麺処 銀笹-鯛茶も美味なラーメン店/the 246th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”246日目です。本日は、久しぶりのラーメンです。銀座といっても、ほぼ築地・汐留近くにある有名店”銀笹”さんにお伺いしました。

ginsa4
お店は1階ですが、けっこうわかりにく場所にあります。お昼時は行列が当たり前のお店ですが、土曜日の遅めの時間はけっこう狙い目。お一人だけ並んでいましたが、すぐに入店できました。

初めてなので定番の”塩ラーメン” ¥850、”鯛めし” ¥350を券売機で購入。黒っぽい内装で奥に長い店内、ラーメン店らしからぬシックで落ち着いた雰囲気です。

外や店内の色んなところに、「おすすめの食べ方」の紙が置いてあるのも親切です。
ginsa5

5分ほどで到着です。 透明感のあるスープに、鯛つみれ、炙りチャーシュー、ネギ入り。
ginsa1
まずはスープを一口。思ったより塩が効いています。細いちぢれ麺は喉越しがよく、麺を食べた時の塩加減は丁度よい。途中で薬味の乾アオサと揚げ野菜を投入!すごく味が変わった感じはしませんが、薬味自体が美味しいです。また、脂の乗ったチャーシューも、さっぱりとしたスープの中でよいアクセントとなっています。

“鯛めし”
ginsa3
そのままだとパサパサ感が気になるのですが、スープをかけて鯛茶漬けにすると見違えります。スープでお米が柔らかくなり、塩加減がこれまた丁度よく、美味。鯛の身も沢山入っていて贅沢です。

茶碗2杯分と量がけっこう多いので、半鯛めしで十分との印象です。スープ自体は塩辛くて少し苦手でしたが、それを飲ませる工夫が非常に気が利いており、深みを感じるラーメンでございました。次回は”白醤油スープ + 半鯛めし”をいただきたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


東急プラザ銀座-レストランいろいろ/the 240th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”240日目です。本日は2016年3月31日にオープンした東急プラザ銀座の飲食店を4店まとめてご紹介いたします。
apo11
連日大盛況ですね。

まずは地下2階にある“キャビアハウス&プルニエ サンドイッチハウス”さん。ロシア皇帝に献上されていたスモーク製法を復活させたバリックサーモンや最高級のキャビアなどを使った、ラグジュアリーなサンドイッチがいただけるお店です。

“バリックスモークサーモン” ¥2,100(w/o tax)
pru3
色がとても美しく、食べなくても美味しいと感じる。パンはグラノーラがたっぷり付いた珍しいタイプ。一口食べてみると、自然なスモーク香が口に広がり、柔らかなサーモンは舌に絡みます。 パン、おそらくサーモンを使用したソースとともにいただくと絶品!

“プルニエ キャビア 1スプーン” ¥1,200
pru1
少量では高額なキャビアもシャンパンと合わせていただけますよ。

お値段は高いですが、満足感のあるサンドイッチでした。キャビアは30gで¥20,000もするので確実に無理ですが、スモークサーモンは贈答品としても喜ばれそうです。

続いて同じく地下2階にある話題のラーメン屋“ふぐだし潮 八代目けいすけ”さん。名前の通り世界初のふぐ出汁のラーメンがいただけるお店です。

“ふぐだし潮らーめん美味玉入り” ¥1,150
kei2
kei3天然塩と沖縄の海水塩をブランドした塩スープ。まずは、柚子の香りがやってきて、その後にバランスのよい塩味が。麺は全粒粉入りの喉ごしのよい太さ。フグの昆布〆が乗っており贅沢感も抜群。フグのお味もしっかりと感じて、まるで潮騒が聞こえてくるようなラーメンでした。

続いて11階、最も話題となっていたレストランの1つ、ギリシャ料理店”THE APOLLO“さん。180席と相当広いスペース、。窓に囲まれた明るい店内、大理石のテーブルもこの時期、冷たくて気持ちがよい。平日ランチは¥1,900からありますが、本日は”THE APOLLO” ¥2,800(w/o tax)をお願いしました。前菜3品、メイン、サイドディッシュ、デザート、ドリンクが付いたボリュームたっぷりのコースです。

前菜 “アポロオリジナル ピタブレッド、イエローインゲン豆のディップ”
apo2 apo3
素朴なピタパンを、インゲン豆の甘みが効いたディップに付けていただきます。行ったこともないですが、なんだか田舎風の懐かしさを感じるお味。

デザート “レモンパイ アポロスタイル”
apo8 
メディアでよく登場しているデザート。流石に写真うつりは最高!クラッシュビスケットの上にレモン風味のツンとしたメレンゲ。下にはソースのようなものが仕込んでありました。

ギリシャは海に面している部分が多いのに、魚介を使ったメニューが少ないのは意外(メインは豚肉)でした。どちらかと言えばお肉なんですね。全体的に濃いめの味付け、ボリュームがとにかく多いので2人以上での利用がおすすめです。

そして最後は同じ11階にある“下鴨茶寮 のまえ”さん。京都の料亭下鴨茶寮が手がける新コンセプトの日本酒バルです。

“真アジなめろう仕立て” ¥850(w/o tax)
shimo1
新鮮なアジが手に入ったということで、たたかずにオクラや九条葱と白味噌で絡めて。綺麗です。オクラも綺麗な星型のを選んでいると思われます。優しいお味で美味しいです。

“野菜盛り合わせ5種 大根、九条葱、新玉ねぎ、トマト、京水菜 ” ¥,400
shimo2
玉ねぎ、トマトは丸々1個。ボリュームがありそうですが、さっぱりとしたお味でスイスイお腹に入っていってしまいました。

“而今(三重県)無濾過生 特別純米” ¥700
shimo3
日本酒の品揃えについては、すごく多くはありませんが、京都の酒をはじめ定番のものは揃えておりました。今後に期待です。

〆 “下鴨カレー” ¥700
shimo4
玉ねぎの甘みと和風出汁が効いた甘口スープカレー。 お茶漬けのようにいただける、和食店にも違和感なくマッチするお味でした。

京料理をベースとしたアレンジが面白く、美味しい料理でしたが、スタッフの方々の感じの良さ、士気の高さが際立っていました。これだけで十分お酒が美味しく飲めるというもの。流石です。お値段もリーズナブルで使い勝手のよいお店との印象。商業施設の中にあるので1人でも臆せず入れるのもよいところです。

東急プラザ銀座のレストラン、沢山あるので徐々に行ってみようと思います。吹き抜けが広大なキリコラウンジ、景色が綺麗な屋上のキリコテラスなど、ゆっくり寛げそうなカフェもあり、魅力的な、憩いの商業施設となりそうです。

“東急プラザ銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。

suki1tera2 tera1


Furuta フルタさん-至高の中華料理/the 232th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”232日目は中華です。世界中の食通がその味を求めて訪れたという岐阜の「開花亭」。そのオーナーの古田シェフが2014年末オープンさせた、最高クラスの中華料理がいただけるお店”Furuta-フルタ”さんにお伺いしました。

お店は東銀座の一軒家、「Furuta」という銀色の小さな表札、おおよそレストランらしからぬ外観です。
furu1
店内はゆったりとしたカウンター8席のみ、清潔で明るく、意外にカジュアルな店内、シェフの古田氏はじめスタッフの方も雰囲気良くリラックスして料理を楽しめる環境です。

まずは、こちらからスタート。

“トリュフ玉子”
furu2
ご飯の上に卵焼きとトリュフが乗った超贅沢卵ご飯。感覚を活性化する一皿。

“山口県産天然トラフグの四川山椒風味”
furu3

“天然トラフグ白子 フカヒレの上湯(シャンタン)スープ”
furu4
上質過ぎるスープは、白子が混じるとコクが加わり絶品!

“ベルーガキャビアの冷製ビーフン 太白胡麻和え”
furu5
シンプルな料理ですが、今日一! ビーフンの食感も素晴らしく、味付けも完璧! 今までビーフンを重要視していなかったことを謝りたい!

“三十一頭 岩手県産 乾燥アワビの煮込み”
furu6
付け合わせは鶏肉、チンゲン菜。 食感最高。アワビの戻し汁のソースも非常に美味しい。

“ロワール産ホワイトアスパラとトリュフと松葉ガニの春巻き”
furu7
これも絶品!皮を開けるとスープ上になったアスパラがとろり。 トリュフ、カニも贅沢に入っております。幸せ〜。

“チョウザメの金ビレの土鍋煮込み”
furu8
熱々で香りも素晴らしい。フカヒレの太い部分だけを選りすぐった超贅沢品。 食感の良さが凄く、フカヒレって美味しい!と初めて感じた逸品。

“三陸産 黒アワビ肝ソース”
furu9
緑色のはチンゲン菜のソース。これもソースが絶品。

furu10
中華饅の皮のようなフワフワでほんのり甘い花巻にソースを付けていただくと美味しすぎ!

“熊鍋”
furu11
furu18もはや珍味であるツキノワグマ。熊のお肉は初めていただきます。 お肉はやや固めですが、まったりとした脂部分が特徴。 出汁が染み出たスープ、シャキシャキのキノコ(柿の木茸?)も美味しい。

〆のご飯ものは8種類程度からいくらでも食べられ、お願いすればアレンジもしてくれます。 しかし、ソースもスープも全部飲んでしまったせいかお腹がパンパン! 3種類を少量お願いしました。

“玉子とザーサイのチャーハン、桑名産ハマグリのつゆそば、陳麻婆豆腐”
furu12
furu14furu15麻婆豆腐はお腹が空いている状態で食べたかった!

“杏仁豆腐 ウミツバメの巣”
furu16
贅沢に乗った燕窩、美味しいに決まっております。

“白イチゴ、オレンジ、茶アイス、茶葉飴”
furu17
この辺りは既に腹十分を越えており意識が遠いのです。

いただいた日本酒、”醸し人九平次(愛知)純米大吟醸 別誂”も絶品でした。シャンパンのようなボトルに入っており驚きでした! ワイングラスでいただきましたが、一片の雑味なくとても高貴なお味。大吟醸が少し苦手な私でもとても美味しくいただきました。

なかなか高額な支払いとなりますが満足度は高く、また来てみたい!と思わせるパワーがあります。 シェフもタイミングよく話しかけてくれますし、お店の雰囲気、料理共に中華の香りが強過ぎないのもよいですね。 中華であって中華でないような不思議な感じ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


御膳房さん-キノコだらけの雲南火鍋/the 157th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、157日目です。本日は体調を崩しており、元気を付けるためキノコ火鍋が名物の“御膳房”さんにおうかがいしました。

場所は銀座2丁目、メルサの正面の“銀座トレシャス”の11階でございます。1階はMiu Miuが入っております。
go15

木をふんだんに用いた、落ち着きと高級感のある店内です。銀座のビル群を眺めながらいただけるカウンターも3席ございます。
go12

ランチは1,000円からございますが、本日は“雲南キノコ火鍋 ランチ特選コース” ¥5,500をオーダーいたしました。

“季節前菜の盛り合わせ”
go1 
鶏肉のクルミ巻き、プーアル茶の煮こごりなど凝った美味しい前菜多数。期待できますね。

ここでキノコが登場。
go2 
マッシュルーム、エリンギ、ジャンボなめこ、ヤマブシタケ(うさぎたけ)、かきの木茸、トキイロヒラタケ、柳松茸、ポルチーニ、アガリスクなど。珍しいキノコも沢山。あと白菜も入っております。美味しそうです!

タジン鍋のような特製鍋で煮込みます。
 go5 
火鍋スープは、十数種類のキノコスープと地鶏、牛テールなど使用の動物性スープの2種類をブレンドしているそうです。15分ほど煮込むと食べられます。

“酢豚”
 go4
酢豚はそれほど好きではないのですが、これは美味しいです。普通の酢豚とは違った感じです。かなり粘り気のあるあんに、衣のカリカリ感が素敵。それほど酸っぱさも気にならず、パイナップルも美味しく思えます。

“雲南キノコ火鍋”
 go7
熱々です。なかなか冷めませんので、体がだんだん熱くなってきます。火鍋ということですが、全然辛くありません。モフモフした白いヤマブシタケ、見た目によらず非常に美味です。しかし何といってもキノコの旨味が染み出たスープが美味しい。キノコ好きにはたまりません。最高です。

“キノコ火鍋 2杯目”
 go9
2杯目は山芋、カボチャ、冬瓜も入ります。アガリスク茸も入っており、どんどん体が元気になるようです。こんな感じでキノコ火鍋は3杯いただけます。

“雲南米線の担々麺”
 go10
キノコ火鍋の残りのスープを使用した担々麺。米で作った米線は、こしは全くございませんが、ツルツルしており喉越しが良い。中国人の店員の方は辛くないですよとおっしゃいましたが、けっこう辛い。

“杏仁豆腐”
 go11
タピオカやイチゴな乗っております。最後まで一手間かかったお料理ですね。爽やかで非常に美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

“御膳房”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。