銀座 志翠|静岡と春の恵を堪能/the 534th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」534日目、本日は和食です。2020年9月に静岡県静岡市から銀座に移転オープンした「銀座 志翠(こうすい)」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、ギンザシックスの裏のビル「松岡銀緑館」の8階です。ちなみに「志翠」と書いて「こうすい」と読ませる店名は前田公志(こうし)親方のお名前と禅語の「松寿千年翠」が由来。店内は広々としたカウンター席6席と個室1部屋、本日は夜にお伺いして・おまかせコース ¥18,000(サ別5%, w/o tax)をお願いしました。

・うすい豆腐、車海老、岩茸
うすい豆腐、車海老、岩茸
味も見た目も爽やかなエンドウ豆の豆腐から、岸壁に生える高級素材の岩茸は香り良く、プリプリで美味しいクルマエビのアクセント。

八寸・ノビルの松前漬け、のれそれ、三元豚と空豆、ホタルイカとウルイの酢味噌和え、あん肝、新ジャガチップ、鯛の手まり寿司、鯛子の昆布巻き
八寸
ホタルイカ、ウルイ、ノビルなど完全に春の装い。日本酒も磯自慢、白隠正宗、初亀など静岡の地酒が中心。お酒が進みます。

・ハマグリのくず椀
ハマグリのくず椀
静岡産タケノコ、千切りのウド、菜の花、ホタテの菱餅。こちらも春を詰め込んだ椀。ハマグリの身も入っていますが、やはりお出汁が味わい深い。タケノコもエグミは全く無く小気味好い食感、菱餅と言っても真薯のような仕上げで崩しながら味変。

・閖上産赤貝、静岡産メジマグロ、鯛の白子
閖上産赤貝、静岡産メジマグロ、鯛の白子
打って変わって力強いお造り。赤貝は宮崎県閖上のもの、コリコリした食感も軽快で旨味もたっぷり、下にヒモと珍味のワタも入っていました。つるんとした白子、メジマグロの素材感も素晴らしく、薬味の静岡県の新海苔を使った醤油もお店の個性が出ています。

・サワラの利休焼き、山菜、焼きタケノコ
サワラの利休焼き、山菜、焼きタケノコ
ゴマを使った利休焼きのサワラにゴマだれ、サワラはふっくり、ゴマの甘みに山菜のほのかな苦味や力強さとの対比が良い。この食べ方も面白いですね。

・焼きスッポン
焼きスッポン
浜名湖の服部中村養鼈所のスッポン。コラーゲンたっぷりのエンペラに、肉の部分もコクがあり美味。八角の香りが食欲を刺激します。

・尾崎牛尾崎牛
下にワカメとタケノコ。尾崎牛は餡の効果も相俟ってごく滑らかに胃に落ちていきます。脂は乗っていますが、しつこさは全く無し。尾崎牛は、やっぱり上質なお肉ですが、何気にワカメがとても美味しい。

・タケノコのおこわ、桜エビのすり流し 自然薯とシマエビの真薯
タケノコのおこわ、桜エビのすり流し 自然薯とシマエビの真薯
タケノコのおこわ
今日の主役はタケノコでした。タケノコの器から気持ち良く穴子とアサリも入ったおこわが取り出せます。〆のご飯におこわを出す店ってあまり無い気がするので新鮮。静岡駿河湾名物、桜エビ凝縮のすり流しも濃厚で素敵。

・セトカのシャーベット
セトカのシャーベット
最後は美味しいミカンを贅沢にもシャーベットに、下にフレッシュなセトカも入っていました。

個人的に春は高級和食店の食材が弱い時期かと思っていますが、嫋やかな味付けながらも素材の組み合わせ方、豊富に使用された静岡食材、緩急を付けたコース構成で、しっかりとオリジナリティを感じる料理内容、後からじわっと幸せを感じられます。

期間限定かと思いますが、ランチタイムには尾崎牛のすき焼き、ミナミマグロの鉄火御前(要予約)も提供されているそうなので、今がチャンス。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「銀座 志翠」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 治作|期間限定の名物水炊き鍋ランチ/the 533th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」533日目、本日は期間限定でランチ営業をされている和食店「銀座 治作(じさく)」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、昭和通り近く、「全国燃料会館」の地下1階です。
全国燃料会館の地下1階
治作と言えば築地、隅田川沿いにある90年の歴史のある老舗料亭「つきじ治作」が有名ですが、こちらは姉妹店。本店よりもリーズナブルに食事がいただけます。

テーブル席もありますが、1名ですので、カウンター席で。ブビンガの一枚板を使ったカウンターは広々。
銀座 治作
壁面には梅の花と共に「姿より 香りに生きる 花もある」の素敵な川柳が飾られています。ランチは¥3,000からありますが、本日は・水たき膳 ¥5,000をお願いしました。

前菜・胡麻と道明寺の二色豆腐、子持ち昆布
胡麻と道明寺の二色豆腐、子持ち昆布
春を感じさせる前菜、昆布のプチプチ食感が良い感じ。

造り・ボタンエビ、ケンサキイカ、本マグロ頬肉炙り
ボタンエビ、ケンサキイカ、本マグロ頬肉炙り
ねっちりとした食感の細切りのイカ刺、肉のような力強さがあるマグロのほほ肉、北海道のボタンエビも大きくて甘みと食べ応え十分。

蒸物・アオサ海苔の茶碗蒸し
アオサ海苔の茶碗蒸し
上に菜の花、中にタラの白子、ウナギ、ユリ根が入った豪華な茶碗蒸し。ホクホクのユリ根、トロリとしたアオサ餡のアクセントが素敵です。

・治作名物水炊き鍋
治作名物水炊き鍋
博多出身の創業者のこだわりが詰まった名物料理。具材は長野県産美桜鶏、白菜、ネギ、シイタケ、豆苗、生麩、クコの実など。まだまだ寒い季節には嬉しいお鍋、鶏肉はしっとり、色々な素材の出汁が溶け込んだまったりとしたスープが滋味です。

・ご飯、山椒ちりめんじゃこ
ご飯、山椒ちりめんじゃこ
長野県産コシヒカリの白飯。少し下品ではありますが、水炊きのスープを掛けながらいただく似非雑炊が最高です。

・甘平みかんゼリー、チョコレート葛餅
甘平みかんゼリー、チョコレート葛餅
葛餅は下がタルト生地で洋風な仕上げ、爽やかなゼリーも美味。本店が料亭ということもあり、料理の説明などサービスも非常に丁寧で、素敵なランチタイムを過ごすことができました。ごちそうさまでした!

「銀座 治作」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 翔(そら)|ユニークな親方の美味しい和食店/the 523th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」523日目、本日は和食、2020年9月オープンした「銀座 翔(そら)」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、中央通りから2本西側の通り沿い、寿し幸のお隣のビルの地下1階。
銀座 翔(そら)
控えめにランチメニューが貼られています。

店内はカウンター6席にテーブル2卓の落ち着いた雰囲気。
銀座 翔(そら)
大将お一人で切り盛りされていますが、見るからに優しげな風貌で安心いたします。

12時からのランチメニューは焼き魚、カキフライなどもありますが、本日は・鮭いくら雲丹の蒸籠定食 ¥1,600 をお願いしました。

10分ほどで到着。
鮭いくら雲丹の蒸籠定食
カツオの治部煮、サラダ、お味噌汁、漬物付きですが、どれも丁寧に作られている様子で美味。

鮭、イクラ、雲丹も沢山乗った嬉しい蒸籠蒸し、上の具材も癖なくしっとりした仕上がり。
鮭いくら雲丹の蒸籠定食
ご飯も福井県越前のこだわりの米を使った炊き込みご飯を使っており美味。土台大事です。大変美味しくいただきました。

・本日の焼き魚定食 サバの文化干し ¥1,200
本日の焼き魚定食 サバの文化干し
今日はワカメの赤出汁、サバも大きくて食べ応えがありそうです。

身も厚くふっくらとした仕上がりで美味。もちろん自家製で、水ではなく昆布出汁に漬けるのがポイントだそうです。
本日の焼き魚定食 サバの文化干し
親方は30代とお若いですが、お話も面白く、非常に素敵な雰囲気です。夜はコースの他、アラカルトでも注文可能だそうで、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
銀座 翔(そら)
ちなみに「翔」と書いて「そら」と読ませる店名は親方のお名前かと思いきや、前のお店の名前だそうです。看板を付け替えるのも面倒だし、お金もかかるからという理由だそう。とてもユニークな親方です。

創作料理 ファンケル令和本膳|美味しいものを少しづつの魚弁当/the 500th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」500日目、本日は和食です。2020年8月7日にリニューアルオープンした「ファンケル銀座スクエア」9階の和食店「創作料理 ファンケル令和本膳」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、中央通り沿いです。
ファンケル銀座スクエア
本来は全フロア4月開業予定でしたが、コロナウイルスの影響で遅れていました。

淡い色の木を沢山使用した清潔感のある店内、カウンター、テーブル席、個室もありますが、カウンター席も広々として快適です。ランチは¥2,000からありますが、本日は・八幡浜港産 魚 特別弁当 ¥2,500 をお願いしました。

9枡に別れた美味しいものを少しづつの綺麗なお弁当。
八幡浜港産 魚 特別弁当
丸十栂煮(とがに)、鴨つみれ、冷やし炊き合わせ、鯛ステーキ、太刀魚と茄子とトウモロコシの天ぷら、茶碗蒸しとハモしんじょう、一口蕎麦、お造り、発芽米「金のいぶき」のウナギ飯。

玄米のミニうな丼もなかなか、お造りはシマアジ、鯛、マグロ。マグロは赤身以外に炙りトロも入っており以外に豪華で、お味も美味です。
八幡浜港産 魚 特別弁当
基本的にどの料理も薄味ですが、素材感は程々にあり満足感は有ります。こちらに白身魚と豆腐の味噌汁が付きます。

・チョコレートわらび餅
チョコレートわらび餅
ちょっと不思議なわらび餅、冷たいお茶と食後の温かいお茶のサービスも嬉しいです。食後は8階にあるカフェへ移動。

「ファンケル フォレストカフェ」はテーブル席5卓ほどで広くはありませんが、空いており快適。ちなみに、このカフェの奥がVIP専用の「ロイヤルラウンジ」になっています。
ファンケル フォレストカフェ
現在ドリンクメニューはミカフェートのコーヒーにファンケル研究所のオリジナル健康ドリンク、食事メニューは社会福祉法人 訪問の家「連」の手作りクッキーのみです。

・青汁蜂蜜ジンジャー(アップル) ¥400 + チョコチップクッキー ¥150
青汁蜂蜜ジンジャー(アップル)
色は青汁ですが、青い味は感じらない美味しいジュースで、生姜のアクセントも効いています。素朴なクッキーと一緒に美味しくいただきました。

また地下1階には全メニューグルテンフリーのイタリアン「ブラウンライス ミイルズ」もございます。どの店舗も体を気遣った優しい料理を提供しており、雰囲気も良好。特に9階の和食店は色々なシーンで利用しやすそうです。ごちそうさまでした!

「ファンケル銀座スクエア」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。