銀座 維新號 本店さん-肉まんゴマまん/the 144th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、144日目です。本日は中華です。銀座8丁目の“銀座 維新號 本店”さんにおうかがいしました。1948年出店の老舗中華料理店でございます。

MARUGENビル隣(旧ゴルフビル)の地下1階、銀座資生堂ビルの近くです。。
is6
1階は宝石店の“ゆきざき”さんです。

まずは、名物のこちらから。

“おまんじゅう 肉まん” ¥561
 is1
大きいです!後ろの割ばしと比較すると分かりやすいのですが、普通の肉まん倍はございます。運ばれて来た時は、触れられないほど熱々。

is2
肉厚でフワフワの皮に、具もたっぷり。具は非常にあっさりしておりますが、北海道産の干し貝柱が隠し味で使われているなど深みがございます。皮もほのかに甘みがあり美味しいので、サイズが大きくても簡単に食べられます。流石の一品です。

維新號さんは赤坂、銀座にもう1店新館がございますが、店内でおまんじゅうが食べられるのは銀座本店だけみたいです。

“中華スープ、ザーサイ” 
 is4
スープはキクラゲ、大根、玉ねぎ、鶏肉と意外と具沢山。中華スープでは珍しいさっぱり感です。

“五目炒飯” ¥972
 is3
海老、角切りの焼豚がちょっとリッチな炒飯です。こちらも塩気は無く、薄味。基本的に料理は薄味なよう。年輩の方に喜ばれそうですね。

“ライチ”
is5
デザートは冷え冷えのライチです。甘い。ごちそうさまでした。

8月下旬に改装するとのことで、改装後再びお伺いしてみました。メニューは変わっていなさそうです。本日は“デラックス饅頭セット” ¥1,728を注文してみました。

“湯麺(たんめん)”
 is7 is8 
芝えび、竹の子、たまねぎなどがたっぷり入っており、量的にも十分。スープはさっぱりとした薄塩味で、麺も爽やかな気持ちのよい喉越しでございます。

“おまんじゅう ゴマまん”
is9 is10
にくまん、あんまん、からし菜まん、ゴマまんの中から、ゴマまんを選択。丸っとした見た目がよい。黒ごま餡にくるみ、レーズン、オレンジピール入り。けっこう甘いです。そしてところどころがシャリシャリします。初めての感覚。不思議です!

“杏仁豆腐” 
 is12
定番のデザートに加え、焼売1個、ザーサイ、ライチ2個付きでボリューム満点です。

店内は、特に床と天井が奇麗な感じに、外の店名の看板もモダンに、少し控えめになっております。ゆっくりとできる雰囲気もよいですね。
is13

“銀座 維新號 本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


銀座 天龍さん-名物ジャンボ餃子/the 136th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、136日目です。本日は中華です。昭和24年創業、餃子がシンボルという“銀座 天龍”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目中央通り付近、中央銀座ビルの1階でございます。
te5
立て看板には、「60年間、絶えない行列。」と書かれております。

外にメニューが出ておりますので、それで注文を決めて入ってすぐのレジで食券を購入します。初めての人は躊躇してしまいますのでお気をつけ下さい。まずは、こちら。

“炒飯” ¥990
te1
やや薄味のシンプルな炒飯です。ぱりっとしております。

“餃子” ¥1,050
te3
名物のジャンボ餃子です。普通の餃子の倍はございます。しかも8個も!

中身は豚モモ肉、白菜、長ネギと非常にシンプル。ニンニク、ニラは入っておりませんので、お口にも優しいのです。ジューシーですが、あっさりしたお味ですので、意外と食べられます。

te4
焦げ目の部分はカリカリ、それ以外は厚めの皮でもっちり。よく食べました。満腹です。ごちそうさまでした。なお餃子とライス ¥1,150のオーダーが定番のようです。

“銀座 天龍”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
te6


自家製麺 伊藤さん-にぼにぼ系/the 125th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、125日目です。本日はお久しぶりのラーメンです。有名店が銀座にオープンしたとのことで行って参りました。“自家製麺 伊藤”さんです。赤羽にあるお店の系列だそうです。

場所は銀座6丁目、東京銀座ビルの地下1階です。中央通りから東(昭和通り方面)に3つ目(現在は松坂屋の工事のため2つ目)の通り沿いです。
ito6
以前ご紹介させていただいたビストロ ヌガさんの横が入り口です。

階段を降りるとお店です。
ito5

まずは券売機で食券を購入します。まずはコチラから。

“チャーシュー丼” ¥350
ito3
サイズはミニ。鰹の粉がかかっております。こちらも脂っこくなく、あっさり。美味しいです。続いてメイン。

“肉そば中 スープ増し” ¥850
ito1
チャーシューは4枚とネギ少し。出汁は煮干しと鶏。ラーメンを滅多に食べませんので、こういったの(ニボ系というようです)は初めてです。スープ増しは+¥100ですが、スープまで飲む場合は増した方がお勧め。まずは煮干しの力強い香りが大挙した鼻に飛び込んできます。食べ始め、塩気が気になったのですが、食べ進めるうちにそれもなくなります。美味しいです。

ito2
麺は固めの中太な感じで、全く食感と歯切れが良い。クセのある癖になるスープとの相性も抜群です。チャーシューも柔らかく美味。個性的な麺とスープだけでも十分いけそうです。化学調味料を一切使用していないのも素敵です。ごちそうさまでした。

テーブルとカウンター少々の小さいお店です。居抜き感あり。
ito4

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


交通飯店さん-炒飯代表/the 124th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、124日目です。本日は中華です。炒飯がとても好きなのですが、銀座にはなかなかリーズナブルで美味しい炒飯を食べさせてくれるお店がございません。そんな中、噂を聞きつけて行って参りました。

場所は有楽町駅の目の前、東京交通会館。
ko1
昭和の雰囲気を残すレトロな建物です。

地下1階、けっこう面積のある交通会館。有楽町駅とは反対側の端にございます。
ko8
手書きのイラスト、積まれたダンボール、ビールケースがなかなか壮観です。

“炒飯” ¥730
ko3
まずは威勢のいいボリュームが素敵。具は卵、ハム、ネギのみ。シンプルで潔し。そしてお味も基本の炒飯のそれ。ご飯は適度にパラパラしており、ラードと塩、そして少量の味の素の加減もよいようです。これぞ日本の炒飯。なかなかないのです。炒飯に高級食材は求めておりません。美味しいです。

“スープ”
ko4
醤油ベースのスープは、あっさり系。軽くネギが入っております。

“餃子” ¥430
ko7
こちらの餃子はニンニク不使用。ランチでも安心です。熱々なためすぐには食べられません。美しい焦げ目からもわかるように、上手な焼き方。皮もモチモチしております。ニンニク無しですが、食べ応えのある餃子でございます。仕事帰りのちょっと飲みにも活躍しそうなお店です。ごちそうさまでした。

丸椅子のカウンターにテーブル席少々。カウンターの席数に対して割り箸の量が多いのもポイントです。
ko5
ヤンキースのイチロー選手もたびたび訪れているということで、サイン(写真付き)も見受けられます。皆に愛される大衆的な中華料理店、よいです。

場所はコチラです。

交通会館3階の屋上庭園も密かな寛ぎスポットです。今時の新幹線は静かですね。
P1180074P1180066
お立ち寄りの際は是非トリプルにも遊びに寄ってくださいませ。