クッチーナ パスタンジェラ|マロニエゲート銀座にパスタ専門店がオープン/the 676th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」676日目、本日はパスタ、2023年7月1日にオープンした「クッチーナ パスタンジェラ」にお伺いしました。

場所は銀座2丁目、外堀通り沿いの商業施設「マロニエゲート銀座1」の10階。

前のお店はインド料理店でしたが、1年経たずに業態変更されたようです。

適度な広さ、右側にカウンター席、左側と奥、手前にもテーブル席が配置されています。

オープンしたてのためか非常に空いています。現在は基本的に13種類のパスタメニューのみですが、今後はアラカルトも追加されるそうです。

・サラダ ¥350

ドリンク、スープ、デザートをセットで付けることも可能。野菜不足のためサラダをお願いしましたが、程よい量感、野菜も元気です。

・定番!ナポリタン ¥1,100

具材はベーコン、しめじ、ピーマン、玉ねぎ。パスタはやや柔らかめで、甘酸っぱいトマトソースは濃厚です。ソースがたっぷりかかっているので食べ応えと満足感があります。別の日に違うパスタもいただきました。

・ミネストローネスープ ¥500

今日はスープセット。夏なので冷たいスープの選択肢があっても良い気がしますが、ナポリタン同様定番的なお味で具沢山。

・チキンとシメジの柚子胡椒クリーム ¥1,400

柚子の香りが爽やかなクリームパスタ。しっかりした味わいですが、チキンとシメジの美味しいお出汁も出ているような気がいたします。大変美味しくいただきました。

昼でも夜でも価格が変わらないのも魅力的。じゃぽね、あるでん亭 銀座ファイブ店、スケベニンゲンなどに続くパスタ専門店になれるでしょうか。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「クッチーナ パスタンジェラ」について詳しくはマロニエゲートのウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

オステリア イル フラッパート|太陽の優しい温かみを感じるイタリアン/the 670th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」670日目、本日は2022年8月にオープンしたイタリアン「オステリア イル フラッパート」にお伺いしました。

場所は京橋、東京高速道路に沿った京橋大根河岸通り添い「山京ビル」の地下1階。
オステリア イル フラッパート
「油そば専門店 ぶらぶら」が目印です。

広くない店内はカウンター6席と4人掛けテーブル1卓のみ。
オステリア イル フラッパート
ランチメニューは2種類で・パスタ or サラダ ¥1,200とサラダとパスタ両方いただける・パスタコース ¥2,000、本日は後者をお願いしました。

・たっぷり野菜と季節の果物、ナッツやハム入り
たっぷり野菜と季節の果物、ナッツやハム入り
サラダのボリュームに嬉しくなります。トマト、人参、ピクルス、ひよこ豆、キャロットラペにナッツや生ハムもアクセントとなっています。にんじんドレッシング、オリーブオイルも良い感じの美味しいサラダです。

・自家製パン
自家製パン
ふわふわで優しい名脇役。

・自家製タリオリーニ、濃厚トマトソースとバジルと館山産アジ
自家製タリオリーニ、濃厚トマトソースとバジルと館山産アジ
タリオリーニにしては細め、妙なモチモチ感がなく、蕎麦のような喉越しの良さでとても美味しいパスタです。くっきりしたトマトソースにアジのアクセント、バジルの香りが爽やかです。

・クレーマカタラーナ、コーヒー
クレーマカタラーナ、コーヒー
最後は小さいですが、ちゃんと美味しいデザートとキンボのホットコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。この内容で、この価格は非常に良心的です。

また別の週にお伺いしました。

・たっぷり野菜と季節の果物、ナッツやハム入り
たっぷり野菜と季節の果物、ナッツやハム入り
前回と内容が違いレンズ豆、キャベツのラペは入り内容が異なります。美味しい。

・自家製ニョッキ、揚げナスとフレッシュリコッタチーズのトマトソース
自家製ニョッキ、揚げナスとフレッシュリコッタチーズのトマトソース
小麦の味わいしっかり、心地の良い弾力性が幸せを感じる自家製ニョッキ。ナスと優しいリコッタチーズの繊細な組み合わせも素敵です。

・シードケーキ、ミルクジェラート添え
シードケーキ、ミルクジェラート添え
広島産レモンとブルーポピーシードのケーキ、ポピーシードのプチプチ食感が良い感じの熱い季節に最適なデザートでした。女性シェフが1人で全て切り盛りされているのですが、親切で温かみのある雰囲気も素晴らしい方です。時間には余裕を持ってお伺いするのがお勧めです。

またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

サーモンアトリエ・フース|ノルウェーサーモン専門店が日比谷オクロジにオープン/the 663th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」663日目、本日は2023年4月にオープンしたノルウェーサーモン専門店「サーモンアトリエ・フース salmon atelier Hus」にお伺いしました。

場所は有楽町駅から新橋駅間の高架下の商業施設「日比谷オクロジ」内、新橋寄りの端から3番目の店舗です。

中は丸見えですが、人通りはそれほど多くありません。

店内はテーブル席5卓と広くはありませんが、北欧テイストの温かみのある雰囲気です。

現在ランチメニューは、はらこ飯、サーモンステーキ、サーモンパスタの3種類で全て¥1,650。

・サラダ

パルメザンチーズがかかった鮮度を感じるサラダです。

本日のスープ・カリフラワーの濃厚ポタージュ ¥330

とても滑らかな仕上げで、カリフラワーの甘みと香りがたっぷり。美味。 

・はらこ飯-Husオリジナル

宮城県の郷土料理の炊き込みご飯。上にサーモン、いくら、大葉が乗ります。ほんのり香るバターでグッと洋風に。サーモンも主張がしっかりあり美味。

途中でワサビ、ショウガ、ネギを乗せ出汁茶漬けにしていただけます。

ご飯の味がしっかりしているので、普通の茶漬けとは異なる満足感がございます。

・トリュフ香るムニエルのクリームパスタ

平打ち麺のタリアテッレは柔らかめの仕上がりですが、上に乗っているサーモンムニエルも大きく、ボリュームは十分。サーモンを崩して、混ぜていただくと塩味が加わりちょうど良い味わいに。クリームソースも濃過ぎることなく大変美味しくいただきました。

ドリンクもこだわりを感じるものが多く、ディナータイムも楽しそうなレストランです。スタッフの方のサービスもフレンドリーで良い雰囲気。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「サーモンアトリエ・フース」について詳しくはインスタグラムをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

GINZA CAFE ギンザカフェ|困った時には最適な明るい地下カフェ/the 649h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」649日目、本日は2022年11月にオープンしたカフェ「GINZA CAFE ギンザカフェ」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、柳通り沿い「土志田ビルヂング」の地下1階。
GINZA CAFE
入り口から想像するよりも店内は広々、オープンキッチンに上質な家のリビングをイメージした店内、地下ですが明るい雰囲気、ゆったりとテーブルが配置されています。スコーンやドリンクなどのテイクアウトも可能です。フードメニューはパスタ、カレー、アボカドトースト、ピタパンなど。

本日のパスタ・ジェノベーゼ ¥1,600
ジェノベーゼ
フレッシュなサラダにトマトスープ付きで見た目も華やか。

ねじれたショートパスタ、フッジリを使用。
ジェノベーゼ
バジルの香りは柔らかめで、食べやすいお味、ボリュームはやや少なめですが、美味しくいただきました。

・ガパオライス ¥1,200
ガパオライス
12時-15時のランチタイムは1〜2種類ですが、ドリンク付きのお得なランチメニューも提供しています。

ゴロッと鶏肉が入っているのが特徴ですが、お味自体はシンプル。
ガパオライス
目玉焼きとライスと混ぜていただき、美味しくいただきました。

・コーヒー
コーヒー
コーヒー豆はミカフェートのものだそうです。料理、ドリンクはやや高く感じますが、スペースも広く、空いているので休憩に困った時には良いかもしれません。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「GINZA CAFE」について詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。