リストランテ オット|愛媛県八幡浜の穏やか気候を感じる清爽ランチ/the 377th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」377日目、本日はイタリアンです。 銀座3丁目、西五番街通り(中央通りから2本西側)の銀座モリタビル6階にオープンしたイタリアン「リストランテ オット」にランチ訪問。

最近出来たばかりの新しい建物です。エレベーターを降り、横開きのドアを開け店内へ。

カウンター中心のちょっと変わった席配置。

奥にテーブル席も数卓有り。

ふかふかのカウンターチェアに座って、色々お伺いしてみると、こちらは愛媛県八幡浜にあるイタリアン「アマルフィ」の姉妹店(赤で囲われているのが八幡浜市)。

魚介類、野菜はほとんど愛媛県産のものを使用、店名のオットはイタリア語で「8」、「八幡浜」と「無限大」を表しているそうです。

現在ランチは¥3,000、¥5,000の2種、ディナーは¥8,000のコース料理のみ。本日は・Pranzo A ¥3,000(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・アマダイのブロード、赤エビと米粉チップ

まずは小さい前菜2品、魚の出汁から作った茶碗蒸し、赤エビも甘み十分で美味。後の料理に期待できる2皿でした。

・ライ麦パンは温かな純朴味。

オリーブオイルは・ピアノグリッロ パルティチェッラ34、フレッシュな青々とした香りが好みです。

・夏のオルト セビーチェ風

菜園(オルト)をイメージした綺麗なサラダ。セロリと柑橘のソースを掛けてできあがり。 野菜は新鮮、オリーブの丸いゼリーがなんとも涼しげで、清涼感のある仕上がりです。

・ヤリイカ、アサリ、万願寺唐辛子のスパゲッティ

もちろん素材は愛媛県産、やや太めのスパゲッティは綺麗なアルデンテ仕上げ。さっぱり仕上げで美味しいのです。

・愛媛県八幡浜産アマダイ

サクサク感が楽しい定番のウロコ焼きは、ちょっとリッチな感じ。アマダイのほんのりとした甘みに、爽やかなアーモンドソースが美味しい。

・ティラミス、イチジク

三角屋根の下にはイチジク、マスカルポーネソース、コーヒーアイスのモダンなティラミスでした。

最後は・エスプレッソ、小菓子(マドレーヌ、ヘーゼルナッツチョコ)をいただきゆっくりとさせていただきました。

四国が産地のレモン、すだちなどの柑橘が多くの料理に使われていることもあり、八幡浜の気持ち良い気候を感じる(行ったことはないけれど)爽やかで心地のよいコースでした。後味の良さも素敵ですね。サービス料はかかりますが、説明も丁寧で、お店の雰囲気も良く、コストパフォーマンスはとても良く感じました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「リストランテ オット」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

バーニーズ カフェ バイ ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー|大人の穴場カフェ/the 376th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」376日目、本日はカフェです。あまり知られていませんが銀座6丁目、交詢社通り沿いの洋服店「バーニーズ ニューヨーク銀座本店」の3階にカフェがあります。

清澄白河の有名コーヒー店「ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」とバーニーズニューヨークのコラボカフェ「バーニーズ カフェ バイ ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」にお伺いしました。

天井が高く明るい店内、床と壁面は大理石調、ソファもゆったりと配置された寛ぎ空間です。

通路に面していますが、この階は人通りが少ないためあまり気になりません。 ランチメニューはサンドイッチやサラダなどを提供しています。

本日は数種類の中から・バーニーズ サンドウィッチ(BLT)セット ¥1,620をお願いしました。

オニオンスープと食感の良いポテトチップス付き。

香りの良いライ麦パンに、ぎっしりの新鮮トマトとレタス。

ベーコンは、柔らかく塩気も控えめでハムのような感じです。 見た目通りボリューム感もたっぷりです。

もう1つの名物はパフェ、期間限定のシーズンパフェはマンゴーでしたが定番の・ティラミス パフェ ¥1,728をオーダーしました。

上には渦巻き状のふわふわマスカルポーネクリーム、中にはたっぷりのコーヒーアイス。

実は「ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」は「ピエールマルコリーニ」と同系列。アイスは心地よい苦味、上質感を感じる締まりのあるお味。一番下にはザクザク食感のクッキーと甘やかに香るリキュールが入っており、目が醒めるような感覚が良かったです。グラスが小さので量感が不安でしたが、凝縮感があり食べ応えは充分。思ったより満足感のある大人パフェでございました。

最後は美味しい・オリジナル ブレンドコーヒーで。

さっぱりと飲みやすいお味で、流石にコーヒーも美味しいです。

お値段はややお高めですが、あまり知られていないこともあり、他のカフェと比べると土日も空いており、ゆっくりとした時間を過ごせそうです。またお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

「バーニーズ カフェ バイ ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ルークスロブスター, 銀座つぼやきいも|甘さが際立つエビとイモ /the 373th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」373日目、本日は最近銀座にオープンしたファストフード店2店をご紹介いたします。まずはニューヨーク・マンハッタン発のロブスターロール専門店「ルークスロブスター 銀座店」。

場所は銀座3丁目、中央通りから2本西側の通り沿い、7月4日にオープンしました。

注文は外のテイクアウトコーナーのような窓口にて行います。雨の日は大変なので店内でもオーダーできると良いですね。

明るい店内、奥にはテーブル席3卓、壁際にも小さな丸テーブルと簡単なベンチが設置されています。

ロブスターや海にまつわる装飾で賑やかな雰囲気です。

ロブスターロールが名物のようですが、本日は・ロブスターグリルドチーズ ¥1,380 +スープセット ¥500(w/o tax)をお願いしました。

スープは2種類から・ロブスタービスクを選択。量がたっぷり、やや素材感も残して濃厚な仕上がり、ロブスターの身も少しですが、しっかり入っています。NYっぽい大味さがとても良いです。こちらにドリンクが付きます。

こんがりトーストにぎっしりのロブスターとグリエールチーズ、3つの素材の香りとビジュアルでもう美味しい。

ロブスターのプリプリ食感と甘み、グリエールチーズのコク、サクサクトーストの組み合わせで、お味は間違いなし。とろけるチーズって大人になっても幸せです。 そして通常ハサむ側のロブスターがハサまれているという現実にも感慨無量。ボリュームもかなりしっかりあり、お腹も満たされました!

お店のスタッフさんも皆様明るく溌剌としていて気持ちが良く、エビ好きにはたまらないお店ですね。人気が出るのも納得です!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ルークスロブスター」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続いて2018年6月1日にオープンした焼き芋店「つぼやきいも銀座」。

場所は銀座7丁目、中央通りから2本西側の通り沿いと奇遇にも「ルークス ロブスター」と同じです。

お店の中には四つのツボ。店名の通り、昔ながらのつぼ焼きスタイルです。

常滑焼きのつぼ焼き芋専用つぼだそうです。

ツボの中のいも。ツボの底には炭。熟成させることで甘みを引き出した鹿児島産の「紅はるか」を使用しています。

お行儀よく並ぶ姿が健気で可愛いです。

サイズは「まるごと」「はんぶん」「ちいさいの」の3種類から選べるのが嬉しいです。本日は食後デザートに最適な・つぼやきいも はんぶん ¥378 をお願いしました。3人が座れるベンチがあるので、そちらで出来立てをいただきました。セルフですがお水や温かいお茶、お手拭きが置いてあるのが優しいです。

焼きたてのおいも。

熱々でハフハフしながら一口食べてみてびっくり、家で食べていたら「あまーい!!」と叫ばないまでも、口に出していたかもしれません。すこぶるあまさ!

β-アミラーゼという消化酵素が、加熱されることにより糊化したデンプンに作用して麦芽糖という甘味成分を生成するベスト温度65度前後で90分加熱するそうです。ツボパワー恐るべし。 身はホクホクのトロトロ、皮もパリパリで大変美味しくいただきました。

暑いので焼き芋はちょっとという方にも安心。アイスやきいももございます。サイズは同様に3種類から選択可能です。

・アイスやきいも はんぶん ¥378

ホクホクのつぼやきいもを業務用冷蔵庫で瞬間冷凍して作るそうで、家庭では真似できなアイスやきいもです。ありそうでなかった新感覚の芋アイス。こちらも美味しいです。

個人的には甘さが際立つシンプルな「つぼやきいも」が好みでした。つぼやきいもは間違いなくスイーツです。お店の思う壺。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「つぼやきいも 銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

パッケージも可愛いので意外性のある贈答品にも最適です。

銀座 奥田|日本の美味しい恵に心より乾杯!/the 369th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」369日目、本日は和食です。和食の名店「銀座 小十(ミシュラン二つ星)」のオーナー奥田氏の名前を冠した和食店「銀座 奥田(ミシュラン一つ星)」にランチ訪問いたしました。

場所は銀座5丁目、並木通り沿い、カリオカビルの地下1階です。

お店は地下1階、しっとりと静謐な雰囲気の店内、また扉を開けると一直線のカウンター席。

ランチは¥13,000、16,000の2コース、本日は・昼餐 メニュー奥田 ¥16,000(サ別12%, w/o tax)をお願いしました。サービスの方が積極的に声をかけてくれることもあり、和やかな気分でスタートです。雰囲気大事です。

・ムラサキウニ、とうもろこし

夏はウニが美味しい季節。下には焼いた赤茄子、甘みと苦みのグッドバランス。美味。

・ワタリガニ、ダツ、トマトのジュレ

トマトが爽やか。暑い時期に嬉しい冷たい前菜2品でした。

・ハモとジュンサイの煮麺

今年初めてのハモ。落ち着く出汁。滋味趣深い。

・ホシガレイ、アオリイカ、カツオのたたき、アジ棒鮨

お造り4連発。まずはこちらも今年初めてのホシガレイは幽玄な旨味、スダチと塩で甘み爆。ねっとりアオリイカは塩とクチコで。決して良い香りでもないクチコの磯香が酒飲みには良い感じ。初めていただくアジの棒鮨も美味しい。

・長野県天竜川 若鮎の炭焼き

50分かけてじりじり焼き仕上げる「銀座 奥田」初夏のスペシャリテ。15cmほどで揃えられた鮎は、骨まで美味しくいただけるベストサイズなんだとか。鮎の声が聞こえてきそうな恍惚の鮎。苦みもばっちり、頭からバリバリいただきました。 面白かったのはペアリングでエビス黒ビールが付いていること。鮎をめでたい、確かに美味しい!

・アワビの天ぷら

プリプリのアワビも夏が美味しいです。

・北海道産和牛ロース、賀茂茄子

「こぶ黒」という昆布を餌に育った牛だそうです。火入れ加減も素敵。

・琵琶湖天然ウナギ丼

天然の大ウナギならではの野趣味たっぷりの強い歯ごたえで甘みが染み出します。絶品。お味噌汁も具沢山です。

・ココナッツアイス、天使音(あまね)メロン

最後は・抹茶、和三盆の干菓子をいただいてゆっくりお話しもさせていただきました。好物連発、体が元気になる素敵な内容でした。荻野大将はまだ30歳過ぎたばかりとお若いですが、確かな料理の技術、感性、お人柄共に素晴らしいですね。今後が楽しみです。サービスも非常に手厚く丁寧ながらもフレンドリーで、納得の12%でございました。 素敵なランチタイムをありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。