古郁さん-最強ビーフカレー+粕汁/the 209th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”209日目、本日は和食”古郁”さんにお伺いいたしました。

ランチお店を探してブラブラしている時、ビルのエントランスにお知らせが出ているお店を発見。それには営業時間が書いてあるだけでメニューや価格は何にも記載されておりません。思い切って入店いたしました!

店内は程よく高級感のある落ち着いた雰囲気。窓も広くとられており、開放感もございます。 入って左側がカウンターで、個室もいくつかあるようです。畳が敷かれており、しっくりと落ち着くカウンター席は靴を脱いで上がります。
koiku6
掘りごたつ式になっており、楽ちんですね。 迷いましたが、本日はコチラをお願いしました。

“自家製明太子 御膳” ¥1,200
koiku1
この明太子にはやられました! 普段滅多に食べませんが、今まで食べた辛子明太子で一番美味。 昆布と絡んで非常に円やか。自然な辛味もよいですね。

一粒一粒がキラキラしているようです。
koiku4
ご飯も美味しく、これだけで十分ご馳走です。 温かいお茶か出汁が欲しかったですが、言い出せず。。。お茶漬け、何回か来たらお願いしてみようと思います。

“粕汁”
koiku3
大きい椀にはいっており食べ応えも十分。 人参、大根、ごぼう、コンニャク、厚揚げ、豚肉など非常に具沢山。 酒粕と白味噌がベストマッチで、これも絶品!とても幸せなランチタイムでした。

メニューに”ビーフカレー”との記載があり、カレー好きとしては頗る気になりました。 このレベルの和食店のカレーとはどんなでしょうか。 近日中に必ずやお伺いいたします。ごちそうさまでした!

そしてビーフカレーを狙って後日再びお伺いしました。

注文はもちろん”ビーフカレー” ¥1,100に+¥100で”粕汁”を追加。板場を見ていると、何やら牛肉の塊を焼いている。 まさかあんな大層なブツが千円程度のカレーに付くわけがないと思っていると、そのまさか!

koiku9
カレーの上には外はこんがり、中は赤くフワフワなビーフステーキ。最後に卵の黄身だけをスプーンに乗せて出来上がり。 美味しいこと間違いなしの完璧な見た目ではないですか。 具が解けたカレーは、香ばしいビーフの香りが食欲を刺激。

koiku10
黄身をブレンドしてまろやかに。ピカピカのご飯と相俟って非常にハイレベルなビーフカレーでした!サラダに乗った味噌も上質。

具沢山の粕汁はいつも美味しい。
koiku11
またまた本当に素晴らしい幸せなランチタイムでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“古郁”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

大志満さん-郷土料理の治部椀が美味!/the 205th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、205日目は加賀料理です。石川県加賀、山中温泉にあった旅館が前身という加賀料理が食べられる日本料理店、”大志満”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、中央通り沿いの銀座コアの9階、店内かなり広めです。数量限定の2,160円と2,700円のお弁当が人気とのことでしたが、本日はランチ懐石”千成” ¥3,240をお願いしました。

まずはこちらから。

食前酒 “山桃酒”
oshi3
ちょびっと、アルコール入り。爽快な甘さです。

先付 “翡翠豆腐、じゃが芋素麺と蟹、鮴(ゴリ)の艶煮と川海老”
oshi1
ゴリ、初めて食べました、カリカリしていて美味しいです。

造り “マグロ、キビナゴ、アオリイカ”
oshi2
キビナゴ、食感も良く美味。付け合わせの蓮芋もシャキシャキと楽しい食感です。

煮物 “治部椀”
oshi5
一度食べてみたかった加賀の郷土料理です。具は加賀名産のすだれ麩、鶏肉、鶏つくね、人参、大根、豆腐など。小麦粉でトロミを出しており、乗っているワサビを溶かしていただきます。何だかホッとするお味で、これは絶品でした!キャタピラーみたいな”すだれ麩”も美味。毎日でも食べられそうです。

蒸し物 “茶碗蒸し”
oshi6
百合根、銀杏などが入ったシンプルなもの。美味しいです。

揚げ物 “天ぷら”
oshi7
海老、ナス、金時草、アナゴ、ムカゴのしんじょ。 加賀野菜の金時草、しんじょが美味しい。

食事 “とうもろこしの炊き込みご飯、味噌汁、香の物”
oshi8
ご飯は一杯はお代わり可能。 器も綺麗でよいです。

甘味 “わらび餅”
oshi9
甘さ控えめ。一緒に煎茶も持ってきていただけるのが嬉しいです。

注文した後、2時間ほどかかると聞き驚きましたが、忙いでもらって1時間と少しの時間でまとめていただきました。着物姿の女性スタッフのサービスも非常に良く、雰囲気も申し分ありません。料理のボリュームもあり、お味も郷土的な特徴があり上品、コストパフォーマン良過ぎですよ!

昼はサービス料もかからず、ちょっと贅沢なランチに最適。開店と同時の11時にお伺いしましたが、すでにお客様が何名かいらっしゃいました。 帰る頃にはすでに満席に近かったと思います。 全体的にほっこりした優しい味付けで、年輩の女性が多いのも納得ですね。夜も良コスパのようでした。またお伺いいたします。

“大志満”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
oshi10

小熊さん-熟成の極み、世界が広がる和食の別次元/the 190th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、190日目の本日は和食でございます。2014年6月オープンの新しいお店“小熊”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目の並木通り沿い“坂口ビル”の3階でございます。
kogu1
1階は漆喰のような外壁が特徴的な洋服店の“エポカ”さんです。また、9階には天ぷらの“近藤”さん、7階にはフレンチの“TOTOKI”さんなど有名店が入っている建物でございます。

エレベーターを下りると、スタッフの方がお出迎え。予想に反する赤と白のコントラストが印象的なモダンで個性的な内装でございました。ウェブサイトを拝見して一般的な和食店のような雰囲気を想像していましたが、見事に裏切られました。個室が3つにカウンター。カウンター内の板場は和風な、外側は洋風な不思議な空間でございます。

料理は¥22,000円、¥30,000(w/o tax)のコース2種類。本日は¥22,000の雅コースをお願いいたしました。まずはコチラから。

“琵琶湖産 稚鮎の酒蒸し”
kogu2
小さくても鮎でございます。骨まで美味! 暖かい出汁も美味しいのです。

“フグ あん肝のソース”
kogu3
ポン酢と絡ませてあるという肝ソースが秀逸です。 金針菜と白菜も入っております。 日本酒が進む進む。

“グジ(アカアマダイ)、白魚、雪うるい”
kogu4
塩でいただきます。 若狭湾産のグジは、美しく鱗を立てて揚げてあります。 鱗は尋常じゃないほどパリパリ、身はプリプリで美味!幸せです。唯一、鱗も美味しい魚だそう。 山菜なのに、全くアクを感じず爽やかな雪うるいも絶品です。

“餅からすみ”
kogu5
濃密なカラスミを新潟産のお米で作ったお餅で挟んでおります。

“シラカワ(シロアマダイ)、タチウオ、アカムツ”
kogu6
熟成刺身!既成概念がぶっ飛ぶとんでもないお料理でした!20日間熟成されたシラカワの刺身はワサビと塩昆布でいただきます。程よい噛みごたえで、噛むほどに甘味旨味が湧き出します。驚愕!

タチウオは8日間、アカムツは9日間熟成。こちらは炙り。上品なお味のタチウオが特に好みでした。ピリッとした島唐辛子醤油が良い。確かに普通の醤油では、刺身に負けてしまうのかもしれません。 熟成すると魚の個性がすこぶる際立ちますね。 全てお店で熟成させており、奥には専用冷蔵庫が沢山あるそうです。

“短角牛サーロイン”
kogu7
こちらも熟成牛。 お近くの和食店の方に、美味しい熟成肉が食べられるということで、お伺いした経緯がございます。タイミングが合わないと食べられるものではないのでラッキーでした。短角牛ならではの肉感はそのままに、柔らかく旨味たっぷり。臭みは全くございません。大満足の熟成牛でした!付け合わせのオリーブは小豆島のものを1ヶ月アク抜きしたもの。 そしてお口直しに凄く甘くて少し酸っぱいホオズキ。どちらも絶品。

“マスの幽庵焼き”
kogu8
柚子の香りが素晴らしい。 肉にも負けない濃厚な味わいです。

“甘鯛、聖護院大根の煮込み”
kogu9
熱々で。出汁も全て飲んでしまいました!

“ご飯、しじみ汁、香の物、滋賀県産もろこ、稚鮎”
kogu10
最後も凄い。 魚沼産コシヒカリを研いだあと、4日間熟成させることで、炊くときにデンプン質が溶け出さず、ベタつきがほぼありません。一粒一粒がとんでもなく強いお米でした。

最初はお米だけで、次は山椒オイル、その次はアンチョビを乗せて。そして、最後は“醤油漬けしたスッポンの卵と裏ごしした卵黄”という超絶な卵ご飯をいただきました。
kogu12
非常にクリーミー、そして濃厚。というか本当にコーヒークリームのような味わいです。贅沢!炊きたては抜群に美味しいのですが、冷めるとやや固さが気になるかもしれませんね。稚鮎は最初のよりも小さいもの。ちなみにしじみ汁の味噌も熟成だそうです。

甘味 “嶺岡豆腐、塩キャラメル”
kogu13
kogu14
嶺岡豆腐は普通なゴマ豆腐と牛乳をねったものですが、ゴマを使わず、バニラビーンズを使用。 もっちりとした食感が楽しいです。絶品。 塩キャラメルも上品でツブツブが入っており美味。ツブツブの正体は、3ヶ月熟成させた大豆。最後まで熟成熟成で驚き!

サービス料が必要ないこともあり、価格も良心的でございます。器も美しいですね。 ご飯一つとっても、食材がとんでもなく強いため、食べる方もなかなか体力がいるお料理でした。まるでフランス料理を食べた後のような満足感でございます。 今ままで私が食べた和食の中では最強インパクトで、驚き過ぎて途中でボーっとしてしまいました。小熊ワールドというべき新しい料理の領域ですね。 一度食べてみる価値は十分ございますよ。ごちそうさまでした!

“小熊”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。

徳うち山|大胆、そして力強い日本料理/the 161th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、161日目です。本日は和食でございます。銀座の有名和食店“うち山”さんの暖簾分け“徳うち山”さんにお伺いしました。

場所は銀座3丁目、東銀座、歌舞伎座の裏側です。昭和通りから2本東側の通り沿いでございます。
toku16
花屋さんの横のビルの1階に、不思議に表れる和風のエントランスが“徳うち山”さんです。

戸を明けると白檀の香りのお香、もう一つ戸を開けると店内です。思ったより広く、カウンター8席、個室、テーブルが数卓。カウンターの席間もある程度ゆったりしております。

夜は12,000円から。本日は15,000円(w/o tax、サ別10%)のコースをお願いいたしました。

“焼き胡麻豆腐”
toku2
こちらの名物とのこと。お餅のようです。胡麻ダレでいただきます。外側はカリッと、中はトロっと。焼き具合が絶妙ですね。付け合わせは人参と思いきや、柿。よく見ると器も柿柄でございました。

“甘鯛、聖護院かぶらの椀”
toku3
乗っているミニかぶらが可愛く、今が旬、素晴らしく美味しい。生キクラゲがシャキシャキで絶品。乾燥品とは別物ですね。

“ひらめ、鱈の白子”
toku4
厚めに切られたひらめは噛むほどに染み出る旨味が身に沁みます。

“さわら、松茸、海老芋”
toku5
さわらは上品な甘さ。ねっとりとした肉質の海老芋はやはり美味。

“黒毛和牛のサーロイン、松茸、九条ネギの鍋”
toku7
カウンター向かいのコンロでずっと煮込まれていた、気になる壷の正体。上質でございます。松茸をメインとして素材が渾然一体となった出汁の香りが素晴らしい。

“鯛茶漬け”
toku11
胡麻ダレでいただく定番の鯛茶でございます。伊賀焼きの窯で炊く最高レベルに美味しいご飯はお茶碗にちっぽりと上品に。一杯目は胡麻ダレにからませた鯛のお刺身をご飯にのせて。

toku13
ご飯、鯛刺身共にお代わり可能!二杯目は煎茶をかけていただきます。ゴマだれとお茶が神妙に混じり合い、幸せなお味でございます。タレはけっこう塩気がきいておりますので、少しがよいかもしれませんね。バランスの取れた10品、ごちそうさまでした。

お箸と膝掛け代わりに使用した手ぬぐいはお土産としていただけます。こういったサービスも嬉しいですね。 気配りはしっかりしておりますが、お店の雰囲気は堅苦しくないのもよい感じです。

ランチは鯛茶漬けが¥1,500でいただけます。予約必須ですので、お気をつけ下さいませ。“徳うち山”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。