ア ヴォートル サンテ エンドーさん-フルーツよりヒマラヤ/the 219th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”219日目、本日はフルーツカレーが有名なイタリアンレストラン、”ア ヴォートル サンテ エンドー”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、銀座三越の晴海通りを挟んだ向かい側の”田創館ビル”の2階です。
endo7
11時半オープンですが、平日その時間に伺うと無情にも「closed」の札がかかっていることがほとんどですので、お気をつけ下さい。また臨時休業の日もあるので、事前の電話確認が間違いありません。

endo9
ポスターや芸能人のサインが沢山飾られ賑わいのある雰囲気。入って手前が喫煙席、奥が禁煙席。 窓際は三越前の中央通りが見渡せ良い景色です。

とりあえず名物の”フルーツカレー” ¥1,400をお願いしました。いったいどんなカレーなのでしょうか。

その前にアミューズ “アンチョビーラスク”
endo3
パリパリで美味しい。

“フルーツカレー”
endo4
これが噂のフルーツカレー!トロピカルな景色が目の前に広がります! 梨、リンゴ、オレンジ、バナナ、キュウイ、フランボワーズと果物盛り沢山。 だんだん辛くなってくるカレーのようで柚子シャーベットがお口直し。 うーん。しかしどうにもフルーツとカレーがベストマッチには思えず。。。正直良さがわかりませんでした!

別々に美味しくいただきましたが、 キーマ風のカレーはスパイシーで美味しいです。 フルーツカレー、話のネタにはお勧めできます!

最後は美味しい小ぶりの”コーヒー”で。
endo14
ごちそうさまでした。

カレー自体は良かったので別のものを食べるべく後日お伺いしました。 (次の日お伺いしたら臨時休業でした・・・)

本日は”ヒマラヤカレー” ¥1,200をお願いしました。
endo11endo13
求めていたのはコレでした! 鶏肉、ジャガイモ、玉ねぎ、人参(大量)、ナス、パプリカ、ズッキーニなど野菜たっぷりで美味しいそうです!

ネパール人スタッフの方が、ご家庭の味を再現されたメニューで、ネパールカレーらしい優しいスパイス感。鶏肉含め全ての具材は柔らかく、生姜が良い感じに効いております。とろみのないルーは、日本人にも食べやすい辛さで、お肉や野菜の旨味が溶け込んでおり美味。 南魚沼産コシヒカリを使ったライスも美味しいですね。

最後は美味しい”コーヒー”で。 個人的にはフルーツカレーよりヒマラヤカレー。点数はヒマラヤカレーのみのものです。 ポパイとオリーブのカレー、名物のオムライスなど気になるメニューもありますので、またお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

“ア・ヴォートル・サンテ・エンドー ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

エスペロさん-噂通りの絶品パエジャ!/the 218th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”218日目、本日は急にパエリアが食べたくなり、職場近くのスペイン料理店”銀座エスペロ みゆき通り店”さんにお伺いしました。

esp7
何でもスペインで何度も受賞経験のある老舗スペイン料理店だそうです。 地下にありますが、店内は思ったより広く、洞窟のような雰囲気。テーブルがギッチリと並べられており、満席になったら賑わいが凄そうです。

本日は”日替わりランチ” ¥1,101をお願いしました。1の皿、2の皿を5種類から選べ、さらにパンorライス、ドリンクが付くお得なセットです。

1の皿 “イカ墨入りパエジャ 数量限定”
esp2
1分で出てきてびっくりしましたが、なるほど大きい鍋で作り置きしているんですね。 食べて納得、イカスミがたっぷり絡んだ米の硬さも絶妙で、沢山入っているイカも柔らか。噂に違わぬ美味しさでした!さっぱり感もよく、一人でも食べられるランチパエリアはちょっと病みつきになりそうですね。

2の皿 “仔羊と野菜の煮込み サラゴサ風”
esp4
グツグツと煮えたぎった状態で登場。 こちらも柔らかいお肉が沢山入っていて贅沢。 羊はややクセがあり、ソースも濃いめですが許容範囲。

パン “シャンピニオン”
esp3
あっさりとしたお味。煮込みのソースを付けていただくのに丁度良いです。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

“ドングリのムース” ¥378
esp5
名前に惹かれて。 リコール・デ・ベリョータというどんぐりリキュールを使った大人なデザート。ナッツのようなお味で意外に美味しい。ランチでは注文は少ないそう。確かに夜に合うムードでございました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
esp6
メイン2皿にコーヒーまで付いてこのお値段はかなりお得感有り。選べる料理も多いので何度行っても飽きなさそうです。スペイン料理、あまり行く機会がないのですが、ここはもう少し早く知っておくべきでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“銀座エスペロ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。銀座3丁目、中央通り沿いのシャネル裏に別店舗があるそうです。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

いしだや & 遊食倶楽部さん-東銀座は魚が旨い!/the 217th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”217日目、本日は東銀座の魚が美味しい人気店にお伺いしました。2店ご紹介いたします。

まずは歌舞伎座の東側の通りを、ちょっと行った銀座3丁目にある魚料理がメインの居酒屋”遊食倶楽部”さん。赤い魚の看板が目印です。
yusyo4
焼酎の瓶が沢山並んだ居酒屋然とした小綺麗な店内。 狭い店内は近所で働く方々で満席。相席も当たり前ですね。

ランチは4種類で、その内3種はハンバーグ、ばくだん丼、刺身定食の固定メニュー、1種が日替わりの魚定食。本日の日替わり魚定食はこちらです!

“あこう鯛の煮付け定食” ¥950
yusyo1
ご飯、香の物、ごった煮?、チンゲン菜とワカメの味噌汁付き。 魚にもレタス、ナス、青菜が付いており優しさを感じます。散らしてあるネギも良い感じですね。

あこう鯛はほの甘く上品に煮付けられており美味。
yusyo2
骨が全く気にならなかったのにも驚きました。 どれもさっぱりとしたお味で美味しかったです。ランチはメニューが少ないので、この界隈で食事をする時に、気になるメニューがあれば行ってみようという気軽なスタンスが良さそうです。ごちそうさまでした!

続いてその通りをさらに20mほど行ったところにあるのが和食店の”いしだや”さん。
ishi5
ランチの煮魚は種類も豊富で美味しいと評判です。ランチは臨時休業の日もあるので事前に電話で確認した方が間違いありません。

入り口で靴を脱いで、下駄箱に入れてお邪魔します。手前がカウンターで奥がテーブル席。簡素で清潔感のある店内、床が座敷で気持ちが良いです。カウンターの高さが丁度よく、背もたれのない椅子もこのお店ではしっくりきています。開店すぐの時間にお伺いしたのですが、ほぼ満席。人気店ですね。

お目当ての煮付けはソイ、マガレイ、イシモチ、ギンダラ、サバ味噌の5種類でした。 本日は私の出身地三重県産の”イシモチ” ¥1,300をお願いしました。出身地のものがあると何か嬉しくて頼んでしまいます。
ishi2
イシモチ、丸々1匹で登場で食べ応え十分です。

ishi1
白っぽい肌目が綺麗で素敵。 お味は非常にあっさりと、そしてしっとりとして美味しいです。 一緒に煮付けられた豆腐、ゴボウ、青菜も優しくて良い。

小鉢、赤だし、お新香、ご飯、デザートのブランマンジェも丁寧でした。
ishi3
遅い時間に行くと品切れになっているお魚が多いので注意が必要です。

お昼も美味しかったですが、夜のコースも¥6,000からとリーズナブルで非常に気になります。 店内の雰囲気も好きなので、杯を傾けながらまったりとできそうな予感です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

歌舞伎座から銀座2丁目にかけての界隈、魅力的なお店が沢山ありますよ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

アクアリウム at アルフレッドダンヒルさん-男子目線のラグジュアリー感では銀座随一!/the 216th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”216日目、本日はカフェバー、「アクアリウム at アルフレッドダンヒル」さんにお伺いしました。

店名でもお分かりのように、中央通り沿いのダンヒルの3階にあるカフェ。
dan11
1階にも小さいメニューが出ているだけなので、気づかない方も多いのではないでしょうか。

2階にはバーカウンターがあり、3階はカフェスペースです。 ラグジュアリー感が凄い!
dan3dan2
重々しいソファやテーブルは全てアンティーク。何気なく置かれた金属の双眼鏡や地球儀状のオブジェがクールです。 さらに壁面にはダンヒルに縁のある貴重なレーシングスーツやゴーグル、ライター、時計など男心をくすぐるアイテムが展示されております。

さらに窓からは中央通り、ティファニー、ブルガリ、ルイヴィトンのブティックが見渡せる最高の眺め。
dan4

テンションが上がったところで、限定5食の・自家製デミグラスのビーフハヤシ 十六穀米セット ¥2,800をお願いしました。まずはこちらから。

・桃のスープ
dan5
小さいカップで。上品な甘さで気持ちが安らぎます。

・サラダ
dan6
色々な種類の野菜がたっぷり入っていました。 新鮮で美味しい。

・ビーフハヤシ
dan8
こちらはエリンギ、シメジなどキノコが沢山入っています。 しつこさは全くなく上質感のあるお味。

dan7
十六穀米も合わせて美味しいです。付け合わせのピクルスも茎付きで何だか洒落ています。

デザート ・レアチーズケーキ、フルーツ
dan10
一口サイズですが、しっかり作られております。

最後は美味しい・コーヒーで。
dan9
健康にも気を使ったメニューで、このお店のムードは魅力的!

創業者のアルフレッドが現代に生きていたら「こんな”家”に住んでいるのでは?」という想定のもと造られたということ。 今回はずっと貸切状態でしたので、展示品もゆっくり見られて、存分にその気分を楽しむことができました。 17時以降はチャージがかかるそうです。 次回は少しお洒落してお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
dan1