現代里山料理 ZEN HOUSE|自然を感じる優しい日本料理/the 475th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」475日目、本日は和食、2020年3月1日にオープンした「現代里山料理 ZEN HOUSE」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、晴海通り沿いの「ミレニアム 三井ガーデンホテル東京」の地下1階。
ミレニアム 三井ガーデンホテル東京の地下1階
三越と歌舞伎座の丁度間くらいにある、比較的新しいホテルです。

落ち着いた雰囲気の店内。奥は暖簾で仕切られた半個室風のテーブル席となっています。
現代里山料理 ZEN HOUSE
コロナウイルスの影響で、ホテルは空いているようで、非常に静かな環境で食事をいただけます。現在ランチはメニューは・昼餉 ¥3,500(w/o tax)のみです。

まずは今日の料理に使う食材を見せてくれます。
現代里山料理 ZEN HOUSE
菜の花、根菜、山菜などが美味しい季節。卵、米もこだわりのあるものを使用されているということで楽しみです。

・前菜8種 アスパラガス土佐含め煮、セリと菊のおひたし、筍わかめ、焼きそら豆、赤大根ゆず風味、カボチャのキャラメリゼ、菜の花と独活ワインビネガー西京味噌、ふきの含め煮
前菜8種
素材の自然な甘みや苦味などの味わいを感じられるよう、カボチャ以外はごく薄い味付けのみ 。

・旬の小鉢 ネラの卵のポーチドエッグ、イイダコ、梅肉、里芋ペースト
ネラの卵のポーチドエッグ
「ネラ」は野生に近いというオランダ原産の黒い鶏、長野県の西脇ファームのものだそう。淡い色合いの黄身で、卵らしい味のする卵。濃厚とかそういうことではなくピュアなお味で、とても美味しいです。

メインはサワラ、鮭、牛肉の3種から選べましたので、お勧めという牛肉料理を選択。

・嬉野温泉豆腐黒毛和牛 +¥400
嬉野温泉豆腐黒毛和牛
佐賀県嬉野温泉の名物だそうで、水ではなく温泉水で調理されています。お肉はトロトロの牛スネ肉。食べているうちに体の中からポカポカしてきます。

食事セットはこのような感じ。
嬉野温泉豆腐黒毛和牛
漬物も食感が素晴らしく、何気に上質。

山形県産はえぬきのご飯に秘伝の肉そぼろをかけて。嬉しいお代わり無料です。
秘伝の肉そぼろ
肉そぼろは国産の生生姜、北海道産の生醤油、徳島の和三盆を使用。上品な甘みに、生姜の辛味が効いており、とても美味しいです。もちろんお代わりいただきました。

デザートも3種から選べますので春らしい・桜餅を。
桜餅
馴染みのある関西風の道明寺型。中は甘さ控えめの白餡で塩気も丁度良い、一緒に出していただいた鹿児島県の知覧茶も味濃く香りよく美味しいです。

日本各地のこだわりの食材を、自然な優しい味付けでいただけます。ホテルらしくサービスも非常に丁寧で素敵な時間を過ごすことができるレストランです。夜はカウンターで角打ちも楽しめるそうなので、日本酒好きにも嬉しいお店です。ごちそうさまでした!

「現代里山料理 ZEN HOUSE」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
三ヶ日みかんジュース
・三ヶ日みかんジュース ¥800 もいただきましたが、色からして綺麗なみかん色。静岡県浜松のブランドみかんで太陽を沢山浴びて育てられているそうです。酸味無く、とても自然な甘さで濃厚。大変美味しくいただきました。

肉うち山|お肉と和食の美味しいコラボレーション/the 470th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」470日目、本日は肉割烹、2020年2月2日にオープンした「肉うち山」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、東銀座、歌舞伎座の裏辺り。
肉うち山
日本料理の名店「徳うち山」の上。徳うち山、銀座くどう、時喰みに続くグループ4店舗目です。

各所に使われたステンドグラスが印象的な落ち着いた店内。
肉うち山
カウンター席の他テーブルも2卓あり、様々なシーンで利用できそうです。ランチは現在¥5,800(w/o tax)のコース1種類のみですので、そちらをお願いしました。

・とり最中
とり最中
中身は鶏レバー、鶏そぼろ、いぶりがっこ、のし梅。ポリポリした食感がアクセントとなっています。

・黒センマイ、氷魚、なばな、土佐酢ジュレ、酢味噌和え
黒センマイ、氷魚、なばな、土佐酢ジュレ、酢味噌和え
センマイは牛のホルモンで第三胃部分。肉料理とはいえかなり和食寄りで新鮮味があります。

・牛タン、聖護院大根の白味噌椀
牛タン、聖護院大根の白味噌椀
「にく にく にく・・・」と沢山描かれた蓋を開けると、中もにく。お椀でいただくと、普段お牛タンとはまた違った印象で面白いです。

・スルメイカ、馬肉のタルタル
スルメイカ、馬肉のタルタル
ミモレットチーズ、ごま油がアクセント。

・山形牛のイチボ
山形牛のイチボ
これはとても正当派な馴染みのある牛肉料理。肉汁に甘みもしっかりあり美味しいです。

・揚げゴマ豆腐、やげん軟骨の餡掛け
揚げゴマ豆腐、やげん軟骨の餡掛け
オーナーシェフの工藤さんの出身店「銀座うち山」でお馴染みゴマ豆腐はここで登場。優しさを感じる間違いの無いお味です。

・フルーツトマトの甘酢漬け、わさび菜
フルーツトマトの甘酢漬け、わさび菜
お口直しで。

・土鍋ご飯、牛しぐれのゴマだれ和え
土鍋ご飯、牛しぐれのゴマだれ和え
ゴマ豆腐と並ぶ「うち山」名物が鯛茶漬け、それを牛すじ肉でアレンジ。山形県産つや姫の美濃焼き土鍋の炊きたてご飯はそれだけでも十分美味しいです。

・牛しぐれのお茶漬け
牛しぐれのお茶漬け
なんと牛しぐれはお代わり可能。最後はお茶漬けで。満足感有ります。

・イチゴパフェ
イチゴパフェ
デザートは好物のパフェというのも嬉しい。下はミルクプリンで超シンプル構成ではありますが、別腹で美味しくいただきました。

夜のコースも¥7,800から。近年、特に牛肉専門のレストランの価格は高騰していますので、優しい値段設定。野菜や魚介類と組み合わせてあるので、食後感も軽く、随所に工藤シェフらしさを感じられる構成も素敵。今後、素材の組み合わせが洗練されると、さらに素敵なお店になりそうです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
肉うち山

銀座 食医心方|和食ベースの美味しい薬膳、味噌料理/the 465th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」465日目、本日は2019年12月24日オープンした薬膳和食料理「銀座 食医心方(しょくいしんほう)」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、中央通りと昭和通りの中間辺りにある「ダイワ ロイネットホテル」の1階。
銀座 食医心方
江東区亀戸にある和食店「亀戸升本」と味噌専門店「佐野みそ」とのコラボレーション店だそうで、店頭で50種類以上の味噌も購入することができます。

お店の外には亀戸名物「お多福大根(亀戸大根)」が飾られています。亀戸名物「お多福大根(亀戸大根)」
「大根に かけ水わけて 福もらい」というように置いてある柄杓でお多福大根にお水をかけると良いことがあるそうです。

落ち着いた店内、テーブル席の右側にはカウンター席があります。
銀座 食医心方
壁で区切られているので、とても落ち着けます。ランチメニューは薬膳鍋やお粥など。鍋の種類はきのこ出汁、季節出汁、鶏赤出汁、鶏白出汁の4種類。

本日はお勧めの・きのこ出汁セット + サラダバー ¥2,600(w/o tax)をお願いしました。
きのこ出汁セット
白米もありますが玄米を選択、自家製ぬか漬け付き。見るからに体に良さそうなセットです。薬膳といえば中華っぽいですが、こちらは和食ベース。

キノコは6種類でトキイロヒラタケ、柿の木茸、やまぶし茸、タモギタケ、ハナビラタケ。
きのこ出汁セット
他に亀戸天神名所の太鼓橋をイメージした「太鼓橋うどん」、それを揚げたもの、生麩、がんもどきなども入り豪華です。

出汁は野菜にナツメ、蓮の実、金針菜、はと麦、白ゴマ、生姜、高麗人参、八角、シナモン、唐獅子、山椒が入ったもの。きのこ出汁セット
辛さは全くなく、滋味な薬膳スープはそのままはもちろん、3種の味噌(野菜、紫蘇、わさび)、辛さの強い亀辛麹を入れて味噌汁風にしても美味しいです。また、ご飯にかけてお茶漬け風も良い。色んなお味を楽しめて素敵です。中に入った具材も含めて残さずいただきました。

サラダバーも充実!どれも新鮮で美味しいです。
サラダバー
ほうれん草サラダ、サツマイモ ズッキーニ にんじんなどの蒸し野菜、野菜グラタン、フライドポテト、ナムル、ピクルス、黒ごま蒸しケーキに加えクコの実、ひまわりの種、くるみなどのナッツ類も食べられるのが嬉しいです。

・ビーツ寒天、スティック野菜と手作り味噌
ビーツ寒天、スティック野菜と手作り味噌
野菜も新鮮、専門店だけに、お味噌もとても美味しいです。

・勝運おはぎ
勝運おはぎ
てんさい糖を使用し、甘さも控えめで美味しいです。料理人、サービスの方も皆様親切で雰囲気も良く、とても気に入りました。またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「銀座 食医心方」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
薬膳酒
100種類以上の薬膳酒も用意されており、夜はバーのような使い方もできるそうです。ローズヒップの薬膳酒を試飲させていただきましたが爽やかなお味でした。

蕎麦粉懐石 銀座てあん|蕎麦「粉」懐石の新風/the 454th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」454日目、本日は蕎麦です。2019年8月にオープンした「蕎麦粉懐石 銀座てあん」にお伺いしました。

銀座1丁目、昭和通りの西側の木挽町仲通り沿い「清和ビル」の地下1階です。
清和ビルの地下1階
日本橋の和食店「日本橋OIKAWA」の系列店で蕎麦、抹茶、日本料理の組み合わせがテーマだそうです。

 店内は、お向かいの老舗そば店長寿庵と対照的なモダンさ。
蕎麦粉懐石 銀座てあん
テーブル状のカウンター席に個室も3部屋と様々なシーンで利用できそうな雰囲気です。 現在ランチは1種類のみ、本日は・ランチコース ¥3,800(サ別10%, w/o tax)を事前に予約してお願いしました。

・前菜15種盛り
前菜15種盛り
いきなり綺麗でテンションのあがる一皿。蕎麦粥、エビ真薯、ミニトマト、坊ちゃんカボチャと蕎麦味噌、鴨の生ハムとリンゴ、出汁巻き卵、カレー味の鶏レバー、アサリの煮こごり、蕎麦豆腐、人参のきんぴら、昆布佃煮、和牛のおから、おかか、揚げ蕎麦と酒粕クリームチーズ。

ちゃんと15種あると思ったら1つ乗せ忘れましたと蕎麦寿司もいただきました。
蕎麦寿司
蕎麦の実を上手く取り入れたとても綺麗な前菜たち。小粒ながらどれも丁寧に作られており美味しいです。

・にしん蕎麦
にしん蕎麦
伊勢神宮の神宮司庁御用達の芳翠園のお茶を使った茶そば。にしんは生のものを使用し、柔らかい味わいでとても美味しい。洋風な赤いカップと緑の蕎麦の組み合わせも巧いです。

・合鴨つみれ、蕎麦がきのアヒージョ
合鴨つみれ、蕎麦がきのアヒージョ
これも面白い料理。鴨南蛮のアレンジでしょうか。蕎麦がきが外サク中もっちりで意外な美味しさ。

・蕎麦フォカッチャ

鴨肉、キノコなどのお出汁の入り混じったオイルはパンにたっぷり付けて。

・エビ天、タコと野菜のかき揚げ
エビ天、タコと野菜のかき揚げ
天ぷらはやや固めのざっくり食感。タコが良いアクセントとなっています。

・もりそば
もりそば
サイズを大・中・小と選べたので、もちろん大で。白神山地の蕎麦粉を使用した十割蕎麦、キャッチコピーは「食べる世界遺産」。ほの甘い香りの柔らかく、喉越しの良い美味しいお蕎麦です。

蕎麦湯も濃厚な好みのタイプ。
蕎麦湯
器も洒落ています。栄養たっぷりの蕎麦湯は大好きです。

・モンブラン
モンブラン
中に蕎麦の実アイスとキウイ。黄色いモンブラン、お久しぶりです。上のペーストは生クリームは使用せず、栗を感じる自然な美味しさ。形や食感が違うと印象が随分異なるのが面白いです。

店名に「粉」と付いているようにアヒージョ、前菜など蕎麦粉を使った面白い料理も出ますが、蕎麦自体も美味しいのが素敵です。基本が和食店なので、ベーシックな蕎麦店とは違ったアプローチが楽しいです。料理長も柔らかく親しみやすいお人柄、料理のボリュームもしっかりとあり、満足感のあるランチタイムでした。 夜のコースもリーズナブルな設定で気になります。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「蕎麦粉懐石 銀座てあん」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。