12」の地下1階にオープンした和食店「銀座 樹蔭-こかげ」さんにランチ訪問いたしました。

1階もお店が入っておらず、まだ未完成のようですが、何店舗かの飲食店が営業スタートしています。看板の中に東北沢のミシュラン1つ星の和食店「与志福」さんの名前を発見!オープンが非常に楽しみです。

店内はカウンター席にテーブル数卓、個室1部屋。新しいお店らしく清々しい雰囲気です。 ランチは¥1,580からありますが、本日はコース仕立ての・松風 ¥3,300(w/o tax, 女性限定割引¥2,800)をお願いしました。

先付・ユリ根のムース、ズワイガニ

北海道産の月光という希少なユリ根のムース、ユリ根は大好物、ほんおり甘くて美味。 オリーブオイルが使われているのも面白い。この後に期待が膨らむ前菜です。

八寸・ワカサギ南蛮漬、カボチャ甘酢和え、蒸し鴨、フォアグラのキャラメリゼ、金柑の蜜煮

なかなか豪華で見た目も素敵な八寸。 低温調理の鴨は大変柔らか、優しい甘さに包まれた幸せな金柑、色んな味の混じった表現し難い美味しさです。

造り・本マス、タコ、マダイ昆布〆

こちらも綺麗な盛り付け。本マスは脂ノリノリ、タコは低温調理、お造りも鰹出汁やオリーブオイルなどを絡ませており、ちょっと楽しい。

メインは肉か魚か、今の所は選べるわけではなく、日替わりでどちらかになるそうです。

今日はお肉料理で・蝦夷鹿シチュー、当たりです!

お肉は柔らかトロトロ、クセは全く無し。コクがしっかりあって美味しいシチューでした。

食事・ユリ根の炊き込みご飯、生ユリ根の梅肉乗せ、ウドの味噌汁、ぬか漬け

先付けで使われていたユリ根は生食可能、シャキシャキでした。

甘味・ドライイチジクと抹茶のチョコレート

デザートも良い。イチジクはブランデーに1日漬け込んであるそうで、大人なお味。

品数も多く、お腹もいっぱい、この内容にして値段もリーズナブルで大変満足! 着物姿のサービス陣もとても雰囲気がよく、新しいお店では久々の好感触でした。 暖簾には上原浩氏の名文句「酒は純米、燗ならなお良し」、日本酒にも力を入れているそうなので夜の料理とお酒も興味津々。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


寛幸|今宵も素敵な寛幸時間/the 347th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」347日目、本日は和食です。三田の有名和食店「晴山」出身の佐藤寛幸さん自身の名前を冠したお店「寛幸」さんにお伺いしました。

場所は東銀座4丁目、松屋通り沿いのビルの6階。

1階はシュークリーム店、上階にはフレンチ「ラ ターブル プリベ イシダ」、イタリアン「ピウ」、鮨「あらた」など良いお店が入っている美食ビルです。

いきなり驚くのは内装。店名とロゴの感じからシンプルな和食店を想像していたら、非常にモダンでスタイリッシュ。

バーのような雰囲気にしたかったと聞いて納得、写真に写っていませんが右側の小さい2人掛けテーブルがバー感を一層高めているようです。

本日は・おまかせコース ¥15,000(税+サ別10%)をお願いしました。

・レバニラ

こちらのお店のスペシャリテともなっているレバニラの概念を覆すレバニラ。そもそも冷製です。シャキシャキのニラとモヤシに、滑らかしっとり上質な鶏レバの組み合わせが最高。出汁まで美味しい。

続くお椀も良い。大量の浅葱(?)の下は・スッポンのワンタンスープ

中にはエンペラも入っていました。鶏とスッポンのワンタンって素敵、大寒の折、ピリッとしたスープが体に優しい。

・フグ白子、カラスミ

白子が本当に美味しい季節、カラスミが良い味出しており、お酒が進みます。

・ブリ照り

良く絡む甘いタレが上品過ぎるブリ照りのマキシマム。絶品!

・能登産岩もずく

シャキシャキ食感が楽しい、さっぱり箸休め。

・飛騨牛ヒウチ、椎茸、里芋の小鍋

地獄のような熱さの餡掛け仕様ですが、お味は天国。ヒウチはモモ肉の一部で、霜降りのサシの入る希少部位。柔らかで旨味もたっぷり。

・越前ガニ、セリ、ゴボウの炊き込みご飯、お新香、味噌汁

ちゃんと味噌入り、カニの旨味、ゴボウの食感、香りの良いセリは根っこもたっぷり、実はこの部分が一番美味しいのです。


素材の出汁がたっぷり沁みた優しいお味の絶品ご飯。1.5合完食です!

・イチゴのクリームブリュレ

最後はイチゴが爽やか、美味しいデザートで。

ワンタン、レバニラ、ブリ照りと家庭でもお馴染み料理のアップデートが新たな世界を開きます。1年ぶりのお伺いでしたが、前回よりもオリジナリティがしっかり出ており、今後がますます楽しみなお店です。サービス精神溢れる美味しい料理の数々、次に何が出てくるんだろうというワクワク感も素敵で、大満足!

打ち解けやすく話術でも楽しませてくれる寛幸さんの性質も素晴らしく、名は体を表すとはよく言ったものです。「寛と幸」の二文字に全てが表現された素敵なお店、また戻ってきたくなる素敵な空間です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


有薫酒蔵、紡庵|リーズナブルに美味しい定食/the 343th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」343日目です。本日はランチにリーズナブルで美味しい定食をいただける2店をご紹介いたします。

まずは以前から気になっていた銀座2丁目、外堀通り沿いの九州郷土料理がいただける居酒屋「有薫酒蔵 銀座店」さん。

階段を降りると、女性が椅子に腰掛けており少し吃驚。前払いなんですね。本日はお目当ての木・金限定・だご汁定食 ¥900 をお願いしました。 店員さん手動の自動ドアをくぐると、ひなびた良い雰囲気の店内。椅子と机が小さい。 当時の日本はこれくらいのサイズが普通だったんでしょうか。

カウンターも2人がけのテーブルもないようなので、入り口付近の4人がけテーブルに着席。お店の奥では女性スタッフさんが世間話に花を咲かせていますが、そんな緩い感じがお店の温かみとなっているようです。

10分ほどで到着。

この価格にしては豪華な定食です。 内容はおにぎり2個、だご汁、ひじき煮物、カボチャ煮物、白身魚南蛮漬け、卵焼き、お新香、ヨーグルト、そして何故か日本酒とほっこりする内容。


だご汁=だんご汁で丸い餅が入っていると思ったら平らなワンタン状の歯ごたえたっぷりのお餅。 優しい味噌味で、具材は大きいサツマイモ、人参、サツマイモ、つみれなど具沢山でした。 最後は蜂蜜でハートマークが描かれ、美味しさアップのヨーグルトをいただきました。

お味はオーソドックスなものの、盛り沢山な内容と、なにより感じ良いスタッフさんたち、お店の雰囲気で全てOK。素敵なお店でございました。 またお伺いいたします。ごちそうまでした!

続いて中央通り沿い、銀座1丁目のキラリトギンザの裏のビルにオープンした和食店「銀座 紡庵」さん、密かに話題な限定10食千円ぽっきりお魚ランチをいただきにお伺いしました。

開店直後の11時半にお伺いしましたが、すでに予約のお客様などでそこそこの賑わい。人気ですね。1人ですので綺麗で広いカウンター席に落ち着きます。 ランチメニューは・紡庵北陸御膳か・ステーキとローストビーフのお重、どちらも限定10食です。 本日はお目当ての・紡庵北陸御膳 ¥1,000をお願いしました。

10分ほどで到着。

煮魚、西京焼きは共にブリ、刺身はカツオ、ブリ(ハマチ?)、ウマズラハギ、天ぷらはイカ、ツブ貝(多分‥‥)、サツマイモ、他ほうれん草のお浸し、サラダ、ご飯、赤だし、お新香、みかんの全10品。 どれも少量でブリかぶりではありましたが、薄味で上品な仕上がり。

ご飯も美味しいです。

多皿なのでお腹もいっぱいになりました。落ち着いた高級感のあるお店の雰囲気と相俟って満足感のあるランチでございました。 料理人さんは寡黙なものの、ホールスタッフの方々は皆さま明るく丁寧で良い感じです。

人気の魚ランチは、12時前に入店するか、予約した方が間違いなさそうですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


お料理 志ぶう|独特の感性が冴える小さな和食店/the 336th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」336日目です。ちなみに本日11月24日は「和食の日」、そんな訳で11月3日にオープンした和食店「お料理 志ぶう」さんにお伺いしました。

当ブログでもご紹介した銀座3丁目、松屋通りの「おおたに」(その時に記事はコチラ)で腕を振るわれていた渋谷さんが独立して始められたお店です。

場所は銀座2丁目、並木通り沿いのビルの地下1階。

カウンター7席の小さいお店です。

調理場も全てカウンター向いに集約されており、隠れ場所無し!非常にオープンで潔い雰囲気です。

現在・おまかせコース ¥12,000(w/o tax)、1種類のみ。こちらからスタート。

・香箱ガニ

念願の香箱ガニ!11月6日にカニ漁が解禁されました。緑色の橙をたっぷり絞っていただきます。 内子外子もたっぷり。やっぱりシンプルに食べるのが一番美味しいです。

・ウニ、京菊菜のお浸し

・シュロップシャーブルーチーズの茶碗蒸し

イギリスのブルーチーズは、そのまま食べても塩が効いていてお酒のあてに最高。 黒トリュフを乗せて洋風に仕上げた茶碗蒸し、気が利いています。

・青森県産トラフグ

3.5kgほどのフグを1週間ほど熟成。 厚みもしっかり、旨味もしっかり。皮のコリコリ食感も素敵です。絶品!

・クチコ、子持ち昆布、葉わさびの酢漬け

干しクチコは日本酒に浸して半生状態。お酒が進む。

・子持ち鮎
卵たっぷり、炭焼きです。

・フグ白子

この時期でも素晴らしいコクとミルキーさ。こんなに早く白子をいただけるのは嬉しいです。

ここでミス発覚!白子を焼いて出そうと思ったら、何故か子持ち鮎を焼いて出してしまったそうです。こんなミスなら大歓迎ですね。

・和牛リブロース、天王寺カブの白味噌椀

すごい大きなカブを見事な包丁さばきで薄切りに。お肉料理ですが優しいホッとするお味です。

通常の〆は手打ち蕎麦なのですが、特別に追加料金でうな丼にしていただきました。

ご飯もちゃんと釜で炊いていただきました。

・うな丼

大満足!和食屋さんで食べるウナギは美味しいのです。

・ギンナンのお吸い物

何気にお吸い物も非常に好みでした。

・柿、抹茶ぜんざい、エスプレッソ

エスプレッソというのが楽しい。砂糖を入れてないのに甘みがあって飲みやすい不思議なエスプレッソでした。抹茶ぜんざいもホッとするお味で美味しいです。

ドリンクは以下をいただきました。
・エビスビース 小瓶 ¥700
・麒麟山(新潟県東蒲原郡 麒麟山酒造)吟醸辛口 ¥1,300
・越乃雪椿「花」(新潟県加茂市 雪椿酒造)純米吟醸 ¥1,300
日本酒の種類は少なめ。今後の増量に期待です。大将はソムリエの資格を持っていらっしゃるのでワインも良さそうに思います。

ストレートな料理の隙間合間に感じる独特な感性が楽しいコース内容でした。 とてもフレンドーでサービス精神の豊かな大将なので居心地も良好。楽しい時間は早く過ぎるもので、いつの間にやら3時間半もたっていてびっくりいたしました。 今後の渋谷さんらしい料理の広がりや進化も楽しみなお店です。

シンプルな椀物は出さないんですね。とお伺いすると特注のお椀待ちだそう。また出来上がったらお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

おまけの焼きたけのこです。


喰善あべ|煮えばなに見る刹那の美味/the 332th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」332日目、本日は和食です。銀座5丁目、みゆき通り沿いのビルの3階「喰善あべ」さんにお伺いしました。

店内はL字型カウンター11席のみ、京の雰囲気を感じさせる雅やかな内装、調理場中央に設置された炭焼き台の釜に目が釘付けです。 コースは¥15,000、¥18,000の2種、本日は後者の・おまかせコース ¥18,000(w/o tax, サ別10%)をお願いしました。

八寸・栗と舞茸の白和え、黒アワビ、イワシとクルミ、鯖鮨、生干クチコ、栗

どれもハイレベルですが、特に生干クチコは酒呑みには悶絶級。最初から心をがっちり掴まれた美しい八寸でした。

・ジコボウの白味噌椀

ポルチーニのような信州のキノコ。寒い日、クリーミーなほっこり味。体の中から温まります。

造り・ブリ、マダイ、スミイカ

お造りをいただいている間、目の前の鍋に目が釘付け。秋の味覚の代表選手、松茸です。良い香りが店内に漂い、食欲を刺激いたします。

・ハモと松茸のしゃぶしゃぶ

ハモも松茸も香り良く。至福の出汁です。

・京揚げと水菜煮込み

その出汁で煮込めばなんでもご馳走に。染み染みと滋味。その間にカウンター内の調理場で炭焼きされている魚はこちら。

・八郎潟産天然ウナギの白焼き、蒲焼き

その厚みからけっこうな大きさと想像されます。皮がパリパリ、身はしっかりとした歯ごたえに上品な旨味たっぷり。絶品です。

・小芋と信州産キノコ餡掛け

一番の楽しみ前に落ち着く一杯。こちらの名物の1つは何と言ってもおくどさん(竃)で炊く白飯です。

・煮えばな

米とご飯の間、個人的に一番好きな瞬間。アルデンテの歯ごたえと柔和で甘み際立つこの刹那的美味しさ。

・白飯、辛子明太子、めざし、じゃこ、お新香、しじみの赤だし

スペシャリテというだけあって流石の美味しさ。


炭火でメザシを焼く香りだけで、いくらでも食べられますね。お焦げも美味しく、5杯もお代わりしてしまいました。美味しいお米は何も付けずにそのままいただくのが一番好みです。

最後は美味しい甘味が2品。

・イチジクの赤ワイン煮

・一口ぜんざい

最後は美味しいお茶をいただきゆっくりと。基本的に大将お一人で調理されていることもあり、いつの間にやら、あっという間に3時間半もたっていました!

日本酒は最初は冷や、後はぬる燗で以下をいただきました。
・徳次郎(京都府城陽市 城陽酒造)特別純米 ひやおろし原酒 ¥1,200
・田酒(青森県青森市 西田酒造)山廃純米吟醸 ¥1,400
・醴泉 波紋(岐阜県養老町 玉泉堂酒造)純米大吟醸 超ひやおろし ¥1,400
大吟醸を中心に、なかなか豊富な品揃え。

最初の八寸が素晴らしかったですし、ハモ、ウナギ、キノコなど好物も沢山出たので大変満足。目がキラキラした大将の飄々とした佇まいも素敵でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“喰善あべ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。