銀座 翔(そら)|ユニークな親方の美味しい和食店/the 523th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」523日目、本日は和食、2020年9月オープンした「銀座 翔(そら)」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、中央通りから2本西側の通り沿い、寿し幸のお隣のビルの地下1階。
銀座 翔(そら)
控えめにランチメニューが貼られています。

店内はカウンター6席にテーブル2卓の落ち着いた雰囲気。
銀座 翔(そら)
大将お一人で切り盛りされていますが、見るからに優しげな風貌で安心いたします。

12時からのランチメニューは焼き魚、カキフライなどもありますが、本日は・鮭いくら雲丹の蒸籠定食 ¥1,600 をお願いしました。

10分ほどで到着。
鮭いくら雲丹の蒸籠定食
カツオの治部煮、サラダ、お味噌汁、漬物付きですが、どれも丁寧に作られている様子で美味。

鮭、イクラ、雲丹も沢山乗った嬉しい蒸籠蒸し、上の具材も癖なくしっとりした仕上がり。
鮭いくら雲丹の蒸籠定食
ご飯も福井県越前のこだわりの米を使った炊き込みご飯を使っており美味。土台大事です。大変美味しくいただきました。

・本日の焼き魚定食 サバの文化干し ¥1,200
本日の焼き魚定食 サバの文化干し
今日はワカメの赤出汁、サバも大きくて食べ応えがありそうです。

身も厚くふっくらとした仕上がりで美味。もちろん自家製で、水ではなく昆布出汁に漬けるのがポイントだそうです。
本日の焼き魚定食 サバの文化干し
親方は30代とお若いですが、お話も面白く、非常に素敵な雰囲気です。夜はコースの他、アラカルトでも注文可能だそうで、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
銀座 翔(そら)
ちなみに「翔」と書いて「そら」と読ませる店名は親方のお名前かと思いきや、前のお店の名前だそうです。看板を付け替えるのも面倒だし、お金もかかるからという理由だそう。とてもユニークな親方です。

創作料理 ファンケル令和本膳|美味しいものを少しづつの魚弁当/the 500th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」500日目、本日は和食です。2020年8月7日にリニューアルオープンした「ファンケル銀座スクエア」9階の和食店「創作料理 ファンケル令和本膳」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、中央通り沿いです。
ファンケル銀座スクエア
本来は全フロア4月開業予定でしたが、コロナウイルスの影響で遅れていました。

淡い色の木を沢山使用した清潔感のある店内、カウンター、テーブル席、個室もありますが、カウンター席も広々として快適です。ランチは¥2,000からありますが、本日は・八幡浜港産 魚 特別弁当 ¥2,500 をお願いしました。

9枡に別れた美味しいものを少しづつの綺麗なお弁当。
八幡浜港産 魚 特別弁当
丸十栂煮(とがに)、鴨つみれ、冷やし炊き合わせ、鯛ステーキ、太刀魚と茄子とトウモロコシの天ぷら、茶碗蒸しとハモしんじょう、一口蕎麦、お造り、発芽米「金のいぶき」のウナギ飯。

玄米のミニうな丼もなかなか、お造りはシマアジ、鯛、マグロ。マグロは赤身以外に炙りトロも入っており以外に豪華で、お味も美味です。
八幡浜港産 魚 特別弁当
基本的にどの料理も薄味ですが、素材感は程々にあり満足感は有ります。こちらに白身魚と豆腐の味噌汁が付きます。

・チョコレートわらび餅
チョコレートわらび餅
ちょっと不思議なわらび餅、冷たいお茶と食後の温かいお茶のサービスも嬉しいです。食後は8階にあるカフェへ移動。

「ファンケル フォレストカフェ」はテーブル席5卓ほどで広くはありませんが、空いており快適。ちなみに、このカフェの奥がVIP専用の「ロイヤルラウンジ」になっています。
ファンケル フォレストカフェ
現在ドリンクメニューはミカフェートのコーヒーにファンケル研究所のオリジナル健康ドリンク、食事メニューは社会福祉法人 訪問の家「連」の手作りクッキーのみです。

・青汁蜂蜜ジンジャー(アップル) ¥400 + チョコチップクッキー ¥150
青汁蜂蜜ジンジャー(アップル)
色は青汁ですが、青い味は感じらない美味しいジュースで、生姜のアクセントも効いています。素朴なクッキーと一緒に美味しくいただきました。

また地下1階には全メニューグルテンフリーのイタリアン「ブラウンライス ミイルズ」もございます。どの店舗も体を気遣った優しい料理を提供しており、雰囲気も良好。特に9階の和食店は色々なシーンで利用しやすそうです。ごちそうさまでした!

「ファンケル銀座スクエア」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

御料理かつ志|心と体に沁みる優しい日本料理/the 498th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」498日目、本日は日本料理です。2019年3月にオープンした和食店「御料理かつ志」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、見番通り沿い「すずりゅうビル」の3階。
すずりゅうビルの3階
こちらは移転する前の「鮨よしたけ(ミシュランガイド三つ星)」があった場所で、「御料理かつ志」は吉武親方の弟の括志さんが料理長を勤められています。

楓が埋め込まれたカウンターはもちろん、内装は以前と変わらず落ち着いた良い雰囲気。
御料理かつ志
料理は・おまかせコース ¥15,000(w/o tax)のみ、夜のみの営業です。まずはこちらから。

・ピーナッツ豆腐
ピーナッツ豆腐
じゅん菜が涼しげな一皿。滑らかな口どけに、ピーナッツのコクを感じられます。

・毛ガニ、バフンウニ
毛ガニ、バフンウニ
毛ガニの殻からとった出汁のジュレを掛けて。こちらも夏らしい一品。毛ガニとウニの組み合わせは間違いありません。

・オコゼ唐揚げ
オコゼ唐揚げ
絶品でした。ザクザクした衣に、ジュシーな白身が最高に美味しい。もっと食べたいです。

・アワビとナスの薯蕷蒸し
アワビとナスの薯蕷蒸し
すりおろした山芋を使った料理。ふわっとした山芋と柔らかいナス、アワビが香ばしくて美味しいです。

・ハマグリ真丈
ハマグリ真丈
滋味深いお吸い物、真丈には海老を加えてあり甘みと食感を加えています。崩しながらいただくととても美味しいです。

・カツオのたたき
カツオのたたき
厚い角切りのカットの仕方で、カツオの旨味が口に広がります。美味。

・ホシガレイ、シマエビ、ハモ湯引き
ホシガレイ、シマエビ、ハモ湯引き
どれも春から夏にかけて美味しい魚介類。エビもカレイも甘みたっぷりで美味しいです。

・金華豚の角煮
金華豚の角煮
冬瓜、うすい豆、イチジク、ジャガイモのクリームソース。このタイミングでお肉は嬉しいです。柔らかトロトロの素敵な角煮です。

・ノドグロの塩焼き
ノドグロの塩焼き
脂乗ってとてもジューシーです。

・スッポン鍋
スッポン鍋
こちらの名物というスッポン鍋、スッポンの肩肉、エンペラなどが入って、力が付き、美容にも良さそう。美味しい出汁の溶け込んだスープも絶品です。

続いて〆のご飯が炊き上がりました。

・白米、ちりめん山椒、そぼろ、たたき梅
白米、ちりめん山椒、そぼろ、たたき梅
ご飯のお供も色々、オリジナルの土鍋で炊き上げた白飯は3種類の米をブレンドしたもの。香りも良く、甘みもしっかりある、それだけで美味しいご飯は、炊き上がった後の変化も楽しめます。

・鯛茶漬け
鯛茶漬け
〆の最後はサラサラいただける鯛茶漬けでした。美味しいご飯は何杯でもいただけます。

・メロンゼリー
メロンゼリー
銀座のしっかりした日本料理店の中では価格も抑えられており、全10皿以上と美味しいものを少しづついただけるのも嬉しいです。またお伺いいたします。括志親方も物腰の柔らかい方、料理も食べ疲れのしない優しいお味で、後味もとても良く、リラックス気分で料理をいただける素敵なレストランです。ごちそうさまでした!

「御料理かつ志」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 器楽亭|親しみを感じる和食店が久我山から/the 482th day

トリプル銀座は連休中も休まず営業(11時-20時)しております。メガネの事でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」482日目、本日は和食です。久我山から2020年3月銀座に移転した日本料理店「銀座 器楽亭」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、外堀通り沿い、銀座美術館ビルの8階。以前当ブログでご紹介の「新広東菜 嘉禅」「GINZA JOTAKI」「フルヌス銀座」なども入っている美味しい物件です。
銀座美術館ビルの8階
閉店した鮨店の跡地で、カウンターだけはそのままで使用されています。ほどよく年季の入ったカウンターは重みがあり、気持ちも落ち着きます。現在メニューは・おまかせコース ¥20,000(サ別10%, w/o tax)のみです。

・桜の葉の香る茶碗蒸し
桜の葉の香る茶碗蒸し
ほんのり桜の香り、一品目に温かい料理は、体が温まり嬉しいです。

・八寸
八寸
あん肝、松阪牛のローストビーフ卵黄巻き、コンビーフ、糸もずく、蟹味噌、塩辛、ホタルイカの沖漬け、筋子の粕漬け、と完全に酒のアテ。どれも高クオリティでお酒がぐんぐん進みます。

・ねぎま
ねぎま
脂が乗ったマグロの砂ずり(お腹の下)を使った贅沢なねぎま。ネギと脂は相性抜群で美味。銀座に越してからは和食業態ですが、久我山時代は居酒屋っぽく営業されていたそうで、その香りを感じる料理が個性となっているようです。

・春野菜のお浸しサラダ
春野菜のお浸しサラダ
たらの芽、こごみ、空豆、スナップエンドウ、わさび菜、ホタルイカも大きいです。山菜やわさび菜、ホタルイカの苦味、辛味が効いており、酒が進む珍しいサラダです。

・毛蟹真薯
毛蟹真薯
そのまま食べても美味しいですが、真薯を崩していただくと、地味な出汁と混ざり合い丁度良い塩梅になりました。

・アオリイカ、桜鱒、真鯛
アオリイカ、桜鱒、真鯛
刀のような切れ味抜群の包丁で仕上げれれたお刺身。アオリイカの下に絡みつく旨味が素敵、鯛も甘みがあって美味しいです。

・ネギトロ巻き
ネギトロ巻き
蕗の薹がアクセントで間違いのないお味、海苔も美味しいのが素晴らしいです。

・鰻の炭火焼き
鰻の炭火焼き
付け合せはコシアブラと初物のとうもろこしの天ぷら。鰻は鹿児島の有名な養殖鰻「横山さんの鰻」を地焼きで。身が締まっており、上品さを感じるウナギです。

・山形牛ヒレカツサンド
山形牛ヒレカツサンド
パンよりよっぽどカツのが柔らかくてびっくり。やはり極上のヒレ肉を使っているそう。絶品!

・シラスと筍の炊き込みご飯
シラスと筍の炊き込みご飯
和歌山の「山利」のシラスをたっぷり。それにタケノコと花山椒。

素晴らしい香り。ちゃんとシラスの味のするシラスです。
シラスと筍の炊き込みご飯
筍の甘みと食感と花山椒の辛味も綺麗に調和しています。

・蕗の薹卵かけご飯 
蕗の薹卵かけご飯 
これも最高。スプーンで一気にかっこんでしまいます。さらに普通のシラスご飯を大盛りでお代わりをいただき、お腹も満たされます。

・プリン
プリン
デザートも手抜かりなく、和三盆のみを使用した桜香る美味しい塩プリン。

正統的ながらも、居酒屋を感じさせる料理は親しみが湧きます。野菜、魚、肉のバランスも良く満足感もしっかり感じられるコースでした。朝倉親方は、明るい方で、初めてでもリラックスした食事が出来る雰囲気も素敵です。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

銀座はほとんどの飲食店が休業していますが、テイクアウトのみの営業や、距離感や空調、営業時間に気を使いながらレストラン営業を続けられているお店も少ないですが、あります。自粛要請が延長されましたが、5月7日から再開されるお店もあります。お話をお伺いすると、皆様必死に考えて、緊張感と思いやりを持って行動されているのが伝わります。近隣のお店は、こちらも気を使いながら、できるだけ利用したいです。

トリプル銀座は11:00-20:00、年中無休、普通に営業しております。メガネでお困りの事がございましたら是非ご相談下さいませ。