サンミケーレ|ムード抜群のホテル内イタリアン/the 518th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」518日目、本日はイタリアン「サンミケーレ」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、中央通りから2本東側の三原通り沿い「ホテルモントレ ラ・スールギンザ」内1階。

「パリの小粋なアパルトマン」というホテルのコンセプト通りの瀟洒な外観、店内も明るく上品な雰囲気です。本日は一番リーズナブルな・パスタランチ ¥3,000 をお願いしました。

・前菜盛り合わせ

合鴨ロース、スモークサーモン、生ハムと柿、トリュフ入りスクランブルエッグ、カリフラワーのムースなど。彩り鮮やかで、パッションフルーツソースの酸味が爽やか。

・クラムチャウダー

グッと寒くなった日でしたので、これは嬉しい!気候と気分に合っているというのも、とても重要です。アサリや野菜入り、熱々のままいただきました。癒されます。

・パン2種

トリュフバターとオリーブオイル付き。スープやソースと一緒に食べても美味しいです。

・カラスミ、茄子、ガーリックとオリーブオイルのリングイーネ
カラスミの風味は控えめでいたが、トロトロの茄子とチーズ、ほんのりガーリック香るオリーブオイルが一体となったソースがとても美味しく、パスタの仕上げも丁度良い。満足。

・デザート盛り合わせ

ティラミス、ミルクレープ、3種のチーズのアイス、どれも甘さ控えめで優しいお味。

さらに・コーヒーと一緒に・抹茶のクレームブリュレまで。

スイーツ好きにはとても嬉しい構成です。 サービスもとても丁寧で、温かく、思った通りの雰囲気の良さ、懐かしさも感じるイタリアンに気持ちがほっこりいたしました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「サン ミケーレ/ホテルモントレ ラ・スールギンザ」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

KOIVE CAFE コイヴカフェ|憩いの白樺樹液カフェ/the 505th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」505日目、本日はカフェです。2020年8月29日にオープンした「KOIVE CAFE コイヴカフェ」にお伺いしました。

場所は銀座4丁目、中央通り沿い、本屋「教文館」が入っているビル内。中国の健康関連製品メーカーの養生堂が手がける白樺樹液ショップです。
KOIVE CAFE コイブカフェ
1階は白樺樹液のスキンケア用品やドリンクを購入できるショップで、2階がカフェスペースとなっています。

1階の白樺が沢山生えたユニークな内装と違い、2階はとても落ち着いています。
KOIVE CAFE コイヴカフェ
白樺材が沢山使われたフィンランド風とのことですが、暖炉を囲むカウンターやテーブル席が有り、リビングルームのような雰囲気で、とても心が安らぐ空間となっています。

まずはウェルカムドリンクの・ベリーウォーターをいただきます。
ベリーウォーター
色は濃いベリー色ですが、甘みはなく、柔らかい酸味の非常にナチュラルな味わい。

ランチメニューはパスタ、スープなどもありますが、本日は・KOIVEランチ お肉プレート ¥2,000 をお願いしました。
KOIVEランチ お肉プレート
メイン料理はミートボール、じゃが芋のスープ(樹液ジュレ入り)、サラダ、ライ麦パン、ほんのり甘い樹液ドリンク付き。

お味はベリーウォーターからも感じたように、非常に淡い、ベージュな味わいで、非常に優しいです。
ミートボール
追加の調味料が必要と思われる方も多そうですが、個人的にはけっこう好み。ミートボールの下にはマッシュポテト、パンもけっこう食べ応えがあるので、意外にお腹も満たされます。

また別の日にいただいた・パスタプレート(魚)¥1,200
パスタプレート(魚)
同様にサラダ、パン付きですが、樹液は付かないようです。サーモン入りのジェノベーゼ、家庭的な味わいで親しみの湧くパスタでした。

今の所ランチタイムは11時〜15時まで、15時からはカフェタイムで、デザートの注文が可能になります。

・KOIVEスペシャリテ ブランマンジェ
KOIVEスペシャリテ ブランマンジェ
ブルーベリー、ブラックベリー、コケモモのジャム、周りのキラキラは樹液のジュレです。プルプルと滑らかな食感、牛乳の味が濃いミルクプリンのような感覚で、ちょっと懐かしも感じられて、とても美味しいです。

最後はランチセットの美味しい・コーヒーをいただきゆっくりと。

お店の雰囲気が良すぎて、珍しく本気で寛いでしまいました。銀座の中心、とても良い場所にカフェができました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「KOIVE CAFE コイブカフェ」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
KOIVE CAFE コイヴカフェ

ベルニーニ東京|パリパリのローマピザが名物のイタリアン/the 504th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」504日目、本日はイタリアンです。1996年に麻布十番で創業、2015年に銀座に移転した「ベルニーニ東京」にお伺いしました。ハワイ ホノルルのアラモアナにも支店があるそうです。

場所は銀座2丁目、昭和通りの1本西側の通り沿い「銀座歌茶屋ビル」の1階、2階です。
ベルニーニ東京
2フロアあるので席数多め。ウッディーでやや暗め、カジュアルな店内、1階は手前がテーブル席、一番奥にカウンター席もありますので、1人でも安心です 。

本日は一番リーズナブルな・パスタorピザランチ ¥1,200(w/o tax)をお願いしました。

・カポナータ
カポナータ
一口サイズですが、お味も美味しく、気持ちが嬉しいです。

・我孫子農家 旬野菜たちのサラダ 粒マスタードのドレッシング
我孫子農家 旬野菜たちのサラダ 粒マスタードのドレッシング
スープなども選択可能な前菜。野菜も新鮮で、爽やかなドレッシングも暑い時期にぴったり。

・フォカッチャ、オリーブオイル
フォカッチャ、オリーブオイル
釜で少し炙っており、香ばしいです。

・ボンゴレビアンコ カラスミ掛け +¥600
ボンゴレビアンコ カラスミ掛け
パスタは柔らか目で、アサリも沢山入ってます。カラスミの存在があまり感じられなかったのですが、オリーブオイルの香り良く、美味しくいただきました。

カウンターの目の前にはピザ釜。パスタをいただいている時に気付いたのですが、こちらのピザは、よくあるナポリ風でなくてローマ風。
ピザ釜
興味深く思い、別の日のランチにピザをいただきに、お伺いしました。

・ピザ マルゲリータ
ピザ マルゲリータ
3種類ありましたが、定番をいただきます。薄くてパリパリのクリスピー生地がローマピザの特徴。

生地はサクサクのパッリパリ。モッツァレラもミルキーで美味しい。サイズは大きいですが、薄いので、食べ心地も軽いです。
ピザ マルゲリータ
久々にいただいたのですが、ナポリピザよりローマピザの方が好みかもしれません。クリスピー生地のピザと言えば「銀座シシリア」が有名ですが形は四角。定番の丸いローマ風ピザをいただけるお店は希少ですね。デザートも美味しいです。

・バスクチーズケーキ +¥500
バスクチーズケーキ
チーズの味が濃く、やや硬めの食感で食べ応えがあります。

・カッサータ +¥700
カッサータ
ヌガーグラッセのような雰囲気のシチリア伝統菓子。オリジナルと比べ随分アレンジがされているようですが、とても美味しい。ナッツ、チョコ、フルーツのザクザク感にアイス部分もコクがあり、周りのパッションフルーツ層の酸味のバランスも良いです。

最後はセガフレード社の美味しい・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。換気のため入り口が開けっ放しなので、ピザ釜前のカウンターは暑いですが、冬になったら暖かくて良さそうです。 パリパリのローマピザが食べたくなったら、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「ベルニーニ東京」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

アンバー銀座、サイエン、江戸フィール|新しい飲食店の形−ギンザステップス/the 494th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」494日目、本日は銀座7丁目、花椿通り付近に2020年7月7日オープンした飲食ビル「GINZA STEPS  ギンザステップス」にお伺いしました。 

飲食ビルと言っても場所が非常にわかりにくいです。花椿通りのパン屋「ポンパドール」と「ショコラトリー タカス 銀座店」の間の路地。
GINZA STEPS  ギンザステップス

その途中に突然綺麗な建物が出現、「ギンザステップス」です。4階建てですが、階数ごとに仕切りがなく緩やかに繋がっています。
GINZA STEPS  ギンザステップス
現在2階がイタリアン「アンバー銀座」、3階がカレー店「SAIEN〜野菜の声が聴こえる信州カレー」、4階が銚子市と川越市の食材専門店「江戸フィール」となっています。

まずは「SAIEN〜野菜の声が聴こえる信州カレー」、店名の通り信州の野菜を沢山使ったカレーをいただけます。スープカレーですが、ベースは2種(野菜、魚介だし)、具も色々選ぶことができます。

本日は・SAIENオリジナルスープ、SAINEオリジナル野菜、小ライス ¥1,200(w/o tax)をお願いしました(キャシュレス決済のみ対応、現金使用不可)。
SAIENオリジナルスープカレー
ジャガイモ、カブ、インゲン、サヤエンドウ、トマト、水菜など野菜たっぷりです。野菜の甘みとトマトの酸味を感じられる優しいスープに、野菜もそれぞれの味をしっかり感じられるように仕上げられています。

シャキシャキのレタスにカレーを付ける食べ方もユニーク。
SAIENオリジナルスープカレー
長野市の八幡屋礒五郎の七味ガラムマサラを使用し、辛味、スパイス感はそれほど強くないカレーですが、自分で調節も可能です。油をあまり使用されていないので、食後感が爽やかなのも素敵なカレーでした。

サービスで・やおやごはん 畑のはみだしもん3点セットもいただきました。
やおやごはん 畑のはみだしもん3点セット
形、サイズなどの問題で市場に出荷できない野菜を有効活用。切り干し大根、ほうれん草と椎茸、ニンジンとアーモンドとレーズン。ヘルシーなお酒の摘みにも良さそうです。ごちそうさまでした。

次の日、2階のイタリアン「アンバー銀座」にお伺いしました。4種類ほどから選べるパスタランチを提供されています。

・銚子サバソースのスパゲッティ ¥1,000
銚子サバソースのスパゲッティ
銚子のサバの使用など施設内のレストランが色んな所で繋がっていることが想像されます。麺は生パスタですが、頗るもちもち感で特徴あります。サバ感もかなり強く、独特の麺と合わさると、けっこう食べ応えもあり、青魚好きには嬉しいパスタです。

・フォカッチャ
フォカッチャ
まだ20歳半ばというお若いシェフがもちもち好きなのか、自家製パンももちもちしっとりでした。せっかくなのでデザートも追加。

・ティラミス ¥200
ティラミス
定番の美味しいティラミスで、熱いコーヒが飲みたくなりましたが、現在マシン準備中だそう。和牛カルボナーラなども美味しそうでしたので、コーヒーマシンが設置されたらまたお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「Amber GINZA アンバー銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

最後は4階の「江戸フィール」にお伺いしました。ビルの屋上がテラスになっており、これからの時期、気持ちが良さそうです。
ギンザステップス テラス席
もうすぐ雨でも利用できるように、屋根も設置されるそうです。ランチメニューはさばサンド、うどん、サラダランチなど4種。残念ながら名物のさばサンドが品切れでしたので、こちらをお願いしました。

・川越天丼 ¥1,300
川越天丼
カボチャ、ナス、シシトウ、玉ねぎ、ニンジン、椎茸など野菜は全て川越野菜。野菜の他は川越スーパーエッグ、川越米使用と川越愛が伝わる天丼です(海老だけ違います)。甘さを感じる野菜に、川越と関係無い海老もプリッとして美味。ご飯は茶飯で、最後は出汁を掛けて天茶でいただきます。ボリュームもしっかりで満足です。ごちそうさまでした!

「Edofeel 江戸フィール」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
GINZA STEPS  ギンザステップス